[PR]

日別キーワード

第97位  ゼルダ - 2018年05月15日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゼルダ
ゼルダ (Zelda) は女性の名前(同名の人物の一覧)。 コンピュータゲーム ゼルダの伝説シリーズ - 任天堂のコンピュータゲームシリーズ。 ゼルダの伝説 - ゼルダの伝説シリーズの一作目。 ゼルダ (ゲーム&ウオッチ‎) - 日本国内では未発売のゲーム&ウオッチ‎版タイトル。 ゼルダ (ゲームキャラクター) - ゼルダの伝説に登場するキャラクター。 ゼルダの伝説シリーズの作品・関連作品の一覧も参照。 その他 ZELDA - 日本のロックバンド。 ゼルダ (料理) - トルコの伝統料理。 ゼルダ - 地球防衛軍テラホークスに登場する人類を滅ぼして地球征服を企むアンドロイドの首領。 M113装甲兵員輸送車のイスラエル国防軍における愛称。 ゼルダという名前を持つ人物の一覧 ゼルダ・ウィリアムズ - アメリカ合衆国の女優。 ゼルダ・シアーズ - アメリカ合衆国の脚本家。 ゼルダ・ハリス - アメリカ合衆国の女優。 ゼルダ・フィッツジェラルド - アメリカ合衆国の作家。 (Wikipedia:ゼルダ)

ゼルダの伝説シリーズ
ゼルダの伝説シリーズ(ゼルダのでんせつシリーズ、英: The Legend of Zelda Series)は任天堂が開発・発売しているコンピュータゲームシリーズ。 1986年の『ゼルダの伝説』の発売以来、長きにわたってユーザーに支持をされている、任天堂のアクションアドベンチャーゲーム。シリーズの始まりである『ゼルダの伝説1』は宮本茂、手塚卓志、中郷俊彦、近藤浩治などのわずか数人によってファミリーコンピュータ ディスクシステムのローンチソフトとして開発された。 多くのシリーズ作品の共通点として「様々なダンジョンを攻略」「剣をメインとするアクション」「アイテムによる成長」「冒険の舞台が箱庭」などがある。 基本的なストーリーはプレイヤーの分身であるリンクがガノンドロフなどの敵からお姫様のゼルダを助けるという物語。作品ごとに時代・主人公の設定は変更され、ストーリーも独立したものになっておりシリーズの途中からでも理解できるものになっている。一方で「ハイラルの歴史」と称されるゲーム上の時系列は存在し、度々言及されている。 (Wikipedia:ゼルダの伝説シリーズ)

ゼルダの伝説 時のオカリナ
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(ゼルダのでんせつ ときのオカリナ、英題:The Legend of Zelda: Ocarina of Time)は、1998年11月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64(N64)用アクションアドベンチャーゲーム。 直接の続編に『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』がある。2011年6月には、ニンテンドー3DS用に全面的にリメイクされた『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が発売された。 ゼルダの伝説シリーズの第5作(時系列順に並べた場合3作目)であり、それまでのRPGでは一般的だった2D見下ろし型視点から脱却し、シリーズ初の3D作品となったことが最大の特徴である。これにより、奥行きのある立体的な空間内をよりリアルな視点位置で見渡すことができるようになり、バトルや謎解きに革新的な変化がもたらされた。同時に、3Dゲームに付きものだったカメラワークや操作性の問題点を軽減する「Z注目システム」(後述)や「特殊アクションの自動化(Aボタンアクション)」など、様々な革新的な提案を行った。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 時のオカリナ)

ゼルダの伝説 風のタクト
『ゼルダの伝説 風のタクト』(ゼルダのでんせつ かぜのタクト、英: The Legend of Zelda: The Wind Waker)は、2002年12月13日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用アクションアドベンチャーゲームである。 ゼルダの伝説シリーズの1つ。さらわれた妹を助けるため、そして世界を守るために主人公リンクが大海原へと旅に出る冒険物語。 直接の続編に『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』がある。 2013年9月26日にグラフィックをHDにリニューアルし、ゲーム内容もチューニングした『ゼルダの伝説 風のタクト HD』がWii U専用ソフトとして発売された。以後断りがない場合はオリジナルのニンテンドーゲームキューブ版について述べる。 受け継がれた基本システム 本作はゲームの基本的な要素という点においては、それまでのシリーズから大きな変化が加えられていない。つまり世界中を冒険するゲームスタイル、ダンジョンと謎解き、それらに付随して発生する副次的な冒険といった要素はシリーズに共通したものである。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 風のタクト)

