[PR]

日別キーワード

第44位  1984 - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



1984年
1984年(1984 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、日曜日から始まる閏年。昭和59年。この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。 他の紀年法 干支:甲子 日本(月日は一致) 昭和59年 皇紀:2644年 中華民国(月日は一致) 中華民国暦73年 朝鮮民主主義人民共和国(月日は一致) 主体73年 仏滅紀元:2526年 - 2527年 イスラム暦:1404年3月27日 - 1405年4月7日 ユダヤ暦:5744年4月26日 - 5745年4月7日 Unix Time:441763200 - 473385599 修正ユリウス日(MJD):45700 - 46065 リリウス日(LD):146541 - 146906 カレンダー できごと 1月 1月1日 - AT&T分割。 (Wikipedia:1984年)

1984年 (小説)
『1984年』(Nineteen Eighty-Four)は、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの小説。1949年刊行。単に『1984』とも。 トマス・モア『ユートピア』、スウィフト『ガリヴァー旅行記』、ザミャーチン『われら』、ハクスリー『すばらしい新世界』などのディストピア(反ユートピア)小説の系譜を引く作品で、スターリン体制下のソ連を連想させる全体主義国家によって分割統治された近未来世界の恐怖を描いている。なお、著者などは言及していないが「1984年」という年号は、本作が執筆された1948年の4と8を入れ替えたアナグラム説などがある(後述)。これによって、当時の世界情勢そのものへの危惧を暗に示したものとなっている。 出版当初から冷戦下の英米で爆発的に売れ、同じ著者の『動物農場』やケストラーの『真昼の暗黒』などとともに反全体主義、反集産主義のバイブルとなった。冷戦時の共産主義体制を批判した反共主義者も、また政府による監視や検閲や権威主義を批判する西側諸国の反体制派も、好んでこの小説を引用する。 (Wikipedia:1984年 (小説))

1984年の日本シリーズ
1984年の日本シリーズ(1984ねんのにっぽんシリーズ、1984ねんのにほんシリーズ)は、1984年10月13日から10月22日まで行われたセ・リーグ優勝チームの広島東洋カープとパ・リーグ優勝チームの阪急ブレーブスによる第35回プロ野球日本選手権シリーズである。 上田利治監督率いる阪急ブレーブスと古葉竹識監督率いる広島東洋カープの対決(1975年以来)となった1984年の日本シリーズは、広島が4勝3敗で勝利し、4年ぶり3度目の日本一を決めた。 阪急ブレーブスとしては、これが最後の日本シリーズとなった。広島カープもこの年の日本シリーズを最後に、日本一から遠ざかっている。 試合結果 第1戦 10月13日 広島 入場者28863人 (急)●山田(1敗)-藤田 (広)山根、○小林(1勝)-達川 勝利打点 長嶋1 本塁打 (急)福原1号ソロ(3回山根) (広)長嶋1号2ラン(8回山田) [審判]セ福井(球)パ前川 セ平光 パ大野(塁)セ井上 パ藤本(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第2戦 10月14日 広島 入場者31289人 (急)今井、○山沖(1勝)-藤田、中沢、長村 (広)●北別府(1敗)、小林-達川 勝利打点 福原1 本塁打 (急)簑田1号ソロ(9回北別府) [審判]パ藤本(球)セ井上 パ前川 セ平光(塁)パ五十嵐 セ岡田功(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第3戦 10月16日 西宮 入場者19022人 (広)○川口(1勝)-達川 (急)●佐藤義(1敗)、宮本、谷村、谷-藤田 勝利打点 山本浩1 本塁打 (広)山本浩1号ソロ(2回佐藤義)、長嶋2号満塁(3回佐藤)、高橋1号2ラン(4回宮本)、衣笠1号ソロ(7回谷村) [審判]セ岡田功(球)パ五十嵐 セ井上 パ前川(塁)セ福井 パ大野(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第4戦 10月18日 西宮 入場者22162人 (広)山根、小林、○大野(1勝)-達川、山中 (急)●山田(2敗)-藤田、中沢 勝利打点 山本浩2 本塁打 (広)衣笠2号ソロ(6回山田) (急)松永1号2ラン(7回山根) [審判]パ大野(球)セ福井 パ五十嵐 セ井上(塁)パ藤本 セ平光(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第5戦 10月19日 西宮 入場者14442人(日本シリーズ史上ワースト入場者数) (広)●北別府(2敗)、山本和、小林、大野-達川、山中 (急)○今井(1勝)、S山沖(1勝1S)-藤田 勝利打点 小林晋1 本塁打 (急)小林晋1号ソロ(4回北別府) [審判]セ平光(球)パ藤本 セ福井 パ五十嵐(塁)セ岡田功 パ前川(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第6戦 10月21日 広島 入場者30442人 (急)佐藤、宮本、○山沖(2勝1S)-藤田 (広)●川口(1勝1敗)、川端、北別府、新美、山本和-達川 勝利打点 福原2 本塁打 (急)福原2号満塁(3回川口) (広)達川1号ソロ(2回佐藤) [審判]パ前川(球)セ岡田功 パ藤本 セ福井(塁)パ大野 セ井上(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 第7戦 10月22日 広島 入場者25720人 (急)●山田(3敗)、今井、山沖-藤田 (広)○山根(1勝)-達川 勝利打点 山崎隆1 本塁打 (急)弓岡1号ソロ(1回山根) (広)衣笠3号ソロ(3回山田)、長嶋3号ソロ(6回山田) [審判]セ井上(球)パ大野 セ岡田功 パ藤本(塁)セ平光 パ五十嵐(外) 公式記録関係(日本野球機構ページ) 表彰選手 最高殊勲選手賞:長嶋清幸(広島)※なお、本来MVP受賞者にはトヨタ自動車協賛の乗用車が贈呈されるが、カープの資本関係上マツダ協賛のものが贈呈された。 (Wikipedia:1984年の日本シリーズ)

