[PR]

日別キーワード

第80位  アイヌ - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



アイヌ
アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびロシア・カムチャツカ半島南部にまたがる地域の先住民族である。母語はアイヌ語。19世紀に列強の国々が領土拡張するにあたり、多くの先住民族が編入されたが、アイヌも同様の運命をたどった。現在、日本とロシアに居住する。 アイヌは、元来は狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが、生業の毛皮や海産物などをもって、現在のロシアのハバロフスク地方アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。 1855年日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、日本国民またはロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。 呼称 アイヌ アイヌとはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、もともとは「カムイ」(自然界の全てのものに心があるという精神に基づいて自然を指す呼称)に対する概念としての「人間」という意味であったとされている。 (Wikipedia:アイヌ)

アイヌ人
『アイヌ』より : アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびロシア・カムチャツカ半島南部にまたがる地域の先住民族である。母語はアイヌ語。19世紀に列強の国々が領土拡張するにあたり、多くの先住民族が編入されたが、アイヌも同様の運命をたどった。現在、日本とロシアに居住する。 アイヌは、元来は狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが、生業の毛皮や海産物などをもって、現在のロシアのハバロフスク地方アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。 1855年日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、日本国民またはロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。 呼称 アイヌ アイヌとはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、もともとは「カムイ」(自然界の全てのものに心があるという精神に基づいて自然を指す呼称)に対する概念としての「人間」という意味であったとされている。 (Wikipedia:アイヌ人)

アイヌ民族
『アイヌ』より : アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびロシア・カムチャツカ半島南部にまたがる地域の先住民族である。母語はアイヌ語。19世紀に列強の国々が領土拡張するにあたり、多くの先住民族が編入されたが、アイヌも同様の運命をたどった。現在、日本とロシアに居住する。 アイヌは、元来は狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが、生業の毛皮や海産物などをもって、現在のロシアのハバロフスク地方アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。 1855年日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、日本国民またはロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。 呼称 アイヌ アイヌとはアイヌ語で「人間」を意味する言葉で、もともとは「カムイ」(自然界の全てのものに心があるという精神に基づいて自然を指す呼称)に対する概念としての「人間」という意味であったとされている。 (Wikipedia:アイヌ民族)

アイヌ文化
アイヌ文化(アイヌぶんか)とは、13世紀ころから現在までに至る歴史の中で生み出されてきた文化である。現在では、大半のアイヌは同化政策の影響もあり、日本においては日常生活は表面的には和人と大きく変わらない。しかし、アイヌであることを隠す人達もいる中、アイヌとしての意識は、その血筋の人々の間では少なからず健在である。アイヌとしての生き方はアイヌプリとして尊重されている。アイヌ独特の文様(アイヌ文様)や口承文芸(ユーカラ)は、北海道遺産として選定されている。
アイヌ文化という語には2つの意味がある。1つは文化人類学的な視点から民族集団であるアイヌ民族の保持する文化様式を指す用法であり、この場合は現代のアイヌが保持あるいは創造している文化と、彼らの祖先が保持していた文化の両方が含まれる。もう1つは考古学的な視点から、北海道や東北地方北部の先住民が擦文文化期を脱した後に生み出した文化様式を指す用法である。
(Wikipedia:アイヌ文化)

アイヌ語
アイヌ語(アイヌご、アイヌ語ラテン文字表記:Aynu itak、アイヌ語仮名表記:アイヌ・イタㇰ)は、現在、日本とロシア等に居住するアイヌ民族(アイヌ)の言語である。 話者は、アイヌ民族の主たる居住地域である北海道、樺太、千島列島に分布していたが、現在ではアイヌの移住に伴い日本の他の地方(主に首都圏)にも拡散している。言語学では「孤立した言語」である。国際連合教育科学文化機関によって、2009年(平成21年)2月に「極めて深刻 (英語: critically endangered)」な消滅の危機にあると分類された、危機に瀕する言語である。危険な状況にある日本の8言語のうち唯一最悪の「極めて深刻」に分類された。 地理的に近い位置で話され、古くから互いに経済的、文化的な交流があったにも関わらず、大和民族の日本語との間には、語彙の借用(例、menoko)を除いてそれほど共通点(例、皮 kap 〜 kapa)が見いだせない。 (Wikipedia:アイヌ語)

