[PR]

日別キーワード

第47位  青竜 - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



青竜
『青龍』より : 青竜(せいりゅう、せいりょう、拼音: qīnglóng チンロン)は、中国の伝説上の神獣、四神(四象)の1つ。東方青竜。蒼竜(そうりゅう)ともいう。福建省では青虎(せいこ)に置き換わっている。 現代日本語では青は英語で言うブルーを意味することが多いが、「青」の原義は青山(せいざん)・青林(せいりん)のように緑色植物の色であり、本来は緑色をしているとされる。 東方を守護する。長い舌を出した竜の形とされる。青は五行説では東方の色とされる。また、青竜の季節は春とされている。 天文学上は、二十八宿の東方七宿に対応する。東方七宿(角宿・亢宿・氐宿・房宿・心宿・尾宿・箕宿)をつなげて竜の姿に見立てたことに由来する。 道教における人格神化した名前では、東海青龍王敖広と呼ばれる。 清瀧権現の善女龍王は中国・青龍寺に飛来したという。 秩父神社の「つなぎの龍」が青龍である。 俳句において春の季語である「青帝(せいてい)」・「蒼帝(そうてい)」・「東帝」と同義であり、春(東・青)の象徴である。 (Wikipedia:青竜)

青竜 (駒)
『青龍 (将棋)』より : 青龍(せいりゅう)は、将棋の駒の一つ。本将棋にはなく、大大将棋・泰将棋・大局将棋に存在する。 大大将棋 成ることはできない。 泰将棋 成ると金将。 大局将棋 右龍の成駒。成ると神龍。 脚注 関連項目 将棋類の一覧 将棋類の駒の一覧 参考文献 梅林勲・岡野伸共著『改訂版 世界の将棋・古代から現代まで』(将棋天国社、2000年)。 (Wikipedia:青竜 (駒))


青竜 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

青竜 - アマゾン検索


「青竜」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す