[PR]

日別キーワード

第21位  プリンツ - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



プリンツ・オイゲン
オイゲン・フランツ・フォン・ザヴォイエン=カリグナン(独: Eugen Franz von Savoyen-Carignan, 1663年10月16日 - 1736年4月24日)は、オーストリアに仕えた名高き軍人で、政治家でもある。プリンツ・オイゲン(Prinz Eugen)の呼び名で知られる。サヴォイア家の血を引くフランス生まれの貴族で、サヴォイア公の男系子孫にあたることから、公子(プリンツ)の称号をもって呼ばれた。 日本で一般に知られるオイゲンの名はドイツ語名である。フランス語ではウジェーヌ=フランソワ・ド・サヴォワ=カリニャン(仏: Prince Eugène-François de Savoie-Carignan 発音例)、イタリア語ではエウジェーニオ・フランチェスコ・ディ・サヴォイア=カリニャーノ(伊: Principe Eugenio Francesco di Savoia-Carignano)となる。 (Wikipedia:プリンツ・オイゲン)

プリンツ・オイゲン (重巡洋艦)
プリンツ・オイゲン (Prinz Eugen) は、ドイツ海軍の重巡洋艦(独:Schwerer Kreuzer)。アドミラル・ヒッパー級の3番艦。1番艦のアドミラル・ヒッパー、2番艦のブリュッヒャーの設計に若干の変更を加えている為アドミラル・ヒッパー級第2グループとされている。艦名は17世紀末から18世紀初頭のオーストリアの軍人プリンツ・オイゲンに因んで命名された。強運の巡洋艦として有名。 艦歴 建造 1935年11月16日発注。1936年4月23日にキールのクルップ・ゲルマーニア造船所で起工。1938年8月22日に進水。その後1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、ドイツはイギリスやフランスとの間で開戦し、就役前の1940年7月1日に、キールでイギリス空軍機による爆撃を受け軽微な損害を受ける。1940年8月1日就役。 ライン演習作戦 1941年5月、プリンツ・オイゲンは戦艦ビスマルクと共にライン演習作戦に参加する。 (Wikipedia:プリンツ・オイゲン (重巡洋艦))

プリンツ・オイゲン (巡洋艦)
『プリンツ・オイゲン (重巡洋艦)』より : プリンツ・オイゲン (Prinz Eugen) は、ドイツ海軍の重巡洋艦(独:Schwerer Kreuzer)。アドミラル・ヒッパー級の3番艦。1番艦のアドミラル・ヒッパー、2番艦のブリュッヒャーの設計に若干の変更を加えている為アドミラル・ヒッパー級第2グループとされている。艦名は17世紀末から18世紀初頭のオーストリアの軍人プリンツ・オイゲンに因んで命名された。強運の巡洋艦として有名。 艦歴 建造 1935年11月16日発注。1936年4月23日にキールのクルップ・ゲルマーニア造船所で起工。1938年8月22日に進水。その後1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、ドイツはイギリスやフランスとの間で開戦し、就役前の1940年7月1日に、キールでイギリス空軍機による爆撃を受け軽微な損害を受ける。1940年8月1日就役。 ライン演習作戦 1941年5月、プリンツ・オイゲンは戦艦ビスマルクと共にライン演習作戦に参加する。 (Wikipedia:プリンツ・オイゲン (巡洋艦))

プリンツ・オイゲン (戦艦)
プリンツ・オイゲン (SMS Prinz Eugen) はオーストリア=ハンガリー帝国海軍の戦艦。テゲトフ級戦艦の3番艦。艦名は18世紀にオーストリア軍の将軍として活躍したサヴォイア・カリニャーノ公子オイゲン・フランツ(プリンツ・オイゲン)にちなむ。 艦歴 プリンツ・オイゲンは1912年1月16日にイタリア、トリエステのスタビリメント・テクニコ・トリエスティーノで起工した。1912年11月30日に進水し、1914年7月8日に就役する。 第一次世界大戦に参加し、戦後フランスに賠償艦として引き渡された。そして1922年6月28日標的艦として使われトゥーロン沖で沈められた。 参考文献 『世界の艦船』2008年10月増刊(No.697)『近代戦艦史』 外部リンク Tegetthoff class dreadnoughts - the primary online source for this topic since 1998 Austro-Hungarian Navy。 (Wikipedia:プリンツ・オイゲン (戦艦))

