[PR]

日別キーワード

第11位  どん底 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



どん底
『どん底』(どんぞこ、ロシア語:На дне)は、マクシム・ゴーリキーの戯曲。1901年冬から1902年春にかけて書かれた。 執筆当時のロシア社会の貧困層が描かれ、木賃宿を舞台に住人達の物語が展開される。本作には筋がなく、主人公もいない。アントン・チェーホフからの影響が指摘される。 ゴーリキーの戯曲は知識階級を描いた作品が多いが、本作はゴーリキーの物書きとしての初期作品に見られるルンペンプロレタリアートが描かれている。しかし、ゴーリキーの特色たるロマンティシズムの面影はほとんどなく、実写主義が全体を貫いている。本作はゴーリキーのルンペン時代を葬る挽歌、訣別の辞として知られている。 あらすじ コストゥイリョフの妻ワシリーサは、夫から自由になることを画策する。ワシリーサは情夫ペーペルが、彼女の実妹ナターシャに惚れていることに目をつける。ナターシャは姉夫婦の家に居候していて、虐待を受けていた。夫を殺害すれば、妹と結婚させ300ルーブリを提供しようと申し出る。ナターシャは結婚することで虐待から逃れられることができ、ペーペル自身もコストゥイリョフに2度も牢屋に送られた仕返しをでき、ワシリーサは夫と別れることができ、皆が幸福になるという。 (Wikipedia:どん底)

どん底 (1957年の映画)
作品名 どん底
原題 The Lower Depths
監督 黒澤明
製作総指揮
製作 黒澤明
脚本 黒澤明小国英雄
出演者 三船敏郎山田五十鈴
音楽 佐藤勝
撮影 山崎市雄
編集 黒澤明
上映時間 137分
言語 日本語
allcinema_id=137942
varietyjapan_id=25458
amg_id=30417
imdb_id=0050330
『どん底』(どんぞこ)は1957年公開の日本映画。マクシム・ゴーリキーの同名戯曲『どん底』を日本の江戸時代に置き換えた黒澤明監督作品。
40日間のリハーサルを経て撮影に入った。
(Wikipedia:どん底 (1957年の映画))

どん底 (1957年の映画)
『どん底』(どんぞこ)は、1957年(昭和32年)9月17日公開の日本映画である。製作・配給は東宝。監督は黒澤明。モノクロ、スタンダード、125分。 マクシム・ゴーリキーの同名戯曲『どん底』を翻案し、舞台を日本の江戸時代に置き換えて貧しい長屋に住むさまざまな人間の人生模様を描いた時代劇。黒澤映画の中では、三船敏郎が出演しながら志村喬が出演していない唯一の作品である。第31回キネマ旬報ベスト・テン第10位。昭和32年度芸術祭参加作品。 あらすじ 江戸の場末、崖に囲まれた陽の当たらない所に、傾きかけた棟割長屋がある。長屋には人生のどん底にいる人間たちが暮らしている。遊び人の喜三郎、殿様と呼ばれる御家人の成れの果て、桶屋の辰、飴売りのお滝、アル中の役者、年中叱言を言っている鋳掛屋の留吉、寝たきりのその女房、夢想にふける夜鷹のおせん、喧嘩っ早い泥棒の捨吉が住んでいた。この人たちは外見の惨めさに反して、自堕落で楽天的な雰囲気があった。 ある日、お遍路の嘉平が舞い込んでくる。嘉平は寝たきりの留吉の女房に来世の安らぎを説き、役者にはアル中を治す寺を教え、慈悲深いが暗い過去を持つ嘉平の言動に長屋の雰囲気も変わっていく。 (Wikipedia:どん底 (1957年の映画))


どん底 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

どん底 - アマゾン検索


「どん底」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す