[PR]

日別キーワード

第31位  名古屋大学 - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



名古屋大学
名古屋大学(なごやだいがく、英語: Nagoya University)は、愛知県名古屋市千種区不老町1に本部を置く日本の国立大学である。1939年に設置された。大学の略称は名大(めいだい)。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。 大学全体 名古屋大学は、1939年に創設された名古屋帝国大学を直接の母体とする国立大学である。前身の名古屋帝国大学は9番目(内地では7番目)に設立され、内地・外地を通じて「最後の帝国大学」であった。名古屋帝国大学創設当初は医学部と理工学部の2学部のみを設置していたが、1942年には理工学部を理学部と工学部に分離した。第二次世界大戦後の旧制学制残滓期間内には、法経学部と文学部の2学部を設置した。新制名古屋大学となった後も教育学部、農学部、情報文化学部等の学部や大学院研究科および附属研究教育施設を順次設置し続け、2014年現在、9学部・14研究科・3附置研究所を擁している。 (Wikipedia:名古屋大学)

名古屋大学の人物一覧
名古屋大学の人物一覧(なごやだいがくのじんぶついちらん)は、名古屋大学に関係する人物の一覧記事。 教員 数学 森重文 - 代数幾何学、京都大学数理解析研究所教授、学士院賞、文化功労者、フィールズ賞、名大特別教授 大沢健夫 - 多変数関数論、日本数学会幾何学賞、名大教授 物理学 早川幸男 - 宇宙物理学、素粒子物理学、第9代名大総長 飯嶋徹 - 素粒子物理学、B中間子の物理、名大准教授 千代勝実 - 素粒子物理学、ドリフトチェンバーの開発研究、名大講師 冨松彰 - 宇宙物理学、トミマツ・サトウ解の発見 福井康雄 - 電波天文学、分子雲コアを世界で初めて観測、紫綬褒章 杉山直 (天文学者) - 宇宙論、宇宙背景放射研究、林忠四郎賞、数物連携宇宙研究機構主任研究員 小澤正直 - 数理物理学、「小澤の不等式」 化学 野依良治 - 有機化学、ノーベル化学賞、理化学研究所理事長、名大特別教授 生物 大沢文夫 - 生物物理学、 中日文化賞、朝日賞、紫綬褒章、勲二等瑞宝章、日本学士院会員、名古屋大学・大阪大学名誉教授、生物運動の分子機構の生物物理学 三浦謹一郎 - 分子生物学、RNAキャップ構造の発見、学士院会員、元学習院大学教授、元放送大学講師、国立遺伝学研究所名誉教授、東京大学名誉教授 地学 榎並正樹 - 地質学、名大教授 工学 松尾稔 - 土木工学、第11代名大総長 医学 岡田博 - 予防医学講座第2代教授、名大名誉教授 勝沼精蔵 - 血液学、神経病学、第3代名大総長 情報科学 高田広章 - 情報システム学、TOPPERSプロジェクト会長 横井茂樹 - 情報文化学部メディア社会系教授 法学 松坂佐一 - 民法、第4代名大総長 長谷川正安 - 憲法、名大名誉教授 愛敬浩二 - 憲法、名大教授 古川伸彦 - 刑法、名大准教授 大屋雄裕 - 法哲学、名大准教授 朝見行弘 - 民法、久留米大学法科大学院教授 経済学 家森信善 - 金融論、名古屋大教授 その他 水田洋 - 社会思想史、名古屋大名誉教授、日本学士院会員 日比嘉高 - 日本近代文学、名古屋大学准教授 藤村逸子 - 言語学、名古屋大教授、パリ第3大学言語学博士 著名な出身者 研究者 = 数学 = 久保田富雄 - p進L関数、名大名誉教授 永田雅宜 - ヒルベルト第14問題の解決、元学術会議会員、京大名誉教授 倉西正武 - コロンビア大学教授、複素幾何学、複素解析学、偏微分方程式 三町勝久 - 複素積分、表現論、東工大教授 飛田武幸 - 確率論、関数解析、名大名誉教授 梅村浩 - 代数幾何学、日本数学会代数学賞、名大名誉教授 = 情報科学 = 村瀬洋 - パラメトリック固有空間法開発、名大教授 岩田彰 - ニューラルコンピューティング、名古屋工業大学副学長 中井浩 - 情報科学、元常磐大教授 奥村晴彦 - 三重大学教授、LHA(データ圧縮アルゴリズム)開発者 = 物理学 = 小林誠 - 素粒子物理学、文化功労者、文化勲章、ノーベル物理学賞、学士院賞、仁科記念賞、KEK教授、名大特別教授 益川敏英 - 素粒子物理学、文化功労者、学士院賞、文化勲章、ノーベル物理学賞、仁科記念賞、京大名誉教授、元京都大学基礎物理学研究所所長、名大特別教授 大島隆義 - 高エネルギー物理学、τレプトンの物理 丹生潔 - 素粒子物理学、チャームクォーク発見、仁科記念賞、名大名誉教授 丹羽公雄 - 素粒子物理学、タウニュートリノを発見、仁科記念賞、名大教授 崎田文二 - 素粒子物理学、仁科記念賞、元ニューヨーク市立大学教授 戸本誠 - 素粒子物理学、LHC加速器における新素粒子現象探索、名大准教授 高安秀樹 - 物理学、東北大教授 藤井保憲 - 重力理論、東京大学名誉教授 加藤隆子 - プラズマ原子分子分光学、猿橋賞、核融合科学研究所名誉教授 中井直正 - 電波天文学、仁科記念賞、学士院賞、元国立天文台野辺山宇宙電波観測所長、筑波大学教授 井上允 - 電波天文学、仁科記念賞、国立天文台名誉教授 石黒正人 - 電波天文学、国立天文台教授、元国立天文台野辺山宇宙電波観測所長、ALMA計画推進責任者 國枝秀世 - X線天文学、名大学教授、JAXA(宇宙航空研究開発機構)客員教授、日本天文学会理事長 中川昌美 - 素粒子物理学、ニュートリノ振動提唱、元名城大学教授 梅沢博臣 - 場の量子論、元東京大学教授、アルバータ大学名誉教授、Killam Memorial Chair and Professor 高橋康 - 場の量子論、ward-高橋恒等式、素粒子メダル、アルバータ大学名誉教授 亀淵迪 - 場の量子論、素粒子メダル、筑波大学名誉教授 大貫義郎 - 素粒子物理学、素粒子メダル、名大名誉教授 小川修三 - 素粒子物理学、仁科記念賞、名大名誉教授、広島大学名誉教授 松本敏雄 - 赤外線天文学、仁科記念賞、赤外線天文衛星「あかり」開発、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授 奥田治之 - 赤外線天文学、宇宙科学研究所名誉教授、元京大助教授、元群馬県立ぐんま天文台副台長 沢田昭二 - 素粒子物理学、名大名誉教授 御橋廣眞 - 生物物理学、名古屋大学名誉教授。 (Wikipedia:名古屋大学の人物一覧)