ゼルダの伝説
『ゼルダの伝説』(ゼルダのでんせつ、The Legend of Zelda)は、任天堂から発売されたゲームソフト。ゼルダの伝説シリーズの一作目にあたる。表記はパッケージやタイトル画面では『THE HYRULE FANTASY ゼルダの伝説』となっている。日本では1986年2月21日にファミリーコンピュータ ディスクシステム用として、日本国外のディスクシステムが発売されなかった地域ではロムカセットとして発売された。 任天堂のディスクシステムの第一弾ソフトとして発売された。当時のパソコンゲームは『ハイドライド』・『ドラゴンスレイヤー』・『ザナドゥ』といった剣と魔法のファンタジー世界観を持つアクションアドベンチャーゲームが人気を博しており、『ゼルダの伝説』はパソコンのフロッピーディスクの容量に対抗できるディスクシステムを生かしたゲームとして開発された。 (Wikipedia:ゼルダの伝説)

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』(ゼルダのでんせつ ふしぎのきのみ)は、2001年2月27日に任天堂から発売されたゲームボーイカラー用アクションアドベンチャーゲーム。略称は「木の実」など。 任天堂とカプコンの共同開発であり、ゼルダの伝説シリーズとしては初めての試みとなった。ゲームボーイアドバンスの発売間近で発売された事から、本作をゲームボーイアドバンスで起動すると画質が多少向上し、「アドバンスショップ」という店が開店する要素が存在する。 本作は『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章』(―だいちのしょう、英題:The Legend of Zelda: Oracle of Seasons)、『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章』(―じくうのしょう、英題:The Legend of Zelda: Oracle of Ages)の2作品からなり、タイトルこそ似ているが、一部を除きストーリー、マップ、ダンジョン等の内容は完全に異なる。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 ふしぎの木の実)

ゼルダ (ゲームキャラクター)
ゼルダ(Zelda)は、任天堂のコンピューターゲーム『ゼルダの伝説シリーズ』に登場する架空のキャラクター。
作品ごとに異なる設定と素性を持つ。リンク (ゲームキャラクター) リンクと同様に、続編を除くと基本的に作品ごとに別人である。
物語の中核を担う重要なキャラクターとして登場することが多い。基本的にはハイラル王国の王女ゼルダ姫として登場し、「知恵のトライフォース」を司る。『リンクの冒険』では、「トライフォースを巡って起こった悶着で、初代のゼルダ姫が長い眠りについてしまったという悲劇(その際に、勇気のトライフォースも行方不明になる)を忘れないために、ハイラル王家の姫は代々『ゼルダ』を襲名している」という設定が存在したが、これは全シリーズ共通の設定とも考えられる。
(Wikipedia:ゼルダ (ゲームキャラクター))

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』(ゼルダのでんせつ ムジュラのかめん、英題:The Legend of Zelda: Majora's Mask)は、任天堂より2000年4月27日に発売されたNINTENDO64用アクションアドベンチャーゲーム。 2015年2月14日にリメイク作であるニンテンドー3DS用ソフト『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』が発売された。 1998年に発売された『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の数か月後のストーリーであり、システムも『時のオカリナ』のものを引き継いでいる。ゼルダの伝説シリーズの1作であり、シリーズ最後のROMカセット用ソフトでもあった。シリーズの中でもトップクラスの難易度を誇る作品であり、『時のオカリナ』経験者向けのソフトとして製作された。 舞台はハイラルとは違う次元に存在する世界タルミナで、リンクはこのパラレルワールドに迷い込んでしまう。そこは3日後には月が落ちてきて滅びてしまう世界で、リンクは「最初の日」(リンクがタルミナに迷い込んだ日)への時間逆行を繰り返しながら、世界に広がる謎を解き明かしていく。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 ムジュラの仮面)