1984年のスポーツ
できごと 1月3日 - アメリカンフットボールの東西大学対抗戦ライスボウルが全日本選手権に衣替え 2月8日~19日 - 第14回サラエボオリンピック開催 2月12日 - 植村直己、マッキンリー山冬季単独登頂に成功、下山途中消息を絶つ 4月19日 - 植村直己、国民栄誉賞受賞 6月9日 - テニスのマルチナ・ナブラチロワ、史上5人目、女子3人目となるキャリア・グランドスラム達成 7月28日~8月12日 - 第23回ロサンゼルスオリンピック開催、カール・ルイスがジェシー・オーエンス以来の陸上競技4冠達成 8月25日 - サッカーの釜本邦茂引退 9月30日 - 日本プロ野球・阪急ブレーブスのブーマーが外国人初の三冠王獲得 10月4日 - 蔵前国技館閉館 10月9日 - 柔道の山下泰裕、国民栄誉賞受賞 11月11日 - 競走馬のシンボリルドルフ、初の無敗3冠達成 12月16日 - 第1回「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でマニュエラ・マレーバが優勝 12月21日 - 日本ゲートボール連合設立 総合競技大会 第3回インスブルックパラリンピック(1月11日~20日) - 日本の獲得メダル:なし 第14回サラエボオリンピック(2月8日~19日) - 日本の獲得メダル:金0、銀1、銅0 第7回ニューヨーク・アイレスベリーパラリンピック(アメリカ・ニューヨーク・6月16日~30日、イギリス・アイレスベリー・7月22日~8月1日) - 日本の獲得メダル:金9、銀7、銅8 第23回ロサンゼルスオリンピック(7月28日~8月12日) 第39回わかくさ国体(冬季スケート - 北海道・1月28日~31日、冬季スキー - 山形県・2月23日~26日、夏季 - 奈良県、兵庫県・9月8日~11日、秋季 - 奈良県・10月12日~17日) 天皇杯順位:優勝 奈良県、第2位 東京都、第3位 埼玉県 皇后杯順位:優勝 奈良県、第2位 東京都、第3位 大阪府 アイスホッケー スタンレーカップ決勝(1983-1984シーズン) エドモントン・オイラーズ (4勝1敗) ニューヨーク・アイランダース アメリカンフットボール NFL AFCチャンピオンシップゲーム(1月8日、LAメモリアル・コロシアム) ロサンゼルス・レイダーズ 30 - 14 シアトル・シーホークス NFCチャンピオンシップゲーム(1月8日、RFKスタジアム) ワシントン・レッドスキンズ 24 - 21 サンフランシスコ・49ers 第18回スーパーボウル(1月22日、フロリダ州タンパ・スタジアム) ロサンゼルス・レイダーズ (AFC、3年ぶり3回目) 38-9 ワシントン・レッドスキンズ (NFC) 日本の大会 第37回ライスボウル(1月3日、国立霞ヶ丘陸上競技場) 京都大学ギャングスターズ(学生代表) 29-28 レナウンローバーズ(社会人代表) 第41回毎日甲子園ボウル(12月9日、兵庫県西宮市・阪神甲子園球場) 日本大学フェニックス (関東学生代表) 42-42 関西学院大学ファイターズ(関西学生代表) ※史上3回目の両校優勝(ライスボウルへは日本大が出場) 大相撲 一月場所(蔵前国技館・8日~22日) 幕内最高優勝:隆の里俊英(13勝2敗,4回目) 十両優勝:大錦一徹(12勝3敗) 三月場所(大阪府立体育館・11日~25日) 幕内最高優勝:若嶋津六夫(14勝1敗,初) 十両優勝:小錦八十吉(13勝2敗) 五月場所(蔵前国技館・13日~27日) 幕内最高優勝:北の湖敏満(15戦全勝,24回目) 十両優勝:小錦八十吉(11勝4敗) 七月場所(愛知県体育館・8日~22日) 幕内最高優勝:若嶋津六夫(15戦全勝,2回目) 十両優勝:北尾光司(12勝3敗) 九月場所(蔵前国技館・9日~23日) 幕内最高優勝:多賀竜昇司(13勝2敗,初) 十両優勝:栃赤城雅男(11勝4敗) 十一月場所(福岡国際センター・11日~25日) 幕内最高優勝:千代の富士貢(14勝1敗,10回目) 十両優勝:琴千歳幸征(11勝4敗) 年間最優秀力士賞(年間最多勝):若嶋津六夫(71勝19敗) 競馬 日本のGI競走 中央競馬 桜花賞(阪神・4月8日) 優勝:ダイアナソロン、騎手:田原成貴 皐月賞(中山・4月15日) 優勝:シンボリルドルフ、騎手:岡部幸雄 天皇賞(春)(京都・4月29日) 優勝:モンテファスト、騎手:吉永正人 安田記念(東京・5月13日) 優勝:ハッピープログレス、騎手:田原成貴 優駿牝馬(オークス)(東京・5月20日) 優勝:トウカイローマン、騎手:岡冨俊一 東京優駿(日本ダービー)(東京・5月27日) 優勝:シンボリルドルフ、騎手:岡部幸雄 宝塚記念(阪神・6月3日) 優勝:カツラギエース、 騎手:西浦勝一 天皇賞(秋)(東京・10月28日) 優勝:ミスターシービー、騎手:吉永正人 エリザベス女王杯(京都・11月4日) 優勝:キョウワサンダー、騎手:樋口弘 菊花賞(京都・11月11日) 優勝:シンボリルドルフ、騎手:岡部幸雄 マイルチャンピオンシップ(京都・11月18日) 優勝:ニホンピロウイナー、騎手:河内洋 ジャパンカップ(東京・11月25日) 優勝:カツラギエース、騎手:西浦勝一 朝日杯3歳ステークス(中山・12月16日) 優勝:スクラムダイナ、騎手:柴田政人 阪神3歳ステークス(阪神・12月16日) 優勝:ダイゴトツゲキ、騎手:稲葉的海 有馬記念(中山・12月23日) 優勝:シンボリルドルフ、騎手:岡部幸雄 優駿賞 年度代表馬・最優秀4歳牡馬 シンボリルドルフ 最優秀3歳牡馬 スクラムダイナ 最優秀3歳牝馬 ニホンピロビッキー 最優秀4歳牝馬 ダイアナソロン 最優秀5歳以上牡馬 カツラギエース 最優秀5歳以上牝馬 ロンググレイス 最優秀短距離馬 ニホンピロウイナー 最優秀父内国産馬 ミスターシービー 最優秀ダートホース アンドレアモン 最優秀障害馬 メジロアンタレス 最優秀アラブ ウルフケイアイ ゴルフ 世界4大大会(男子) マスターズ優勝者:ベン・クレンショー(アメリカ) 全米オープン優勝者:ファジー・ゼラー(アメリカ) 全英オープン優勝者:セベ・バレステロス(スペイン) 全米プロゴルフ優勝者:リー・トレビノ(アメリカ) 世界4大大会(女子) ナビスコ・ダイナ・ショア大会優勝者:ジュリ・インクスター(アメリカ) 全米女子プロゴルフ優勝者:パティ・シーハン(アメリカ) 全米女子オープン優勝者:ホリス・ステーシー(アメリカ) デュモーリエ・クラシック優勝者:ジュリ・インクスター(アメリカ)インクスターが年間2冠を獲得。 (Wikipedia:1984年のスポーツ)