名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校
名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校(なごやだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区不老町に所在し、中高一貫教育を提供する国立中学校・高等学校。名古屋大学教育学部の附属学校であり、国立学校では唯一の併設型中高一貫校である。略称は「名古屋大附属」、「名大附属」など。 名古屋大学教育学部の附属学校であり、教育学の実践と研究に取り組んでいる。 総合的な学習の時間が取り入れられる以前より科目「総合人間科」で総合学習を実践している。 中学は2クラス、高校は3クラスの小規模校であり、併設型中高一貫校の利点を活かして様々なプログラムが組まれている。 2006年以来、2016年から5年間(第Ⅲ期)までのスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けている。また、2015年から5年間、スーパーグローバルハイスクール (SGH) に指定されている。また、2010年7月にはユネスコ・スクールに登録された。プログラムはこれらの影響を大きく受け変更されている。 名古屋大学東山キャンパス西側に位置する。 (Wikipedia:名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校)

名古屋大学教育学部附属中・高等学校
『名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校』より : 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校(なごやだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区不老町に所在し、中高一貫教育を提供する国立中学校・高等学校。名古屋大学教育学部の附属学校であり、国立学校では唯一の併設型中高一貫校である。略称は「名古屋大附属」、「名大附属」など。 名古屋大学教育学部の附属学校であり、教育学の実践と研究に取り組んでいる。 総合的な学習の時間が取り入れられる以前より科目「総合人間科」で総合学習を実践している。 中学は2クラス、高校は3クラスの小規模校であり、併設型中高一貫校の利点を活かして様々なプログラムが組まれている。 2006年以来、2016年から5年間(第Ⅲ期)までのスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けている。また、2015年から5年間、スーパーグローバルハイスクール (SGH) に指定されている。また、2010年7月にはユネスコ・スクールに登録された。プログラムはこれらの影響を大きく受け変更されている。 名古屋大学東山キャンパス西側に位置する。 (Wikipedia:名古屋大学教育学部附属中・高等学校)

