[PR]

日別キーワード

第1位  栗城史多 - 2018年05月22日


関連するイメージは見つかりませんでした



栗城史多
栗城 史多(くりき のぶかず、1982年6月9日 - )は、日本の登山家、起業家。株式会社たお代表取締役。北海道瀬棚郡今金町出身。北海道檜山北高等学校、札幌国際大学人文社会学部社会学科卒業。よしもとクリエイティブ・エージェンシーと2011年9月から業務提携。 「冒険の共有」をテーマに全国で講演活動を行いながら、年に1、2回ヒマラヤ地域で高所登山を行っている。エベレストには単独無酸素登頂と頂上からのインターネット生中継 を目指し、2009年9月チベット側、2010年9月ネパール側から挑んだが、8,000mに達することが出来ず敗退。2011年8〜10月に前年と同じネパール側から3度目の挑戦をしたがサウスコル7900mに達せず敗退。2012年10月に西稜ルートから4度目の挑戦も強風により敗退。この時受傷した凍傷により、のちに両手の指9本を切断。しかし、2015年8月末の5度目のエベレスト登頂も敗退した。 「元ニート」 「元引きこもり」 を自称しているが、これはあくまでキャラクター作りのための設定であり、実際にはそのどちらでもない。 (Wikipedia:栗城史多)


栗城史多 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  愛媛県 - 2018年05月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



愛媛県
愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の1つで、四国地方の北西部から北中部に位置する県。県庁所在地は松山市。令制国の伊予国に当たる。 地理・地域 位置 日本、四国地方の北西に位置し、瀬戸内海に面している。 瀬戸内海を挟んだ広島県との文化的・経済的結びつきが強い。 隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している(ただし鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる)。このうち広島県とは、多々羅大橋(西瀬戸自動車道)、岡村大橋(大崎下島広域農道)の2か所で接続している。 北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。 広袤 国土地理院地理情報 によると愛媛県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは155.99 km、南北の長さは157.16kmである。また、国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、愛媛県の面積は5676.11平方キロメートルである。 (Wikipedia:愛媛県)

愛媛県の廃止市町村一覧
愛媛県の廃止市町村一覧(えひめけんのはいししちょうそんいちらん)は愛媛県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:北条町→北条市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:東伯方村→伯方町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。
(Wikipedia:愛媛県の廃止市町村一覧)

愛媛県を舞台にした文芸作品
『愛媛県』より : 世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 四国地方 > 愛媛県
(日本 > 中国・四国地方 > 愛媛県)
全国第26位
(2005年10月1日:全国第27位)
(2005年10月1日)
愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の一つで、四国地方の北西~北中部に位置する県。
愛媛県の由来は、古事記の「伊予国は愛比売(エヒメ)と謂ひ」による。
日本、四国地方の北西に位置する
広島との結びつきが強い。
隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している。(但し鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる。)
北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。
(Wikipedia:愛媛県を舞台にした文芸作品)

愛媛県を舞台にした映画作品
『愛媛県』より : 愛媛県(えひめけん)は、日本の都道府県の1つで、四国地方の北西部から北中部に位置する県。県庁所在地は松山市。令制国の伊予国に当たる。 地理・地域 位置 日本、四国地方の北西に位置し、瀬戸内海に面している。 瀬戸内海を挟んだ広島県との文化的・経済的結びつきが強い。 隣接都道府県:陸上で香川県 - 徳島県 - 高知県、海上で山口県 - 大分県 - 広島県と接している(ただし鳶小島、瓢箪島(ひょうたん島)が広島県との県境を跨いでいる)。このうち広島県とは、多々羅大橋(西瀬戸自動車道)、岡村大橋(大崎下島広域農道)の2か所で接続している。 北部は瀬戸内海西部沿岸だが佐田岬以南は豊予海峡を経て太平洋に通ずる。 広袤 国土地理院地理情報 によると愛媛県の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは155.99 km、南北の長さは157.16kmである。また、国土地理院の全国都道府県市区町村別面積調によると、愛媛県の面積は5676.11平方キロメートルである。 (Wikipedia:愛媛県を舞台にした映画作品)

愛媛県出身の人物一覧
愛媛県出身の人物一覧(えひめけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、愛媛県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 今松治郎(元総理府総務長官) 越智伊平(元建設大臣) 工藤干城(自由民権家、衆議院議員) 塩崎潤(経済企画庁長官、総務庁長官等を歴任) 塩崎恭久(元内閣官房長官) 勝田主計(元大蔵大臣) 砂田重政(元防衛庁長官) 関谷勝嗣(元郵政大臣、元建設大臣) 仙波太郎 高畠亀太郎(元宇和島市長):宇和島市 武知勇記(元郵政大臣) 東条貞 永江孝子(参議院議員、元南海放送アナウンサー) 西田司(国土庁長官、自治大臣等を歴任) 野志克仁(松山市長、元南海放送アナウンサー):松山市 秦豊(元参議院議員):西条市 檜垣徳太郎(元郵政大臣) 增原惠吉(警察予備隊本部長官、防衛庁長官等を歴任) 三浦安 村上誠一郎(元内閣府特命担当大臣) 森清 森恒太郎 山村豊次郎 軍人・自衛官 秋山真之(海軍軍人) 秋山好古(陸軍軍人) 川島義之(陸軍軍人) 櫻井忠温(陸軍軍人) 佐々木到一(陸軍軍人) 白川義則(陸軍軍人) 関行男(海軍軍人) 仙波太郎(陸軍軍人) 武田斐三郎(陸軍軍人) 羽藤一志(海軍軍人) 平塚宏(陸将、陸上自衛隊東部方面総監) 水野廣徳(海軍軍人) 茂木史朗(海軍軍人) 山路一善(海軍軍人) 官僚 魚本藤吉郎(在ソヴィエト連邦特命全権大使):八幡浜市 十河信二(運輸官僚、第4代国鉄総裁) 津野修(内閣法制局長官、最高裁判事) 樋口建史(第89代警視総監) 渡辺修(元通商産業事務次官。 (Wikipedia:愛媛県出身の人物一覧)

愛媛県の県道一覧
愛媛県の県道一覧(えひめけんのけんどういちらん)は、愛媛県を通る県道の一覧である。愛媛県道に県道番号が導入されたのは1972年(昭和47年)3月16日からである。 統計 2012年4月1日現在 注 小数点第2位以下を四捨五入しているため、内訳と計が一致しないものがある。 自転車道の数値は含まない。 愛媛県道330号藤縄長浜線は未供用のため、路線数のみ含む。 主要地方道 1 - 50号 1 欠番←久万池川線←梼原落出線 梼原落出線は、現在国道440号の一部に格上げ。 久万池川線は、現在国道494号の一部・愛媛県道12号西条久万線の一部・愛媛県道212号東川上黒岩線等に分割。 2 城川檮原線←宇和島窪川線 宇和島窪川線は、現在国道320号の一部や国道381号の一部、愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 3 欠番←宇和島中村線 宇和島中村線は、現在国道320号の一部、国道381号の一部、国道441号の一部や愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 (Wikipedia:愛媛県の県道一覧)

愛媛県道
『愛媛県の県道一覧』より : 愛媛県の県道一覧(えひめけんのけんどういちらん)は、愛媛県を通る県道の一覧である。愛媛県道に県道番号が導入されたのは1972年(昭和47年)3月16日からである。 統計 2012年4月1日現在 注 小数点第2位以下を四捨五入しているため、内訳と計が一致しないものがある。 自転車道の数値は含まない。 愛媛県道330号藤縄長浜線は未供用のため、路線数のみ含む。 主要地方道 1 - 50号 1 欠番←久万池川線←梼原落出線 梼原落出線は、現在国道440号の一部に格上げ。 久万池川線は、現在国道494号の一部・愛媛県道12号西条久万線の一部・愛媛県道212号東川上黒岩線等に分割。 2 城川檮原線←宇和島窪川線 宇和島窪川線は、現在国道320号の一部や国道381号の一部、愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 3 欠番←宇和島中村線 宇和島中村線は、現在国道320号の一部、国道381号の一部、国道441号の一部や愛媛県道57号広見三間宇和島線等に分割。 (Wikipedia:愛媛県道)

愛媛県知事
愛媛県知事(えひめけんちじ)は、愛媛県の首長である。
1873年(明治6年)2月20日に石鐵県と神山県が合併し愛媛県が誕生すると神山県の江木康直が愛媛県参事なるが、1874年(明治7年)11月に死去し岩村高俊が権令(のちに県令)として赴任、地租改正などの政策を実施。1886年に赴任した関新平が初代愛媛県知事となった。その後、官選知事が続き、1947年(昭和22年)3月14日に松下一が最後の官選知事に任命され、同年4月5日に初めて県知事選挙が実施され青木重臣が当選、初の公選知事となった。そのあと知事となった久松定武は1951年(昭和26年)、1955年(昭和30年)と1959年(昭和34年)の選挙では無所属で立候補し当選したが、1963年(昭和38年)の選挙では自由民主党 (日本) 自民党から出馬し、当選した。白石春樹も自民党から出馬し当選、知事を4期努め、自民党の基盤を確立したが、白石の後継として当選した伊賀貞雪は無所属で立候補。加戸守行も無所属で立候補し当選している。
(Wikipedia:愛媛県知事)

