[PR]

日別キーワード

第80位  グロス - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



グロス
グロス Gross十二進法による数量の単位。144(=122)。12ダース。1728(=12グロス、123)をグレートグロス、120(=12×10)をスモールグロスという。 「全体で」、「総体で」という意味の英語。反義語はネット。 グロス重量、グロスウエイト - gross weight。風袋(包装、パレットなど)を含めた全重量。 グロス値 - 自動車用語でエンジン出力表示の一つ。エンジン単体にエアクリーナー、マフラー、排ガス規制対策機器などのみを装着した状態で軸出力を直接測定する。車体に搭載した状態での数値は「ネット値」と言うが、全般的な出力数値は駆動系統の損失が無い分グロス値の方が高めに測定される。但し、実際の走行状況を反映した数値ではなく、特にシャシダイナモやダイナパックで計測した際にスペックよりも大幅に低い値が出る要因ともなる。アメリカ車では1971年、日本車では1987年を境にグロスからネットへの移行が進められ、市場に少なからぬ混乱を招いた。 グロススコア - ゴルフ用語。18ホールでの総スコア。ハンディキャップを引く前の打数。グロスよりハンディを引いた後のスコアはネットという。 (Wikipedia:グロス)

グロスフスMG42機関銃
グロスフスMG42機関銃(Maschinengewehr 42(マシーネンゲヴェーア ツヴァイウントフィアツィヒ)、MG42またはMG-42)は、第二次世界大戦時の1942年にナチス・ドイツにより開発・製造された汎用機関銃である。 当時のドイツ軍の主力機関銃だったラインメタルMG34は優秀な銃だったが、部品に削り出しを多用するなど生産性に問題があり、高価格であった。MG42はコストダウンと量産性の向上を重点目標に、グロスフス社により開発された。 完成した銃はプレス加工の多用により、MG34のおよそ半分の人手や低いコストで製造でき、生産工程で資材をより節約できた。1942年から量産を開始し、グロスフス社、モーゼル社、グストロフ・ヴェルケ(Gustloff-Werke)社ほかで生産され、戦時生産数が40万丁を超えた成功作となった。 MG42は複数の国々で使用され、ライセンス品や模倣品が数多く生産された。アメリカ軍でも使用弾薬を自国規格に変更したフルコピー品の生産を企画している(後述#T24参照)。 (Wikipedia:グロスフスMG42機関銃)

グロスタシャー
jname グロスタシャー
map Image:EnglandGloucestershire.svg
status イングランドの典礼カウンティ 典礼およびイングランドの都市および非都市カウンティ 非都市カウンティ
origin
region イングランド南西部
arearank イングランド典礼カウンティの面積一覧 16 位
area_km2 3150
adminarearank イングランド登録シャイア・カウンティの面積一覧 17 位
adminarea_km2 2653
adminhq グロスター
iso GB-GLS
nuts3 UKK13
ethnicity 97.3% 白色人種
council Gloucestershire County Councilhttp://www.gloucestershire.gov.uk/
mps *:en:Roger Berry 労働党 (イギリス) (L)
:en:Geoffrey Clifton-Brown 保守党 (イギリス) (C)
:en:Parmjit Dhanda 労働党 (イギリス) (L)
:en:David Drew 労働党 (イギリス) (L)/協同党 (イギリス) (Co-op)
(Wikipedia:グロスタシャー)

グロスター ミーティア
『ミーティア (航空機)』より : グロスター ミーティア(Gloster Meteor)は、イギリスの航空機メーカー、グロスター・エアクラフト社が開発した連合国軍側初の実用ジェット戦闘機。ドイツ空軍の世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262 に遅れること数週間で実戦配備された。 開発 1941年に連合国軍側初のジェット試験機 E.28/39 を進空させたグロスター社は、軍需省仕様 F.9/40 に基づき同国初の実用ジェット戦闘機の基本設計に着手した。歴史は古いものの二流メーカーと見做されていた当時のグロスターには第一線機がなく、下請生産中のホーカー ハリケーンも終息間近と、戦時下にも関わらず手隙にしていたため、同社が指名された経緯がある。 高速化目的で単発を主張する空軍省に対し、エンジンの低信頼性を憂慮する同社主任技師のジョージ・カーター(George Carter)は双発を主張して譲らず、結局双発で計画は進められた。 (Wikipedia:グロスター ミーティア)

