[PR]

日別キーワード

第38位  パレスチナ - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



パレスチナ
パレスチナ(アラビア語: فلسطين‎、ヘブライ語: פלשתינה‎)は、地中海東岸の歴史的シリア南部の地域的名称。西アジア・中東に位置する。 民族宗教ユダヤ教の聖典タナハでは、パレスチナの地は神がイスラエルの民に与えた約束の地であると説かれ、このためヘブライ語では「イスラエルの地(エレツ・イスラエル、Eretz Yisraël)」とも呼ばれるようになった。のちにユダヤ教から分かれてキリスト教が興ると、その聖地として世界中の信徒から重要視されるようになった。さらに、ユダヤ教・キリスト教の影響を受けアラビア半島に興ったイスラム教も当然エルサレムを聖地としたため、諸宗教の聖地としてエルサレムを擁するパレスチナは宗教的に特別な争奪の場となった。 中世以降の主要な住民はアラビア語を日常語とするムスリム(イスラム教徒)、キリスト教徒、ユダヤ教徒(ミズラヒム)である。前2者とごくわずかのミズラヒムが、近代以降世界各地から移住してきたユダヤ人に対して、パレスチナに在住するアラブ人としてパレスチナ人と呼ばれる。 (Wikipedia:パレスチナ)

パレスチナ問題
パレスチナ問題(パレスチナもんだい、アラビア語: القضية الفلسطينية‎、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-פלסטיני‎)は、パレスチナの地を巡るイスラエル人(シオニスト・ユダヤ人ら)とパレスチナ人(パレスチナ在住のアラブ人)との関係から生じた紛争を一個の政治問題として扱った呼称。パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。 古称は「フル」、「カナン」という。パレスチナあたりはペリシテ人の土地で、パレスチナという言葉はペリシテという言葉がなまったものと考えられている。紀元前13世紀頃にペリシテ人によるペリシテ文明が栄えていた。しかしペリシテ民族は完全に滅亡した。 その後は紀元前10世紀ごろにイスラエル民族によるイスラエル王国がエルサレムを中心都市として繁栄した。 やがて三大陸の結節点に位置するその軍事上地政学上の重要性からイスラエル王国は相次いで周辺大国の侵略を受け滅亡し、紀元135年にバル・コクバの乱を鎮圧したローマ皇帝ハドリアヌスは、それまでのユダヤ属州の名を廃し、属州シリア・パレスチナ (en:Syria Palaestina) と改名した。 (Wikipedia:パレスチナ問題)

パレスチナ自治区
『パレスチナ』より : パレスチナ自治政府パレスチナ国 السلطة الوطنية الفلسطينيةدولة فلسطين 地域の標語:不明 地域の歌:فدائي, Fida'i(革命者) パレスチナの位置 パレスチナ自治政府(パレスチナじちせいふ、アラビア語: السلطة الوطنية الفلسطينية‎, 英語: Palestinian National Authority)は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区を管理するパレスチナ人による自治機関であり、独立を承認した世界135ヶ国においてはパレスチナ国(パレスチナこく、دولة فلسطين, 英語: State of Palestine)となる。 (Wikipedia:パレスチナ自治区)

パレスチナ暫定自治区
『パレスチナ』より : パレスチナ自治政府パレスチナ国 السلطة الوطنية الفلسطينيةدولة فلسطين 地域の標語:不明 地域の歌:فدائي, Fida'i(革命者) パレスチナの位置 パレスチナ自治政府(パレスチナじちせいふ、アラビア語: السلطة الوطنية الفلسطينية‎, 英語: Palestinian National Authority)は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区を管理するパレスチナ人による自治機関であり、独立を承認した世界135ヶ国においてはパレスチナ国(パレスチナこく、دولة فلسطين, 英語: State of Palestine)となる。 (Wikipedia:パレスチナ暫定自治区)