愛媛県立宇和島南高等学校
愛媛県立宇和島南高等学校(えひめけんりつうわじまみなみこうとうがっこう)は、愛媛県宇和島市にあった高等学校である。全日制は2008年(平成20年)4月に中高一貫教育校である愛媛県立宇和島南中等教育学校へ完全移行した。2011年、定時制在校生の卒業をもって閉校した。 学科 全日制普通科(2006年度より募集停止) 水産科(1956年度より愛媛県立宇和島水産高等学校として独立) 全日制衛生看護科(2001年度より募集停止) 定時制普通科(2008年度より募集停止) 定時制商業科(1961年度に廃止) 沿革 宇和島高等女学校 1899年(明治32年)6月 - 町立宇和島高等女学校を宇和島町の桜町と富沢町に設立し開校。 (Wikipedia:愛媛県立宇和島南高等学校)

愛媛県小学校一覧
愛媛県小学校一覧(えひめけんしょうがっこういちらん)は、愛媛県の小学校の一覧。 国立小学校 愛媛大学教育学部附属小学校 公立小学校 四国中央市 新居浜市 西条市 今治市 越智郡 松山市 伊予市 東温市 上浮穴郡 伊予郡 宇和島市 八幡浜市 大洲市 西予市 喜多郡 西宇和郡 北宇和郡 南宇和郡 = 町立 = = 組合立 = 高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校(小中一貫教育校) 関連項目 学校記事一覧 愛媛県高等学校一覧 愛媛県中学校一覧 愛媛県幼稚園一覧 愛媛県小学校の廃校一覧。 (Wikipedia:愛媛県小学校一覧)

愛媛県立松山東高等学校
愛媛県立松山東高等学校(えひめけんりつ まつやまひがしこうとうがっこう)は、愛媛県松山市持田町二丁目にある公立の高等学校。 藩校・明教館の流れを汲み、旧制松山中学以来の伝統を持つ県内最古の高等学校である。初代校長は草間時福で、同校の校風に多大な影響を与えている。愛媛県尋常中学校時代に夏目漱石が第五高等学校へ赴任するまで1年間教鞭をとっており、この体験を元にして小説『坊っちゃん』が描かれた。 2008年(平成20年)6月15日に創立130周年を迎えた。 沿革 1805年(文化2年) - 松山藩藩主・松平定則により藩校興徳館を創立。 1821年(文政4年) - 藩主・松平定通が興徳館を移転、修来館と改称。 1828年(文政11年) - 修来館を拡充し明教館と改称。 1872年(明治5年) - 学制公布。旧明教館に松山県学校を開設。 1873年(明治6年) - 英学舎と改称。 1875年(明治8年) - 愛媛県に移管し、英学所と改称。 1876年(明治9年) - 愛媛県変則中学校と改称。 (Wikipedia:愛媛県立松山東高等学校)

愛媛県立松山農科大学
『愛媛大学』より : 愛媛県立松山農科大学(えひめけんりつまつやまのうかだいがく、公用語表記: 愛媛県立松山農科大学)は、愛媛県松山市樽味に本部を置いていた日本の公立大学である。1949年に設置された。 1954年に国立愛媛大学に編入され、農学部となった。 本項では、旧制愛媛県立農林専門学校などの前身諸校を含めて記述する。 1900年 (明治33年) 創設の愛媛県農業学校(中等学校程度)を源流とする。直接の前身校、旧制愛媛県立農林専門学校は、第二次世界大戦中に食糧増産を目的として増設された農林専門学校 (旧称 高等農林学校) の一つであった。 戦後になり学制改革で1949年農・林・農業土木の3学科からなる新制愛媛県立松山農科大学に昇格させる。当初旧制松山高等学校など四国全体で総合大学構想があった。その後国立移管され、愛媛大学農学部となった。 同窓会は 「ユーカリ会」 と称し、旧制・新制合同の会である。 沿革 前史 1900年3月14日: 愛媛県農業学校設立認可 (文部省告示第74号)。 (Wikipedia:愛媛県立松山農科大学)

愛媛県出身の有名人一覧
愛媛県出身の人物一覧(えひめけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、愛媛県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 今松治郎(元総理府総務長官) 越智伊平(元建設大臣) 工藤干城(自由民権家、衆議院議員) 塩崎潤(経済企画庁長官、総務庁長官等を歴任) 塩崎恭久(元内閣官房長官) 勝田主計(元大蔵大臣) 砂田重政(元防衛庁長官) 関谷勝嗣(元郵政大臣、元建設大臣) 仙波太郎 高畠亀太郎(元宇和島市長):宇和島市 武知勇記(元郵政大臣) 東条貞 永江孝子(参議院議員、元南海放送アナウンサー) 西田司(国土庁長官、自治大臣等を歴任) 野志克仁(松山市長、元南海放送アナウンサー):松山市 秦豊(元参議院議員):西条市 檜垣徳太郎(元郵政大臣) 增原惠吉(警察予備隊本部長官、防衛庁長官等を歴任) 三浦安 村上誠一郎(元内閣府特命担当大臣) 森清 森恒太郎 山村豊次郎 軍人・自衛官 秋山真之(海軍軍人) 秋山好古(陸軍軍人) 川島義之(陸軍軍人) 櫻井忠温(陸軍軍人) 佐々木到一(陸軍軍人) 白川義則(陸軍軍人) 関行男(海軍軍人) 仙波太郎(陸軍軍人) 武田斐三郎(陸軍軍人) 羽藤一志(海軍軍人) 平塚宏(陸将、陸上自衛隊東部方面総監) 水野廣徳(海軍軍人) 茂木史朗(海軍軍人) 山路一善(海軍軍人) 官僚 魚本藤吉郎(在ソヴィエト連邦特命全権大使):八幡浜市 十河信二(運輸官僚、第4代国鉄総裁) 津野修(内閣法制局長官、最高裁判事) 樋口建史(第89代警視総監) 渡辺修(元通商産業事務次官。 (Wikipedia:愛媛県出身の有名人一覧)

愛媛県道13号壬生川新居浜野田線
愛媛県道13号壬生川新居浜野田線(えひめけんどう13ごう にゅうがわにいはまのだせん)は、愛媛県東予地方の臨海部を東西に貫く主要地方道である。 西条市から新居浜市を経て四国中央市へと繋がり、市街地・工場地帯・官庁街など各都市の重要な拠点を結ぶ延長約44kmの幹線道路であり、特に新居浜市街で信号が数十メートルおきに点在し、スムーズに走行することが難しい国道11号を避ける有効な迂回路でもある。 通過市町村 愛媛県 西条市 - 新居浜市 - 四国中央市 主な接続道路 西条市 国道11号(バイパス) 国道196号 愛媛県道48号壬生川丹原線 愛媛県道140号伊予西条停車場線 愛媛県道141号西条港線 愛媛県道143号壬生川港小松線 愛媛県道149号丹原小松線 愛媛県道159号孫兵衛作壬生川線 新居浜市 愛媛県道11号新居浜角野線 愛媛県道133号多喜浜泉川線 愛媛県道136号新居浜港線 愛媛県道137号金子中萩停車場線 愛媛県道138号新居浜土居線 四国中央市 松山自動車道土居IC 国道11号 愛媛県道128号蕪崎土居線 重複区間 愛媛県道48号壬生川丹原線(西条市三津屋地内) 国道196号(西条市北条 - 西条市小松町新屋敷) 国道11号(西条市下島山甲 - 西条市船屋甲) 有料区間(廃止) 2006年3月31日に無料開放され、管理は県が行う。 (Wikipedia:愛媛県道13号壬生川新居浜野田線)

愛媛県靖国神社玉串訴訟
事件名=損害賠償代位請求事件
事件番号=平成4年(行ツ)第156号
裁判年月日=1997年(平成9年)4月2日
判例集=民集51巻4号1673頁
裁判要旨=
県が靖國神社又は護國神社の挙行した例大祭、みたま祭又は慰霊大祭に際し玉串料、献灯料又は供物料を県の公金から支出して奉納したことが憲法20条3項、89条に違反するとされた事例。
複数の住民が共同訴訟人として提起した住民訴訟において共同訴訟人の一部の者がした上訴又は上訴の取下げの効力は有効である。
法廷名=大法廷
裁判長=三好達
陪席裁判官=園部逸夫 可部恒雄 大西勝也 小野幹雄 大野正男 千種秀夫 根岸重治 高橋久子 尾崎行信 河合伸一 遠藤光男 井嶋一友 福田博 藤井正雄
多数意見=論点1について、大西勝也 小野幹雄 大野正男 千種秀夫 根岸重治 河合伸一 遠藤光男 井嶋一友 福田博 藤井正雄の10名。論点2は全員一致。
(Wikipedia:愛媛県靖国神社玉串訴訟)

