[PR]

日別キーワード

第78位  グランパス - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



グランパス
『名古屋グランパスエイト』より : グランパス(Grampus)は英語で「シャチ」を意味する。 アメリカ海軍 グランパス (SS-207) - タンバー級潜水艦。 グランパス (SS-523) - テンチ級潜水艦。 アメリカ連合国の河川砲艦 イギリス海軍 グランパス (スループ・初代) - 1731年進水の14門スループ グランパス (スループ・2代) - 1743年進水の14門スループ グランパス (スループ・3代) - 1746年進水の14門スループ。後に火船として使用。 グランパス (貯蔵船) - 元戦列艦バッキンガム。1777年改名。 グランパス (戦列艦) - 1782年進水の戦列艦 グランパス (54門艦) - 東インド会社のセレスを改名したもの。 グランパス (50門艦・初代) - 1802年進水の4等艦 グランパス (50門艦・2代) - 74門艦トレメンダスを1850年に改装したもの。 グランパス (駆逐艦) - ビーグル級駆逐艦ノーチラスを1913年に改名したもの。 グランパス (グランパス級潜水艦) - グランパス級潜水艦。 グランパス (ポーパス級潜水艦) - ポーパス級潜水艦。 (Wikipedia:グランパス)

グランパスくん
グランパスくんは、Jリーグ名古屋グランパスエイト 名古屋グランパスのマスコットで、シャチをモチーフにしている。本項目ではグランパスくんの他、彼の家族のキャラクターも同様に解説する。
家族共通して、見た目はデフォルメされたシャチであり、Jリーグのマスコットの中では唯一、クラブカラーを一切身に付けていない(グララ、リニューアル後のジュニ坊を除く)。
名古屋サポーターにとどまらない人気の高さから、他クラブ主催のアウェーゲームにも何度かゲスト出演し、他クラブのマスコットと交流を行っている。特に、同じ東海地方のクラブで、グランパスくんと並んで高い人気を誇る清水エスパルスのマスコット・パルちゃんとの親交は深く、オールスターゲームや互いのホームゲームなどでしばしば一緒にイベントを行い、2008年には共著『パルちゃんとグランパスくんのほん。』を出版している。また同じ名古屋を本拠地とするプロ野球中日ドラゴンズのマスコット達との交流も2006年以降行われており、グランパスくん一家がドラゴンズの試合に、ドアラ達がグランパスの試合をそれぞれ相互訪問している(後述)。
(Wikipedia:グランパスくん)

グランパスExpress
『グランパスExpress』(グランパスエクスプレス)は、1993年から東海テレビ放送 東海テレビで放送されている名古屋グランパスエイト 名古屋グランパス応援番組。通称『GEX』。
スタート時は毎週放送の30分番組だったが、後年は放送時間15分に縮小された。ストーブリーグ シーズンオフは番組の放送を休止している。2004年3月で一旦終了したが、視聴者からの反響から同年8月から隔週30分番組として再開された。また、『スーパーサタデー』の枠内でグランパスコーナーを放送している。この番組は収録番組だが、撮って出しとして収録のやり直しはない。
毎月第2・第4火曜 深夜25:05 - 25:35
加藤晃(東海テレビアナウンサー)
三浦茉莉(東海テレビアナウンサー) - 2007年3月より。番組内での愛称は「蹴まり」。
(Wikipedia:グランパスExpress)

グランパスR
グランパスR(グランパスアール)は東海ラジオ放送で放送されていた名古屋グランパスの応援番組。2008年3月23日で終了。 番組概要 東海ラジオでのグランパス応援番組は1992年のナビスコカップから開始された「知的野生人 我らグランパスエイト」に始まる。この当時はチームのメインスポンサーであるトヨタ自動車のグループ企業が提供していた。これを1999年ごろから「耳で聴く週刊誌」をコンセプトとした「週刊!!グランパスタイムズ」にリニューアル。この時は村上和宏アナウンサーが編集長として出演していた。それが2002年ごろからこの番組に一新し、パーソナリティーも森貴俊アナウンサーと、コメンテーターの城山喜代次(当時中京大学サッカー部監督)に交代。それまでの日曜夕方の枠から2003年度上半期編成(4~9月)は日曜早朝に一旦移った。2005年度下半期の放送は毎週日曜夕方17:15-18:20放送のSports Dial枠内の10分間。なお2006年・2007年シーズンオフも放送時間は違うが、スポーツダイヤル内で放送中。 (Wikipedia:グランパスR)

グランパスエキスプレス
『グランパスExpress』(グランパスエクスプレス)は、1993年から2010年9月28日まで東海テレビで放送された名古屋グランパスの応援番組。通称「GEX」(ゲックス)。 撮って出しによる収録番組で、収録のやり直しは無かった。シーズンオフには放送を休止していた。シーズン中には名古屋グランパスの選手がスタジオ出演することもあった。スタート時には毎週放送の30分番組だったが、後に放送時間15分に縮小された。番組は2004年3月をもって一旦終了したが、視聴者からの反響を受けて同年8月から隔週30分番組として再開された。また、同局土曜午前の情報番組『スーパーサタデー』においても、不定期(シーズン開始直後など)ながらグランパスコーナーが設けられていた。 放送時間 第2・4火曜 25:10 - 25:40 (2007年10月 - 2008年8月) 第2・4火曜 25:05 - 25:35 (2008年9月 - 2010年9月) 出演者 レギュラー出演者 小田島卓生(東海テレビアナウンサー) - 初代キャスター。 (Wikipedia:グランパスエキスプレス)


グランパス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

グランパス - アマゾン検索


「グランパス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す