[PR]

日別キーワード

第1位  葵祭 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



葵祭
葵祭(あおいまつり、正式には賀茂祭)は、京都市の賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月15日(陰暦四月の中の酉の日)に行なわれる例祭。石清水八幡宮の南祭に対し北祭ともいう。平安時代、「祭」といえば賀茂祭のことをさした。 石清水祭、春日祭と共に三勅祭の一つであり、庶民の祭りである祇園祭に対して、賀茂氏と朝廷の行事として行っていたのを貴族たちが見物に訪れる、貴族の祭となった。京都市の観光資源としては、京都三大祭りの一つ。 平安時代以来、国家的な行事として行われてきた歴史があり、日本の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されている。 葵の花を飾った平安後期の装束での行列が有名。斎王代が主役と思われがちだが祭りの主役は勅使代である。源氏物語中、光源氏が勅使を勤める場面が印象的である。大気の不安定な時期に行われ、にわか雨に濡れることが多い。1995年(平成7年)は雨天で中止になった(第二次世界大戦後初)。 葵祭は賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭で、古くは賀茂祭、または北の祭りとも称し、平安中期の貴族の間では、単に「祭り」と言えば葵祭のことをさしていた。 (Wikipedia:葵祭)


葵祭 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  バーチャルリアリティー - 2018年05月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



バーチャルリアリティー
『バーチャルリアリティ』より : バーチャルリアリティ(英: Virtual Reality, 英語発音: [ˈvəːrʧuəl riˈæləti])とは、実際の形はしていないか、形は異なるかも知れないが、機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。 日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。 バーチャルリアリティは、コンピュータなどによって作り出された世界(サイバースペース)をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を何らかの方法で取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。 後者は、とくにユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス、テレプレゼンス (en:Telepresence)、テレイマージョン (en:Teleimmersion) と呼ばれる。 (Wikipedia:バーチャルリアリティー)


バーチャルリアリティー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ガンダムビルドダイバーズ - 2018年05月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




ガンダムビルドダイバーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  いづれ - 2018年05月18日


関連するイメージは見つかりませんでした




いづれ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  脆弱性 - 2018年05月18日


関連するイメージは見つかりませんでした



脆弱性
『セキュリティーホール』より : セキュリティホール は、脆弱性についての俗表現である。 脆弱性は、コンピュータソフトウェアの欠陥(バグ、不具合、あるいはシステム上の盲点)の一つで、本来操作できないはずの操作(権限のないユーザが権限を超えた操作を実行するなど)ができてしまったり、見えるべきでない情報が第三者に見えてしまうような不具合をいう。ハードウェアおよびそれを含めたシステム全般の欠陥を指すこともある。 このような欠陥は古くから存在したが、特に問題視されるようになったのはインターネットの発展に伴って脆弱性がネットワークを介して容易に攻撃されうる状態になっているからである。 原因としては、プログラムのコーディング間違いや、システムの設定間違い、システム設計上の考慮不足、故意に作られ秘密にされた機能の漏洩などがある。 脆弱性 脆弱性(ぜいじゃくせい)は、英語の vulnerability の日本語訳である。この分野での意味は「弱点」であり、セキュリティホール(安全性欠陥)と類似している。ただし、セキュリティホールがより具体的な欠陥を指す傾向があるのに対して、脆弱性は欠陥だけではなく、たとえ意図した(要求仕様どおりの)動作であっても、攻撃に対して弱ければ、つまり「弱点」があれば用いるという点が異なる。 (Wikipedia:脆弱性)

脆弱性検査ツール
脆弱性検査ツール(ぜいじゃくせいけんさツール、Vulnerability Scannerを略してVSとも呼ばれる)とは、コンピュータセキュリティ上で、様々な侵入に用いられる攻撃手段を用いて、コンピュータの安全性を試すためのプログラム群である。大抵の場合はパッケージ化され、製品や試作ソフトウェアの評価に用いられている。 これらのプログラムは、様々な侵入手段に対する防御力を評価するため、幾つかの侵入用ツールがセットになっている場合が多いため、一連のプログラム群が一つにまとめられ、連続して動作するように設計されている。その用途もあり、一般的なツールソフトウェアとは異なり、GUIなどの操作しやすい画面がついていたりする訳ではなく、設定もコマンド入力や設定ファイルの編集といったレベルで行う物が大半であった。現在では、一般的な開発者レベルのスキルを持つ人でも動作させることが出来るようになった。 これらは様々なセキュリティ団体や利用している企業自身の手によって製作された物が、コンピュータネットワーク構築業務を行う企業や、サーバ製品・通信関連ソフトウェア等のメーカーに利用されている。 (Wikipedia:脆弱性検査ツール)


脆弱性 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す