[PR]

日別キーワード

第90位  MIDI - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



MIDI
MIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)は、日本のMIDI規格協議会(JMSC、現在の社団法人音楽電子事業協会)と国際団体のMIDI Manufacturers Association (MMA) により策定された、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。物理的な送受信回路・インタフェース、通信プロトコル、ファイルフォーマットなど複数の規定からなる。 MIDIの用途 MIDIは主に音楽の演奏や制作に利用される。MIDI規格に沿って作られたデータ、すなわちMIDIデータは、DAWをはじめとしたシーケンサーなどで扱うことができる。 これらMIDIデータによって送られる情報は、実際の音ではなく音楽の演奏情報(発音せよ、音の高さは - 、音の大きさは - 、といった楽器や音源へのメッセージ)であるので、そのデータサイズはオーディオデータ、つまりマイクなどで録音された実際の音の波形をデジタル化(サンプリング)したものに比べて非常に小さい。 (Wikipedia:MIDI)

MIDIシーケンサー
『ミュージックシーケンサー』より : ミュージックシーケンサー (Music Sequencer) は、演奏データを再生することで自動演奏を行うことを目的とした装置、およびソフトウェアをいう。 ハードウェアシーケンサーとソフトウェアシーケンサー シーケンサーは歴史的にリレーやアナログ電子回路により周期的な機器制御信号を得る装置に付けられた名称である。ミュージックシーケンサーもこの機構のものが先に登場し、認知されてきた。近年では主にDTMにおけるシーケンスソフト(ソフトウェアシーケンサー)を指してシーケンサーと呼ぶことも多いため、従来からある専用機器はそれと区別してハードウェアシーケンサー(ハードシーケンサー)と呼ぶ場合もある。今日のハードシーケンサーの内部機構はデジタル化され、ROM焼きされたソフトを動作させる単機能コンピュータとなっており、むしろ「ソフトウェアシーケンサー専用機」ともいえるものである。 シーケンサーとリズムボックス 電子的な自動演奏という分野ではシーケンサーと一緒に使われることが多いドラムマシン(リズムマシン)、リズムボックスという装置も存在する。 (Wikipedia:MIDIシーケンサー)

MIDI検定
MIDI検定(みでぃけんてい)とは、社団法人音楽電子事業協会が主催する検定試験である。
電子音楽のデファクトスタンダード 事実上の標準規格であるMIDIを理解し、活用できる人材を育成する。
音楽制作現場で実務レベルとして、MIDIに関する制作や監修に携わることが出来る人材
MIDIの基本知識を理解し、音楽情報を数値化したり、数値化されたデータを音楽情報として捉えることの出来る人材
オーディオとMIDIの違いなどを理解し、パーソナルコンピュータ パソコンなどを使用した音楽の楽しみ方など、ミュージックメディアに関する知識をもった人材
機材と環境設定
ハードウェア及びソフトウェア規格
楽譜情報、ノート情報、コントロール情報
エフェクト、音源知識
(Wikipedia:MIDI検定)

MIDI ブレス・コントロール
MIDI ブレス・コントロールは、MIDIのコントロール信号のひとつ。ブレス・コントローラ、ウィンドシンセサイザーに備わるセンサが、息の流れを検出してコントロールチェンジのデータを生成する。 MSB側のデータは BnH 02H xxH、LSB側のデータは BnH 22H xxH (nは該当するチャンネル0H~FH、xxはブレスコントロールとして示す値(00H~7FH)である。 このデータを受信するシンセサイザーでは、主にフィルターやVCA、ヴォリューム、LFO(ビブラート)等、音質や音量を変化させるように対応させる。つまり、強く吹き込むと派手な音になったり、大きな音になったりするような設定が行われている。 他のコントロールチェンジと同様、MSB、LSB双方を受理する場合は精度14ビット(16384段階)の表現が可能となるが、そこまで精度を必要としない場合がある。したがって、MSB側のデータだけを受けて、精度7ビット(128段階)に対応した表現ができれば実用上差し支えないと考えられる。 (Wikipedia:MIDI ブレス・コントロール)

MIDI ブレス・コントロール
MIDI ブレス・コントロールは、MIDIのコントロール信号のひとつ。ブレス・コントローラ、ウィンドシンセサイザーに備わるセンサが、息の流れを検出してコントロールチェンジのデータを生成する。 MSB側のデータは BnH 02H xxH、LSB側のデータは BnH 22H xxH (nは該当するチャンネル0H~FH、xxはブレスコントロールとして示す値(00H~7FH)である。 このデータを受信するシンセサイザーでは、主にフィルターやVCA、ヴォリューム、LFO(ビブラート)等、音質や音量を変化させるように対応させる。つまり、強く吹き込むと派手な音になったり、大きな音になったりするような設定が行われている。 他のコントロールチェンジと同様、MSB、LSB双方を受理する場合は精度14ビット(16384段階)の表現が可能となるが、そこまで精度を必要としない場合がある。したがって、MSB側のデータだけを受けて、精度7ビット(128段階)に対応した表現ができれば実用上差し支えないと考えられる。 (Wikipedia:MIDI ブレス・コントロール)


MIDI - 関連ブログ

データが取得できませんでした

MIDI - アマゾン検索


「MIDI」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す