[PR]

日別キーワード

第1位  目黒記念 - 2018年05月28日


関連するイメージは見つかりませんでした



目黒記念
目黒記念(めぐろきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。競馬番組表上の名称は「農林水産省賞典 目黒記念(のうりんすいさんしょうしょうてん めぐろきねん)」と表記している。 競走名の「目黒」は東京競馬場の前身で、「第1回東京優駿大競走」が行われた目黒競馬場に由来している。 正賞は農林水産大臣賞。 本競走は「各内国抽籤濠州産馬混合競走」を前身とし、のちに「各内国産古馬競走」の名称で行われていたが、競馬場を府中へ移転することが決まった際、「目黒」の名を長く後世に伝えるため、1932年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として「目黒記念」が創設された。第1回東京優駿大競走の6日前に第1回競走が行われたことから、中央競馬に現存する重賞競走としては最古とされているほか、日本の競馬におけるハンデキャップ競走としても最古の競走である。 当初は目黒競馬場の芝3400mで春と秋に年2回施行され、1933年秋から施行場を東京競馬場に変更。 (Wikipedia:目黒記念)


目黒記念 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  夏場所 - 2018年05月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



夏場所
『本場所』より : 本場所(ほんばしょ)は、公益財団法人日本相撲協会によって定期的に行われる大相撲の興行で、各段の力士が優勝を目指して取組を披露する。力士にとっては技量審査の性質があり、本場所での結果に基づき番付の昇降や力士褒賞金の加算が行われる。 番付の残る江戸時代から大正時代までは年2回の興行であったが、1958年(昭和33年)以降は年6回の開催が定着している。うち東京の両国国技館で1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の3回行われ、残り3回は大阪の大阪府立体育会館で3月(春場所)に、名古屋の愛知県体育館で7月(名古屋場所)に、福岡の福岡国際センターで11月(九州場所)に各1回行われている。 1場所は15日間連続で行われ1日目は「初日(しょにち)」、8日目は「中日(なかび)」、最終日にあたる15日目は「千秋楽(せんしゅうらく)」と呼ばれる。 初日は1場所15日制になって以降、昭和天皇崩御に伴い1日延期された1989年一月場所を除き、日曜日に設定されている。夏巡業の期間を確保するために七月場所の初日が6月末に設定されたこともあったが、現在は原則として奇数月の第2日曜日が初日、第4日曜日が千秋楽(ただし、春・秋・九州場所では日曜日が5週ある場合は第3日曜~第5日曜となる。 (Wikipedia:夏場所)


夏場所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ウマ娘 プリティーダービー - 2018年05月30日


関連するイメージは見つかりませんでした




ウマ娘 プリティーダービー - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ゲゲゲの鬼太郎 - 2018年05月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゲゲゲの鬼太郎
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる日本の漫画作品。また、それを原作とした一連の作品群の総称。 主人公で正義感の強い妖怪族の鬼太郎が、妖怪と人間が共存できる平和な世界を作るため、悪い妖怪と戦う物語である。題名の由来は、作者が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言ったことから着想し、もう一つゲをつけたことによる。 多種多様な妖怪が登場する妖怪漫画。アニメ化に伴い『墓場の鬼太郎』から改題された。水木しげるの代表作であり、妖怪を扱った作品としても代表的な作品。1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、絵物語、ドラマ、ゲーム、ミュージカルなど、半世紀以上に渡り様々な関連作品が作られている。 漫画作品は貸本を経て1965年から1997年の間に多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載された。初期の作品は怪奇色が強かったが、鬼太郎と妖怪の対決を主とした内容へ変化。妖怪ブームを巻き起こしたテレビアニメは、日本のテレビアニメ史上最多となるシリーズ5作、4回のリバイバルを果たす。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎)

