[PR]

日別キーワード

第37位  北陸新幹線 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



北陸新幹線
北陸新幹線(ほくりくしんかんせん)は、上信越・北陸地方を経由して東京都と大阪市とを結ぶ計画の高速鉄道路線(新幹線)であり、整備新幹線5路線の一つである。 2015年(平成27年)3月14日現在、高崎駅 - 金沢駅間で営業運転が行われており、金沢駅 - 敦賀駅間が2023年(平成35年)春に開業する予定である。なお、敦賀駅から大阪市に至るルートについては様々な議論が行われているが、2016年に至るまでルートが確定していない(議論の詳細は北陸新幹線敦賀以西のルート選定を参照)。 高崎駅 - 上越妙高駅間は東日本旅客鉄道(JR東日本)により、上越妙高駅 - 金沢駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)により運行されている。列車運行上では高崎駅を発着とする列車はなく、その先の東京駅(一部臨時列車は上野駅)まで乗り入れており、東京駅 - 大宮駅間は東北新幹線・上越新幹線と、大宮駅 - 高崎駅間は上越新幹線と線路を共用する。 (Wikipedia:北陸新幹線)

北陸新幹線敦賀以西のルート選定
この項目においては、北陸新幹線のうち、整備計画の定まっていない敦賀駅(福井県敦賀市)から新大阪駅方面に至るルート選定に関する議論について記す。 敦賀から大阪へのルートについては、1973年(昭和48年)11月13日に決定された整備計画で小浜市付近が主要経由地に加えられたものの、整備5線の中でこの区間のみ未だ正式決定されていない。関西圏と北陸各県との流動は大きく、ルート選定にあたっても非常に大きな影響をもたらすためである。 政府・与党では整備計画通りのルート(小浜ルートと呼称)に加え、米原駅で東海道新幹線に接続する米原ルート、湖西線沿いを通り京都駅付近で東海道新幹線に接続する湖西ルートを含めた3ルートが検討されてきたが、2015年12月には、これに加えてJR西日本の検討案などを元にした、小浜市及び京都駅を経由する「小浜・京都ルート」、及び与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの検討委員会の委員長である西田昌司(参議院京都府選挙区選出)が提唱している、舞鶴市、京都駅を通り、関西国際空港に向かうルートが加わった。 (Wikipedia:北陸新幹線敦賀以西のルート選定)


北陸新幹線 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

北陸新幹線 - アマゾン検索


「北陸新幹線」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す