[PR]

日別キーワード

第27位  修善寺 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



修善寺
『修禅寺』より : 修善寺(しゅぜんじ) 修善寺町 ‐ かつて静岡県田方郡に存在した町。現在の伊豆市修善寺地区。 修善寺温泉 ‐ 観光地としての修善寺はこちらを参照。 修禅寺 ‐ 修善寺温泉の入口にある寺。(正しい読み方は「しゅぜんじ」) 修善寺駅 ‐ 伊豆市北部に存在する伊豆箱根鉄道駿豆線の終着駅。 修善寺道路 ‐ 伊豆縦貫自動車道の一部を構成する高速道路。 修善寺インターチェンジ ‐ 伊豆縦貫自動車道(修善寺道路と天城北道路【連絡路】)のインターチェンジ。 修善寺ジャンクション ‐ 伊豆縦貫自動車道(天城北道路)に設置予定のジャンクション。 修善寺市 ‐ かつて伊豆半島北中部にあった合併構想による新市の名称。 修善寺川 ‐ 修善寺温泉街を流れる川。 自転車関係者における日本競輪学校または日本サイクルスポーツセンターの俗称。伊豆市修善寺地区大野にあるこの2施設は隣接している。 (Wikipedia:修善寺)

修善寺市
修善寺市(しゅぜんじし)とは、日本の市町村の廃置分合 平成の大合併によって、静岡県内に誕生する予定だった市。現在の伊豆市、及び伊豆の国市と沼津市の各一部にあたる。
合併予定であった自治体は、田方郡の修善寺町、天城湯ヶ島町、中伊豆町、土肥町、大仁町、戸田村の5町1村。面積は約400平方キロメートル・人口5万人強の、伊豆半島の北中部のほとんどを占める大きな都市になる予定だった。しかし、日本の市町村の廃置分合 合併協議会設立目前に大仁町が「一体感のある、韮山町 韮山や伊豆長岡町 伊豆長岡と一緒になりたい」との理由で離脱し、戸田村も合併先は沼津市か修善寺市かと村民にアンケートをした結果、沼津市との意見が多かったため離脱した。
(Wikipedia:修善寺市)

修善寺温泉
修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)は、静岡県伊豆市北部にある伊豆半島で最も歴史がある温泉。日本百名湯に選ばれている。 泉質 弱アルカリ性単純泉 温泉街 温泉街の中心に修善寺川(通称:桂川)が流れ、河岸には温泉宿や飲食店が建ち並ぶ。川中の四阿には、同温泉地のシンボル的存在の独鈷の湯があり、無料で足湯を楽しめる。至近には地名の由来となった修禅寺があり、多くの観光客が訪れる。この寺では毎年8月20・21日に秋季弘法大師大祭が催され、屋台や打ち上げ花火が催される。また、遊歩道が整備され「竹林の小径」などが人気のスポットとなっている。 温泉街付近には源氏に関する史跡が多く、鎌倉幕府第2代将軍、源頼家の墓や、頼家の冥福を祈って母である北条政子が建てた指月殿などが残る。 以前には無秩序な湯の汲み上げにより、温泉水位下がって海水が混入したり、主要成分の含有量が少なくなったりした。このため、1981年(昭和56年)6月より集中管理に切り替えて供給を行っている。 また、独鈷の湯を含め、外湯(共同浴場)が7ヶ所あり、これらは地元住民の利用のみ許されていた状態であったが、2002年には観光客も入浴可能な「筥湯(はこゆ)」が開業した。 (Wikipedia:修善寺温泉)

修善寺町
修善寺町(しゅぜんじちょう)は、静岡県の東部、伊豆半島の北部に位置した町である。 2004年4月1日に、周辺の町と合併して伊豆市となり、その一部となった。 地理 伊豆半島の北部に位置する。 川:狩野川、修善寺川、大見川 山:達磨山、伽藍山、城山、巣雲山 江戸時代末期: 伊豆国君沢郡に熊坂村、堀切村、本立野村、小立野村、上修善寺村、下修善寺村の村々があり、荻野山中藩が治めていたが、上修善寺村は、幕府領・旗本領・荻野山中藩領ほか寺社領が「旧高旧領取調帳」に観える 1889年(明治22年)4月1日: 町村制施行、君沢郡修善寺村となる 1896年(明治29年)4月1日: 君沢郡が田方郡に編入され、田方郡修善寺村となる 1924年(大正13年)8月31日: 町制施行、修善寺村、大沢村、熊坂村、堀切村、瓜生野村を以って修善寺町となる 1956年(昭和31年)9月30日: 田方郡下狩野村を編入 1959年(昭和34年)4月10日: 田方郡北狩野村の牧之郷、柏久保、大野の一部を編入、他は田方郡大仁町へ編入 2004年(平成16年)4月1日: 修善寺町、天城湯ヶ島町、中伊豆町、土肥町が合併、伊豆市の一部となる 姉妹都市 カナダの旗 カナダ ブリティッシュコロンビア州 ネルソン市 交通 鉄道 伊豆箱根鉄道駿豆線 修善寺駅、牧之郷駅道路 国道136号 学校 小学校 修善寺町立修善寺小学校 修善寺町立修善寺東小学校 修善寺町立修善寺南小学校 修善寺町立熊坂小学校 中学校 修善寺町立修善寺中学校高等学校 静岡県立修善寺工業高等学校 観光地 修禅寺 修善寺温泉 出身有名人 市毛良枝(女優) 海瀬壮祐(漫画家) 落合祐里香(現:長谷優里奈)(声優) 斉藤恒芳(作曲家) マジカル・パワー・マコ(音楽家) 星あや(ファッションモデル) 関連項目 伊豆国 外部リンク 修善寺町外3町合併協議会 (日本語) - 国立国会図書館 : インターネット資料収集保存事業 (WARP)。 (Wikipedia:修善寺町)

