[PR]

日別キーワード

第40位  権威主義 - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



権威主義
権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。権威主義の対義語は、その非理性的な面に焦点を当てれば理性主義が、独裁的・専制的・全体主義的な面に焦点を当てれば個人主義や民主主義がそれに相当する。 政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない恣意的な権力を持つ。 政治学 政治学上の用法では、権威主義体制とは非民主的な体制の総称であり、通常は独裁、専制、全体主義などを含むが、権威主義体制を民主主義体制と全体主義体制の中間とする立場もある。 権威の語源はラテン語の「auctoritas」で、古代ローマに遡り、その意味は「保証、所有権、担保」であり、他動詞的に用いられる言葉である。権力と権威に差異を求めるとすれば、それは前者が強制、後者が自発的服従であることにあると考えられる。 (Wikipedia:権威主義)

権威主義体制
『権威主義』より : 権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。権威主義の対義語は、その非理性的な面に焦点を当てれば理性主義が、独裁的・専制的・全体主義的な面に焦点を当てれば個人主義や民主主義がそれに相当する。 政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない恣意的な権力を持つ。 政治学 政治学上の用法では、権威主義体制とは非民主的な体制の総称であり、通常は独裁、専制、全体主義などを含むが、権威主義体制を民主主義体制と全体主義体制の中間とする立場もある。 権威の語源はラテン語の「auctoritas」で、古代ローマに遡り、その意味は「保証、所有権、担保」であり、他動詞的に用いられる言葉である。権力と権威に差異を求めるとすれば、それは前者が強制、後者が自発的服従であることにあると考えられる。 (Wikipedia:権威主義体制)


権威主義 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

権威主義 - アマゾン検索


「権威主義」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す