パレスチナ国
『パレスチナ』より : パレスチナ自治政府パレスチナ国 السلطة الوطنية الفلسطينيةدولة فلسطين 地域の標語:不明 地域の歌:فدائي, Fida'i(革命者) パレスチナの位置 パレスチナ自治政府(パレスチナじちせいふ、アラビア語: السلطة الوطنية الفلسطينية‎, 英語: Palestinian National Authority)は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区を管理するパレスチナ人による自治機関であり、独立を承認した世界135ヶ国においてはパレスチナ国(パレスチナこく、دولة فلسطين, 英語: State of Palestine)となる。 (Wikipedia:パレスチナ国)

パレスチナ戦争
『中東戦争』より : 中東戦争(ちゅうとうせんそう アラビア語: الصراع العربي الإسرائيلي‎ Al-Sira'a Al'Arabi A'Israili、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-ערבי‎ Ha'Sikhsukh Ha'Yisraeli-Aravi、英語: Arab–Israeli conflict)は、ユダヤ人国家イスラエルと周辺アラブ国家との間での戦争である。1948年から1973年までの間に大規模な戦争が4度起こっており、それぞれが第一次から第四次に分類されている。 アメリカ・イギリス・フランスがイスラエルに、ソ連がアラブ側に対して支援や武器供給を行っていることから、代理戦争の側面も含んでいる。ただしイデオロギーよりは中東地域による利権や武器売買などの経済的な動機が重きを占めていた。そのため初期にイスラエルに支援や武器供給を行なっていたイギリス・フランスは第3次中東戦争以降石油政策などからアラブ側に回り、さらに中華人民共和国やイラン革命後のイランが武器供給や軍事支援においてアラブ側に入り込むなど、大国や周辺諸国の思惑の入り混じる戦争でもある。 (Wikipedia:パレスチナ戦争)

パレスチナ解放機構
パレスチナ解放機構(パレスチナかいほうきこう、アラビア語: منظمة التحرير الفلسطينية‎ 、ラテン文字転写:Munaẓẓamat at-Taḥrīr al-Filasṭīniyyah 、英語: Palestine Liberation Organization、略称:PLO)は、イスラエル支配下にあるパレスチナを解放することを目的とした諸機構の統合機関。現在のパレスチナ自治政府の母体となった。 組織名については、ヘブライ語では頭文字を合わせて「アッシャフ」(ヘブライ語:אש"ף)と呼ばれる。 理念 主な主張としては、パレスチナ人の民族自決権や離散パレスチナ人の帰還権である。また、政治路線としては、結成当初の規約では入植者ではないユダヤ人のみパレスチナの一市民と認め、武装闘争によりイスラエルを敵視してパレスチナを解放することをうたっていたが、ヤーセル・アラファートが第2代議長になってからはイスラエルとの徹底抗戦姿勢を退け、第三次中東戦争でのイスラエルの占領地の返還および、イスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒が共存する民主的世俗的なパレスチナ国家を独立させることを目標とし(パレスチナの独立宣言)、憲章にあるイスラエル敵視条項の修正にも動いた。 (Wikipedia:パレスチナ解放機構)

パレスチナ解放人民戦線
パレスチナ解放人民戦線(パレスチナかいほうじんみんせんせん、アラビア語: الجبهة الشعبية لتحرير فلسطين‎ 、ラテン文字転写:al-Jabhah al-Sha`biyyah li-Taḥrīr Filasṭīn 英語: Popular Front for the Liberation of Palestine、略称:PFLP)は、1967年に設立されたパレスチナの政党・武装組織。パレスチナ解放機構(PLO)に参加している。 ジョージ・ハバシュによって設立され、マルクス・レーニン主義を掲げ、パレスチナ解放を目標とする。通常、ファタハなどと比較して「急進派」と呼ばれる。エル・アル航空426便ハイジャック事件や同時ハイジャック事件が有名で、アメリカ合衆国やEU、カナダ、イスラエルの各国政府は、テロ組織に指定している。 組織概要 PFLPの源流は、1953年にジョージ・ハバシュが設立した「Harakat al-Qawmiyyin al-Arab(アラブ人の民族運動、Arab Nationalist Movement、ANM)」である。 (Wikipedia:パレスチナ解放人民戦線)