グロスターミーティア
『ミーティア (航空機)』より : グロスター ミーティア(Gloster Meteor)は、イギリスの航空機メーカー、グロスター・エアクラフト社が開発した連合国軍側初の実用ジェット戦闘機。ドイツ空軍の世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262 に遅れること数週間で実戦配備された。 開発 1941年に連合国軍側初のジェット試験機 E.28/39 を進空させたグロスター社は、軍需省仕様 F.9/40 に基づき同国初の実用ジェット戦闘機の基本設計に着手した。歴史は古いものの二流メーカーと見做されていた当時のグロスターには第一線機がなく、下請生産中のホーカー ハリケーンも終息間近と、戦時下にも関わらず手隙にしていたため、同社が指名された経緯がある。 高速化目的で単発を主張する空軍省に対し、エンジンの低信頼性を憂慮する同社主任技師のジョージ・カーター(George Carter)は双発を主張して譲らず、結局双発で計画は進められた。 (Wikipedia:グロスターミーティア)

グロスター・ミーティア
『ミーティア (航空機)』より : グロスター ミーティア(Gloster Meteor)は、イギリスの航空機メーカー、グロスター・エアクラフト社が開発した連合国軍側初の実用ジェット戦闘機。ドイツ空軍の世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262 に遅れること数週間で実戦配備された。 開発 1941年に連合国軍側初のジェット試験機 E.28/39 を進空させたグロスター社は、軍需省仕様 F.9/40 に基づき同国初の実用ジェット戦闘機の基本設計に着手した。歴史は古いものの二流メーカーと見做されていた当時のグロスターには第一線機がなく、下請生産中のホーカー ハリケーンも終息間近と、戦時下にも関わらず手隙にしていたため、同社が指名された経緯がある。 高速化目的で単発を主張する空軍省に対し、エンジンの低信頼性を憂慮する同社主任技師のジョージ・カーター(George Carter)は双発を主張して譲らず、結局双発で計画は進められた。 (Wikipedia:グロスター・ミーティア)

グロスター ジャベリン
名称=グロスター ジャベリン
キャプション=ファーンボロー国際航空ショー ファーンボロー・エア・ショーに参加するジャベリン
用途=戦闘機
分類=
設計者=
製造者=グロスター・エアクラフト
運用者=イギリス (イギリス空軍 RAF)
初飛行年月日=1951年11月26日
生産数=
生産開始年月日=
運用開始年月日=
退役年月日=1968年
運用状況=退役
ユニットコスト=
グロスター ジャベリン (Gloster Javelin) とはイギリスの航空機メーカー、グロスター・エアクラフト社がイギリス空軍向けに開発した戦闘機。イギリス空軍初の超音速機 超音速翼平面形 デルタ翼機であり、イギリスでは初の設計段階から全天候戦闘機として開発され、試作機も含めると436機が生産された。
1947年1月24日、イギリス補給省が昼間戦闘機と複座夜間戦闘機の要求性能を含む仕様書を掲示した。グロスター社は以前から研究していた2種類のデルタ翼機の設計案を送った。翌年の1948年にイギリス補給省は昼間戦闘機と夜間戦闘機の仕様書を別々に発行し、このうちの仕様書F.4/48向けの試作機(社内呼称GA5)がグロスター社で製造された。この試作機は1951年11月26日に初飛行し、競争機のデ・ハビランド シービクセン デハビラント DH.110との比較の結果、1952年7月7日にイギリス航空省がグロスター社のGA5を採用することにした。性能自体はDH.110の方が優れていたが、GA5の機体構造の方が将来の発展の余地があったことが採用の決め手となった。
(Wikipedia:グロスター ジャベリン)

グロス請け
グロス請け(グロスうけ)とは日本のテレビアニメシリーズで採用されている制作システムの一つ。下請けの一つの形。 テレビアニメシリーズで「アニメーション制作」もしくは単に「制作」「製作」とクレジットされるアニメ制作会社が元請けとなり、下請けの制作会社に1話分まるごと制作を任せること。 グロス請けの制作会社はその話数に関しては全責任を負って制作管理を行い、元請けの制作会社に完成したフィルム、ビデオを納品する。グロス請けの制作会社は請け負った話数に対してのみ「制作協力」などとクレジットされるのが通例である。 テレビシリーズは30分作品を月に4本作成しなければならないため、元請け会社が全ての制作工程を請け負うとなると、社内に大量のスタッフを抱えなければならず、その負担は莫大なものとなる。そこで日本のテレビアニメでは、歴史的に分業システムが発展して、社内のスタッフ以外にも、外部の作画スタジオ、美術スタジオ、撮影会社、音響制作会社などに外注を行なうのが通例となっている。 (Wikipedia:グロス請け)

