[PR]

日別キーワード

第66位  インテル - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



インテル
インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:インテル)

インテルナツィオナーレ・ミラノ
インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(セリエA)に加盟するプロサッカークラブ。 略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである。 1908年創設。ホームスタジアムはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。愛称はクラブカラーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制し、計30の国内タイトルを獲得している。 (Wikipedia:インテルナツィオナーレ・ミラノ)

インテルミラノ
『インテルナツィオナーレ・ミラノ』より : インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(セリエA)に加盟するプロサッカークラブ。 略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである。 1908年創設。ホームスタジアムはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。愛称はクラブカラーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制し、計30の国内タイトルを獲得している。 (Wikipedia:インテルミラノ)

インテル・ナシオナル・ミラノ
『インテルナツィオナーレ・ミラノ』より : インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(セリエA)に加盟するプロサッカークラブ。 略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである。 1908年創設。ホームスタジアムはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。愛称はクラブカラーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制し、計30の国内タイトルを獲得している。 (Wikipedia:インテル・ナシオナル・ミラノ)

インテル・ミラノ
『インテルナツィオナーレ・ミラノ』より : インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(セリエA)に加盟するプロサッカークラブ。 略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである。 1908年創設。ホームスタジアムはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。愛称はクラブカラーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制し、計30の国内タイトルを獲得している。 (Wikipedia:インテル・ミラノ)

インテルFC
『インテルナツィオナーレ・ミラノ』より : インテルナツィオナーレ・ミラノ(Football Club Internazionale Milano)は、イタリア・ミラノをホームタウンとする、イタリアプロサッカーリーグ(セリエA)に加盟するプロサッカークラブ。 略称は『インテル』『インテル・ミラノ』『インター・ミラン』である。1929-1930年に発足したセリエAとして知られるイタリアサッカーのトップディビジョンの歴史上、降格経験のない唯一のクラブである。 1908年創設。ホームスタジアムはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ。愛称はクラブカラーに由来するネラッズーロ(イタリア語で「黒 (nero) と青 (azzurro)」)。サポーターはインテリスタと呼ばれる。 セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれる、ユヴェントス、ACミラン、インテルのビッグ3となっている。 これまでにリーグを18回、コッパ・イタリアを7回、スーペルコッパ・イタリアーナを5回制し、計30の国内タイトルを獲得している。 (Wikipedia:インテルFC)

インテル (企業)
インテル (Intel)は、半導体素子 半導体メーカーである。米国法人である Intel Corporation はカリフォルニア州のサンタクララ市、日本法人であるインテル株式会社は茨城県つくば市に本社を置く。Intelという名称はIntegrated Electronicsからきている。
カリフォルニア州のサンノゼ (カリフォルニア州) サンノゼ市にある半導体の生産工場には、インテルの歴史を紹介しているインテル博物館を併設。日本語での音声案内もあるので日本人にも見学しやすい環境となっている。
主に、PC/AT互換機ならびにアップルコンピュータ製Macintoshといったパーソナルコンピュータ パソコン用のMPUであるi8086シリーズの流れをくむIA-32と、IA-64(IPF) などのマイクロプロセッサやチップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。
(Wikipedia:インテル (企業))

インテル社
『インテル (企業)』より : インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:インテル社)

インテルジャパン
『インテル (企業)』より : インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:インテルジャパン)

インテル入ってる
『インテル (企業)』より : インテル(英:Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)が由来である。米国でのスローガンは、"Sponsors of Tomorrow"、日本でのスローガンは、"その好奇心で、未来をつくろう"である。 主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリ等を製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。 (Wikipedia:インテル入ってる)

インテル64
『Intel 64』より : x64またはx86-64とは、x86アーキテクチャを64ビットに拡張した命令セットアーキテクチャ。 実際には、AMDが発表したAMD64命令セット、続けてインテルが採用したIntel 64命令セット(かつてIA-32eまたはEM64Tと呼ばれていた)などを含む、各社の互換命令セットの総称である。x86命令セットと互換性を持っていることから、広義にはx86にx64を含む場合がある。 なお、インテルはIntel 64の他にIA-64の名前で64ビット命令セットアーキテクチャを開発・展開しているが、これはx64命令セット、x86命令セットのいずれとも互換性がない。 この命令セットアーキテクチャは、AMDがx86-64の名前で仕様を発表したものが元になっている。AMDは2003年にAMD64と名前を改めて実装しており、インテルもAMD64の互換命令セットをEM64T(後にIntel 64と改称)として実装した。のちにVIAがこれに続いた。 このような経緯もあり、ソフトウェアの対応命令セットの表記には、採用時期またはマイクロプロセッサベンダーとの立場などから、x86-64(x86_64), x64, AMD64, IA-32e, EM64T, Intel 64など複数の名称が用いられている。 (Wikipedia:インテル64)