1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)
1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)
前年、2年連続日本一を達成した西武ライオンズの広岡達朗監督が全パ(オールパシフィックリーグ)を率い、セ・リーグを制した読売ジャイアンツの王貞治監督が全セ(オールセントラルリーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム(全セ監督は藤田元司が率いるべきところであるが、前年、日本シリーズ終了とともに巨人監督を勇退。元々、王に禅譲することが日本一になった場合に於いても規定路線になっていた)。
この年のオールスターゲームは前年同様に全パの打線が開花。第1戦は5回までに12点を叩きだし、第2戦もブーマー・ウェルズ(オリックス・バファローズ 阪急)の2安打で全パが早くも勝ち越しを決めた。全セは前年来の5連敗を喫した。2年連続全敗を避けたい全セは第3戦の開催地中日ドラゴンズの選手のみで先発オーダーを組んだ。そして2番手の江川卓 (野球) 江川卓(巨人)が登板したことで試合の流れが一気に全セに傾く。1971年のオールスターゲーム (日本プロ野球) 1971年第1戦の江夏豊の9連続奪三振に並べとばかりの毎回連続奪三振を記録し、迎えた9人目の最終打者大石大二郎に投じた3球目のカーブ (球種) カーブがバットに当たり2塁ゴロ。江夏の記録に1人足りなかったものの、堂々のMVPに輝いた。
(Wikipedia:1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球))