グロス受け
『グロス請け』より : グロス請け(グロスうけ)とは日本のテレビアニメシリーズで採用されている制作システムの一つ。下請けの一つの形。 テレビアニメシリーズで「アニメーション制作」もしくは単に「制作」「製作」とクレジットされるアニメ制作会社が元請けとなり、下請けの制作会社に1話分まるごと制作を任せること。 グロス請けの制作会社はその話数に関しては全責任を負って制作管理を行い、元請けの制作会社に完成したフィルム、ビデオを納品する。グロス請けの制作会社は請け負った話数に対してのみ「制作協力」などとクレジットされるのが通例である。 テレビシリーズは30分作品を月に4本作成しなければならないため、元請け会社が全ての制作工程を請け負うとなると、社内に大量のスタッフを抱えなければならず、その負担は莫大なものとなる。そこで日本のテレビアニメでは、歴史的に分業システムが発展して、社内のスタッフ以外にも、外部の作画スタジオ、美術スタジオ、撮影会社、音響制作会社などに外注を行なうのが通例となっている。 (Wikipedia:グロス受け)

グロスターシャー州
グロスタシャー (Gloucestershire) は、イングランド南西部にある行政区域であり、グロスターシャーとも表記され、グロスターシャー州 (the county of Gloucestershire, Gloucestershire county) とも呼ばれる。コッツウォルド、セヴァーン川流域の一部、およびディーンの森を含む。 州庁所在地はグロスターであり、その他の主要都市はチェルトナム、ストラウド、サイレンスター、およびテュークスブリーである。 伝統的な州としては、ウェールズのグウェント Preserve county、イングランドのヘレフォードシャー、オックスフォードシャー、ウスターシャー、ウォリックシャー、およびスウィンドンを含むウィルトシャーに隣接している。 歴史的にはブリストルも含まれたが、1373年に独立した州となりグロスタシャーの一部とはみなされなくなった。サウス・グロスタシャーは1974年にエイボン州の一部となったが、1996年にエイボン州が廃止されたとき単一の統合自治体となり、伝統的な州としてのグロスタシャーの一部となった。 (Wikipedia:グロスターシャー州)

グロスターシャー
『グロスターシャー州』より : グロスタシャー (Gloucestershire) は、イングランド南西部にある行政区域であり、グロスターシャーとも表記され、グロスターシャー州 (the county of Gloucestershire, Gloucestershire county) とも呼ばれる。コッツウォルド、セヴァーン川流域の一部、およびディーンの森を含む。 州庁所在地はグロスターであり、その他の主要都市はチェルトナム、ストラウド、サイレンスター、およびテュークスブリーである。 伝統的な州としては、ウェールズのグウェント Preserve county、イングランドのヘレフォードシャー、オックスフォードシャー、ウスターシャー、ウォリックシャー、およびスウィンドンを含むウィルトシャーに隣接している。 歴史的にはブリストルも含まれたが、1373年に独立した州となりグロスタシャーの一部とはみなされなくなった。サウス・グロスタシャーは1974年にエイボン州の一部となったが、1996年にエイボン州が廃止されたとき単一の統合自治体となり、伝統的な州としてのグロスタシャーの一部となった。 (Wikipedia:グロスターシャー)

グロスター グラディエーター
グロスター グラディエーター(Gloster Gladiator)はイギリスのグロスターが製作した複葉戦闘機である。第二次世界大戦の初期にも戦闘に使われた。艦上機への改造もなされ、そちらはシーグラディエーターと呼ばれた。 本機は1930年にイギリス空軍が出した仕様書F.7/30に基づいて開発された機体で、当時使用されていたどの戦闘機よりも高速で強力な武装を装備した機体が求められていた。F.7/30では蒸気冷却式のロールス・ロイス ゴスホークエンジンの使用が求められていたが、グロスター社では自社製の戦闘機であるゴーントレットを発展させた空冷星型エンジン装備の機体を開発することにし、H.P.フォーランドを主任として設計に着手した。試作機は1934年に初飛行したが、テストの結果は優秀で最大速度は389km/hを記録した。ゴスホークは失敗作で、ゴスホークを搭載しなかった本機のみが唯一、1935年7月に制式採用された。翌年から部隊配備が開始されたが、一定数が揃って部隊で運用開始されたのは1937年1月からである。 (Wikipedia:グロスター グラディエーター)

