[PR]

日別キーワード

第75位  ぬらりひょん - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ぬらりひょん
ぬらりひょん(滑瓢)は、日本の妖怪。 一般に、瓢箪鯰(ひょうたんなまず)のように掴まえ所が無い化物であるとされる。江戸時代に描かれた妖怪絵巻などに、その姿が多く確認できるが詳細は不明である。民間の伝承には百鬼夜行の一員(秋田県)、海坊主の一種(岡山県)にその名称が確認されるが、描かれている妖怪画の「ぬらりひょん」との前後の関係性は明らかでは無い。 「妖怪の総大将」であるとされるが、後代における誤伝・俗説とされている(後述)。 妖怪画 江戸時代の国語辞典『俚言集覧』には「古法眼元信化物画」とのみ解説されている。また、『嬉遊笑覧』に引かれている古法眼元信が描いた「化物絵」に描かれていたとされる妖怪の中にも「ぬらりひょん」の名称が確認でき、『百怪図巻』(1737年,佐脇嵩之)、『百鬼夜行絵巻』(1832年,尾田郷澄、松井文庫所蔵)など多くの絵巻物にその姿が描かれている。 (Wikipedia:ぬらりひょん)

ぬらりひょん吉
ぬらりひょん吉(ぬらりひょんきち)は、「デーモン小暮のオールナイトニッポン」から登場したキャラクターである。日本の妖怪、ぬらりひょんをモチーフにしている。 姓がぬらり、名がひょん吉。家族構成は妻(名前はテル)、長女(「水木しげるちりめん問屋」勤務、名前は不明)、ペットの犬(名前は総一郎)。 ラジオなど音声媒体のみに登場し、テレビなどの映像媒体には登場せず「デーモン小暮のオールナイトニッポン」で、ぬらりひょん吉のイラストを募集したことがあった。その作品群は「デーモン小暮の試験に出るぬらりひょん」(1988年刊)に掲載されている。ぬらりが登場するきっかけとなったのは、1988年6月の放送で届いたはがきに四股名(ペンネーム)「ぬらりひょん吉」と書かれていたことからだった。 デーモン小暮閣下が口ごもるような語り口で、その声を演じていた。 来歴 (設定) 1929年(昭和4年)3月3日、本州北部の生まれ 1954年 - 帯広畜産大学を卒業後、NHKに入局。 (Wikipedia:ぬらりひょん吉)

ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎)
ぬらりひょんは、水木しげるの漫画(及びそれを原作としたアニメーション、映画等)の『ゲゲゲの鬼太郎』(旧題:『墓場の鬼太郎』)に登場する宿敵となる妖怪のひとり。 初登場は、原作漫画では『妖怪ぬらりひょん』、アニメ版ではそのアニメ化である第1作の第12話(ともに1話のみの登場)。アニメ第2作では登場せず、第3作から第5作では準レギュラーとして登場した。「日本妖怪の総大将」と呼ばれる現在のイメージは、アニメ第3作のときに形成されたものである(漫画では「週刊実話」版、映像では第3作の前の実写「月曜ドラマランド」版が敵ボスとしての初出)。 頭部は大きめの禿頭で皺の深い顔、痩身で身なりのいい老人の姿。一般には、忙しい夕暮れに勝手に他人の家に上がり込み、家人のような顔をして飲み食いをするなどと言われ、タコ(海坊主)の妖怪の一種とも伝承されている。 卑怯で狡猾な手口で悪事を働き、鬼太郎と対立する。だがどこか間抜けなコメディータッチな面もある。基本的に他者を利用するのが得意な悪参謀タイプ。強い妖怪を雇ったり騙したりして、あの手この手で鬼太郎達を倒そうと画策し、多数のシリーズで「鬼太郎の宿敵」の代表格となっている。 (Wikipedia:ぬらりひょん (ゲゲゲの鬼太郎))

ぬらりひょんの孫の登場人物
ぬらりひょんの孫の登場人物は、椎橋寛の漫画作品『ぬらりひょんの孫』に登場するキャラクターの一覧。 担当声優は、ドラマCD・VOMIC・テレビアニメ共に共通。 奴良組 奴良家 = 総大将 = 奴良 リクオ(ぬら リクオ) 声 - 福山潤 / 喜多村英梨(幼少期) 本作の主人公。奴良組若頭→三代目総大将。中学1年生(12歳→13歳)。9月23日生まれ。 ぬらりひょんの血を4分の1引く孫で、妖怪と人間のクォーター。名前はぬらりひょんのクォーターである事に由来する。覚醒時は妖怪の血によって姿形、性格がガラリと変わる。屋敷の妖怪たちからは「若」「リクオ様」などと呼ばれている。祖母の血の影響で、傷の治りが異常に早い。 当初、覚醒時のリクオは人間時の事もすべて把握していたようであったが、人間時のリクオに覚醒時の記憶は残っていなかった。その後、牛鬼との戦い頃より人間時でも妖怪時の記憶が残るようになった。更に四国との戦いの後、夜になると勝手に妖怪に変身するようになった。 四国八十八鬼夜行襲来の際には、氷麗・青田坊・黒田坊・首無・河童と七分三分盃を交わした。 (Wikipedia:ぬらりひょんの孫の登場人物)

ぬらりひょんの孫
『ぬらりひょんの孫』(ぬらりひょんのまご)は、椎橋寛による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年15号から2012年30号まで連載された。妖怪を題材とした少年漫画作品。 妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ少年を主人公とする怪奇ファンタジー。現代の日本を舞台に、百鬼夜行が激突する任侠妖怪の世界を描いた物語となっている。 『赤マルジャンプ』2006年SPRING号に掲載された後、『週刊少年ジャンプ』2007年35号に第32回金未来杯エントリー作品として読み切り掲載、金未来杯を受賞した(その他の詳細は後述)。『週刊少年ジャンプ』2008年15号より連載開始、2012年30号連載終了。その後、2012年の『少年ジャンプNEXT!』に完結編「葵螺旋城 最終決戦編」が3号連続掲載され、完結した。単行本は2012年5月時点で累計1100万部を発行している。 2009年12月には小説版とドラマCDが発売され、『週刊少年ジャンプ』2009年53号にてテレビアニメ化が発表された。 (Wikipedia:ぬらりひょんの孫)


ぬらりひょん - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ぬらりひょん - アマゾン検索


「ぬらりひょん」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す