愛媛県道22号伊予松山港線
愛媛県道22号伊予松山港線(えひめけんどう22ごう いよまつやまこうせん)は、愛媛県伊予市から松山市までほぼ南北に走る主要地方道である。 国道378号伊予農高北交差点から西方向に分岐し、国道437号との交差点までを結ぶ道路である。 かつて路線の一部が国道56号に指定されていたこと、また松山の海の玄関の1つである三津浜港に接続していることもあり、主要地方道となった現在も松山市と伊予市を結ぶ重要路線の1つに数えられている。 路線データ 陸上距離:約12.6km 起点:伊予市下吾川(国道378号交点) 終点:松山市三津(国道437号交点) 一方通行区間:伊予郡松前町筒井(宗意原交差点)・伊予郡松前町浜 間 路線状況 伊予市 国道378号から分岐した後は、すぐに伊予鉄道郡中線をまたぐ形で交差点が存在する。 (Wikipedia:愛媛県道22号伊予松山港線)

愛媛県中学校一覧
愛媛県中学校一覧(えひめけんちゅうがっこういちらん)は、愛媛県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 愛媛大学教育学部附属中学校 公立中学校・中等教育学校 四国中央市 新居浜市 西条市 今治市 = 県立 = 愛媛県立今治東中等教育学校 = 市立 = 越智郡 松山市 = 県立 = 愛媛県立松山西中等教育学校 = 市立 = 伊予市 東温市 上浮穴郡 伊予郡 宇和島市 = 県立 = 愛媛県立宇和島南中等教育学校 = 市立 = 八幡浜市 大洲市 西予市 喜多郡 西宇和郡 北宇和郡 南宇和郡 = 町立 = = 組合立 = 高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山中学校(小中一貫教育校) 私立中学校・中等教育学校 関連項目 学校記事一覧 愛媛県高等学校一覧 愛媛県小学校一覧 愛媛県幼稚園一覧 愛媛県中学校の廃校一覧。 (Wikipedia:愛媛県中学校一覧)

愛媛県道18号松山空港線
愛媛県道18号松山空港線(えひめけんどう18ごう まつやまくうこうせん)は、愛媛県松山市の西部をほぼ東西に走る主要地方道。 当路線は、 松山市北斎院町・南斎院町を抜ける北部路線(新空港通り) 松山市高岡町や空港通・竹原町・土橋町と抜ける南部路線(旧空港通り)の2路線に分かれる。松山では北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と呼ぶのが一般的となっており、市内の交通情報案内板の表示に書かれている「新空港通り経由」とは当路線の北部路線を指し、「旧空港通り経由」とは当路線の南部路線を指す。(以後便宜上、北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と表記する。) なお、旧空港通りよりも以前に空港通りが存在していた。現在の旧空港通りよりも少しばかり北側に入った、通称「吉田街道」と言う東西に走る道路である。この街道は、昔の温泉郡北吉田村、南吉田村、高岡村等の生石5ヶ村から御城下へ向かう道であった。今もなお当時の名残から、狭細区間ながら伊予鉄道郊外バス56番「三津・吉田線」が走っている。 (Wikipedia:愛媛県道18号松山空港線)

愛媛県道23号伊予川内線
愛媛県道23号伊予川内線(えひめけんどう23ごう いよかわうちせん)は、愛媛県伊予市から東温市までほぼ東西に走る主要地方道である。 国道56号大谷川橋交差点から東方向に分岐し、松山川内線川上小学校前交差点までを結ぶ、ほぼ全線で片道1車線が確保された道路である。 愛媛の県都・松山に流れる3本の大動脈である国道11号・国道33号・国道56号全てと交差し、松山自動車道の川内IC(東温市)・松山IC(松山市)・伊予IC(伊予市)付近を通過する利便性から、地元住民だけではなく県内外問わず非常に多くの大型車ドライバーに利用されている道路である。そのためか、川内方面の案内標識には「高松」「西条」の文字が見られる。 陸上距離:約22.4km 起点:伊予市下吾川(国道56号交点) 終点:東温市南方(松山川内線交点) 通過市町村 伊予市 - 伊予郡砥部町 - 松山市 - 東温市 主な接続道路 伊予市 国道56号 愛媛県道16号松山伊予線 愛媛県道214号八倉松前線 愛媛県道219号砥部伊予松山線 伊予郡砥部町 国道33号 愛媛県道194号久谷森松停車場線 松山市 愛媛県道40号松山東部環状線 愛媛県道207号三坂松山線 東温市 国道11号 愛媛県道209号美川松山線 愛媛県道334号松山川内線 重複区間 愛媛県道194号久谷森松停車場線伊予郡砥部町高尾田(高尾田交差点)~伊予郡砥部町高尾田愛媛県道209号美川松山線東温市下林~東温市下林 沿線周辺の主な施設 高速道路 松山自動車道 12 川内IC(東温市南方) 13 松山IC(松山市井門) 14 伊予IC(伊予市市場) 鉄道駅 伊予横田駅(JR四国(四国旅客鉄道)予讃線)(伊予郡松前町横田) バス駅 伊予鉄道郊外バス13番「森松・砥部線」 高尾田東 広瀬 大橋町 小村 政友口 中野 中野石鎚前 鶴羽 竹の下 上村 宮の段 仙幸寺 別府 拝志農協前 公共施設 ウェルピア伊予(伊予市下三谷) 教育施設 愛媛県立医療技術大学(伊予郡砥部町高尾田) 東温市立川上小学校(東温市北方) 東温市立拝志小学校(東温市下林) 病院 伊予病院(伊予市八倉) 砥部病院(伊予郡砥部町麻生) 沿線の風景 伊予市 国道56号から分岐すると、北側に大谷川、南側に鳥ノ木団地があり、さらにその先の南側に、各種スポーツ施設やホテルを備えた都市総合文化施設「ウェルピア伊予」がある。 (Wikipedia:愛媛県道23号伊予川内線)

愛媛県立伊予高等学校
愛媛県立伊予高等学校(えひめけんりついよこうとうがっこう)は、愛媛県伊予郡松前町にある公立の高等学校。学校名に伊予とあるが、伊予市にあるわけではない(伊予市は学校より南方)。 周りを田畑に囲まれ、学校西側には国道56号が南北に走り、ここ十数年でこの国道沿いは商業施設が急増した。 2002年に創立20周年を迎え、記念講演に空手家の角田信朗が招待された。その後3年おきに「トップランナートーク」と題し著名人を招いて公演を行っている。2005年は当時弁護士で現大阪市市長の橋下徹を迎え、そのことは橋下のブログにも書かれた。20周年を期にコンピューター部によって作成され、公開されたホームページは、開設当初から週に最低一度は更新し、開設年度は年間4万アクセスを記録した。部活動として、文化部では吹奏楽部があり、運動部では男子ホッケー部がある。 設置学科 全日制 普通科(1学年定員320人) 主な施設 本館職員室、会議室、事務室など主たる機能の他、HR教室がある。 (Wikipedia:愛媛県立伊予高等学校)


愛媛県 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  是枝裕和 - 2018年05月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



是枝裕和
是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年6月6日 - )は日本の映画監督、テレビドキュメンタリー演出家。 来歴・人物 曾祖父は鹿児島県の出身。東京都練馬区生まれ。東京都立武蔵高等学校卒業。駿台予備学校で現代文を担当していた、「イイタイコト」で知られる藤田修一に影響を受ける。1987年早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。 番組制作会社テレビマンユニオンに入社し、テレビ番組のADをしながらドキュメンタリー番組の演出家をつとめる。1995年に『幻の光』で映画監督デビュー。新作を発表するたびに多くの国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を受ける映画監督の一人である。若手監督のプロデュースや、CM作品、ミュージックビデオの演出も手がけている。 主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。 (Wikipedia:是枝裕和)


是枝裕和 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  青森県 - 2018年05月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