アイヌラックル
アイヌラックルは、アイヌ民話における神。地上で誕生した初めての神であり、地上と人間の平和を守る神とされる。オイナカムイ、オキクルミなどの別名でも伝えられている。
アイヌの神話や伝説は、口承で伝えられてきたため、伝承地や伝承者によってさまざまな差異があり、このアイヌラックル(オキクルミ)の伝説に関しても、定説というものは存在しない。
ここでは、アイヌラックルの伝説のパターンの一つとして、釧路の山本多助エカシの記した「アイヌ・ラッ・クル伝」に収録の伝承を紹介する。
母親は天上から最初に地上に降りた女神、ハルニレの木の精霊でもあるチキサニ姫。父親は天上界で一番の荒神である雷神カンナカムイ。妻は天上の高位の女神である白鳥姫レタッチリ。
(Wikipedia:アイヌラックル)

アイヌ犬
『北海道犬』より : 北海道犬(ほっかいどういぬ、ほっかいどうけん)は、アイヌ民族(北海道の先住者)が飼育してきた日本犬種である。アイヌ犬とも呼ばれる。 起源 縄文時代初期、縄文人が東北地方から北海道へ渡る際に同伴したマタギ犬(山岳狩猟犬)が、北海道犬のルーツだと考えられている。アイヌはこの犬をセタ(seta)と呼び、ヒグマやエゾシカの獣猟、これに付帯・関連する諸作業に用いてきた。 弥生時代に入ると、日本に移住した渡来人によってもたらされた犬と日本在来犬(いわゆる縄文犬)との間で混血が始まったが、地理上の理由から、北海道では渡来系の犬の遺伝的影響は最小限にとどまり、縄文犬の血統が維持されたというのが現在定説に成りつつある。これは田名部雄一が犬の血液分析をおこない、琉球犬と北海道犬に類似が見られることから導き出された仮説である。現在遺跡から見つかっている縄文犬の骨と北海道犬に体格や骨格の特徴に類似が見られず、またミトコンドリアDNAの解析では異なる結果も出ている。 (Wikipedia:アイヌ犬)

アイヌ語一覧
アイヌ語の五十音索引
アイヌは文字を持たないため、アイヌ語を文字で正確に表記することはできないが、ローマ字の表記は、知里真志保らの研究に基づく表記が一般的であるため、これを採用する。
アイヌ aynu 人間
アットゥシ attus 厚司織
アトゥイエサマン atuyesaman 海のカワウソ=ラッコ
アフンルパル 窪地・冥界への入り口
イオマンテ iomante 熊送り
イクパスイ ikupasuy 捧酒箸
イソポ isopo もしくはイセポ isepo 兎
イタク itak 言葉
イナウ inaw 削りかけ
イペタム ipetam 人食い刀
イレスカムイ 火の神さま
ウエペケレ uepeker 昔話・民話
エサマン esaman かわうそ
エムシ emus 儀礼の刀
オンカミ onkami 拝む、拝礼する
カムイ kamuy 神
(Wikipedia:アイヌ語一覧)

アイヌ音楽
アイヌ音楽(アイヌおんがく)は、主に北海道に居住するアイヌが生活文化の中で生まれた音楽である。本項では、録音され、CD、カセットテープなどの媒体によって流通しているものを主に取り上げ解説する。 「音楽」という概念は、近代ヨーロッパで構造化された概念であるため、世界には「音楽」に似た概念を持たない文化、持っていてもどこかずれている文化が存在する。また、現代において民族の文化をワールドミュージックとして紹介される際に、「音楽」の概念に含まれるかが微妙なものも一律に音楽として紹介されることがある。アイヌの場合は、「音楽」に含まれうるものとして「ウポポ」があるが、音楽性も持っているが詞内容が重要でどちらかといえば文芸の系譜に属しそうな「ユカラ」もワールドミュージックとして紹介されている。 文字を持たない狩猟採集民族であるアイヌは音楽も全て口伝したため、その起源は未だにはっきりしていない。近年様々な研究者によって聞き取り調査され、文字化されるようになった。 分類 ウポポ ウポポとは、「歌」を意味する。 (Wikipedia:アイヌ音楽)