グロスター伯ロバート
グロスター伯ロバート(Robert De Caen, FitzRoy, Earl of Gloucester, 1090年頃 - 1147年10月31日)は、イングランド王ヘンリー1世の庶子である。出生地名を取ってロバート・デ・カーン(ロベール・ド・カーン)と呼んだり、「王の子」を意味するフィッツロイのあだ名を付けることもある。 ロバートは父ヘンリーがイングランド王位を継承するより以前で未婚の頃に、ノルマンディーのカーンで生まれた。正確な誕生日と母の名前は伝わっていない。グロスターの領主ロバート・フィッツハモン(イングランド王ウィリアム1世の従兄弟)の娘メイベル・オブ・グロスター(フィッツハモン)と結婚し、1121年頃、グロスター伯の爵位を授けられた。 父ヘンリー1世が死ぬと、ヘンリーが後継者に指名したロバートの異母妹マティルダ(通称「モード王女」)と、実力でイングランド王位を獲得したスティーブン王の間で王位を巡る争いが起こった。 (Wikipedia:グロスター伯ロバート)

グロスカヴァッロ
グロスカヴァッロ(Groscavallo)は、人口213人のイタリア共和国ピエモンテ州トリノ県のコムーネの一つである。 (Wikipedia:グロスカヴァッロ)

グロスター公
グロスター公爵(Duke of Gloucester)は、イギリス王室でしばしば時の君主の息子の1人に授けられる公爵位であり、その名はグロスタシャーのグロスターの地名にちなんでいる。現在の第6期の従属爵位は、アルスター伯爵とカローデン男爵である。 この爵位は最初エドワード3世の13番目の子であるトマス・オブ・ウッドストックに授けられた。しかしトマスの死により爵位は消滅した。次はヘンリー4世の5番目の子であるハンフリー・オブ・ランカスターに授けられた。 第3期は1461年、エドワード4世が即位すると弟のリチャードに授けられた。後にリチャードが国王に即位すると、公爵領は国王領に編入された。リチャードの死後、3人のグロスター公の3人ともが後継ぎ無しに死んだためにこの爵位は不吉とされ、150年間誰にも授与されなかった。 次のグロスター公はチャールズ1世の息子のヘンリー・ステュアートに授けられたが、彼が亡くなると爵位自体が公式に消滅した。 アン女王の息子のウィリアム王子が彼の生涯(1689年-1700年)に渡って「グロスター公」と自称していたが、結局正式には公爵位は与えられなかった。 (Wikipedia:グロスター公)

グロスパール
『アシクロビル』より : アシクロビル (aciclovir) は、ウイルス感染症の治療薬である。医薬品としては、ヘルペスウイルス感染症や帯状疱疹に適応がある。 化学的性状 白色から微黄白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。ジメチルスルホキシドに溶けやすく、酢酸 (100) にはやや溶けにくい。水に溶けにくく、メタノール・エタノール (95) に極めて難溶である。アセトン、1-プロパノール、ジエチルエーテル、ヘキサンにほとんど溶けない。希塩酸、希水酸化ナトリウム試液またはアンモニア試液に溶ける。 バローズ・ウェルカム研究所でガートルード・エリオンが開発した。 日本ではグラクソ・スミスクラインからゾビラックスが販売される。後発医薬品も様々に販売されている。剤形としては注射、錠剤、顆粒、シロップ、ゼリーなどがある。2007年に一般用医薬品として大正製薬よりヘルペシア軟膏、グラクソ・スミスクラインよりアクチビア軟膏が発売された。効能は口唇ヘルペス再発のみだが、受診を避けたい性器ヘルペス患者も気軽に買えるよう、承認条件として義務付けられた薬剤師による指導をあえて控えているのではないかと経済誌ZAITEN2009年2月号が問題提起した。 (Wikipedia:グロスパール)