パレスチナ自治政府
パレスチナ自治政府パレスチナ国 السلطة الوطنية الفلسطينيةدولة فلسطين 地域の標語:不明 地域の歌:فدائي, Fida'i(革命者) パレスチナの位置 パレスチナ自治政府(パレスチナじちせいふ、アラビア語: السلطة الوطنية الفلسطينية‎, 英語: Palestinian National Authority)は、ヨルダン川西岸地区およびガザ地区を管理するパレスチナ人による自治機関であり、独立を承認した世界135ヶ国においてはパレスチナ国(パレスチナこく、دولة فلسطين, 英語: State of Palestine)となる。 (Wikipedia:パレスチナ自治政府)

パレスチナ人
民族 パレスチナ人
人口 10,575,000(概算値)
居住地 パレスチナほか
region17 pop17
region18 pop18
言語 アラビア語(w:Palestinian Arabic パレスチナ・アラビア語)
宗教 イスラム教スンナ派、キリスト教
関連
シオニズムに基づいた欧米からのユダヤ人の再入植活動が本格化する以前からこの地域に居住していたアラブ人を指す。東ローマ帝国治下のユダヤ人やサマリア人などの子孫がアラブ人の征服に依りイスラムに改宗、言語的にアラブ化したのがパレスチナ人の起源である。ローマ帝国による征服以来、パレスチナは大国の版図内に組み込まれ続けており、また3大陸の結節点に位置する交通の要衝として人の往来や戦役も多く、さまざまな民族と混血している。
現在、パレスチナに在住するパレスチナ人は約400万人、ヨルダン在住の難民が300万人、その他の国への移民や難民を含めると約940万人であるといわれる。
(Wikipedia:パレスチナ人)

パレスチナ・イスラミック・ジハード
イスラーム聖戦(イスラームせいせん、アラビア語: حركة الجهاد الإسلامي في فلسطين‎ 、ラテン文字転写:Harakat al-Jihād al-Islāmī fī al-Filastīn、英語: Palestine Islamic Jihad Movement、略称:PIJ)は、パレスチナのイスラーム主義組織・政党・武装組織。 アラビア語表記に忠実に訳せばパレスチナ・イスラーム・ジハード運動だが、日本ではイスラム聖戦機構の呼称が多く使われている。アメリカ合衆国や欧州連合などからはテロ組織指定を受けている。 組織 1970年代、ガザ地区で元ムスリム同胞団のファトヒー・シャカーキーを中心に組織された組織。組織形態はしっかりした組織というより、ゆるやかに提携する諸派で形成されている。聖戦を通じて、イスラム教パレスチナ国家を作り出し、イスラエルを滅ぼすことを目的としている。攻撃対象はイスラエルの他にはアメリカ合衆国、穏健派アラブ諸国。主な活動としてはインティファーダ中の攻撃や、1995年10月のファトヒー・シャカーキー殺害に対してのパレスチナ自治区や、イスラエルでの自爆テロが知られる。 (Wikipedia:パレスチナ・イスラミック・ジハード)

パレスチナイロワケガエル
パレスチナイロワケガエル(Latonia nigriventer)は、イスラエルとシリアの国境地帯にあったフーラ湖に生息するカエルの1種。イスラエルイロワケガエル、ハラグロミミナシガエルという別名がある。 ユダヤ民族基金によって実施された、ヤルコン川の水をネゲブに導く灌漑事業によりフーラ湖が干上がったため、同じフーラ湖に生息していた Acanthobrama hulensis(コイ科)や Tristramella intermedia (シクリッド科)とともに、1955年以降絶滅したと考えられていた。しかし2011年、絶滅両生類10種を世界規模で探索するプロジェクトによって再発見された。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト2012年版では、絶滅危惧IA類(絶滅寸前)に分類された。2011年以降、現在までに14匹の生個体が確認され、推定生息数は100から200匹ほどと推測されている。 生態 体長は8cm程度。体色は黄土色で、背中にはまだら模様(さび色の斑)があり、腹は白い斑点をもつ黒色をしている。 (Wikipedia:パレスチナイロワケガエル)