ゼルダの伝説 神々のトライフォース
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』(ゼルダのでんせつ かみがみのトライフォース)は、1991年11月21日に任天堂から発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。略称は「神トラ」など。公式なジャンルはアクションアドベンチャーゲームだが、しばしばアクションロールプレイングゲームと見なされる事もある。 日本版はスーパーファミコン発売1周年記念ソフトである。 ゼルダの伝説シリーズの3作目。欧米版のタイトルは『The Legend of Zelda: A Link to the Past』である(これは直訳すると"過去へのリンク"という意味で、主人公の名前としてのリンク(Link)と、繋がりという意味のLinkを掛けている)。2003年3月14日にはゲームボーイアドバンス用ゲーム『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』として新作ゲーム「4つの剣」と共に再び発売された。また、Wiiのバーチャルコンソールでは初期タイトルとして配信され、その後Wii UとNewニンテンドー3DSのバーチャルコンソールでも配信されている。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 神々のトライフォース)

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(ゼルダのでんせつ トワイライトプリンセス、英題:The Legend of Zelda: Twilight Princess)は、任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲーム。略称は「トワプリ」。 ゼルダの伝説シリーズ20周年の節目となる2006年にWii・ニンテンドーゲームキューブ(以下、GC)用ソフトとして発売。2002年にGCで発売された『風のタクト』のトゥーンレンダリングを用いたアニメ調のスタイルとは打って変わり、『時のオカリナ』の路線を踏襲したリアルな世界観が形作られている。開発中は「120%の『ゼルダ』を」というキーワードが掲げられ、シリーズ最高傑作を目指して製作された。GC版は日本では事実上最後のGC用ソフトとなった。 全世界での累計販売本数は約885万本で、現時点でゼルダシリーズ最高売り上げを記録している。 ゲームメディア大手の1UP.com、CVG、EGM、Game Informer、GamesRadar、IGNやアメリカの有力紙ワシントン・ポストなどでシリーズ最高傑作と評された。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス)

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』より : 『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(ゼルダのでんせつ トワイライトプリンセス、英題:The Legend of Zelda: Twilight Princess)は、任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲーム。略称は「トワプリ」。 ゼルダの伝説シリーズ20周年の節目となる2006年にWii・ニンテンドーゲームキューブ(以下、GC)用ソフトとして発売。2002年にGCで発売された『風のタクト』のトゥーンレンダリングを用いたアニメ調のスタイルとは打って変わり、『時のオカリナ』の路線を踏襲したリアルな世界観が形作られている。開発中は「120%の『ゼルダ』を」というキーワードが掲げられ、シリーズ最高傑作を目指して製作された。GC版は日本では事実上最後のGC用ソフトとなった。 全世界での累計販売本数は約885万本で、現時点でゼルダシリーズ最高売り上げを記録している。 ゲームメディア大手の1UP.com、CVG、EGM、Game Informer、GamesRadar、IGNやアメリカの有力紙ワシントン・ポストなどでシリーズ最高傑作と評された。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス)

ゼルダの伝説 4つの剣+
『ゼルダの伝説 4つの剣+』(ゼルダのでんせつ よっつのつるぎプラス、英題:The Legend of Zelda: Four Swords Adventures)は2004年3月18日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用アクションアドベンチャーゲーム。ゼルダの伝説シリーズ第11作。メモリーカード使用ブロック数は3。略称は「4剣+」(よんけんプラス)。 ハイラルアドベンチャー、シャドウバトル、ナビトラッカーズという3つの違う毛色のゲームが収録されている。(開発当初は、ハイラルアドベンチャーを4つの剣GC、ナビトラッカーズをテトラのスタンプラリーとして別々に販売する計画であったが、シャドウバトルも加えて一本のソフトにまとめられる事となった。) 1人でも遊ぶことは出来るが、2人以上でゲームボーイアドバンスを接続していることがほとんど前提条件となっている。 キャラクターデザインは『ゼルダの伝説 風のタクト』のような2頭身デフォルメキャラクター。 ハイラルアドベンチャー 1~4人。1人プレイ時のみGCコントローラーの使用ができる。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 4つの剣+)

ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
(Wikipedia:ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣)