青森県
青森県(あおもりけん)は、日本の本州最北端に位置する県である。県庁所在地は青森市。県の人口は全国31位、面積は全国8位である。令制国の陸奥国(むつのくに、りくおうのくに)で構成される。 青森県は、東北地方の北部に位置する本州北端の県である。県庁所在地は青森市。県の人口は約130万人で、日本の総人口の約1%を占め、県面積は9,644km²で、国土の約2.5%を占める。県内の市町村数は40で、うち市は10、郡は8、22の町と8の村がある。県人口の52%は青森市、八戸市、弘前市に居住する。 南に岩手県、秋田県が隣接し、津軽海峡を渡った北に北海道が位置する。東に太平洋、西に日本海が面する。 世界遺産白神山地を有し、景勝地十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、下北半島の仏ヶ浦などの自然環境が数多く残されている。青森県の中央部には奥羽山脈が縦走し、西側の津軽地方と東側が南部地方(三八地方・上北地方・下北地方)ではそれぞれ異なる歴史や気候、文化、風土を持つ。 (Wikipedia:青森県)

青森県出身の有名人一覧
青森県出身の人物一覧(あおもりけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する青森県出身の人物の一覧表である。 公人 行政 三国谷勝範(金融庁監督局長) 政治家 = 現役の政治家 = 青森県知事 三村申吾(無所属、おいらせ町) 市町村長 鹿内博(青森市長) 小林眞(八戸市長) 衆議院議員 横山北斗(国民の生活が第一、青森1区選出) 江渡聡徳(自由民主党、青森2区選出) 大島理森(自由民主党、青森3区選出、自由民主党副総裁、元文部大臣、元農林水産大臣、八戸市) 木村太郎(自由民主党、青森4区選出、藤崎町) 中野渡詔子(国民の生活が第一、比例東北ブロック選出、青森2区) 田名部匡代(民主党、比例東北ブロック選出、青森3区、八戸市) 津島恭一(民主党、比例東北ブロック選出、青森4区、五所川原市) 高橋千鶴子(日本共産党、比例東北ブロック選出) 仲野博子(民主党、北海道7区選出、横浜町) 参議院議員 平山幸司(国民の生活が第一、青森県選挙区選出、五所川原市、2013年改選) 山崎力(自由民主党、青森県選挙区選出、2016年改選) 赤石清美(自由民主党、比例区選出、南部町、2016年改選) その他 木村守男(前青森県知事、元衆議院議員、藤崎町) 津島雄二(自由民主党、元衆議院議員、元平成研究会会長、元厚生大臣、青森1区) 田名部匡省(民主党、元参議院議員、元農林水産大臣、八戸市) 下田敦子(民主党、元参議院議員、弘前市) 渋谷修(民主党、元衆議院議員、五所川原市) 三上隆雄(元参議院議員、現青森県議会議員) 今村修(元衆議院議員) 中村寿文(前八戸市長) 佐々木誠造(前青森市長) 藤川優里(美人すぎる市議、八戸市議会議員) = 歴史上の政治家 = 珍田捨巳(外交官、侍従長、枢密顧問官、外務次官、弘前市) 淡谷悠蔵(元衆議院議員、淡谷のり子の叔父) 竹内黎一(元科学技術庁長官、引退) 山崎竜男(元参議院議員) 関晴正(元衆議院議員) 小笠原八十美 工藤忠(満州国 侍衛長、陸軍中将、板柳町) 工藤鉄男(ジャーナリスト出身、青森市) 笹森順造(元国務大臣、旧若党町) 竹内俊吉(元青森県知事、旧出精村) 北村正哉(元青森県知事、旧三沢村) 田沢吉郎(元防衛庁長官、田舎館村) 松尾官平(三戸町) 津川武一(元衆議院議員、東北初の共産党代議士) 津島文治(元青森県知事、太宰治の兄、五所川原市) 苫米地義三(元国務大臣、旧藤坂村) 山崎岩男 山内弘(元衆議院議員、旧相馬村) 菊池九郎(東奥の西郷) 佐藤尚武(外交官) 工藤卓爾(青森市初代市長) 田中敏文(元北海道知事) 田中一(元参議院議員、キリスト教社会主義者) 名尾良孝(元参議院議員、弁護士) 奈須川光宝(旧八戸町町長) 三浦一雄(元農林大臣) 政治運動家 相沢良(女性平和運動家、共産党活動家、旧浪岡町) 羽柴誠三秀吉(大規模選挙、注目選挙によく出馬する、五所川原市) 袴田里見(社会運動家、元日本共産党幹部、旧下田村) 山名義鶴(社会運動家、男爵、貴族院議員) 軍人 一戸兵衛(陸軍大将、学習院院長、明治神宮宮司、弘前市) 中村良三(海軍大将、政治家、内閣参議、弘前市) 松山祐三(陸軍中将) 篤志家・地域開発者 蛇口伴蔵(私財を投じて八戸の水利開発を実施した八戸藩士) 神田重雄(2代目八戸市長、八戸港建設) 向谷地生良(十和田市、社会福祉に貢献) 産業人 長谷川藤次郎(1855年 - 1933年、明治に八戸に近代漁法を導入) 藤田謙一(1873年 - 1946年、初代日本商工会議所会頭、弘前市) 唐牛敏世(1879年 - 1979年、みちのく銀行初代頭取、黒石市) 木村秋則(世界で初めて無農薬・無施肥のりんごの栽培に成功) 津軽薫(士族、果樹の栽培、弘前市) 三上拓也(企業家、青森市) 文化人 画家 小館善四郎(洋画家、青森市) 奈良岡正夫(洋画家、弘前市) 佐野ぬい(青を基調、弘前市) 工藤甲人(日本画、弘前市) 版画家 棟方志功(板画家、青森市) 今純三(銅版画家) 陶芸家 鳴海要(りんご釉) 現代美術 成田亨(ウルトラマン生みの親) 奈良美智(現代美術アーティスト、弘前市) 村上善男 ねぶた師 佐藤伝蔵(1925年 - 1986年、第3代ねぶた名人、青森市) 津軽三味線 高橋竹山(平内町) 小山貢翁(弘前市) 小山貢(南津軽郡) 山上進(青森市) 山田千里([鰺ヶ沢町]]) 建築家 堀江佐吉(明治時代の天才大工棟梁、弘前中心に洋風建築を残す、旧覚仙町) 今和次郎(1888年 - 1973年、「考現学」の提唱者、弘前市) 田辺芳生(1958年 - 、プライム建築都市研究所代表) 写真家 沢田教一(青森市) 小島一郎(青森市) 岩木登 書家 手間本北栄(東通村) 俳人・詩人・歌人 建部綾足(1719年 - 1775年、江戸時代の文人、弘前市) 秋田雨雀(1883年 - 1962年、詩人、コミュニスト、黒石市) 福士幸次郎(1889年 - 1946年、口語自由律詩。 (Wikipedia:青森県出身の有名人一覧)