1984年2月1日国鉄ダイヤ改正
1984年2月1日国鉄ダイヤ改正(‐こくてつだいやかいせい)では、日本国有鉄道(国鉄)が1984年(昭和59年)2月1日に実施したダイヤ改正について記す。昭和59年2月改正なので「59・2」(ごうきゅうに)とも呼ばれた。1980年(昭和55年)10月1日に実施された「減量ダイヤ」改正同様、長距離の優等列車や貨物列車が削減されたが、その一方で近距離電車が増発された。 ダイヤ改正の背景 国鉄は1964年(昭和39年)度に赤字に転落した後、昭和50年代になると新幹線建設などの出費も重なってその赤字額は莫大なものになり、国鉄経営の再建が叫ばれるようになっていた。そして「国鉄分割民営化」を求める声も日増しに強くなっていき、国鉄は合理化の推進など支出削減を迫られたのである。 更にモータリゼーションによる自動車などへの移行と度重なる運賃・料金の値上げにより、国鉄を利用する旅客や貨物は減少する一方であった。そのため合理化政策の一環として、利用が低迷するようになった分野を大幅に削り、鉄道の特長を生かせる区間についての強化を図る事が考えられ、それがこのダイヤ改正で実施されたのである。 (Wikipedia:1984年2月1日国鉄ダイヤ改正)

1984年全豪オープンテニス
1984年 全豪オープンテニス(Australian Open 1984)は、オーストラリア・メルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」にて、1984年11月26日から12月9日まで開催された。
大会会場はメルボルン市内にある「クーヨン・テニスクラブ」の芝生コートで開催。
男子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、シード選手16名を含む32名の上位選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。女子シングルスは「64名」の選手による6回戦制で行われた。
混合ダブルスは、1970年全豪オープンテニス 1970年から1985年全豪オープンテニス 1985年まで競技の実施が中止されていた。したがって、記事中の「決勝戦の結果」に混合ダブルスはなく、4部門のみの記載になる。
(Wikipedia:1984年全豪オープンテニス)