ゼルダの伝説 夢をみる島
『ゼルダの伝説 夢をみる島』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしま、英題:The Legend of Zelda: Link's Awakening)は、任天堂から発売されたゲームボーイ用コンピュータゲームソフトである。 携帯ゲーム機では初めて(日本ではゲーム&ウオッチ版のゼルダは発売されていないため)の『ゼルダの伝説シリーズ』である。1993年6月6日に初代(白黒の)ゲームボーイ用ソフトとして発売された。この時のCMは主人公(リンク)らゲームキャラクター達の人形達がゲーム内容を表す歌にあわせて動き踊る人形劇風。 1998年12月12日に、カラーならではの追加ダンジョンなどが収録されたゲームボーイカラー対応のリメイク版『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしまデラックス)が発売された。2011年6月8日に『DX』がニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで配信開始された。 『神々のトライフォース』の後に出た続編である。基本的なボタン配置などシステムはむしろファミコン版である『ゼルダの伝説』を踏襲・パワーアップさせている。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 夢をみる島)

ゼルダの伝説 夢を見る島
『ゼルダの伝説 夢をみる島』より : 『ゼルダの伝説 夢をみる島』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしま、英題:The Legend of Zelda: Link's Awakening)は、任天堂から発売されたゲームボーイ用コンピュータゲームソフトである。 携帯ゲーム機では初めて(日本ではゲーム&ウオッチ版のゼルダは発売されていないため)の『ゼルダの伝説シリーズ』である。1993年6月6日に初代(白黒の)ゲームボーイ用ソフトとして発売された。この時のCMは主人公(リンク)らゲームキャラクター達の人形達がゲーム内容を表す歌にあわせて動き踊る人形劇風。 1998年12月12日に、カラーならではの追加ダンジョンなどが収録されたゲームボーイカラー対応のリメイク版『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』(ゼルダのでんせつ ゆめをみるしまデラックス)が発売された。2011年6月8日に『DX』がニンテンドー3DSのバーチャルコンソールで配信開始された。 『神々のトライフォース』の後に出た続編である。基本的なボタン配置などシステムはむしろファミコン版である『ゼルダの伝説』を踏襲・パワーアップさせている。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 夢を見る島)

ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』(ゼルダのでんせつ かみがみのトライフォース アンド よっつのつるぎ、英題:The Legend of Zelda: A Link to the Past/Four Swords)は、2003年(平成15年)3月14日に任天堂が発売したゲームボーイアドバンス専用のアクションロールプレイングゲームのソフトである。『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実』に引き続いてカプコンが開発に携わっている。 1991年(平成3年)に発売されたスーパーファミコン用ソフト『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』のリメイク版と、新作『4つの剣』の2つのゲームが一本のソフトに収録されており、ソフト起動後の最初の画面でどちらを遊ぶかを選択する。 また、『4つの剣』を移植したニンテンドーDSiウェア『ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション』が2011年(平成23年)9月28日より期間限定で無料配信されていた。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣)

ゼルダコレクション
Plat=ニンテンドーゲームキューブ
Dev=任天堂
Pub=任天堂
Date=2004年
Genre=アクションアドベンチャーゲーム
Play=1人
Media=DVD-ROM DVDカスタム 8cmディスク1枚
Price=非売品
Rating=コンピュータエンターテインメントレーティング機構 CERO:A(全年齢対象)Entertainment Software Rating Board ESRB: E(Everyone)Pan_European_Game_Information PEGI: 7+Office_of_Film_and_Literature_Classification OFLC: PG(Parental Guidance)
ゼルダコレクションは、2004年に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ(GC)用ゲームソフト。過去に発売されたゼルダの伝説シリーズのタイトルをゲームキューブに移植し、1本に収録したもの。一般発売はされず、クラブニンテンドーの景品として500ポイント(2004年3月18日から4月30日までの期間は、ゼルダの伝説 4つの剣+のシリアルナンバーを利用すると150ポイント)と交換で配布された。
(Wikipedia:ゼルダコレクション)

