[PR]

日別キーワード

第83位  コングロマリット - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



コングロマリット
コングロマリット(英: conglomerate)は、直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業とも。主に異業種企業が相乗効果を期待して合併を繰り返して成立する。 複合企業体としてのコングロマリット 企業は、通常ならば業務関係のある会社と合併するが、業務の内容において直接の関係を持っていない企業の買収などによって、全く異なる業種に参入し企業グループとする企業形態の一つがコングロマリットである。 コングロマリットは1960年代のアメリカ合衆国で盛んに行われ、異業種間同士の相乗効果によりグループ全体の活性化(一部では、株価や企業資産の吊り上げといった思惑も込められた)が期待された。 異業種参入の難しさに加え、期待した相乗効果が得られない、拡大したグループの収益悪化といった問題が発生しやすい企業形態であるが、業種を超えてシナジー効果が得られた場合は、技術面・ブランディングにおいて非常に強力なものである。 (Wikipedia:コングロマリット)


コングロマリット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

コングロマリット - アマゾン検索


「コングロマリット」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す