アイヌの一覧
アイヌの一覧(アイヌのいちらん)では、主に日本で有名な、アイヌ民族出身者を列記する。 有名なアイヌ 太字は存命 あ行 明石和歌助(イカシワッカ) - アプタ(虻田)首長。 秋田春蔵 - 元北海道ウタリ協会理事長。 秋辺得平 - 元北海道ウタリ協会副理事長。 秋辺日出男 - WIN-AINU(世界先住民族ネットワークAINU)事務局長 浅井タケ - 樺太アイヌの語り部。 アト゜イ - 「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」の代表 阿部政司 - 元鵡川町議、元北海道ウタリ協会副理事長。 天川恵三郎 荒井シャヌレ 新井田セイノ - アイヌ文化伝承者。 安東ウメ子 居壁太 - ミュージシャン。 石山キツエ 違星北斗 - 歌人 上武やす子 - 北海道ウタリ協会登別支部長。 宇梶静江 - 関東ウタリ会創設にかかわる。 宇梶剛士 - 俳優。 浦川治造 - 関東ウタリ会、東京アイヌ協会、「萱野茂氏を首都圏で支える会」の会長を歴任。関東移住者による伝統継承に力を入れる。2007年には横浜でハワイの航海カヌー「ホクレア」の安航を祈るカムイノミを主催し、ナイノア・トンプソンとも会見。 (Wikipedia:アイヌの一覧)

アイヌ民族の一覧
『アイヌの一覧』より : アイヌの一覧(アイヌのいちらん)では、主に日本で有名な、アイヌ民族出身者を列記する。 有名なアイヌ 太字は存命 あ行 明石和歌助(イカシワッカ) - アプタ(虻田)首長。 秋田春蔵 - 元北海道ウタリ協会理事長。 秋辺得平 - 元北海道ウタリ協会副理事長。 秋辺日出男 - WIN-AINU(世界先住民族ネットワークAINU)事務局長 浅井タケ - 樺太アイヌの語り部。 アト゜イ - 「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」の代表 阿部政司 - 元鵡川町議、元北海道ウタリ協会副理事長。 天川恵三郎 荒井シャヌレ 新井田セイノ - アイヌ文化伝承者。 安東ウメ子 居壁太 - ミュージシャン。 石山キツエ 違星北斗 - 歌人 上武やす子 - 北海道ウタリ協会登別支部長。 宇梶静江 - 関東ウタリ会創設にかかわる。 宇梶剛士 - 俳優。 浦川治造 - 関東ウタリ会、東京アイヌ協会、「萱野茂氏を首都圏で支える会」の会長を歴任。関東移住者による伝統継承に力を入れる。2007年には横浜でハワイの航海カヌー「ホクレア」の安航を祈るカムイノミを主催し、ナイノア・トンプソンとも会見。 (Wikipedia:アイヌ民族の一覧)

アイヌ神謡集
アイヌ神謡集(あいぬしんようしゅう)は、知里幸恵が編纂・翻訳したアイヌの神謡(カムイユカラ)集。 1920年11月、知里幸恵が17歳の時に、金田一京助に勧められて幼い頃から祖母モナシノウクや叔母の金成マツより聞いていた「カムイユカラ」を金田一から送られてきたノートにアイヌ語で記し始める。翌年、そのノートを金田一京助に送る。1922年に『アイヌ神謡集』の草稿執筆を開始。金田一の勧めにより同年5月に上京。金田一家で『アイヌ神謡集』の原稿を書き終える。校正も済ませ後は発行するだけの状態にまでに仕上げたが、同年9月18日、心臓麻痺により急逝。翌年の1923年に金田一の尽力によって『アイヌ神謡集』を上梓し、郷土研究社から発行された。 『アイヌ神謡集』執筆の動機と「序」 『アイヌ神謡集』執筆の動機は、アイヌ語研究で有名な言語学者の金田一京助に、アイヌ口承文芸の価値を説かれ、勧められたからであるが、これは外面的なことであり、知里幸恵の内面的な動機は、『アイヌ神謡集』の「序」に書かれている。 (Wikipedia:アイヌ神謡集)