グロスター (航空機メーカー)
グロスター・エアクラフト (Gloster Aircraft Company Ltd) は、かつて存在したイギリスの航空機メーカー。1917年にグロスターシャー・エアクラフト (Gloucestershire Aircraft Company Ltd) として設立された。イギリス空軍向けにグロスター グリーブやグロスター グラディエーターなどの軍用機を製造した。ホーカー・シドレーの子会社としてホーカー ハリケーン、ホーカー タイフーンを生産した。また、イギリス最初のジェット戦闘機グロスター E.28/39とその実用機グロスター ミーティアを製造したメーカーである。 社名は設立された地名グロスターシャーによる。1926年、社名をグロスターシャーからグロスターに変更した。1960年にホーカー・シドレー・グループに吸収された。 社史 グロスターシャー・エアクラフトは、彫刻メーカーであるマーティンのエアクラフト・マニュファクチャリング (Aircraft Manufacturing Company) を買収し、航空機製造事業を獲得した。 (Wikipedia:グロスター (航空機メーカー))

グロスター
グロスター(Gloucester /ˈɡlɒstɚ/ En-gloucester.ogg listenと発音)は、イングランド・グロスターシャーの州都。人口110,207(2003年)。 古代ローマ時代 グロスター(当時はCaer Glow、Glaeawecastre、Gleucestreとも)でブリトン人らが定住した歴史的証拠はどんなはっきりしたものでも確認されていない。しかしグロスターは、ローマ帝国の自治体単位であるコロニアであり、ネルウァ時代にGlevumという名前で既にあった。城壁の一部を辿ることができ、多くの遺跡と碑文の乏しい硬貨が発見されている。ブリタンニアの終焉後のいくつかの証拠から、ブリトン人支配を受け、その後ウェセックス王国がグロスターを支配下においたといわれる。 アングロサクソン時代 グロスターとは、『輝く川の上のとりで』(古英語でceasterとは'fort'を意味する)という意味の言葉である。 (Wikipedia:グロスター)

グロスター (航空機メーカー)
グロスター・エアクラフト (Gloster Aircraft Company Ltd) は、かつて存在したイギリスの航空機メーカー。1917年にグロスターシャー・エアクラフト (Gloucestershire Aircraft Company Ltd) として設立された。イギリス空軍向けにグロスター グリーブやグロスター グラディエーターなどの軍用機を製造した。ホーカー・シドレーの子会社としてホーカー ハリケーン、ホーカー タイフーンを生産した。また、イギリス最初のジェット戦闘機グロスター E.28/39とその実用機グロスター ミーティアを製造したメーカーである。 社名は設立された地名グロスターシャーによる。1926年、社名をグロスターシャーからグロスターに変更した。1960年にホーカー・シドレー・グループに吸収された。 社史 グロスターシャー・エアクラフトは、彫刻メーカーであるマーティンのエアクラフト・マニュファクチャリング (Aircraft Manufacturing Company) を買収し、航空機製造事業を獲得した。 (Wikipedia:グロスター (航空機メーカー))

グロスモント大学
グロスモント大学(Grossmont College)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ市郊外のエルカホンにあるコミュニティーカレッジ。キュヤマカ大学との姉妹校でもある。 サンディエゴ近郊にあるUCSD、サンディエゴ州立大学、サンディエゴ大学や、その他のカリフォルニア大学あるいはカリフォルニア州立大学への編入システムが充実している。その他にも、職業訓練や、準学士号等のシステムもあり、会計や、コミュニケーション等が人気である。 費用等は、留学生にとっても比較的控えめに設定してあり、地元学生にとっては、かなり経済的に通える。 大学自体は丘の上に立っているようなイメージで交通には車が適切と思われるが、いくつか駐車場があるにもかかわらず、車で通学する学生が多いため、駐車スペースを探すのが大変である。 キャンパス内は全面禁煙で、喫煙が発覚した場合、罰金400ドルを支払わなければならない。 また、2012年3月には駐車場内にて、生徒が煉炭自殺を図り学校内で問題になった。 大学内にある駐車場には交番があり、駐車場のパトロールにあたっている。 (Wikipedia:グロスモント大学)


グロス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

グロス - アマゾン検索


「グロス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す