青森県出身の有名人
『青森県出身の有名人一覧』より : 青森県出身の人物一覧(あおもりけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する青森県出身の人物の一覧表である。 公人 行政 三国谷勝範(金融庁監督局長) 政治家 = 現役の政治家 = 青森県知事 三村申吾(無所属、おいらせ町) 市町村長 鹿内博(青森市長) 小林眞(八戸市長) 衆議院議員 横山北斗(国民の生活が第一、青森1区選出) 江渡聡徳(自由民主党、青森2区選出) 大島理森(自由民主党、青森3区選出、自由民主党副総裁、元文部大臣、元農林水産大臣、八戸市) 木村太郎(自由民主党、青森4区選出、藤崎町) 中野渡詔子(国民の生活が第一、比例東北ブロック選出、青森2区) 田名部匡代(民主党、比例東北ブロック選出、青森3区、八戸市) 津島恭一(民主党、比例東北ブロック選出、青森4区、五所川原市) 高橋千鶴子(日本共産党、比例東北ブロック選出) 仲野博子(民主党、北海道7区選出、横浜町) 参議院議員 平山幸司(国民の生活が第一、青森県選挙区選出、五所川原市、2013年改選) 山崎力(自由民主党、青森県選挙区選出、2016年改選) 赤石清美(自由民主党、比例区選出、南部町、2016年改選) その他 木村守男(前青森県知事、元衆議院議員、藤崎町) 津島雄二(自由民主党、元衆議院議員、元平成研究会会長、元厚生大臣、青森1区) 田名部匡省(民主党、元参議院議員、元農林水産大臣、八戸市) 下田敦子(民主党、元参議院議員、弘前市) 渋谷修(民主党、元衆議院議員、五所川原市) 三上隆雄(元参議院議員、現青森県議会議員) 今村修(元衆議院議員) 中村寿文(前八戸市長) 佐々木誠造(前青森市長) 藤川優里(美人すぎる市議、八戸市議会議員) = 歴史上の政治家 = 珍田捨巳(外交官、侍従長、枢密顧問官、外務次官、弘前市) 淡谷悠蔵(元衆議院議員、淡谷のり子の叔父) 竹内黎一(元科学技術庁長官、引退) 山崎竜男(元参議院議員) 関晴正(元衆議院議員) 小笠原八十美 工藤忠(満州国 侍衛長、陸軍中将、板柳町) 工藤鉄男(ジャーナリスト出身、青森市) 笹森順造(元国務大臣、旧若党町) 竹内俊吉(元青森県知事、旧出精村) 北村正哉(元青森県知事、旧三沢村) 田沢吉郎(元防衛庁長官、田舎館村) 松尾官平(三戸町) 津川武一(元衆議院議員、東北初の共産党代議士) 津島文治(元青森県知事、太宰治の兄、五所川原市) 苫米地義三(元国務大臣、旧藤坂村) 山崎岩男 山内弘(元衆議院議員、旧相馬村) 菊池九郎(東奥の西郷) 佐藤尚武(外交官) 工藤卓爾(青森市初代市長) 田中敏文(元北海道知事) 田中一(元参議院議員、キリスト教社会主義者) 名尾良孝(元参議院議員、弁護士) 奈須川光宝(旧八戸町町長) 三浦一雄(元農林大臣) 政治運動家 相沢良(女性平和運動家、共産党活動家、旧浪岡町) 羽柴誠三秀吉(大規模選挙、注目選挙によく出馬する、五所川原市) 袴田里見(社会運動家、元日本共産党幹部、旧下田村) 山名義鶴(社会運動家、男爵、貴族院議員) 軍人 一戸兵衛(陸軍大将、学習院院長、明治神宮宮司、弘前市) 中村良三(海軍大将、政治家、内閣参議、弘前市) 松山祐三(陸軍中将) 篤志家・地域開発者 蛇口伴蔵(私財を投じて八戸の水利開発を実施した八戸藩士) 神田重雄(2代目八戸市長、八戸港建設) 向谷地生良(十和田市、社会福祉に貢献) 産業人 長谷川藤次郎(1855年 - 1933年、明治に八戸に近代漁法を導入) 藤田謙一(1873年 - 1946年、初代日本商工会議所会頭、弘前市) 唐牛敏世(1879年 - 1979年、みちのく銀行初代頭取、黒石市) 木村秋則(世界で初めて無農薬・無施肥のりんごの栽培に成功) 津軽薫(士族、果樹の栽培、弘前市) 三上拓也(企業家、青森市) 文化人 画家 小館善四郎(洋画家、青森市) 奈良岡正夫(洋画家、弘前市) 佐野ぬい(青を基調、弘前市) 工藤甲人(日本画、弘前市) 版画家 棟方志功(板画家、青森市) 今純三(銅版画家) 陶芸家 鳴海要(りんご釉) 現代美術 成田亨(ウルトラマン生みの親) 奈良美智(現代美術アーティスト、弘前市) 村上善男 ねぶた師 佐藤伝蔵(1925年 - 1986年、第3代ねぶた名人、青森市) 津軽三味線 高橋竹山(平内町) 小山貢翁(弘前市) 小山貢(南津軽郡) 山上進(青森市) 山田千里([鰺ヶ沢町]]) 建築家 堀江佐吉(明治時代の天才大工棟梁、弘前中心に洋風建築を残す、旧覚仙町) 今和次郎(1888年 - 1973年、「考現学」の提唱者、弘前市) 田辺芳生(1958年 - 、プライム建築都市研究所代表) 写真家 沢田教一(青森市) 小島一郎(青森市) 岩木登 書家 手間本北栄(東通村) 俳人・詩人・歌人 建部綾足(1719年 - 1775年、江戸時代の文人、弘前市) 秋田雨雀(1883年 - 1962年、詩人、コミュニスト、黒石市) 福士幸次郎(1889年 - 1946年、口語自由律詩。 (Wikipedia:青森県出身の有名人)

青森県立弘前高等学校
青森県立弘前高等学校(あおもりけんりつ ひろさきこうとうがっこう, Aomori Prefectural Hirosaki High School)は、青森県弘前市新寺町に所在する県立高等学校。略称「弘前高校」(ひろさきこうこう)、「弘高」(ひろこう)。 歴史 1884年(明治17年)創立の「青森県中学校」(旧制中学校)を前身とする。当初は青森新町(現・青森市)に開校。1889年(明治22年)弘前市元寺町に移転、1893年(明治26年)弘前市新寺町の現在地に移転。5回の改称を経て1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校「青森県立弘前高等学校」に昇格し現在に至る。2014年(平成26年)に創立130周年を迎える。設置課程・学科・定員 全日制課程 普通科 1学年定員280名(7学級) *2015年(平成27年)から1学年定員240名(6学級) かつては通信制課程も有していたが2002年(平成14年)3月31日に廃止された。 (Wikipedia:青森県立弘前高等学校)

青森県の廃止市町村一覧
青森県の廃止市町村一覧(あおもりけんのはいししちょうそんいちらん)は青森県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止された市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:三本木市→十和田市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:大三沢町→三沢市)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。
(Wikipedia:青森県の廃止市町村一覧)

青森県立青森高等学校
青森県立青森高等学校(あおもりけんりつ あおもりこうとうがっこう, Aomori Prefectural Aomori High School)は、青森県青森市桜川八丁目にある県立高等学校。通称「青高(せいこう)」。 歴史 1900年(明治33年)創立の「青森県立青森中学校」(旧制中学校)と1907年(明治40年)創立の「青森県立青森高等女学校」の2校を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革でそれぞれ「青森県立青森高等学校」(男子校)、「青森県立青森女子高等学校」となった後、1950年(昭和25年)にこの2校が統合され、男女共学の「青森県立青森高等学校」となった。 創立年は旧制中学校の1900年(明治33年)としている。青森県を代表する歴史を持った進学校である。2010年(平成22年)に創立110年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程の普通科のみ。定員 2008年度(平成20年度)から1学年ごとの定員は40人×7学級となり、約840名が在籍。校訓 綱領として「自律自啓」「誠実勤勉」「和協責任」の3つを掲げており、中でも「自律自啓」は最も重視されており、体育館にも掲示されている。 (Wikipedia:青森県立青森高等学校)

青森県小学校一覧
青森県小学校一覧(あおもりけんしょうがっこういちらん)は、青森県に現在存在する小学校の一覧。 国立小学校 弘前大学教育学部附属小学校 公立小学校 青森市 弘前市 八戸市 黒石市 五所川原市 十和田市 三沢市 むつ市 つがる市 平川市 東津軽郡 西津軽郡 中津軽郡 南津軽郡 北津軽郡 上北郡 下北郡 三戸郡 関連項目 学校記事一覧 青森県高等学校一覧 青森県中学校一覧 青森県幼稚園一覧 青森県小学校の廃校一覧。 (Wikipedia:青森県小学校一覧)

