[PR]

日別キーワード

第49位  NACK5 - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



NACK5
『エフエムナックファイブ』より : 株式会社エフエムナックファイブ (NACK5、FM NACK 5 Co., Ltd.) は、埼玉県を放送対象地域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 局の概要 1988年に10月31日に「エフエム埼玉」として開局。開局当初の愛称であった「FM NACK FIVE」(エフエムナックファイブ)が、2001年に正式名称として改められた。名前の由来は、周波数の79.5MHzをもじったもの【7(な)・9(く)・5(Five=ファイブ)】。一部のパーソナリティは番組内で「79.5、だからNACK5」とコメントする場合がある。なお、当初ラテ欄では「FM795」と表記されていた。FMラジオ局としては昭和時代最後の開局であった。さらに略して「NACK(ナック)」とも呼ぶ。 キャッチフレーズはChallenge for the future FM NACK5(チャレンジフォーザフューチャー・エフエムナックファイブ)である。 (Wikipedia:NACK5)

NACK5 SATURDAY&SUNDAY LIONS
(Wikipedia:NACK5 SATURDAY&SUNDAY LIONS)

NACK5 SATURDAY&SUNDAY LIONS
NACK5 SATURDAY LIONS(ナックファイブ サタデーライオンズ)およびNACK5 SUNDAY LIONS(ナックファイブ サンデーライオンズ)は、NACK5が放送しているプロ野球中継番組である。 1989年4月9日に放送スタート。地元埼玉県をフランチャイズとする球団・埼玉西武ライオンズのゲームを、AMラジオ局の文化放送と調整(開幕戦および、対ソフトバンク戦や対中日戦など一部被る試合を除き、関東のゲームでは放送ブースも文化放送と共用)し中継している。 基本的にライオンズびいきの中継スタイルで、随時リスナーから届いたライオンズへの応援メッセージを紹介しながら中継する。また、ライオンズが勝った試合でのヒーローインタビューは放送するが、負けた試合での相手チームのヒーローインタビュー中はトークでつなぐため、放送しない。 ライオンズの攻撃時は、ヒット・長打・ホームラン・四球・盗塁・得点時に、それぞれ異なるジングルが流れる。また、ライオンズが得点して攻撃が終了した場合、CM前かCM明けに「Exciting Impression」というジングルの後に、得点が入った時の実況を放送する(まれにトリプルプレーなどの守備でのファインプレー時も放送することがある)。 (Wikipedia:NACK5 SATURDAY&SUNDAY LIONS)


NACK5 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

NACK5 - アマゾン検索


「NACK5」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す