パレスチナ解放人民戦線総司令部
パレスチナ解放人民戦線総司令部(パレスチナかいほうじんみんせんせんそうしれいぶ、アラビア語: الجبهة الشعبية لتحرير فلسطين - القيادة العامة‎ 、英語: Popular Front for the Liberation of Palestine - General Command、略称:PFLP-GC)は、パレスチナの政党。 1968年にPFLPから分離して設立された。パレスチナ・ナショナリズムを掲げてパレスチナ解放機構にも参加している。日本語訳では明示的に「パレスチナ解放人民戦線総司令部派」と表記されることも多い。 アメリカ、欧州連合、オーストラリア、イスラエル、カナダ各政府によってテロ組織に指定されている。 1968年にパレスチナ解放人民戦線(PFLP)から分離(支援していたシリアとエジプトの意見対立が原因とされる)。政治よりも戦闘に中心を置くことを主張した。暴力的にPLO主流派に反対している。 指導者は元シリア軍大尉のアフマド・ジブリール書記長。シリアとイラン両方の支援を受ける。熱気球とモーターつきハンググライダーを使ってイスラエルに越境テロ攻撃を行うといった変わった手段を使う。 (Wikipedia:パレスチナ解放人民戦線総司令部)

パレスチナの大学の一覧
パレスチナの大学の一覧 ガザ・アル=アズハル大学 Al-Azhar University - Gaza (ガザ、1992年) アル=クドゥス大学(エルサレム大学) Al-Quds University (エルサレム、1984年) アン=ナジャーフ大学 An-Najah National University (ナーブルス) ベツレヘム大学 Bethlehem University (ベツレヘム、1973年) ビルゼイト大学(ビール・ゼート大学) Birzeit University (ビール・ゼート、1924年) ヘブロン大学 Hebron University (ヘブロン、1971年) ガザ・イスラーム大学(ガザ、1978年) アル=アクサー大学(ガザ) ガザ大学(ガザ、2006年)パレスチナ人の学生は、イスラエルの大学、エジプトのカイロ大学などでも学んでいる。 (Wikipedia:パレスチナの大学の一覧)

パレスチナ人の一覧
パレスチナ人の一覧(パレスチナじんのいちらん) この記事は主に現在のパレスチナ人の一覧である。在外者や、近代以前のパレスチナ出身者も含む。 ヤーセル・アラファート(アブー=アンマール) マフムード・アッバース(アブー=マーゼン) アフマド・クレイ(アブー=アーラー) エドワード・サイード ワリド・シューバット ジョージ・ハバシュ ハーッジ・アミーン・フサイニー ファウズィー・ダルウィーシュ・フサイニー アフマド・ヤースィーン アブドゥルアズィーズ・アッ=ランティースィー イスマーイール・ハニーヤ サラーム・ファイヤード 関連項目 イスラエル人の一覧。 (Wikipedia:パレスチナ人の一覧)

パレスチナ関係記事の一覧
パレスチナ関係記事の一覧(パレスチナかんけいきじのいちらん) あ行 アイユーブ朝 ヤーセル・アラファート イスラエル イスラエル王国 イスラム帝国 インティファーダ エルサレム エルサレム王国 オスマン帝国 か行 ガザ地区 黒い九月 さ行 アリエル・シャロン 十字軍 た行 中東 中東戦争 第一次中東戦争 第三次中東戦争 な行 嘆きの壁事件 は行 ハマース(ハマス) パレスチナ パレスチナ解放機構 パレスチナ自治区 パレスチナ自治政府 パレスチナ問題 ファタハ フサイン=マクマホン協定 ペリシテ人 ま行 や行 アフマド・ヤースィーン(アハメド・ヤシン) ヨルダン川西岸地区 ら行 イツハク・ラビン 歴史的シリア トーマス・エドワード・ロレンス。 (Wikipedia:パレスチナ関係記事の一覧)


パレスチナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

パレスチナ - アマゾン検索


「パレスチナ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す