青森県小学校の廃校一覧
青森県小学校の廃校の一覧(あおもりけんしょうがっこうのはいこうのいちらん)は、青森県の小学校の廃校の一覧。対象となるのは学制改革(1947年)以降に廃校となった小学校と分校である。なお、名称は廃校当時のもの。廃校当時に小学校の所属していた自治体が合併されて消滅している場合は現行の自治体に含める。また休校中の学校は公式には存続していることとなっているが、現在休校中の学校は事実上廃校となっている場合が多いため、便宜上本項に記載する。 都市部 青森市 青森市立滝内小学校 青森市立造道小学校八重田分校 青森市立新城小学校〈旧〉(1965年石江小と統合し青森市立新城小学校〈新〉へ) 青森市立石江小学校(1965年新城小〈旧〉と統合し新城小〈新〉へ) 青森市立雲谷小学校(1970年青森市立横内小学校へ統合) 青森市立田茂木野小学校(1971年横内小へ統合) 青森市立浜館小学校梨ノ木分校(1972年季節分校となり、1974年廃校) 青森市立岩渡小学校二股分校(1974年) 青森市立高田小学校大谷分校(1974年) 青森市立田代平小学校(1980年) 青森市立浜館小学校沢山分校(1983年) 青森市立岩渡小学校(1988年) 青森市立滝沢小学校(2003年宮田小と統合し青森市立東陽小学校へ) 青森市立宮田小学校(2003年滝沢小と統合し東陽小へ) 青森市立王余魚沢小学校(2004年休校、2006年廃校) 青森市立野沢小学校入内分校(2007年) 青森市立孫内小学校(2009年青森市立新城中央小学校へ統合) 青森市立戸門小学校(同上) 青森市立鶴ヶ坂小学校(同上) 青森市立金浜小学校(2010年青森市立荒川小学校へ統合) 青森市立栄山小学校(2012年青森市立泉川小学校へ統合) 青森市立野沢小学校(2012年荒川小へ統合) 青森市立浅虫小学校(2013年東陽小へ統合) 青森市立久栗坂小学校(2014年青森市立原別小学校へ統合) 大野村立安田小学校(1953年9月1日) 浪岡町立成業小学校(1962年青森市立女鹿沢小学校〈当時:浪岡町立〉へ統合) 浪岡町立王余魚沢小学校水ヶ沢分校(1963年) 浪岡町立浪岡小学校(1982年浪岡町立北小学校〈現:青森市立浪岡北小学校〉と浪岡町立南小学校〈現:青森市立浪岡南小学校〉へ再編) 浪岡町立杉沢小学校(同上) 浪岡町立北中野小学校(同上) 浪岡町立細野小学校(同上) 原別村立諏訪沢小学校(1951年原別小へ統合) 弘前市 弘前市立養正小学校(1960年8月1日弘前市立時敏小学校へ統合) 弘前市立高杉小学校〈旧〉(1963年独狐小と統合し弘前市立高杉小学校〈新〉へ) 弘前市立独狐小学校(1963年高杉小〈旧〉と統合し高杉小〈新〉へ) 弘前市立石川小学校大沢分校(1972年) 弘前市立第一大成小学校(2002年第二大成小と統合し弘前市立大成小学校へ) 弘前市立第二大成小学校(2002年第一大成小と統合し大成小へ) 弘前市立弥生小学校(2014年弘前市立船沢小学校へ統合) 和徳村立明誠小学校(1957年9月静修小と統合し弘前市立城東小学校〈当時:和徳村立〉へ) 和徳村立静修小学校(1957年9月明誠小と統合し城東小へ) 豊田村立福村小学校新里分校(1948年) 相馬村立五所小学校(弘前市立相馬小学校〈当時:相馬村立〉へ統合) 相馬村立相馬小学校沢田分校 相馬村立舟打鉱山小学校(1963年) 相馬村立相馬小学校藍内分校(1968年) 岩木町立大浦小学校(1972年統合により弘前市立岩木小学校〈当時:岩木町立〉へ) 岩木町立駒越小学校(同上) 岩木町立鳥井野小学校(同上) 岩木町立岳暘小学校(同上) 八戸市 八戸市立根城小学校笹子分校(1981年八戸市立図南小学校へ統合) 八戸市階上町学校組合立田代小学校古里分校(2002年) 八戸市立番屋小学校(2011年図南小へ統合) 八戸市立松館小学校(2015年八戸市立新井田小学校へ統合) 八戸市立是川東小学校(2015年八戸市立是川小学校へ統合) 八戸市立市野沢小学校(2016年統合により八戸市立南郷小学校へ) 八戸市立中野小学校(同上) 八戸市立鳩田小学校(同上) 南郷村立頃巻畑小学校(1975年八戸市立島守小学校〈当時:南郷村立〉へ統合) 南郷村立古里小学校(1978年八戸市立田代小学校〈当時:南郷村立〉へ) 南郷村立緑小学校(1988年島守小へ統合) 南郷村立増田小学校(2003年八戸市立市野沢小学校〈当時:南郷村立〉へ統合) (私立)八戸聖ウルスラ学院小学校(1953年に白菊学園小学校として開校、1989年改称。 (Wikipedia:青森県小学校の廃校一覧)

青森県の県道一覧
青森県の県道一覧(あおもりけんのけんどういちらん)は、青森県を通る県道の一覧である。 主要地方道 1 八戸階上線(旧・榊八戸線。通称「うみねこライン」) 2 屏風山内真部線(冬期閉鎖区間あり) 3 弘前岳鰺ケ沢線(弘前市内に一方通行区間あり。鰺ヶ沢町田中町-赤石町間は旧国道101号) 4 むつ恐山公園大畑線(冬期閉鎖区間あり) 5 野辺地六ケ所線 6 むつ尻屋崎線 7 むつ東通線 8 八戸野辺地線(第二みちのく有料道路も含む。八戸市下長地区からおいらせ町までの区間は旧国道45号、東北町千曳地区から単独区間終点までは旧国道4号) 9 夏泊公園線 10 三沢十和田線(三沢市内に時間帯一方通行区間あり) 11 八戸大野線(岩手県道と共通、八戸市内に一方通行区間あり) 12 鰺ケ沢蟹田線(県内最長県道) 13 大鰐浪岡線(平川市碇ヶ関地区・大鰐町-青森市間の一般道最短経路) 14 今別蟹田線(青森市-龍飛崎間の最短経路) 15 橋向五戸線 16 青森停車場線 17 弘前停車場線 18 青森港線(県内最短県道) 19 八戸百石線(産業道路) 20 八戸三沢線 21 田子十和田湖線(冬期閉鎖区間あり) 22 三沢七戸線 23 本八戸停車場線 24 横浜六ケ所線 25 東北横浜線(横浜町側は県道24号横浜六ヶ所線と重複) 26 青森五所川原線(冬期閉鎖区間あり) 27 青森浪岡線(青森空港有料道路も含む) 28 岩崎西目屋弘前線(冬期閉鎖区間あり) 29 八戸環状線(八戸市尻内町地区〜北インター工業団地区間未通) 30 岩木山環状線(冬期閉鎖区間あり) 31 弘前鯵ケ沢線 32 二戸田子線(岩手県道と共通) 33 軽米名川線(岩手県道と共通) 34 五所川原浪岡線 35 五所川原岩木線 36 五所川原金木線 37 弘前柏線 38 五所川原黒石線 39 長平町森田線 40 青森田代十和田線(八甲田十和田ゴールドライン、冬期閉鎖区間あり) 41 弘前環状線 42 名川階上線 43 五所川原車力線 44 青森環状野内線 45 十和田三戸線(十和田市・新郷村境界部通行不能。 (Wikipedia:青森県の県道一覧)

青森県道
『青森県の県道一覧』より : 青森県の県道一覧(あおもりけんのけんどういちらん)は、青森県を通る県道の一覧である。 主要地方道 1 八戸階上線(旧・榊八戸線。通称「うみねこライン」) 2 屏風山内真部線(冬期閉鎖区間あり) 3 弘前岳鰺ケ沢線(弘前市内に一方通行区間あり。鰺ヶ沢町田中町-赤石町間は旧国道101号) 4 むつ恐山公園大畑線(冬期閉鎖区間あり) 5 野辺地六ケ所線 6 むつ尻屋崎線 7 むつ東通線 8 八戸野辺地線(第二みちのく有料道路も含む。八戸市下長地区からおいらせ町までの区間は旧国道45号、東北町千曳地区から単独区間終点までは旧国道4号) 9 夏泊公園線 10 三沢十和田線(三沢市内に時間帯一方通行区間あり) 11 八戸大野線(岩手県道と共通、八戸市内に一方通行区間あり) 12 鰺ケ沢蟹田線(県内最長県道) 13 大鰐浪岡線(平川市碇ヶ関地区・大鰐町-青森市間の一般道最短経路) 14 今別蟹田線(青森市-龍飛崎間の最短経路) 15 橋向五戸線 16 青森停車場線 17 弘前停車場線 18 青森港線(県内最短県道) 19 八戸百石線(産業道路) 20 八戸三沢線 21 田子十和田湖線(冬期閉鎖区間あり) 22 三沢七戸線 23 本八戸停車場線 24 横浜六ケ所線 25 東北横浜線(横浜町側は県道24号横浜六ヶ所線と重複) 26 青森五所川原線(冬期閉鎖区間あり) 27 青森浪岡線(青森空港有料道路も含む) 28 岩崎西目屋弘前線(冬期閉鎖区間あり) 29 八戸環状線(八戸市尻内町地区〜北インター工業団地区間未通) 30 岩木山環状線(冬期閉鎖区間あり) 31 弘前鯵ケ沢線 32 二戸田子線(岩手県道と共通) 33 軽米名川線(岩手県道と共通) 34 五所川原浪岡線 35 五所川原岩木線 36 五所川原金木線 37 弘前柏線 38 五所川原黒石線 39 長平町森田線 40 青森田代十和田線(八甲田十和田ゴールドライン、冬期閉鎖区間あり) 41 弘前環状線 42 名川階上線 43 五所川原車力線 44 青森環状野内線 45 十和田三戸線(十和田市・新郷村境界部通行不能。 (Wikipedia:青森県道)

青森県立五所川原高等学校
青森県立五所川原高等学校(あおもりけんりつ ごしょがわらこうとうがっこう, Aomori Prefectural Goshogawara High School)は、青森県五所川原市中平井町にある県立の高等学校。通称「五高」(ごたか・ごこう)。 歴史 1909年(明治42年)創立の「五所川原女子尋常高等小学校補習科」を前身とする。実業学校・高等女学校を経て、1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。新制高校となった当初は女子校であったが、翌1949年(昭和24年)には校名から「女子」を除き、男女共学を開始した。1971年(昭和46年)には衛生看護科を、1995年(平成7年)には理数科を設置した。2004年(平成16年)には衛生看護科を廃止し、現在は全日制課程が普通科・理数科の2学科、定時制課程が普通科の1学科となっている。 創立年の改定について 2003年(平成15年)の同窓会総会において創立起算年が改定された。改定前(創立70周年まで)は(町立)五所川原高等女学校の創立した1929年(昭和4年)を起点として創立年が数えられていたが、改定後(創立100周年から)はそれをさらにさかのぼって、五所川原女子尋常高等小学校に補習科が設置された1909年(明治42年)を起点として数えられるようになった。 (Wikipedia:青森県立五所川原高等学校)

