[PR]

日別キーワード

第60位  稍重 - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



稍重
『馬場状態』より : 馬場状態(ばばじょうたい)とは競馬の競走を行うコース(本馬場)の状態を示す言葉である。 日本の馬場状態 日本における競馬では芝・ダートともに良(りょう)、稍重(ややおも)、重(おも)、不良(ふりょう)の4段階で馬場状態を示している。 「良」を基本状態として含水率の上昇に伴い「稍重」「重」「不良」と変化してゆく。中央競馬・地方競馬ともに同様の表記で示される。なお、ばんえい競馬は馬場状態を含水率の数値そのもので発表している(後述)。 現行の4段階による表記となったのは1937年(昭和12年)からである。 1919年(大正8年)からの記録では「良」「稍重」「不良」の他に「良好」・「佳良」・「稍可」・「稍湿」・「湿」・「湿潤」・「泥寧」という表現がなされていた。 2003年から2005年までの中央競馬の馬場別の出現率は以下表の通りである。 芝コース 「良」「稍重」の範囲では大きな負担もなく走りやすい状態である。 「重」「不良」と変化してゆくと、芝がぬかるんで滑るようになり、レースタイムが掛かるようになる。 (Wikipedia:稍重)


稍重 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

稍重 - アマゾン検索


「稍重」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す