修善寺道路
修善寺道路(しゅぜんじどうろ)は、下田街道のボトルネックの一つ、静岡県伊豆市修善寺横瀬地区を迂回する国道136号バイパスである。道路整備特別措置法による有料道路として静岡県施工事業として建設された(運営:静岡県道路公社)。伊豆中央道と一体となって伊豆中部のバイパスを形成する。 なお、修善寺道路は伊豆縦貫自動車道の一部に位置付けられているが、将来的に伊豆中央道と修善寺道路を経由せずに東駿河湾環状道路と天城北道路を直接繋ぐルートが構想されている。 路線データ 起点:静岡県伊豆市修善寺 終点:静岡県伊豆の国市田京 総延長:4.8 km 道路規格:第1種第3級(自動車専用道路) 設計速度:80km/h 有効幅員:10.50m(1.75+3.50+3.50+1.75m) 車線数:2車線 事業費:111億円 通過する自治体 静岡県 伊豆の国市 - 伊豆市 接続高速道路 伊豆縦貫自動車道(天城北道路)【連絡路】:修善寺ICで直結 インターチェンジなど SA・PA 2013年現在、1箇所も設置されていないが、大仁中央IC近くの一般道に道の駅伊豆のへそが存在する。 (Wikipedia:修善寺道路)

修善寺駅
修善寺駅(しゅぜんじえき)は、静岡県伊豆市柏久保にある伊豆箱根鉄道駿豆線の駅である。駿豆線の終点である。ここから隣接する市や町にバスが出ている。 2014年(平成26年)に、駅舎の建て替えと北口と南北自由通路を新設し、駅舎には土産物屋や観光案内所、駅弁売り場なども設置された。 なお、この北口の供用開始後も、バスやタクシーの発着は南口となっている。 1924年(大正13年)8月1日 - 大仁 - 修善寺間開業に伴い開業。 1966年(昭和41年)12月1日 - 貨物営業廃止 1983年(昭和58年)4月27日 - 駅舎完成 2000年(平成12年) - 中部の駅百選に選定される。 2013年(平成25年)10月5日 - 新駅舎一部供用開始。 2014年(平成26年)9月13日 - 新駅舎の完成式典。 2015年(平成27年)3月27日 - 鉄道総研が超伝導送電技術を用いた世界初の列車走行試験に成功。 駅構造 島式ホームと単式ホームの複合型の3面5線のホームを有する地上駅である。 (Wikipedia:修善寺駅)

修善寺インターチェンジ
修善寺インターチェンジ(しゅぜんじインターチェンジ)は、静岡県伊豆市にある修善寺道路と伊豆縦貫自動車道(天城北道路)【連絡路】のインターチェンジ。かつては本線が国道136号現道と直結した構造だったが、その後伊豆縦貫道の開通に伴い、修善寺道路の本線がそのまま伊豆縦貫道の本線と直結する構造に変更された。 経緯 1992年(平成4年)9月:修善寺道路熊坂IC - 修善寺IC間開通。 2008年(平成20年)4月11日:伊豆縦貫自動車道(天城北道路)【連絡路】修善寺IC - 大平IC間開通。 接続する道路 国道136号 国道414号 ※重複区間 静岡県道18号修善寺戸田線 周辺 伊豆市役所 伊豆赤十字病院 修禅寺 修善寺温泉 虹の郷 伊豆箱根鉄道修善寺駅 隣 修善寺道路 熊坂IC(下田方面出入口) - 修善寺IC 伊豆縦貫自動車道(天城北道路)【連絡路】 修善寺IC - 大平IC(三島方面出入口) 関連項目 伊豆縦貫自動車道 日本のインターチェンジ一覧 外部リンク 静岡県道路公社 静岡県沼津土木事務所 天城北道路(大平ICから修善寺IC)開通のお知らせ。 (Wikipedia:修善寺インターチェンジ)

修善寺川
本流の狩野川と合流する付近にある湯川橋は、川端康成の代表的文芸作品である『伊豆の踊子』にも登場した。上流では北又川と湯船川が合流し修善寺川となる、両河川は達磨山東麓の川である。
静岡県の河川
狩野川水系
(Wikipedia:修善寺川)


修善寺 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

修善寺 - アマゾン検索


「修善寺」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す