青森県立八戸高等学校
青森県立八戸高等学校(あおもりけんりつ はちのへこうとうがっこう, Aomori Prefectural Hachinohe High School)は、青森県八戸市長者四丁目にある全日制共学の県立高等学校。略称「八高」(はちこう)。 歴史 1889年(明治22年)青森にあった青森県尋常中学校が弘前の士族の誘致活動の末に移転したのを機に、県南三戸地区の代議士有志が誘致活動を展開し、1893年(明治26年)に「青森県尋常中学校八戸分校」として創立。以後、数回の改称を経て現在に至る。2013年(平成25年)に創立120周年を迎えた。 設置課程・学科 全日制課程 普通科 校訓・校風 「文武両道・質実剛健・自主自立」 綱領 一 須ク自重スベシ(すべからくじちょうすべし) 一 唯本分ニ向ッテ猛進セヨ(ただほんぶんにむかってもうしんせよ) 一 師ヲ敬シ友ヲ愛セヨ(しをけいしともをあいせよ) 校章 「高」の文字。 (Wikipedia:青森県立八戸高等学校)

青森県民駅伝競走大会
青森県民駅伝競走大会(あおもりけんみんえきでんきょうそうたいかい)は、毎年9月の第1日曜日に青森市で開催される、青森県の全市町村対抗による駅伝競走。 第1回大会は1993年に開催された。1983年から1992年までは、陸奥湾一周駅伝競走という大会があったが、大会経費などの関係により、それに変わるものとして県民駅伝が始まった。 現在のコースは青森県観光物産館アスパム前から、青森県総合運動公園陸上競技場までの8区間33.8km。正午にスタートする。 総合順位に加え、市・町・村の部でも順位を競う。 第9回(2001年)までは、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸前から青森県総合運動公園陸上競技場までの10区間、42.195kmで競技が行われ、第1区は青森ベイブリッジを経由して第1中継所に繋がるコースをとっていた。また、開催日も現在と異なり、第7回(1999年)まで毎年9月15日(敬老の日)に行われていた。 スローガンは「健脚でつなげ郷土の和と心」。このスローガンは、陸奥湾一周駅伝の頃から続いている。 市町村合併(平成の大合併)により、チーム数は2005年に67(8市34町25村)から47(9市27町11村)に縮小され、2006年には40(10市22町8村)まで縮小された。 (Wikipedia:青森県民駅伝競走大会)

青森県立八戸北高等学校
青森県立八戸北高等学校(あおもりけんりつ はちのへきたこうとうがっこう)は、青森県八戸市大久保字町道にある全日制共学の県立高等学校。校風は自由。校訓は生徒の自由な成長を阻むとの理由から存在しておらず、代わりに校歌の一節「北はきびしく、清きもの」を引用することがある。 新校舎 2002年の創立40周年を機に新校舎が建設された。設立当初の校舎は、生徒玄関が2階にあり職員玄関が1階にあるという特異な構造をもっていた。これには「生徒が学校の主役」という意味があり、生徒玄関へ続く二十四段の階段「階(きざはし)」は八戸北高の象徴であった。新校舎には「階」は存在しない。 進学 ほとんどの生徒が大学等への進学を希望しており、約70%の生徒が4年制大学へ、100人超が国公立大学へ進学している。2005年に青森県で初めて文部科学省スーパーサイエンスハイスクールに指定されている。 部活動 運動部:  硬式野球 軟式野球 陸上競技 柔道 剣道 弓道 水泳 卓球 サッカー ラグビー バスケットボール バレーボール ソフトテニス ソフトボール バドミントン 文化部: 演劇 吹奏楽 放送 美術 科学 地学 考古学 家庭科 囲碁・将棋 文化系の部活動が特に盛んである。 (Wikipedia:青森県立八戸北高等学校)

青森県中学校一覧
青森県中学校一覧(あおもりけんちゅうがっこういちらん)は、青森県の中学校の一覧。 国立中学校 弘前大学教育学部附属中学校 公立中学校 青森市 弘前市 八戸市 黒石市 五所川原市 十和田市 = 県立 = 青森県立三本木高等学校附属中学校 = 市立 = 三沢市 むつ市 つがる市 平川市 東津軽郡 西津軽郡 南津軽郡 北津軽郡 上北郡 下北郡 三戸郡 私立中学校 青森山田中学校 青森明の星中学校 弘前学院聖愛中学校 八戸聖ウルスラ学院中学校 関連項目 学校記事一覧 青森県高等学校一覧 青森県小学校一覧 青森県幼稚園一覧 青森県中学校の廃校一覧。 (Wikipedia:青森県中学校一覧)

青森県立青森戸山高等学校
青森県立青森戸山高等学校(あおもりけんりつ あおもりとやまこうとうがっこう)は、青森県青森市大字戸山字安原に所在した公立の高等学校。 沿革 青森市東南部の開発に伴い、高校設置の要望が高まる。 1982年4月 - 県立青森高校内に開設準備室を設置。 1983年4月 - 普通科高校として開校。 2003年4月 - 美術科を設置。 2008年 - 青森市・東津軽郡内の中卒予定者の減を理由に閉校を策定。 2011年4月 - 生徒募集停止。 2013年3月31日 - 閉校。卒業生8424人。青森県立青森東高等学校に統合。 校風 校訓剛毅 叡智 信愛 教育目標真理と正義を愛し、心身共に健康で、国家及び社会の進展に寄与する個性豊かな人材を養成する 学習面では学校設置以来、「添削指導」を行っている。生徒の負担は重いが、学習能力の向上に役立っているとされる。校風は「添削指導」に代表されるように、厳しい指導が行われ、結果として生徒の学力向上、落ちこぼれの無い指導など、進学実績を伸ばす要因となっている。 (Wikipedia:青森県立青森戸山高等学校)

青森県立浪岡高等学校
青森県立浪岡高等学校(あおもりけんりつ なみおかこうとうがっこう, Aomori Prefectural Namioka High School)は、青森県青森市浪岡大字浪岡字稲村にある県立の高等学校。略称「浪高」(なみこう)。 歴史 1930年(昭和5年)創立の「青森県浪岡女子実務学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制高等学校となった。1955年(昭和30年)に県立移管され現校名となった。2010年(平成22年)に創立80周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 普通科校訓 「誠実・勤勉・友愛」教育目標 真理と正義を愛し、社会の進展に柔軟で誠実に対応できる創造性豊かな人間の育成を図る。 健全な心身を備え、勤労を愛し、責任を重んじる実践力に富む人間の育成を図る。 友愛を重んじ、「共に生きる」思いやりの心を養うとともに、社会に貢献できる人間を育成する。 一人一人の生徒の特性を引き出し、自主性と自律性を育み、正しい判断力と「生きる力」を備えた明るく健やかな人間を育成する。 (Wikipedia:青森県立浪岡高等学校)

青森県立青森工業高等学校
青森県立青森工業高等学校(あおもりけんりつ あおもりこうぎょうこうとうがっこう, Aomori Prefectural Aomori Technical High School)は、青森県青森市馬屋尻に位置する県立の工業高等学校。略称は「青森工業」(あおもりこうぎょう)、「工業」(こうぎょう)。 歴史 1913年(大正2年)に開校した「青森市立工業徒弟学校」を前身とする。2013年(平成25年)に創立100周年を迎えた。設置課程・学科 全日制課程 7学科 ( )は各科を表すアルファベット 都市環境科(U = Urban Environment) 建築科(A = Architecture) 機械科(M = Machinery) 電子機械科(R = Robotics) 電気科(E = Electricity) 電子科(C = eleCtron) 情報技術科(S) 定時制課程 1学科 工業技術科校訓 「協和・創造・勤労」校章 柏の葉を背景にして中央に「工高」の文字(縦書き)を配している。 (Wikipedia:青森県立青森工業高等学校)

青森県第4区
青森県第4区
弘前市、黒石市、つがる市、平川市、青森市(旧浪岡町域)、南津軽郡、西津軽郡、中津軽郡
比例東北ブロック 東北ブロック
1994年
木村太郎 (政治家) 木村太郎(自由民主党 (日本) 自由民主党)
青森県第4区(あおもりけんだい4く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区域。現在の選挙区は1994年の公職選挙法改正で設置。
第41回衆議院議員総選挙 第41回総選挙 - 現在(1994年 - )
小選挙区制
弘前市、黒石市、つがる市、平川市、青森市(旧浪岡町域)
南津軽郡、西津軽郡、中津軽郡
旧青森2区では、北津軽郡、五所川原市を含めて、行われていた。田沢吉郎、竹内黎一、木村守男の保守系候補に革新候補津川武一、山内弘などが食い込む状況であった。
(Wikipedia:青森県第4区)