名古屋大学教育学部付属中学校・高等学校
『名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校』より : 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校(なごやだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区不老町に所在し、中高一貫教育を提供する国立中学校・高等学校。名古屋大学教育学部の附属学校であり、国立学校では唯一の併設型中高一貫校である。略称は「名古屋大附属」、「名大附属」など。 名古屋大学教育学部の附属学校であり、教育学の実践と研究に取り組んでいる。 総合的な学習の時間が取り入れられる以前より科目「総合人間科」で総合学習を実践している。 中学は2クラス、高校は3クラスの小規模校であり、併設型中高一貫校の利点を活かして様々なプログラムが組まれている。 2006年以来、2016年から5年間(第Ⅲ期)までのスーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定を受けている。また、2015年から5年間、スーパーグローバルハイスクール (SGH) に指定されている。また、2010年7月にはユネスコ・スクールに登録された。プログラムはこれらの影響を大きく受け変更されている。 名古屋大学東山キャンパス西側に位置する。 (Wikipedia:名古屋大学教育学部付属中学校・高等学校)

名古屋大学太陽地球環境研究所
名古屋大学太陽地球環境研究所(なごやだいがくたいようちきゅうかんきょうけんきゅうじょ、英: Solar-Terrestrial Environment Laboratory, Nagoya University)は、愛知県名古屋市千種区にある名古屋大学の研究所。全国共同利用研究所でもある。略称は STE研。 太陽からのエネルギー放射によって起こる太陽から地球までの環境“太陽地球環境”の変動と予測に関する研究を行う研究所である。 沿革 名古屋大学名誉教授の金原淳らの尽力により1949年に設立された名古屋大学空電研究所および、1958年に設立された名古屋大学理学部附属宇宙線望遠鏡研究施設を起源とする。空電研究所は空電即ち雷放電由来の電波の研究を行っていた研究所であった。空電は航空機宛の無線連絡に大きな影響があるというので、その当時(終戦直後)は米軍からも研究の要請があった。 1988年に、空電研究所の第3部門(太陽電波部門)および太陽電波世界資料解析センターが、国立天文台に移管された。 (Wikipedia:名古屋大学太陽地球環境研究所)

名古屋大学大学院多元数理科学研究科
『多元数理科学研究科』より : 多元数理科学研究科(たげんすうりかがくけんきゅうか、Graduate School of Mathematics)は、唯一名古屋大学大学院のみに存在する研究科である。狭い意味での数学ではなく、通常の数理科学の分野も超えた、多元数理科学の教育・研究が行われている。 純粋数学と応用数学の両方を含む広範囲の分野を扱うという意味で「多元」と名付けられ、設立当初は純粋数学(純粋系)と応用数学(応用系)の2系統で構成されていた。現在では系の区別は廃止され、事実上純粋数学のみを扱っている。 創設1995年で旧帝国大学の数学系研究科としては最も新しいものになる。かつては応用的かつ学際的な研究が行われていたり、昼夜開講していた時期もある。 名古屋大学で初めて、マネージング・プロフェッサー(MP:文部省(文部科学省)の教育行政の専門家が教授として研究科の運営に協力する制度)を導入した。 沿革 1995年、対応する学科である理学部数学科を主体に、他学部の協力を受け独立研究科として設立された(同時に理学部数学科は数理学科に改組された)。 (Wikipedia:名古屋大学大学院多元数理科学研究科)

名古屋大学医学部附属病院
名称=名古屋大学医学部附属病院
正式名称=名古屋大学医学部附属病院
英語名称=NAGOYA UNIVERSITY HOSPITAL
前身=名古屋帝国大学医学部附属病院
標榜診療科=総合
許可病床数=1,035床
精神病床数=50
一般病床数=985
開設者=国立大学法人名古屋大学
管理者=
開設年月日=1949年
所在地郵便番号=466-8550
所在地=愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65番地
FAX=052-744-2785
電話=052-741-2111
二次医療圏=名古屋
特記事項=
名古屋大学医学部附属病院(なごやだいがくいがくぶふぞくびょういん、英語名称:Nagoya University Hospital)は、愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65番地にある国立大学 国立名古屋大学医学部の附属大学病院。名古屋大学医学部のある鶴舞キャンパス内の南側に位置している。通称・名大(めいだい)病院。
(Wikipedia:名古屋大学医学部附属病院)