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』(ぜるだのでんせつ ふしぎのぼうし、英題:The Legend of Zelda: The Minish Cap)は、2004年11月4日に任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス用アクションロールプレイングゲームまたはアクションアドベンチャーゲームである。ゼルダの伝説シリーズの1つ。略称は「ぼうし」など。 2011年8月10日の値下げ以前にニンテンドー3DSを購入した人対象のお詫びである「アンバサダー・プログラム」にて、3DS向けバーチャルコンソールの限定配信が2011年12月16日に開始された。 2014年4月30日にはWii U向けバーチャルコンソールとして配信開始。 ゼルダ姫にかけられた魔人の呪いを解くため、ハイラルに住む小さな種族「ピッコル」を求めてリンクが冒険する。 現実世界と小さな世界を行き来しながら冒険する。冒険の途中で出会う喋る帽子「エゼロ」をナビゲーターとしていく。やりこみ・収集要素が多いのが特徴。 『夢をみる島』と同じく、ボム兵やジュゲムなど、マリオシリーズからゲスト出演をしているキャラが多数存在する。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし)

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』(ゼルダのでんせつ トワイライトプリンセス、英題:The Legend of Zelda: Twilight Princess)は、任天堂より発売された、Wii・ニンテンドーゲームキューブ用のアクションアドベンチャーゲーム。略称は「トワプリ」。 ゼルダの伝説シリーズ20周年の節目となる2006年にWii・ニンテンドーゲームキューブ(以下、GC)用ソフトとして発売。2002年にGCで発売された『風のタクト』のトゥーンレンダリングを用いたアニメ調のスタイルとは打って変わり、『時のオカリナ』の路線を踏襲したリアルな世界観が形作られている。開発中は「120%の『ゼルダ』を」というキーワードが掲げられ、シリーズ最高傑作を目指して製作された。GC版は日本では事実上最後のGC用ソフトとなった。 全世界での累計販売本数は約885万本で、現時点でゼルダシリーズ最高売り上げを記録している。 ゲームメディア大手の1UP.com、CVG、EGM、Game Informer、GamesRadar、IGNやアメリカの有力紙ワシントン・ポストなどでシリーズ最高傑作と評された。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス)

ゼルダ・フィッツジェラルド
ゼルダ・セイヤー・フィッツジェラルド(Zelda Sayre Fitzgerald 1900年7月24日 - 1948年3月10日)は、アラバマ州モンゴメリー生まれの小説家であり、F・スコット・フィッツジェラルドの妻である。夫に「アメリカで最初のフラッパー」とあだ名された1920年代の象徴的存在で、彼の第一作「楽園のこちら側」(1920年)が成功後は夫婦ともに有名人となった。ニューヨーク市の新聞が揃ってジャズ・エイジと狂騒の20年代の申し子と書き立てた二人は、若く、人には裕福にみえ、美しかった。 すでに子どもの頃からゼルダの大胆な行動はモンゴメリーの噂話の的だった。高校を出てすぐに、とあるダンスパーティーでF・スコット・フィッツジェラルドと知り合い、慌ただしい求婚を受けた。しかし情熱を打ち明けたスコットは、ゼルダにとって他にもいる男の一人だった。喧嘩があり短くない期間の破局があったにも関わらず、二人は1920年に結婚し、それから数年を文字通りニューヨークのスターとして過ごした。 (Wikipedia:ゼルダ・フィッツジェラルド)

ゼルダの伝説 時のオカリナ
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』(ゼルダのでんせつ ときのオカリナ、英題:The Legend of Zelda: Ocarina of Time)は、1998年11月21日に任天堂より発売されたNINTENDO64(N64)用アクションアドベンチャーゲーム。 直接の続編に『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』がある。2011年6月には、ニンテンドー3DS用に全面的にリメイクされた『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』が発売された。 ゼルダの伝説シリーズの第5作(時系列順に並べた場合3作目)であり、それまでのRPGでは一般的だった2D見下ろし型視点から脱却し、シリーズ初の3D作品となったことが最大の特徴である。これにより、奥行きのある立体的な空間内をよりリアルな視点位置で見渡すことができるようになり、バトルや謎解きに革新的な変化がもたらされた。同時に、3Dゲームに付きものだったカメラワークや操作性の問題点を軽減する「Z注目システム」(後述)や「特殊アクションの自動化(Aボタンアクション)」など、様々な革新的な提案を行った。 (Wikipedia:ゼルダの伝説 時のオカリナ)


ゼルダ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ゼルダ - アマゾン検索


「ゼルダ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す