[PR]

日別キーワード

第1位  コマンドール - 2018年05月27日


関連するイメージは見つかりませんでした




コマンドール - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  おっさんずラブ - 2018年05月29日


関連するイメージは見つかりませんでした




おっさんずラブ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  アンジュルム - 2018年05月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



アンジュルム
アンジュルム (ANGERME、2009年4月4日 - ) は、ハロー!プロジェクトに所属する日本の女性アイドルグループである。第52回日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。2014年12月17日にグループ名を現在のものに改名した。旧グループ名はスマイレージ (S/mileage) である。スマイレージ名義時代のキャッチフレーズは「日本一スカートの短いアイドルグループ」だったが、現在は使用されていない。なお、スマイレージ名義時代は一貫してつんく♂がプロデュースを担当していた。 メンバー 結成 2009年4月4日、ハロー!プロジェクトの研修生ハロプロエッグのメンバーが出演するライブイベント「2009 ハロー!プロジェクト新人公演 4月 〜横浜HOP!〜」において、2009年度秋以降のメジャーデビューを目指す新ユニットの結成と、そのメンバー(和田・前田・福田・小川)が発表される。 (Wikipedia:アンジュルム)


アンジュルム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  皐月賞 - 2018年05月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



皐月賞
皐月賞(さつきしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。「皐」の字が常用漢字外のため、「さつき賞」と表記されることもある。 正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞。 旧八大競走の1つで、中央競馬における3歳クラシックの第2戦として行われ、最もスピードのある優秀な繁殖馬を選定するためのチャンピオンレースとされている。このため、出走資格は4歳(現3歳)の牡馬と牝馬に限られ、せん馬(去勢された馬)は出走できない。また、本競走で4着以内の成績を収めた馬には東京優駿(日本ダービー)の優先出走権が与えられる。1990年までは5着以内の馬に優先出走権を付与していたが、1991年より4着までに改められた。 1939年に当時の日本競馬会がイギリスの2000ギニーに範をとり、4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の競走「横浜農林省賞典四歳呼馬(よこはまのうりんしょうしょうてんよんさいよびうま)」を創設。 (Wikipedia:皐月賞)


皐月賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  東京優駿 - 2018年05月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京優駿
東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。 (Wikipedia:東京優駿)

東京優駿大競走
『東京優駿』より : 東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。 (Wikipedia:東京優駿大競走)

東京優駿競走
『東京優駿』より : 東京優駿(とうきょうゆうしゅん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞・東京馬主協会賞、朝日新聞社賞(騎手賞)。 1932年(昭和7年)にイギリスの「ダービーステークス」を範として、目黒競馬場にて創設。後に創設された皐月賞・菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成するほか、4歳(現3歳)牝馬による桜花賞・優駿牝馬(オークス)を含めて「クラシック競走」とも総称される。第3回より施行場を現・東京競馬場(府中)に変更したほかは、開催地・距離ともに変更されていない。本競走を優勝することは、日本の競馬に関わる全ての関係者(ホースマン)が憧れる最高の栄誉とされている。距離は第1回から2400米(≒ 1mi 4 f)である。 一般的には副称の「日本ダービー」が知られている。この「ダービー(Derby)」は1780年にイギリスでダービーステークスを創設した第12代ダービー卿のエドワード・スミス・スタンレーに由来し、現在は「競馬の祭典」として競馬ファン以外にも広く知れ渡っている。 (Wikipedia:東京優駿競走)


東京優駿 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す