[PR]

日別キーワード

第100位  つくば市 - 2018年05月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



つくば市
つくば市(つくばし)は、茨城県南部に位置する市である。学術・研究都市としての筑波研究学園都市はつくば市全域を区域とする。特例市、業務核都市、国際会議観光都市に指定されている。 農村が広がっていた地域であったが、1960年代から筑波研究学園都市として開発が進み、現在は日本国内最大の学術都市となっている。国や茨城県の政策により、1987年(昭和62年)に筑波郡谷田部町・大穂町・豊里町、新治郡桜村の3町1村が新設合併し、つくば市が誕生した。さらに 1988年(昭和63年)に筑波郡筑波町、2002年(平成14年)に稲敷郡茎崎町を編入し、現在の市域になった。そのため、行政上の地区名として旧町村域に対応する谷田部、大穂、豊里、桜、筑波、茎崎が使用されている。 市の北端に日本百名山の筑波山を擁していることや多数の研究機関が立地していることもあり、茨城県での主要な観光地になっている。また、2005年(平成17年)に首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが開業し、市中心部より最短45分で東京都心と結ばれている。 (Wikipedia:つくば市)

つくば市情報ネットワークセンター
つくば市情報ネットワークセンター(つくばしじょうほうネットワークセンター)は茨城県つくば市吾妻二丁目5番地6にある公共施設である。2000年4月25日オープン。つくば市総務部IT推進課所管。 日本最初のホームページを提供したマシンとなった、UNIXサーバが展示されている。つくば市の中心市街地であるセンター地区にあり、つくば駅・つくばセンターバスターミナルからは徒歩7分の距離にある。 2010年11月29日、市は同施設の運営業務を廃止することを決めた。廃止後は新しいIT産業を支援する施策など国からの補助金の目的を考慮しながら施設の有効活用をする予定だが、詳しい廃止の時期は決まっていない[1]。2016年(平成28年)現在、つくば市地域職業相談室(つくば市ふるさとハローワーク)が1階に設けられている。 脚注 外部リンク つくば市|情報ネットワークセンター座標: 北緯36度5分6.4秒 東経140度6分29.8秒。 (Wikipedia:つくば市情報ネットワークセンター)


つくば市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

つくば市 - アマゾン検索


「つくば市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す