1984年の音楽
1984年の音楽(1984ねんのおんがく)では、1984年(昭和59年)の音楽分野の動向についてまとめる。 できごと チェッカーズ、小泉今日子、中森明菜、松田聖子、吉川晃司らの旋風。特にチェッカーズは「ギザギザハートの子守唄」、「涙のリクエスト」、「哀しくてジェラシー」が3曲同時にオリコンのベスト10内に入るほどの旋風を巻き起こす。 第2回「NHKこどものうたコンクール」優秀曲の「天使の羽のマーチ」が「みんなのうた」で放送されヒットする。 日本初のゲーム音楽アルバム『ビデオ・ゲーム・ミュージック』『スーパー・ゼビウス』が細野晴臣のプロデュースで発売される。 3月5日 - 都はるみが年末恒例の紅白歌合戦を最後に引退宣言。(1990年、歌手復帰) 3月15日-尾崎豊が新宿ルイードでデビューライブを行う。 12月31日 - 第26回日本レコード大賞 「長良川艶歌」/五木ひろし 最優秀歌唱賞 細川たかし/「浪花節だよ人生は」、最優秀新人賞 岡田有希子/「恋 はじめまして」 アルバム大賞 『Triad』/高橋真梨子、最優秀スター賞 中森明菜/「北ウイング」 12月31日 - 第35回NHK紅白歌合戦 デビューしたアーティスト 1月1日 - 麗美/愛にDESPERATE, 渡辺典子/花の色 1月25日 - 安田成美/風の谷のナウシカ 2月1日 - 吉川晃司/モニカ 3月3日 - 田中久美/スリリング 3月21日 - 渡辺桂子/H-i-r-o-s-h-i, 倉沢淳美/プロフィール 4月1日 - 長山洋子/春はSA.RA.SA.RA 4月3日 - 荻野目洋子/未来航海 4月21日 - 岡田有希子/ファースト・デイト, 菊池桃子/青春のいじわる, TM NETWORK/「金曜日のライオン」・『RAINBOW RAINBOW』, レベッカ/ウェラム・ボート・クラブ, 辻沢杏子/サヨナラMr.… 6月21日 - 沢口靖子/潮騒の詩, 仙道敦子/青いSunset 6月25日 - 一世風靡セピア/前略、道の上より 7月1日 - SALLY/バージンブルー 8月1日 - キララとウララ/センチメタル・ボーイ 8月28日 - 少女隊/FOREVER~ギンガムチェックstory~ 9月5日 - 中村あゆみ/Midnight Kids 9月21日 - BARBEE BOYS/暗闇でDANCE 11月5日 - セイントフォー/不思議Tokyoシンデレラ 11月14日 - TOM★CAT/ふられ気分でRock'n' Roll 12月20日 - 工藤夕貴/野生時代 日本で活躍したアーティスト 年間売上金額トップ10 松田聖子/78.3億円 中森明菜/56.9億円 チェッカーズ/36.6億円 サザンオールスターズ/29.1億円 杏里/25.9億円 小泉今日子/25.7億円 マイケル・ジャクソン/24.9億円 ALFEE/24.9億円 オフコース/22.7億円 谷村新司/20.1億円 オリコン年間TOP50 集計会社 オリコン※1983年12月5日付 - 1984年11月26日付 = シングル = 1位 わらべ:「もしも明日が…。 (Wikipedia:1984年の音楽)

1984年ウィンブルドン選手権
1984年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1984)は、イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1984年6月25日から7月8日にかけて開催された。
 (試合開始前に棄権)
 (試合開始前に棄権)
準々決勝
準決勝
準々決勝
準決勝
男子シングルス・女子シングルス・男子ダブルス・女子ダブルス・混合ダブルスの5部門とも、すべて1983年ウィンブルドン選手権 前年優勝者(ペア)が連続優勝を果たした。ジョン・マッケンローとマルチナ・ナブラチロワは単複2冠を獲得。32歳のジミー・コナーズは、これが最後の4大大会決勝戦になった。
ウィンブルドン選手権 1984
1984年のテニス ういんふるとんせんしゆけん
(Wikipedia:1984年ウィンブルドン選手権)