名古屋大学駅
名古屋大学駅(なごやだいがくえき)は、愛知県名古屋市千種区四谷通にある、名古屋市営地下鉄名城線の駅である。駅番号はM18。 名城線東部駅務区名古屋大学管区駅が管轄する駅であり、ナゴヤドーム前矢田駅から八事日赤駅までの各駅を管理している。 駅が大学構内にあるという全国でも珍しい駅の一つである。 駅構造 島式1面2線のホームを持つ地下駅。 駅の北側で名古屋高速2号東山線と地下で交差しているため、ホームは比較的深いところに位置している。 駅が名古屋大学の構内に位置しており、改札口には同大学の電光掲示板が設置されている。 駅周辺 名古屋大学東山キャンパス 名古屋大学教育学部附属中学校・高等学校 南山大学名古屋キャンパス 性高院 名古屋大学内郵便局 三菱東京UFJ銀行ATM(旧UFJ店舗) 山手グリーンロード バス路線 名古屋市営バス「名古屋大学」バス停 地下鉄開業前は「名古屋大学前」という名前のバス停であった。 (Wikipedia:名古屋大学駅)

名古屋大学豊田講堂
名古屋大学豊田講堂(なごやだいがく とよだこうどう)は、名古屋市千種区の名古屋大学東山キャンパスに所在する講堂である。 1960年に槇文彦の設計で名古屋大学東山キャンパスの中心に建てられ、同大学のシンボルとなっている。鉄筋コンクリート造・打放しコンクリートの地下1階・地上3階建てで、講堂は1,612席の客席を有する。大学や附属中学校・高等学校の入学式・卒業式などの行事が行われる。 1962年には日本建築学会賞を受賞しており、槇文彦の代表的な建築物の一つとして建築学会では大きな評価を得ている。また、1993年に名古屋市の都市景観重要建築物に指定、2003年にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定、2011年には国の登録有形文化財にも登録されており、日本を代表するモダニズム建築の一つとして評価されている。 (Wikipedia:名古屋大学豊田講堂)

名古屋大学医療技術短期大学部
名古屋大学医療技術短期大学部(なごやだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: Nagoya University College of Medical Technology)は、愛知県名古屋市東区大幸南1-1-20に本部を置いていた日本の国立大学である。1978年に設置された。大学の略称は名大医短。学生募集は1997年度まで。1998年度より名古屋大学医学部保健学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2001年3月31日廃止。 大学全体 名古屋大学医療技術短期大学部は、1977年に名古屋大学医学部内に併設された日本の国立短期大学。当初は看護学科のみと小規模だったが、順次学科の新設がなされて最終的には5学科と1専攻科となった。 教育および研究 名古屋大学医療技術短期大学部は医療技術者の養成に力点を置き、主たる実習施設に名古屋大学医学部附属病院や愛知県がんセンター・愛知県総合保健センターなどがあった。 (Wikipedia:名古屋大学医療技術短期大学部)

名古屋大学出版会
名古屋大学出版会(なごやだいがくしゅっぱんかい)は、1982年に任意団体として設立され、「中部地方の、さらにはわが国の学術・文化の振興に寄与するため」1985年に財団法人化された大学出版会であり、中部地方を軸に、広く全国の大学・研究機関の研究者による研究書・大学教科書等の出版を行っている。 これまで、名古屋大学を中心としながらも、愛知教育大学、名古屋工業大学、愛知県立大学、名古屋市立大学、愛知学院大学、金城学院大学、椙山女学園大学、中京大学、中部大学、名古屋学院大学、南山大学などの各大学が、理事・評議員を出してきた。その意味で名古屋・大学出版会であり、名古屋大学・出版会ではない。ただし出版会の本部は名古屋大学構内にある。 公益法人制度改革に伴い、2012年に一般財団法人となった。 1998年、梓会出版文化賞特別賞を受賞、また2006年には、「学術分野での先駆的出版活動」に対して中日文化賞を受賞している。研究書・大学教科書(単著・共著・翻訳)を中心に、大部の著作も積極的に刊行するのが特徴で、2016年1月末現在で出版点数は828点、受賞件数は153件に及ぶなど編集には定評がある。 (Wikipedia:名古屋大学出版会)

名古屋大学・大阪大学対抗競技大会
名古屋大学・大阪大学対抗競技大会(なごやだいがく・おおさかだいがくたいこうきょうぎたいかい)とは、名古屋大学と大阪大学の運動部が対抗戦を行う競技大会である。 名古屋大学においては名阪戦、大阪大学においては阪名戦と呼ばれる。 第二次世界大戦前から各運動部間で行われていた対抗戦を、戦後に統合することによって開始された。現在は毎年5月から6月頃に行われている。 過去の結果 2004年に行われた第57回大会までの結果は次のとおり。 (Wikipedia:名古屋大学・大阪大学対抗競技大会)

名古屋大学教育学部附属中学校
『』より : (Wikipedia:名古屋大学教育学部附属中学校)

名古屋大学教育学部附属高等学校
『』より : (Wikipedia:名古屋大学教育学部附属高等学校)


名古屋大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

名古屋大学 - アマゾン検索


「名古屋大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す