[PR]

日別キーワード

第1位  かぐや姫の物語 - 2018年05月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



かぐや姫の物語
『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作とした高畑勲監督・スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。 高畑による監督作品は1999年の『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりとなる。 日本のアニメ映画としては破格ともいえる、企画開始から8年の歳月と50億円を超える製作費が投じられた。技法面では、『ホーホケキョ となりの山田くん』で導入された、アニメーターの描いた線を生かした手書き風のスタイルが本作でも使用された。加えて、背景も動画に近いタッチで描かれ、両者が一体となり「一枚絵が動く」ような画面をもたらしている。 あらすじ 昔、山里に竹を取って暮らす翁と媼がいた。早春のある日、翁は光り輝くタケノコの中から手のひらに収まる大きさの姫を見つけ、自宅へ持ち帰る。姫はその日のうちに人間サイズの赤子の姿へと変わり、翁と媼によって「天からの授かりもの」として育てられる。 (Wikipedia:かぐや姫の物語)


かぐや姫の物語 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  藤井聡太 - 2018年05月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




藤井聡太 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ヒナまつり - 2018年05月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒナまつり
『ヒナまつり』は大武政夫による日本の漫画作品。エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』volume8(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌volume11B(2010年6月発売)より正式に連載を開始する。『Fellows!』が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も毎号連載中である。 作者の大武は猿渡哲也のアシスタント出身。作者にとっての初連載作品にして初単行本化作品となった。 ストーリー 若手ヤクザの新田の部屋に突如として現れた楕円形の物体。その物体にくるまれていた少女ヒナは行くところがないと新田の家に住み着いてしまう。新田は少女を追い出そうとするが、強力な超能力者であったヒナが暴れたために新田は仕方なく言うことを聞くことになる。ずぼらで何も出来ないヒナに、ついつい新田は世話を焼き、ヒナは自分の超能力を当てにした何かをさせようとはしない新田に信頼を憶えていく。そんな中、新田の所属する暴力団の組長が襲われ、新田は若頭に相手の暴力団に1人で殴り込めと命じられる。 (Wikipedia:ヒナまつり)


ヒナまつり - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  アベンジャーズ - 2018年05月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベンジャーズ
アベンジャーズ(英語: Avengers, The Avengers) アベンジャーズ (1998年の映画) - 1998年のアメリカ映画。原題: “The Avengers”。1960年代のイギリスのTVシリーズ“The Avengers”(日本での放送時のタイトルは『おしゃれ(秘)探偵』 - (秘)は○に秘)の映画化作品。 アベンジャーズ (マーベル・コミック) - マーベル・コミックのヒーローチーム、またそれを主役とした出版作品。 アベンジャーズ (2012年の映画) - 上記を原作とした2012年公開のアメリカ映画。原題: “Marvel's The Avengers”。 (その他の映像作品については「アベンジャーズ (マーベル・コミック)#他のメディアでのアベンジャーズ」を参照) 関連項目 アヴェンジャー (avenger、アベンジャー、英語で復讐者、報復者)。 (Wikipedia:アベンジャーズ)

アベンジャーズ (マーベル・コミック)
『アベンジャーズ』 (”Avengers”) は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックスに登場するヒーローチームである。また、彼らが登場するコミック、アニメ、映画のタイトルにも使われている。
1963年に「それぞれ違う能力を持ったヒーローたちが協力して戦う」というコンセプトのもとに、すでに個別で(独立して)活躍していたヒーローたちによって結成されて以来、マーベル・ユニバース最大のヒーローチームとして人気を博し、現在に至る。その特性からして、ライバルであるDCコミック社のヒーローチーム ジャスティス・リーグ(JLA)に対抗して作られたとも見ることが出来る。
アベンジャーズのヒーローチームとして特徴的な点は、基本的に家族だけで構成されるファンタスティック・フォーやミュータント限定のX-メンとは異なり、ヒーローであること以外参加条件がほとんどない、ということである。そのため、個人で主役を張るタイトルを持っているようなキャラクターからマイナーなキャラクターまで、非常に多くのヒーローが在籍経験を持ち(入ってすぐに離脱することも珍しくない)、またそのチームとしての拡張性の高さがこのチームの魅力でもある。
(Wikipedia:アベンジャーズ (マーベル・コミック))

アベンジャーズ (2012年の映画)
『アベンジャーズ』(Marvel's The Avengers 〈北米でのタイトル〉、Marvel Avengers Assemble 〈英国とアイルランドでのタイトル〉)は、マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給1で公開された2012年のアメリカ合衆国の映画。アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品である。 複数のヒーロー映画のクロスオーバー作品であり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品に当たる。その作品群の中では第6作品目であり、その「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品でもある。 「マーベル・コミック」の『アベンジャーズ』の実写映画化作品。 『アイアンマン』(2008年) 『インクレディブル・ハルク』(2008年) 『アイアンマン2』(2010年) 『マイティ・ソー』(2011年) 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)から成るアメリカン・コミックヒーロー映画のクロスオーバー作品であり、それら全ての作品を同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品に当たる。 (Wikipedia:アベンジャーズ (2012年の映画))

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(Avengers: Age of Ultron)は、マーベル・スタジオが製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給するアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。 「マーベル・コミック」のスーパーヒーローチームである『アベンジャーズ』をフィーチャーした、2012年の映画『アベンジャーズ』の続編で、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第11作品目である。前作と同じく、再び各作品のヒーローらが集結し共闘する「フェイズ2(第2シーズン)」のクライマックスとなる作品でもある。 脚本・監督はジョス・ウェドンが務め、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、コビー・スマルダーズ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・スペイダー、エリザベス・オルセン、アーロン・テイラー=ジョンソン、トーマス・クレッチマン、ポール・ベタニーらがアンサンブル演技を行う。 (Wikipedia:アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)


アベンジャーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  イニエスタ - 2018年05月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



イニエスタ
アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・アルバセーテ県フエンテアルビージャ出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。スペイン代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。獲得タイトル数31はスペイン人選手としては史上最多である。 スペインのメディアからはDon Andrés(ドン・アンドレス)と呼ばれることが多いが、その他にもEl Ilusionista(エル・イルシオニスタ、手品師)、El Cerebro(エル・セレブロ、頭脳)、El Caballero Pálido(エル・カバジェロ・パリド、青白い騎士)など様々な愛称を持っている。 クラブ経歴 デビュー前 8歳のときに地元アルバセテ・バロンピエの下部組織に入団した。12歳の時に出場した全国大会ではほれぼれするほどのドリブル能力と年齢を疑いたくなるような視野の広さを見せつけ、様々なクラブから注目を集めた。 (Wikipedia:イニエスタ)


イニエスタ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す