プリンツ・アーダルベルト級大型巡洋艦
プリンツ・アーダルベルト級装甲巡洋艦 (ドイツ語:Große Kreuzer der Prinz Adalbert Klasse) はドイツ海軍の装甲巡洋艦の艦級で2隻が就役した。ドイツでの分類は大型巡洋艦である。 本級は植民地警備を主任務に、通商破壊任務や海上通商保護を副任務として1899年から1900年度海軍計画において計2隻の建造が承認された。本級は「プリンツ・ハインリヒ」改良型として設計された。武装面においては前級までの24cm砲から射程の変わらない21cm砲を採用し、これを連装2基4門を搭載して主砲門数が倍となった。船体も若干大型化されて航海性能の良い乾舷の高い、同時代のドイツ戦艦の様な重厚な艦容を持っていた。 艦形 本級の船体形状は艦首乾舷の高い短船首楼型船体であるが、艦首水面下に衝角を持つのは戦艦と同じである。戦艦と異なるのは艦首形状は波きりの良いクリッパー型艦首となっており外洋を長距離航行する巡洋艦には必須の艦首形状であった。 (Wikipedia:プリンツ・アーダルベルト級大型巡洋艦)

プリンツ・アダルベルト級
『プリンツ・アーダルベルト級大型巡洋艦』より : プリンツ・アーダルベルト級装甲巡洋艦 (ドイツ語:Große Kreuzer der Prinz Adalbert Klasse) はドイツ海軍の装甲巡洋艦の艦級で2隻が就役した。ドイツでの分類は大型巡洋艦である。 本級は植民地警備を主任務に、通商破壊任務や海上通商保護を副任務として1899年から1900年度海軍計画において計2隻の建造が承認された。本級は「プリンツ・ハインリヒ」改良型として設計された。武装面においては前級までの24cm砲から射程の変わらない21cm砲を採用し、これを連装2基4門を搭載して主砲門数が倍となった。船体も若干大型化されて航海性能の良い乾舷の高い、同時代のドイツ戦艦の様な重厚な艦容を持っていた。 艦形 本級の船体形状は艦首乾舷の高い短船首楼型船体であるが、艦首水面下に衝角を持つのは戦艦と同じである。戦艦と異なるのは艦首形状は波きりの良いクリッパー型艦首となっており外洋を長距離航行する巡洋艦には必須の艦首形状であった。 (Wikipedia:プリンツ・アダルベルト級)

プリンツ・アダルベルト級大型巡洋艦
『プリンツ・アーダルベルト級大型巡洋艦』より : プリンツ・アダルベルト級大型巡洋艦はドイツ海軍の巡洋艦。一般的には、装甲巡洋艦に分類される。1904年1月12日に「プリンツ・アーダルベルト (装甲巡洋艦) プリンツ・アーダルベルト」が、1903年12月12日に「フリードリヒ・カール (巡洋艦) フリードリヒ・カール」が竣工した。2隻とも第一次世界大戦に参加し、バルト海で活動した。「プリンツ・アーダルベルト」は1915年7月、イギリスの潜水艦「E-9_(潜水艦) E-9」の雷撃を受けて大破し、同年10月23日、今度は潜水艦「E-8_(潜水艦) E-8」に雷撃され沈没した。「フリードリヒ・カール」は1915年11月17日、触雷し沈没した。
常備排水量:9087t
満載排水量:9875t
(Wikipedia:プリンツ・アダルベルト級大型巡洋艦)

プリンツ・アーダルベルト級
『プリンツ・アーダルベルト級大型巡洋艦』より : プリンツ・アーダルベルト級装甲巡洋艦 (ドイツ語:Große Kreuzer der Prinz Adalbert Klasse) はドイツ海軍の装甲巡洋艦の艦級で2隻が就役した。ドイツでの分類は大型巡洋艦である。 本級は植民地警備を主任務に、通商破壊任務や海上通商保護を副任務として1899年から1900年度海軍計画において計2隻の建造が承認された。本級は「プリンツ・ハインリヒ」改良型として設計された。武装面においては前級までの24cm砲から射程の変わらない21cm砲を採用し、これを連装2基4門を搭載して主砲門数が倍となった。船体も若干大型化されて航海性能の良い乾舷の高い、同時代のドイツ戦艦の様な重厚な艦容を持っていた。 艦形 本級の船体形状は艦首乾舷の高い短船首楼型船体であるが、艦首水面下に衝角を持つのは戦艦と同じである。戦艦と異なるのは艦首形状は波きりの良いクリッパー型艦首となっており外洋を長距離航行する巡洋艦には必須の艦首形状であった。 (Wikipedia:プリンツ・アーダルベルト級)

プリンツェン
『』より : (Wikipedia:プリンツェン)


プリンツ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

プリンツ - アマゾン検索


「プリンツ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す