アイヌリンダレ
アイヌリンダレ(Ainulindalë)は、J・R・R・トールキンの、『シルマリルの物語』所収の作品。『ホビットの冒険』や、『指輪物語』の世界である、アルダ、中つ国の創世記にあたる物語。 イルーヴァタールによるアイヌアの創造 イルーヴァタールとアイヌアがつくる音楽による、あるべき世界(アルダを含む全世界)の幻視とメルコールの最初の反抗 アイヌアによるアルダの形成とメルコールの妨害などが語られている。 創造神エル アイヌリンダレ(アイヌアの音楽)が語るところでは、エルはその思いの中からアイヌアを生み出した。エルはアイヌアに音楽の主題を明かし、アイヌアにはこれを全霊をもって彩ることを命じた。アイヌアの音楽は美しいものだったが、アイヌアのうちもっとも力あるメルコールは自らの考えを音楽に織り込もうと試み、不協和音が生じた。そのため主題に忠実なアイヌアは沈黙した。エルは第二の主題を明かし、音楽は新たに美しくなった。メルコールはふたたびこれと争い勝利した。しかしエルが今までの二つと全く違う第三の主題を明らかにすると、メルコールの不協和音は音楽に織り込まれて消え去り、音楽は終わった。 (Wikipedia:アイヌリンダレ)

アイヌネギ
『ギョウジャニンニク』より : ギョウジャニンニク(行者葫、学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum)はネギ属の多年草。 北海道や近畿以北の亜高山地帯の針葉樹林、混合樹林帯の水湿地に群生しており、そのほとんどの繁殖地は国立公園などの自然保護区である。キトピロなどとも呼ばれる(後述)。ヨーロッパ産の基本亜種A. victorialis subsp. victorialisは、ヨーロッパの多くの高山に広く分布している(#生息亜高山地域参照)。 長さ20 - 30 cm、幅3 - 10 cmの葉で強いニンニク臭を放ち、地下にラッキョウに似た鱗茎を持つ、葉は根生、扁平で下部は狭いさやとなる。初夏、花茎の頂端に、白色または淡紫色の小花を多数つける。種子のほかにも不定芽でも増殖する。生育速度が遅く播種から収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いことから、希少な山菜とされ、市場流通量は少なく高値で取引される傾向にある。 分布域 ギョウジャニンニク(A. v. subsp. platyphyllum、日本産の亜種)は、日本では北海道から奈良県にかけて見られ、さらには千島列島や樺太、そしておおよそアムール川系流域にあたる極東ロシアや中国の多くの省にかけても広く分布し、朝鮮半島でも見られる。 (Wikipedia:アイヌネギ)

アイヌ用語一覧
アイヌ語語彙の五十音索引 近代化以前の伝統的アイヌ社会においてはアイヌ語を文字表記しなかったが、現在では北海道アイヌ協会が教科書で使用したラテン文字表記がある程度知られているため、基本的にこれを採用する。カタカナ表記は近似的な発音を表したものである。 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 参考図書 『アイヌ語入門』知里真志保 『アイヌ語入門』『アイヌ語基礎語彙』『アイヌ語入門解説』田村すず子 早稲田大学語学研究所 1983年- 『言語学大辞典』第一巻所収「アイヌ語」(田村すず子解説)三省堂 1988年 『アコロイタク』北海道ウタリ協会 ISBN 4905756219 C0086 1994年 『エクスプレス アイヌ語』中川裕・中本ムツ子 白水社 1997年カムイトラノ協会、片山言語文化研究所などがビデオ教材やテキストを作成している。 (Wikipedia:アイヌ用語一覧)

アイヌ語方言
本記事ではアイヌ語(アイヌご)の方言について述べる。 アイヌはコタン毎に生活をしており、コタンは主に川筋か海岸線に沿って存在したため、川筋ごとに方言が少しずつ異なる場合が多く、また海岸部と内陸部でも差異が見られた。 かつては大きくは北海道・千島(北千島)・樺太(南樺太)の三方言があった。北海道方言は、さらに北東部方言と南西部方言の二つに分類したり、もっと細かく分類されることもあるが、方言間の詳細な比較研究が進んでいないため定説はない。千島方言は日本の千島領有以後急速に廃れ、第二次世界大戦後には既に話者が見つからなかったとされる。樺太方言は1994年に最後の話者とされる浅井タケが亡くなった。北海道内でも和人の移住が早くから進んだ渡島地方や石狩川下流域などの方言は記録がほとんど残っていない。かつてアイヌが居住していたとされる東北地方北部、カムチャツカ半島南部にもアイヌ語の方言が存在していたと考えられるが、詳細は知られていない。 アイヌは独自の国民国家を形成しなかったため、アイヌ語には標準語が存在しない。 (Wikipedia:アイヌ語方言)

