[PR]

日別キーワード

第52位  OECD - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



OECD
『経済協力開発機構』より : 経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう、英: Organisation for Economic Co-operation and Development, OECD、仏: Organisation de coopération et de développement économiques, OCDE)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。本部事務所はパリ。公用語は英語とフランス語。事務総長はアンヘル・グリア。 目的 経済協力開発機構の目的は、次のことを意図した政策を推進することにある。(OECD条約第1条) 経済成長 加盟国において、財政金融上の安定を維持しつつ、できる限り高度の経済成長及び雇用並びに生活水準の向上を達成し、もつて世界の経済の発展に貢献すること。 開発 経済的発展の途上にある加盟国及び非加盟国の経済の健全な拡大に貢献すること。 貿易 国際的義務に従つて、世界の貿易の多角的かつ無差別的な拡大に貢献すること。 (Wikipedia:OECD)

OECD生徒の学習到達度調査
OECD生徒の学習到達度調査( - せいとのがくしゅうとうたつどちょうさ、”Programme for International Student Assessment”, PISA)とは、経済協力開発機構 OECDによる国際的な在学生 生徒の学習到達度調査のこと。頭字語からPISAと呼ばれる。日本では国際学習到達度調査とも言われる。
この項では経緯、調査方法ならびにその直接的結果についてのみ述べる。結果の評価、解釈、影響等については#関連項目 関連項目を参照されたい。
経済協力開発機構 OECD加盟国の多くで義務教育の修了段階にある15歳の生徒を対象に、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシー、問題解決を調査するもの。国際比較により教育方法を改善し標準化する観点から、生徒の成績を研究することを目的としている。調査プログラムの開発が1997年に始まり、第1回調査は2000年、以後3年毎に調査することになっている。2000年調査、第2回2003年調査、第3回2006年の調査結果については、国際報告書をもとに日本国内向けに翻訳した形で国立教育政策研究所が編纂し、ぎょうせいから出版されている。
(Wikipedia:OECD生徒の学習到達度調査)

OECDモデル条約
OECDモデル条約(オーイーシーディーモデルじょうやく)は、経済協力開発機構(OECD)が加盟国各国に対して採用を勧告している、加盟国間若しくはモデル租税条約の政策に賛同する非加盟国との間などの2国間において租税条約を新たに締結したり、既存の租税条約を改定する場合の雛型である。所得及び財産についての租税条約モデルと相続税・遺産税についての租税条約モデルが存在する。前者の所得及び財産についての租税条約モデルは、正式には、「所得と財産に対するモデル租税条約」(Model Tax Convention on Income and on Capital)という。以下では、もっぱらこの所得税条約モデルについて述べる。 租税条約は、両締約国が国内法に基づいて課税権を行使することによって生ずる法的二重課税を排除することを目的の一つとしているために両締約国の課税主権の譲歩を伴うと同時に、二国間の経済交流について問題となる国内法上の課税はいくつかに類型化できる。 (Wikipedia:OECDモデル条約)


OECD - 関連ブログ

データが取得できませんでした

OECD - アマゾン検索


「OECD」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す