[PR]

日別キーワード

第84位  イマーム - 2018年05月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



イマーム
イマーム(امام‎ imām)とは、アラビア語で「指導者」、「模範となるべきもの」を意味する語で、イスラム教の「指導者」を指す。スンナ派においては、ムスリム(イスラム教徒)の大小の宗教共同体を指導する統率者のことをイマームと呼ぶ。一方、シーア派においては宗教共同体にとって特別な存在である「最高指導者」をイマームと呼ぶ(後述)。 クルアーンにおけるイマーム クルアーン(コーラン)においては、原義以上の意味での使われ方はしていない。 スンナ派におけるイマーム イマームのもっとも広い意味での用法は、ムスリムにとって最重要の義務のひとつである礼拝を集団で行う際、信徒たちを指導する役を務める者を指す呼称である。この意味でのイマームは原則としては常任の役ではなく、金曜礼拝のようにモスクに人々が集まって集団礼拝を行うときのみ、集まった信徒たちの中からもっとも礼拝の模範として相応しいムスリムを選び出してイマームとすることになっている。 (Wikipedia:イマーム)

イマーム・レザー
『アリー・リダー』より : イマーム・アリー・ムーサー・アッ=リダー(アラビア語: علي بن موسى الرضا Imām ˤAlī ibn-Mūsā al-Riđā; 766年1月1日 - 818年5月26日)は、シーア派・十二イマーム派の第8代イマーム。名はアリー・イブン・ムーサー・イブン・ジャアファル。ペルシア語ではエマーム・レザーとして知られる。 誕生と生涯 アリー・アッ=リダーはシーア派7代イマーム・ムーサー・イブン・ジャアファル・イブン・ムハンマド・アル=カーズィム(ペルシア語ではエマーム・ムーサー・カーゼム)とウンム・アル=バニーン・ナジュマーのあいだにマディーナで生まれた。ちょうど祖父ジャアファル・アッ=サーディクの死の一月後にあたり、アリーは父の手で教育された。 799年、アリー35歳のとき、父が没しイマームを継いだ。アリーは時のアッバース朝カリフ・ハールーン・アッ=ラシードから好ましく扱われることはなく、マディーナの人々もアリーのもとを訪れ、学ぶことを禁止された。 (Wikipedia:イマーム・レザー)

イマーム・アリー
『アリー・イブン・アビー=ターリブ』より : アリー・イブン・アビー・ターリブ(عليّ بن أبي طالب‎ 'Alī ibn Abī Tālib、600年頃 - 661年1月27日)は、イスラーム教の第4代正統カリフ(在位656年 - 661年)。同教シーア派の初代イマーム。 預言者ムハンマドの父方の従弟で、彼の母もムハンマドの父の従姉妹である。後にムハンマドの養子となり、ムハンマドの娘ファーティマを娶った。ムハンマドがイスラム教の布教を開始したとき、最初に入信した人々のひとり。直情の人で人望厚く、武勇に優れていたと言われる。早くからムハンマドの後継者と見做され、第3代正統カリフのウスマーンが暗殺された後、第4代カリフとなったが、対抗するムアーウィヤとの戦いに追われ、661年にハワーリジュ派によって暗殺される。 のちにアリーの支持派はシーア派となり、アリーはシーア派によって初代イマームとしてムハンマドに勝るとも劣らない尊崇を受けることとなった。アリーとファーティマの間の息子ハサンとフサインはそれぞれ第2代、第3代のイマームとされている。 (Wikipedia:イマーム・アリー)

イマーム広場
イマーム広場(-ひろば)はイランのエスファハーンにある広場。 まわりを青を基調とした精密なアラベスク模様のタイルで覆われた荘厳なモスクや宮殿によって囲まれていることから、かつては「ここには世界の半分がある」とも言われた。 ユネスコの世界遺産に登録されている。 このイマーム広場は、かつて「メイダーネ・シャー ميدان شاه Meydān-e Shāh 」(王の広場)と呼ばれ、正式名称は「メイダーネ・ナクシェ・ジャハーン میدان نقش جهان Meydān-e naqsh-e jahān」(世界の肖像の広場)である。1598年、首都をイスファハンへ移したサファヴィー朝のシャー・アッバース1世は、大規模な都市計画にもとづいて新しい市街を旧市街の西南方に建設しはじめた。その中核となったのが、広場である。この広場は南北512m、東西159mという広大な長方形で、周囲を整然たる2層のアーケードで取り囲み、四辺にそれぞれ1件ずつモニュメンタルな建築が配置されている。 (Wikipedia:イマーム広場)

イマーム派
イマーム派(イマームは)、イスラム教シーア派の宗派のひとつ。 関連項目 イスマーイール派 カルマト派 ドゥルーズ派 ムスタアリー派 ニザール派 十二イマーム派 シャイヒー派 バーブ教 バハーイー教 ヌサイリー派(アラウィー派)。 (Wikipedia:イマーム派)


イマーム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

イマーム - アマゾン検索


「イマーム」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す