1984年のNBAドラフト
1984年のNBAドラフトは、1984年度のNBAドラフト。1984年6月19日、アメリカ合衆国で開催された。
1984年のNBAドラフトはTemplate:NBA50 NBAの偉大な50人に次の4人が選ばれている。アキーム・オラジュワン、マイケル・ジョーダン、チャールズ・バークレーそしてジョン・ストックトンである。この4人合計で7回最優秀選手 (NBA) MVP、延べ23人がオールNBAファーストチームに、延べ45人がNBAオールスターゲームに選出された。
他にも多くの活躍した選手が含まれて、オーティス・ソープ、ケビン・ウィリス、マイケル・ケイジ、 サム・パーキンスそしてアルヴィン・ロバートソンなどがいる。陸上競技のスーパースターであるカール・ルイスがシカゴ・ブルズに全体208位で指名されたこともあげられる。ルイスは、NFLのドラフトでも指名されたがどちらのチームにも参加することはなかった。ソープは、カンザスシティ・キングス(現サクラメント・キングス)でプレイした最後の現役選手となった。(2000-01年シーズン、シャーロット・ホーネッツでキャリアを終えた。)そして、ウィリスは2005年までNBAでプレイした。
(Wikipedia:1984年のNBAドラフト)

1984年全仏オープンテニス
1984年 全仏オープンテニス(Internationaux de France de Roland-Garros 1984)は、フランス・パリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて、1984年5月28日から6月10日にかけて開催された。
準々決勝
準決勝
準々決勝
準決勝
全仏オープンテニス 1984
1984年のテニス せんふつおおふんてにす
ar:دورة فرنسا المفتوحة 1984
1984 French Open
Internationaux de France de Roland-Garros 1984
hu:1984-es Roland Garros
mr:१९८४ फ्रेंच ओपन
no:French Open 1984
pt:Roland-Garros de 1984
sl:Odprto prvenstvo Francije 1984
(Wikipedia:1984年全仏オープンテニス)

1984年全米オープンテニス
1984年 全米オープンテニス(US Open 1984)は、アメリカ合衆国 アメリカ・ニューヨークマンハッタンにある「全米テニス協会 USTAナショナル・テニスセンター」にて、1984年8月28日から9月9日にかけて開催された。
準々決勝
準決勝
準々決勝
準決勝
全米オープンテニス 1984
1984年のテニス せんへいおおふんてにす
ar:أمريكا المفتوحة 1984 (كرة مضرب)
1984 US Open (tennis)
US Open de tennis 1984
no:US Open 1984 (tennis)
pt:US Open de 1984
sl:Odprto prvenstvo ZDA 1984
(Wikipedia:1984年全米オープンテニス)

1984年の映画
1984年の映画(1984ねんのえいが)では、1984年(昭和59年)の映画分野の動向についてまとめる。 できごと 2月15日 - ウォルト・ディズニー・プロダクションがタッチストーン・ピクチャーズを設立。 5月11日 - トライスター・ピクチャーズが初の配給作品『ナチュラル』をリリースした。 9月22日 - ウォルト・ディズニー・プロダクションの新経営陣にマイケル・アイズナー会長(パラマウント映画社長)、フランク・ウェルズ社長(ワーナー・ブラザーズ元社長)が就任。 10月6日 - 日本劇場跡地に有楽町マリオンがオープン。 10月27日 - 千代田劇場が日比谷映画に名称変更。 11月11日 - 日比谷映画劇場が閉館。 各国ランキング 日本配給収入ランキング 出典:1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟 北米興行収入ランキング 出典:“1984 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月23日閲覧。 (Wikipedia:1984年の映画)

