[PR]

日別キーワード

第34位  定量 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



定量
定量(ていりょう)
一般:定量的研究を参照。
化学:定量分析を参照。
定まった量のこと。
(Wikipedia:定量)

定量戦
『負担重量』より : 負担重量(ふたんじゅうりょう)とは、競馬の競走において、競走馬が負担しなければならない重量のことである。日本においては、昔、斤(きん)という尺貫法の単位で重さを定めていたことから斤量(きんりょう)とも呼ばれる。また、カンカンともいう。現在日本ではキログラムが単位として用いられる。アメリカなどではヤード・ポンド法のポンドやストーンが単位に用いられる。 平地競走および障害競走では、騎手自身の体重と騎手が身に着けている勝負服やプロテクター・鞍など所定の馬具をあわせた重量を指す。この際ヘルメットや鞭、番号ゼッケン、ゴーグルなどは含まない。なお一般に発表される負担重量は実際に計量した重量とは異なる場合があり、中央競馬の場合「保護ベストの標準的な重量に相当する分として0.5キログラムを減じた重量」となっている。 ばんえい競走では負担重量に相当するものとして、「ばんえい重量」(馬が曳くソリの重量)ならびに騎手重量が設定される。 負担重量(ばんえい競走の場合は騎手重量)に満たない場合は、鉛などの重りを体に装着するか鞍に入れて調整する。 (Wikipedia:定量戦)

定量PCR
定量PCR(ていりょうピーシーアール、英: Quantitative polymerase chain reaction, Q-PCR)は、その産物を迅速に定量できるポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) の改良型である。これは DNA、cDNA または RNA の増幅が行われる前の総量を間接的に測る方法である。そして通常は目的の遺伝子配列が存在するかどうか、何コピー存在するのかを確かめる目的で利用される。3種類の方法があり、これらは難易度と詳細が異なる。他の PCR 同様、DNA試料は DNAポリメラーゼと温度変化によって増幅される。 アガロースゲル電気泳動、SYBRグリーン(二重鎖DNA染色)、蛍光プローブのうちのどれかがよく利用される方法である。後者2つはリアルタイムポリメラーゼ連鎖反応を使いリアルタイムに分析が可能である。 アガロースゲル電気泳動法 この方法が最も単純であるが、結果が出るのは遅く、感度も低い上、アガロースゲルの状態に左右されてしまう。 (Wikipedia:定量PCR)

定量的構造活性相関
定量的構造活性相関(ていりょうてきこうぞうかっせいそうかん)は化学物質の構造と生物学的(薬学的あるいは毒性学的)な活性との間になりたつ量的関係のこと。これにより構造的に類似した化合物の「薬効」について予測することを目的とする。QSAR(=Quantitative Structure-Activity(またはAffinity) Relationshipの略)と呼ばれることもある。QSARを英語では「クェイサー」、日本語では「キューサー」と発音することが多い。 それに対し化学構造と物理的性質との関係を定量的構造物性相関(QSPR、Quantitative Structure-Property Relationship)という。両者は密接な関係があり方法論的にも共通する部分が多い。 コーウィン・ハンシュによって研究が始められ、1964年にハンシュと藤田稔夫が発表した方法(ハンシュ-藤田法)が代表的な方法として知られる。 方法としては、化合物の疎水性、対象とする化合物の構造を表現する数量(幾何学的構造を表す記述子、HOMOやLUMO(フロンティア軌道理論参照)のエネルギー、あるいはハメットの置換基定数、電気陰性度といった電子的記述子など)を抽出し、構造的に類似する一連の物質に関してこれら数量と活性との関係を統計学的に(回帰分析などを用い)検討する。 (Wikipedia:定量的構造活性相関)

定量的研究
定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、英: quantitative research)は、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述、分析を伴う研究。対象の質的側面に注目した定性的研究の対概念である。 定量的記述の対象となるのは、繰り返し生起する現象や、細かな構成要素の集まりとして把握、測定しやすい事物である場合が多い。 物理学や化学などの自然科学においては、自然現象を数式を用いて理論的に説明することをいい、基本的な研究のスタイルである。つまり、あるテーマに関して、定量的な説明ができることが研究の目標と考えられる。ただし、生物学等の複雑な事象を対象とするものは、現象のみを説明する定性的なものに留まっていることも多い。しかしそのような分野でも、可能な限り定量化することが試みられ、あるいは定量化する方法が模索される。 関連項目 定性的研究 方法論 科学哲学 測定 計測機器。 (Wikipedia:定量的研究)

定量的
『定量的研究』より : 定量的研究(ていりょうてきけんきゅう、英: quantitative research)は、対象の量的な側面に注目し、数値を用いた記述、分析を伴う研究。対象の質的側面に注目した定性的研究の対概念である。 定量的記述の対象となるのは、繰り返し生起する現象や、細かな構成要素の集まりとして把握、測定しやすい事物である場合が多い。 物理学や化学などの自然科学においては、自然現象を数式を用いて理論的に説明することをいい、基本的な研究のスタイルである。つまり、あるテーマに関して、定量的な説明ができることが研究の目標と考えられる。ただし、生物学等の複雑な事象を対象とするものは、現象のみを説明する定性的なものに留まっていることも多い。しかしそのような分野でも、可能な限り定量化することが試みられ、あるいは定量化する方法が模索される。 関連項目 定性的研究 方法論 科学哲学 測定 計測機器。 (Wikipedia:定量的)

定量分析
定量分析(ていりょうぶんせき、quantitative analysis)とは、試料中にある成分量を決定するために実施する化学分析である。試料中の成分が未知である場合は、定量分析に先立って定性分析を実施する。 古典的には成分の重量を測定する重量分析〈じゅうりょうぶんせき、gravimetric analysis〉、容量を測定する容量分析〈ようりょうぶんせき、volumetric analysis〉、化学変化による色調変化を比較測定する比色分析〈ひしょくぶんせき、colorimetric analysis〉の3つの分析方法に分類される。前二者は物理的な物理量を直接測定し物質量を決定するが、比色分析は予め、含量を精密に決定した基準試料〈きじゅんしりょう、authentic sample〉を複数用意して化学変化の度合を未知試料と比較して間接的に決定する。 重量分析では、測定に先立って成分の分離を行い、その後質量を計測する必要がある。たとえば、試料中の塩化物イオンを硝酸銀を加えて塩化銀としてすべて沈澱させ、生成した塩化銀を濾過で分離捕集して乾燥重量を測定する。 (Wikipedia:定量分析)

定量分析法
『』より : (Wikipedia:定量分析法)


定量 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

定量 - アマゾン検索


「定量」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す