[PR]

日別キーワード

第55位  GODZILLA - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



GODZILLA
『GODZILLA』(ゴジラ、原題:Godzilla)は、1998年に公開されたアメリカの特撮映画。監督はローランド・エメリッヒ。主題曲をジミー・ペイジが担当。日本でのキャッチコピーは「人類に打つ手は無い」、アメリカでは“Size Does Matter”(巨大さ それが 度肝を抜く)。トライスター・ピクチャーズ提供。セントロポリス・エンターテインメント作品。フリード・フィルムズ、インデペンデント・ピクチャーズ共同作品。日本の東宝が原案・所有するキャラクター「ゴジラ」に基づいて製作された。 ストーリー 南太平洋で、日本の漁船が謎の生物に襲われ沈没する事件が起きる。某保険会社から派遣されたと語るフィリップ・ローシェは事件の唯一の生存者となった老船員から何を目撃したか問い出し、朦朧としながらも恐怖に慄いた言葉で「ゴジラ」という名を紡ぐ。 翌日のチェルノブイリにて、放射線による生物への影響を調査していた生物学者のニック・タトプロスは米国務省からの要請でパナマへと向かう。 (Wikipedia:GODZILLA)

GODZILLA FINAL WARS
『ゴジラ FINAL WARS』より : 『ゴジラ FINAL WARS』(ゴジラ ファイナル ウォーズ)は、2004年(平成16年)12月4日に公開された日本映画で、ゴジラシリーズの第28作である。 第3期ゴジラシリーズ(ミレニアムシリーズ)の第6作で、ゴジラ生誕50周年作品であり、ゴジラシリーズの最終作と銘打たれた。ゴジラ生誕50周年作品を作るにあたり2003年の早い時期から著名な小説家、漫画家なども招き3本ほどの具体的な企画が作られたが、本当に新しいゴジラ映画、誰も知らないゴジラ映画は今現在の技術では作れないという結論に達し、その結果として、今現在で確保できる限りの最高の条件を揃え、シリーズ集大成となる最高の「ゴジラ映画」を作り上げてゴジラシリーズを締めくくることとなった。 (Wikipedia:GODZILLA FINAL WARS)

GODZILLA ゴジラ
『GODZILLA ゴジラ』(原題: Godzilla)は、日本の同名映画キャラクターに基づいた2014年のアメリカ合衆国のSF怪獣映画である。 「ゴジラシリーズ」のリブートであり、アメリカ合衆国の資本でゴジラ映画が製作されるのは1998年公開の『GODZILLA』以来16年振りの2作目。また、日本でゴジラ映画が公開されるのは、2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』以来、10年振りとなる。ワーナー・ブラザース映画 = レジェンダリー・ピクチャーズ提供、レジェンダリー・ピクチャーズ製作。 キャッチコピーは、「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」。2014年5月16日に全米公開。日本では同年7月25日公開。 ストーリー 1945年のトリニティ実験や1946年設立のアルゴンヌ国立研究所といったアメリカの核開発に関連する形で、「モナーク計画」が進められていた。モナーク計画に関わる水爆実験がビキニ環礁で行われようとする中、実験海域に航行する巨大な生物が出現。 (Wikipedia:GODZILLA ゴジラ)


GODZILLA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

GODZILLA - アマゾン検索


「GODZILLA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す