インテルメッツォ
『間奏曲』より : 間奏曲(かんそうきょく)とは、間に演奏する経過的な楽曲(普通器楽曲)の総称。 Intermezzo インテルメッツォ(ドイツ語)、Intermezzo インテルメッゾ(イタリア語)と呼ばれるものにほぼ相当する。ただしInterludium インテルルディウム(ラテン語)、Interlude インタールード(英語)に相当するものを間奏曲と呼ぶこともある。また、entr'acte アントラクト(フランス語)、act‐tune アクトチューン(英語)、Zwischenakt ツヴィッシェンアクト(ドイツ語)は、インテルメッゾに含まれる概念である。 ここでは、インテルメッツォと呼ばれる間奏曲について記す。なお、幕間劇のことをインテルメッツォと呼ぶことがあるが、これは間奏曲でないのでここでは言及しない。 また、間奏とは、ひとつの楽曲の中で、声楽曲ならば声楽を伴わない器楽部分、器楽曲ならば主奏者(独奏者)が休止する部分のことである。 アントラクト オペラなどの劇の幕と幕の間、または、一つの幕の中での小休止に演奏される楽曲である。 (Wikipedia:インテルメッツォ)

インテルメッゾ
『間奏曲』より : 間奏曲(かんそうきょく)とは、間に演奏する経過的な楽曲(普通器楽曲)の総称。 Intermezzo インテルメッツォ(ドイツ語)、Intermezzo インテルメッゾ(イタリア語)と呼ばれるものにほぼ相当する。ただしInterludium インテルルディウム(ラテン語)、Interlude インタールード(英語)に相当するものを間奏曲と呼ぶこともある。また、entr'acte アントラクト(フランス語)、act‐tune アクトチューン(英語)、Zwischenakt ツヴィッシェンアクト(ドイツ語)は、インテルメッゾに含まれる概念である。 ここでは、インテルメッツォと呼ばれる間奏曲について記す。なお、幕間劇のことをインテルメッツォと呼ぶことがあるが、これは間奏曲でないのでここでは言及しない。 また、間奏とは、ひとつの楽曲の中で、声楽曲ならば声楽を伴わない器楽部分、器楽曲ならば主奏者(独奏者)が休止する部分のことである。 アントラクト オペラなどの劇の幕と幕の間、または、一つの幕の中での小休止に演奏される楽曲である。 (Wikipedia:インテルメッゾ)

インテルビューFS
原語表記=Interviú Fútbol Sala
愛称=
カラー=緑
創設=1977
リーグ=División de Honor
ディビジョン=
ホームタウン=マドリード
スタジアム=パベジョン・カハ・マドリー
キャパ=4,5000
代表=
監督=
HP=http://www.interviuboomerang.com/
インテルビュー・フェデサFS(”Interviú Fadesa Futbol Sala”)は、スペイン・マドリードを本拠地とするフットサルクラブ。
LNFSでは屈指の強豪クラブであり、その強さと一糸乱れぬ統率、鋭いカウンターから〝緑の機械〟を意味する「マキナ・ベルデ」と呼ばれる。国内リーグ優勝7回、カップ戦6回、スーペルコパ優勝7回などの戦績を残す。
ホームスタジアムの名称は、「パベジョン・カハ・マドリー」。
00-01 リーグ4位、スペインカップ優勝/
01-02 リーグ優勝、スーペルコパ優勝/
(Wikipedia:インテルビューFS)

インテルマック
『IntelMAC』より : Intel Mac(インテルマック)はアップルが開発および販売を行っているMacintoshにインテルのCPUを採用した製品群の総称である。PowerPCを搭載したMacの後継にあたる。 2015年現在、全てのMac製品にIntel製プロセッサが採用されていることから、この表現は滅多に使われなくなっている。 2005年のWorldwide Developers Conferenceにて、アップルが将来的にインテルのCPUを採用した製品を提供するという発表がなされ、翌年の2006年1月10日にIntel Coreを搭載したMacBook Pro(PowerBookが改称)とiMacを発表した。 Mac OS X v10.4 TigerからIntel Macに対応し、v10.6 Snow LeopardからはIntel Mac専用となった。 インテル製のCPUが搭載された経緯については、MacintoshのIntel Mac時代を参照。 新機能 Boot Camp Boot Campとは、Intel Macで他のオペレーティングシステム (OS) を動作させることのできる新たな機能である。 (Wikipedia:インテルマック)

インテル国際学生科学フェア
インテル国際学生科学フェア(インテルこくさいがくせいかがくフェア、Intel International Science and Engineering Fair, Intel ISEF)は、毎年行われる高校生を対象とした世界最大の科学コンテストである。また、「科学のオリンピック」とも呼ばれる。日本では、日本学生科学賞(JSSA)またはジャパン・サイエンス&エンジニアリング・チャレンジ(JSEC)で上位入選した作品の中から選ばれたものが派遣されている。
1950年、アメリカの非営利団体サイエンスサービスによって「National Science Fair」が始まり、1960年に「International Science and Engineering Fair (ISEF)」と改称。1997年よりインテルがタイトルスポンサーとなり「インテル国際学生科学フェア(Intel ISEF)」となった。
最優秀賞は、「インテル青年科学賞」であり、奨学金として5万ドル(約500万円)が授与される。
(Wikipedia:インテル国際学生科学フェア)