アイヌ民族共有財産裁判
アイヌ民族共有財産裁判(アイヌみんぞくきょうゆうざいさんさいばん)とは、アイヌの資産管理能力の不足などを名目として北海道旧土人保護法に基づいて従来北海道知事が委託され管理してきたアイヌ民族の共有財産について、アイヌ文化振興法に基づいて公告された所有者への返還手続きに対し、現在までの管理・会計状況の不明瞭さ、金額の算出根拠の不明確さ、対象を申請者のみに限定していること、アイヌ民族の先住権に対する配慮の不備などから、北海道ウタリ協会札幌支部理事の小川隆吉をはじめとしたアイヌ民族24人がこの返還手続きの無効の確認を求めた裁判である。 (Wikipedia:アイヌ民族共有財産裁判)

アイヌ語方言辞典
アイヌ語方言辞典(アイヌごほうげんじてん)は、1964年に岩波書店から出版されたアイヌ語の9つの方言の基礎語彙や基本表現を収めた辞典である。編者は服部四郎。共編者は知里真志保、木村彰一、山本謙吾、三根谷徹、北村甫、田村すず子。収録語彙数は約2100語。収録地域は、北海道アイヌ語の標準語とされる日高の沙流方言を基幹として、八雲、紋別、旭川、帯広、美幌、名寄、宗谷の諸方言と樺太方言。 語彙の選択基準は、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などの基礎語彙に関する研究に依拠している。そのために、アイヌに特有な文化に関する語彙の収録に問題がある。しかし、アイヌ語研究者・学習者には基礎的な文献とされている。当時のパンフレットには「アイヌ語は滅びようとしている本辞典は学界への貴重な贈物だ」とある。1990年以降、言語学界では、アイヌ語を含めた危機に瀕する言語の研究に力が入れられるようになったが、この辞典はその先駆けをなすものとして現在において評価される。 (Wikipedia:アイヌ語方言辞典)

アイヌ民族博物館
アイヌ民族博物館(アイヌみんぞくはくぶつかん)は、北海道白老郡白老町にある財団法人アイヌ民族博物館が運営する野外博物館などの施設群である。通称「白老ポロトコタン」。ポロトコタンとはアイヌ語で「大きい湖の集落」の意味であり、この博物館のアイヌ語名である。
1976年 - 財団法人白老民族文化伝承保存財団が設立
1984年 - アイヌ民族博物館が並置・開館
1990年 - 法人名を「財団法人アイヌ民族博物館」に改称
この博物館は、アイヌ文化の伝承・保存、並びに調査・研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として設置された。博物館本館ではアイヌ民族や北方少数民族の資料・図書等が収蔵・展示されているほか、その建物周辺にはアイヌの住家であったチセを再現・復元したものなどが展示しており、アイヌのコタン(集落)が再現されている。
(Wikipedia:アイヌ民族博物館)

アイヌ文化振興法
アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する知識の普及及び啓発に関する法律(アイヌぶんかのしんこうならびにアイヌのでんとうとうにかんするちしきのふきゅうおよびけいはつにかんするほうりつ、平成9年5月14日法律第52号)は日本の法律。通称アイヌ文化振興法、アイヌ新法。1997年(平成9年)5月8日に成立、同年5月14日公布、同年7月1日施行。この法律の附則2条により、北海道旧土人保護法(明治32年法律第27号)および旭川市旧土人保護地処分法(昭和9年法律第9号)は廃止された。 この法律の目的は、1条に次のように定められている(条文中の括弧書きは省略)。 「この法律は、アイヌの人々の誇りの源泉であるアイヌの伝統及びアイヌ文化が置かれている状況にかんがみ、アイヌ文化の振興並びにアイヌの伝統等に関する国民に対する知識の普及及び啓発を図るための施策を推進することにより、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り、あわせて我が国の多様な文化の発展に寄与することを目的とする。 (Wikipedia:アイヌ文化振興法)


アイヌ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アイヌ - アマゾン検索


「アイヌ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す