1984年の日本公開映画
『1984年の日本公開映画』 (1984ねんのにほんこうかいえいが) は、1984年 (昭和59年) 1月1日から同年12月31日までに日本で封切り公開された映画の一覧である。一般劇場公開のみで、映画祭などイベント上映を除く。 1月公開作品 2日 廃市 (日本の旗 日本) 14日 ヨーロッパ特急 (日本の旗 日本) ザ・デイ・アフター (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ストローカーエース (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) メル・ブルックス/珍説世界史PARTI (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ニール・サイモンのキャッシュマン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 21日 コヤニスカッティ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 28日 デビルゾーン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 2月公開作品 11日 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー (日本の旗 日本) 地平線 (日本の旗 日本) すかんぴんウォーク (日本の旗 日本) 綿の国星 (日本の旗 日本) 水滸伝 (香港の旗 香港) 18日 AGAIN アゲイン (日本の旗 日本) 銀河伝説クルール (イギリスの旗 イギリス/アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) トワイライトゾーン/超次元の体験 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 25日 愛と追憶の日々 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ヴァーリア!愛の素顔 (ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦) プロジェクトA (香港の旗 香港) 3月公開作品 3日 猛獣大脱走 (イタリアの旗 イタリア) 少林寺2 (香港の旗 香港/中華人民共和国の旗 中国) 4日 冒険者たち ガンバと7匹のなかま (日本の旗 日本) 10日 少年ケニヤ (日本の旗 日本) サハラ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 11日 風の谷のナウシカ (日本の旗 日本) 名探偵ホームズ (日本の旗 日本) 超人ロック (日本の旗 日本) 未来少年コナン特別編 巨大機ギガントの復活 (日本の旗 日本) 17日 ドラえもん のび太の魔界大冒険 (日本の旗 日本) 忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ (日本の旗 日本) さよならジュピター (日本の旗 日本) パンツの穴 (日本の旗 日本) おしん (日本の旗 日本) ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団 (日本の旗 日本) ウルトラマンキッズ M7.8星のゆかいな仲間 (日本の旗 日本) ジョーズ3 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 26日 エレンディラ (フランスの旗 フランス) 31日 殺意の香り (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 4月公開作品 6日 ハンガー (イギリスの旗 イギリス) 7日 クジョー (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ロマンチック・コメディ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 14日 F2グランプリ (日本の旗 日本) 彩り河 (日本の旗 日本) 人魚伝説 (日本の旗 日本) 空海 (日本の旗 日本) ブレインストーム (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ダーティハリー4 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 28日 スカーフェイス (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 愛のイエントル (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) プレイボーイ・コレクション PART①フランシス PART②ビーナス (イギリスの旗 イギリス) 海燕ジョーの奇跡 (日本の旗 日本) ウインディー (日本の旗 日本) 元祖!迷プレ珍プレ大百科 アメリカン・ブルーパーズ 2 (日本の旗 日本) 5月公開作品 12日 魔女卵 (日本の旗 日本) 化粧 (日本の旗 日本) ビリー・ミルズ奇跡に挑んだ青春 ロンリーウェイ (カナダの旗 カナダ) クリスティーン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国/ポーランドの旗 ポーランド) 成龍拳 (香港の旗 香港) 19日 メル・ブルックスの大脱走 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) カリブの熱い夜 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) チーちゃんごめんね (日本の旗 日本) 26日 晴れ、ときどき殺人 (日本の旗 日本) 湯殿山麓呪い村 (日本の旗 日本) スペースパイレーツ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 6月公開作品 2日 地獄の7人 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) テックス (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 9日 月の夜 星の朝 (日本の旗 日本) 天国の駅 HEAVEN STATION (日本の旗 日本) トロピカルミステリー 青春共和国 (日本の旗 日本) スタートレックIII ミスター・スポックを探せ! (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) バイオレント・サタデー (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 16日 必殺! THE HISSATSU (日本の旗 日本) 23日 瀬戸内少年野球団 (日本の旗 日本) 逆噴射家族 (日本の旗 日本) カメレオンマン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) カルメンという名の女 (フランスの旗 フランス) 7月公開作品 7日 刑事物語3 潮騒の詩 (日本の旗 日本) インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 13日 再会の時 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 14日 メイン・テーマ (日本の旗 日本) 愛情物語 (日本の旗 日本) ウルトラマン物語 (日本の旗 日本) アニメちゃん (日本の旗 日本) 東映まんがまつり キン肉マン (日本の旗 日本) 超電子バイオマン (日本の旗 日本) 宇宙刑事シャイダー (日本の旗 日本) The・かぼちゃワイン ニタの愛情物語 (日本の旗 日本) 13日の金曜日完結編 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) グレイストーク ターザンの伝説 (イギリスの旗 イギリス) スーパーガール (イギリスの旗 イギリス) ザ・キープ (イギリスの旗 イギリス) 危険な年 (オーストラリアの旗 オーストラリア) 21日 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか (日本の旗 日本) SF新世紀レンズマン (日本の旗 日本) BIRTH (日本の旗 日本) ランブルフィッシュ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 28日 フットルース (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 8月公開作品 4日 コータローまかりとおる! (日本の旗 日本) 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 (日本の旗 日本) 地球物語 テレパス2500 (日本の旗 日本) シルクロードの少年 ぼくの旅立ち (ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦) 五福星 (香港の旗 香港) 11日 零戦燃ゆ (日本の旗 日本) ロマ・忘れられた友 (ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦) ストリート・オブ・ファイヤー (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 18日 王者のためのアリア (ポーランドの旗 ポーランド) 24日 ザ・ライダー (イギリスの旗 イギリス) 25日 甦るヒーロー 片山敬済 (日本の旗 日本) 9月公開作品 1日 北の螢 (日本の旗 日本) テスタメント (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) アフリカ残酷物語 食人大統領アミン (イギリスの旗 イギリス) 8日 さらば箱舟 (日本の旗 日本) ライトスタッフ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ホットドッグ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 15日 タイトロープ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 五つの夜に (ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦) アモク (モロッコの旗 モロッコ/ギニアの旗 ギニア/セネガルの旗 セネガル) 29日 湾岸道路 (日本の旗 日本) エマニュエル (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) フォート・サガン (フランスの旗 フランス) 10月公開作品 6日 おはん (日本の旗 日本) 上海バンスキング (日本の旗 日本) ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ポリスアカデミー (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 恋のスクランブル (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 10日 麻雀放浪記 (日本の旗 日本) いつか誰かが殺される (日本の旗 日本) 13日 特別な一日 (イタリアの旗 イタリア) 20日 ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 27日 ブレスレス (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) フィラデルフィア・エクスペリメント (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 11月公開作品 3日 欲望のあいまいな対象 (フランスの旗 フランス/スペインの旗 スペイン) 15日 愛しき日々よ (日本の旗 日本) 17日 お葬式 (日本の旗 日本) 海に降る雪 (日本の旗 日本) リック・スプリングフィールドのハード・ツー・ホールド (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 23日 アイスマン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 人蛇大戦 蛇 (台湾の旗 台湾) 12月公開作品 2日 ゴーストバスターズ (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 4日 アギ 鬼神の怒り (日本の旗 日本) 8日 グレムリン (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) 15日 天国にいちばん近い島 (日本の旗 日本) Wの悲劇 (日本の旗 日本) ゴジラ (日本の旗 日本) 若き勇者たち (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ヘブンリー・ボディーズ (カナダの旗 カナダ) スパルタンX (香港の旗 香港) 22日 生徒諸君! (日本の旗 日本) 東映まんがまつり キン肉マン 大暴れ!正義超人 (日本の旗 日本) Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!ナナバ城の秘宝 (日本の旗 日本) 宇宙刑事シャイダー 追跡!しぎしぎ誘拐団 (日本の旗 日本) ドーバー海峡殺人事件 (アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国) ラ・パロマ (スイスの旗 スイス / フランスの旗 フランス) 28日 男はつらいよ 寅次郎真実一路 (日本の旗 日本) 関連項目 映画史 1983年の映画、1984年の映画、1985年の映画 年度別日本公開映画 1983年の日本公開映画、1985年の日本公開映画。 (Wikipedia:1984年の日本公開映画)

1984年アメリカ合衆国大統領選挙
1984年アメリカ合衆国大統領選挙(1984ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、U.S. presidential election of 1984)は、1984年11月6日に行われたアメリカ合衆国大統領選挙。 共和党現職のレーガン大統領が圧倒的な地滑り勝利で再選された。民主党は、モンデール候補が、共和党・民主党通じて初の女性副大統領候補であるフェラーロ(Ferraro)を擁して選挙戦を戦ったものの、ミネソタ州とワシントンD.C.において選挙人を獲得するにとどまった。 結果 ==。 (Wikipedia:1984年アメリカ合衆国大統領選挙)


1984 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

1984 - アマゾン検索


「1984」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す