インテル・ザプレシッチ
ノゴメトニ・クルブ・インテル・ザプレシッチ(クロアチア語: Nogometni Klub Inter Zaprešić, 英語: Football Club Inter Zaprešić)は、クロアチアの中央部、ザグレブ郡の都市ザプレシチを本拠地とするサッカークラブチーム。 1929年6月25日、主要スポンサーであるセラミックメーカーのユーゴケラミカの名を冠してクラブが創設された。ユーゴスラビア連邦解体後、ユーゴケラミカがインケル(INKER、INdustrija KERamikeの略)へと改名したため、クラブの名前も同様に改められた。2003年にインケルがスポンサーから撤退後は、語感が近いインテルというクラブ名になっている。 1929年 : ユーゴケラミカ・ザプレシッチ(Jugokeramika Zaprešić)として創設。 1991年 : NKインケル・ザプレシッチ(NK Inker Zaprešić)に改名。 2003年 : NKインテル・ザプレシッチ(NK Inter Zaprešić)に改名。 (Wikipedia:インテル・ザプレシッチ)

インテルフィン
株式会社インテルフィン(Intelfin Inc.)は、日本の出版社である。2010年4月28日に株式会社ビデオ出版より社名変更した。 沿革 1945年(昭和20年)8月8日、増永善吉により株式会社鱒書房として東京都日本橋区(現中央区)に創業する。 1946年、森正蔵『解禁昭和裏面史 旋風二十年』が一大ベストセラーとなる。森の『戦後風雲録』、高木健夫『生きている日本史』、服部卓四郎『大東亜戦争全史』など、戦前・戦中を扱った本を数多く出版していた。他に内外の文学やユーモア随筆等を収録する新書シリーズを多数刊行し、第一次新書ブームに貢献する。また、菊池寛が1933年に文藝春秋より創刊した『話』の発行権を増永が譲り受けて1949年に日本初のハウ・トゥ・セックス雑誌『夫婦生活』として刊行し、後に同誌の編集部門を夫婦生活社として分社化した。その後、再度の路線転換を経て社名を都山書房に変更。1967年7月9日、ビデオ出版に社名を変更する。 現在は『ナンプレ広場』などのパズル誌と『やるCan』などの男性成年向けDVD誌の出版が主力になっており、発行する書籍のラインナップもパズル関連書が中心となっている。 (Wikipedia:インテルフィン)

インテルサット
インテルサット(Intelsat)は、アメリカのワシントンD.C.に本拠地を置く通信事業者である。 インテルサットはアメリカ、日本など11か国の参加と140ヶ国以上の通信事業者が出資して、1964年に発足した国際機関の通称である。出資者にはコムサットがおり、出資率61%であったので合衆国の利益を十分に代表した。 設立当初は人工衛星を使った国際通信の世界均一サービスの実現という非営利目的で運営された。一方、国際電気通信連合とは業務管轄が独立している。商業衛星通信システムの設置を進めるとともに、各国の通信事業者に対して、通信衛星を使い音声や画像、データ通信サービスを提供している。 1998年9月、コムサットはロッキード・マーティンに吸収合併された。インテルサット自体は1999年10月に開催された会合で民営化が決まった。2000年3月、衛星通信事業の競争条件公平化を目的とするORBIT(Open-Market Reorganization for Betterment of Int'l Telecommunications)法案が米国で成立した。 (Wikipedia:インテルサット)

インテルナショナル
『インテルナシオナル』より : インテルナシオナル(Internacional)は、英語のインターナショナルにあたるポルトガル語およびスペイン語の単語。 ブラジルのサッカークラブ SCインテルナシオナル - リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレにあるサッカークラブ。 SCインテルナシオナル (サンパウロ州) - サンパウロ州サンパウロにかつて存在したサッカークラブ。 AAインテルナシオナル - サンパウロ州リメイラにあるサッカークラブ。通称インテル・デ・リメイラ。 AAインテルナシオナル (ベベドウロ) - サンパウロ州ベベドウロにあるサッカークラブ。通称インテル・デ・ベベドウロ。 ECインテルナシオナル・デ・ラジェス - サンタカタリーナ州ラジェスにあるサッカークラブ。通称インテル・デ・ラジェス。 ECインテルナシオナル (リオグランデ・ド・スル州) - リオグランデドスル州サンタマリアにあるサッカークラブ。通称インテル・デ・サンタマリア。en:Internacional (disambiguation) fr:Internacional pt:Internacional。 (Wikipedia:インテルナショナル)


インテル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

インテル - アマゾン検索


「インテル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す