青森県第1区
青森市(旧浪岡町域を除く)、五所川原市、北津軽郡、東津軽郡
衆議院小選挙区一覧#東北ブロック 東北ブロック
1994年
横山北斗(民主党 (日本 1998-) 民主党)(第45回衆議院議員総選挙 第45回総選挙)
青森県第1区(あおもりけんだい1く)は、日本の衆議院議員総選挙における選挙区域。現在の選挙区は1994年の公職選挙法改正で設置。
第41回衆議院議員総選挙 第41回総選挙 - 現在(1994年 - )
小選挙区制
青森市(旧浪岡町域を除く旧青森市域)、五所川原市
北津軽郡、東津軽郡
旧1区時代は田名部匡省、大島理森の八戸勢に、青森が地盤の津島雄二、竹中修一、革新系の関晴正、その後継の今村修らが争っていた。
小選挙区になり、2005年まで津島雄二が勝っており、1区現象とは無縁であった。1996年は社民党の前職今村修が敗れ、2000年の選挙では戸来勉が非自民勢力集結のため2区を三村申吾に譲り、1区に鞍替えするも敗戦。大学教授の横山北斗は、2003年青森県知事選挙に無所属・民主党推薦で出馬し、敗れるも善戦し知名度を上げた。県知事選での横山の票は、弘前の4区よりも当1区のほうが多かった。その4か月後に行われた総選挙で、横山は1区から無所属で立候補した。結果は、敗れはしたものの、津島に僅差まで迫る惜敗であった。民主党県代表戸来と社民今村は横山の票の5分の1しか取れず、引退した。2005年郵政民営化選挙で横山は小選挙区では負けたものの、比例で復活初当選となった。2009年の選挙ではその津島が解散を目前に引退を表明し、公募による選択という形で息子の津島淳 淳を立てようとするが、世襲批判を受けて、自民党本部としては公認せず。升田との保守分裂の形ともなり、横山が選挙区の議席を奪取した。
(Wikipedia:青森県第1区)


青森県 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  オウム真理教 - 2018年05月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



オウム真理教
オウム真理教(おうむしんりきょう)は、かつて存在した麻原彰晃を開祖とする日本の仏教系(原始仏教、チベット仏教)の(新興)宗教団体。一般市民に向けて世界で初めてサリンという化学兵器を利用して大量殺戮を行ったことで世界を震撼させたテロリズム行為を行った組織である。「オウム(AUM)」とは、サンスクリット語またはパーリ語の呪文「唵」のことで「ア・ウ・ム」の3文字に分解できる。これは宇宙の創造・維持・破壊を表しており、その意味は「すべては無常である」である、すなわちすべては変化するものであるということを表している。また麻原自身の解説によれば「真理」の意味は、釈迦やイエス・キリストが人間が実践しなければならないものはこうであるという教えを説いたものであるが、その教えの根本であるものを「真理」と呼ぶ。また真理と密接に関係のあるものが科学であるという。 1996年(平成8年)1月に宗教法人としての法人格を失ったが活動を継続。2000年(平成12年)2月には破産に伴い消滅した。同時に、新たな宗教団体アレフが設立され、教義や信者の一部が引き継がれた。 (Wikipedia:オウム真理教)

オウム真理教事件
『オウム真理教』より : オウム真理教事件(オウムしんりきょうじけん)とは、1980年代末期から1990年代中期にかけてオウム真理教が起こした事件の総称である。 オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)が救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、外国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行した。 一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えた。 特に注目される事件として、教団と対立する弁護士とその家族を殺害した1989年11月の坂本堤弁護士一家殺害事件、教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的としてサリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件、教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に5両の地下鉄車両にサリンを散布して計12人の死者と数千人の負傷者を出した1995年3月20日の地下鉄サリン事件が挙げられる。 (Wikipedia:オウム真理教事件)

オウム真理教の音楽
オウム真理教の音楽では、オウム真理教が制作した音楽について、詳細に解説する。
オウム真理教は、麻原彰晃自身が音楽が好きであったことや石井紳一郎等の音楽教育を受けた幹部が居たこともあり幅広い音楽活動を行っており、非常に多数の宗教曲を製作していた。また、この一環としてロシアにオーケストラ「キーレーン」を所有しており、演奏会も開催された。
製作された曲は、テープなどに録音し信者や一般人に配布や販売が行われ、主に教義のために使用された。教団の内部でしか使われない曲も多い。
信者によって構成されたロック (音楽) ロックバンド (音楽) バンド「完全解脱」が存在していた。
オウム真理教は、教義や宣伝の為に、非常に多数の「宗教歌」を製作していたことも有名で、オウムソングとして知られている。真理党が出馬した当時選挙活動時に使用されたり、オウム真理教放送で使用されたこと、また多くのマスメディアでも取り上げられたことで有名になった。
(Wikipedia:オウム真理教の音楽)

オウム真理教放送
オウム真理教放送(オウムしんりきょうほうそう)あるいはエウアンゲリオン・テス・バシレイアス(古典ギリシア語:ΕΥΑΓΓΕΛΙΟΝ ΤΗΣ ΒΑΣΙΛΕΙΑΣ, εὐαγγέλιον τῆς βασιλείας, euangelion tēs basileias)は、1992年4月1日から1995年3月23日まで放送されたオウム真理教のラジオ番組放送局である。 放送開始の経緯 そもそも、ロシアの国営放送局の国際放送機関である「ロシアの声」(当時はモスクワ放送)の送信機を保持するロシア通信省が、所有する送信機の無償貸し出しを開始したことから、日本では放送規制の問題で放送できないオウム真理教の関連番組を専門に扱うことを目的として、1992年4月1日から「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」という番組題で放送開始した。 (Wikipedia:オウム真理教放送)

オウム真理教のアニメ
オウム真理教のアニメ(おうむしんりきょうのあにめ)では、オウム真理教が制作したアニメについて解説する。
オウム真理教は『超越世界』と題したアニメを制作している。
オウム真理教はアニメ・漫画ファン層への布教を目的として、1991年に「MAT(マンガ・アニメ・チーム)」というスタジオを設ける。オウム出版から漫画を出版するかたわら、OVAも制作した。
『あなたもなれるかも? 未来を開く転輪聖王』(1巻・2巻、オウム出版)などの漫画単行本は、広く販売・配布された。それに比べてアニメの場合は内部関係者・信者向けの意味合いが濃く、一連の事件発覚前にはあまり知られていなかった。
アニメには、青山吉伸弁護士・上祐史浩・石井久子・飯田エリ子も登場する。麻原彰晃の声を演じているのは、麻原自身である。また、麻原がナレーターを務めることもあった。
(Wikipedia:オウム真理教のアニメ)

オウム真理教男性信者殺害事件
オウム真理教男性信者殺害事件(-しんりきょうだんせいしんじゃさつがいじけん)とは、1989年2月10日に発生したオウム真理教信者による殺人事件。
事件の被害者となった男性信者はオウム出版の責任者であった岡崎一明の下で営業させられていたが、1988年9月22日のオウム真理教在家信者死亡事件を目の当たりにし、オウムのやり方に疑問を持ち、責任者の岡崎一明に不満を述べた。岡崎は男性信者の不満を麻原に報告すると、麻原彰晃は男性信者を富士山独房に監禁し、両手両足を縛らせたが、益々反発して教壇から脱会する旨を主張。麻原は脱会させると、オウム信者死亡事故が露見される恐れがあり、宗教法人取得を目指す教団にとって痛手になると考え、殺害するしかないと決意。1989年2月深夜、サティアンビル4階の図書館に岡崎、早川紀代秀・村井秀夫・岡崎一明・新実智光・大内利裕の5人を集め、「ポアするしかないな」といって、男性信者の殺害を命じ、殺害された。
(Wikipedia:オウム真理教男性信者殺害事件)

オウム真理教男性現役信者リンチ殺人事件
男性現役信者リンチ殺人事件(だんせいげんえきしんじゃリンチさつじんじけん)は、オウム真理教による一連の凶悪犯罪の1つ。1994年7月10日に発生した。
井戸から毒が検出されたため、オウムの井戸に毒を入れられたと言った麻原彰晃の命令で、林郁夫らによるナルコチェックで、信者がスパイかどうか調べられた。ナルコチェックは完璧なものではないが、それで怪しいとされた現役信者が疑われ、麻原の命令を受けた新実智光、杉本繁郎、中村昇ら信者のリンチを受けて死亡した。
オウム真理教事件
平成時代の殺人事件
1994年の日本
(Wikipedia:オウム真理教男性現役信者リンチ殺人事件)


オウム真理教 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す