[PR]

日別キーワード

第52位  東京競馬場 - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京競馬場
東京競馬場(とうきょうけいばじょう)は、東京都府中市にある中央競馬の競馬場。所在地から府中競馬場(ふちゅうけいばじょう)とも通称される。施行者ならびに管理者は日本中央競馬会である。 敷地内施設として、JRA競馬博物館・乗馬センターの他、馬車(ホースリンク)・水遊び広場やミニ新幹線など遊園地のような遊具やイベントが行われている。 東京競馬場の前身は目黒競馬場である。1907年(明治40年)に約65000坪の敷地面積の目黒競馬場が開設されたが、その後目黒競馬場周辺の都市化が進み、借地が大部分だった目黒競馬場は借地料の増加に加え、馬券発売による競馬人気で手狭になったにもかかわらず施設拡張の余地がなかったため移転を余儀なくされた。小金井や羽田、世田谷なども移転先候補地となったが、府中町(当時は町)が競馬場誘致活動に力を入れ、地形もよかったので府中に決定し1933年(昭和8年)11月8日東京競馬場は開場した。 (Wikipedia:東京競馬場)

東京競馬場前駅
東京競馬場前駅(とうきょうけいばじょうまええき)は、かつて東京都府中市矢崎町一丁目に存在した日本国有鉄道(国鉄)中央本線支線(通称:下河原線)の駅(廃駅)である。電報略号は、ケハ。 下河原線の旅客路線としての終着駅であり、南武線府中本町駅の南方200m程の場所に位置した。同駅に近かったが乗換駅ではなかった。 東京競馬場の最寄り駅の一つであった。競馬場の観客には、国分寺・東京方面からの観客は当駅を、立川・川崎方面からの観客は府中本町駅を、京王八王子・聖蹟桜ヶ丘・新宿方面からの観客は府中競馬正門前駅を、と言う具合に使い分けられていたようである。 なお、当駅の駅名が国鉄で最も長い駅名であった時期があった。 当駅は武蔵野線が開業した日に下河原線(国分寺 - 北府中 - 東京競馬場前間)廃線に伴って廃止された。下河原線が武蔵野線に置き換えられたのと同様、この駅の機能は府中本町駅に置き換えられている。 戦時中、この駅の手前から南方へ南武線への連絡線を敷設しようとした痕跡が空中写真に記録されている。 (Wikipedia:東京競馬場前駅)


東京競馬場 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京競馬場 - アマゾン検索


「東京競馬場」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す