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Title ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境
Plat ファミリーコンピュータ [FC]
Dev バンダイ
Pub バンダイ
Date 1986年4月17日
Genre アクションゲーム
Play 1人
Media ロムカセット
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』(げげげのきたろう ようかいだいまきょう)は1986年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)用の横スクロールアクションゲームである。漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作としている。大ヒットし、100万本を超える売り上げを記録した。
プレイヤーは主人公である鬼太郎を操作し、敵として立ちはだかる妖怪を次々と倒していく内容。
1ステージは、アクションステージがある「魔境」とボスキャラクター ボスがいる「妖怪城」が配置された見下ろし型マップと、横スクロールアクションで妖怪と戦うアクションステージとに分かれる。魔境のどれかにある水晶玉を手に入れ、ステージのボスを倒すと1ステージクリアとなる。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境)

ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン
ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン(けけけのおーるないとにっぽん)は、ニッポン放送の深夜放送オールナイトニッポンの特別番組。なお、この時間帯は本来、ますだおかだのオールナイトニッポンを放送している。
鬼太郎(野沢雅子)
目玉のおやじ(田の中勇)
ねずみ男(大塚周夫)
中川翔子(ナビゲーター)
2006年8月11日金曜日 25:00 - 27:00
テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ) ゲゲゲの鬼太郎』の第1作、第2作のDVD-BOX発売を宣伝するための放送で、当時のメインキャストだった3名と大の鬼太郎ファンを自認する中川翔子により、放映当時の裏話や鬼太郎に対する思い入れなど、かなりディープなやり取りが繰り広げられた。
imagineSTUDIOでマスコミ向けに公開収録を行った。
(Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎のオールナイトニッポン)

ゲゲゲの鬼太郎 (曲)
「ゲゲゲの鬼太郎」(ゲゲゲのきたろう)は、熊倉一雄のシングル。1968年9月20日にキングレコード、朝日ソノラマから発売された。 水木しげるの漫画、『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする同名のアニメ作品『ゲゲゲの鬼太郎』および実写映画作品『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマ。 『ゲゲゲの鬼太郎』と題された全てのアニメおよび実写作品のオープニング曲は一貫して本曲が用いられており、覚えやすいメロディと(特に児童にとって)共感できる歌詞が相乗効果となって日本の老若男女に広く親しまれている。歌手やアレンジは各シリーズごとに異なっている。フルコーラスでは3番まであり、番組のオープニングで使われているのは1番と3番である(第5シリーズは第51話まで1番のみ、第52話から1・2・3番を週代わりで流す)。 アニメ第1シリーズの主題歌レコードは30万枚以上を売り上げた。 変遷 この歌はそもそもはアニメ用に作られたものではなく、最初のアニメ化以前、『週刊少年マガジン』で原作が連載中の1967年7月20日にキングレコードとのタイアップで発売された児童向けレコード『少年マガジン・マンガ大行進』SKK(H)-354のために作られた楽曲だった(同年10月10日に『ハリスの旋風』とのカップリングでシングル化されている)。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (曲))

ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター
ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター(ゲゲゲのきたろうのとうじょうキャラクター)は、水木しげるの漫画作品およびそれを原作とするアニメ、映画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する架空のキャラクター(その大半は伝承上の妖怪で占められている)の一覧。 貸本劇画版である『墓場鬼太郎』に登場した人間・妖怪などについては墓場鬼太郎の登場人物を参照。 鬼太郎シリーズはアニメや映画といった映像化作品それぞれで設定が異なる上に、原作においても別の話と矛盾する設定が出てくる場合が多いため、全メディアのシリーズを通しての共通の設定というものはあまり存在しない。 1話限定の総称の設定やそのシリーズ限定の総称の設定は、#総称を参照。 鬼太郎とその仲間たち 鬼太郎ファミリー 鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎、墓場鬼太郎) 本作の主人公。幽霊族最後の生き残り。 目玉おやじ(目玉の親父) 鬼太郎の父親。(正確にはその分身) ねずみ男 鬼太郎の悪友。トリックスター。半妖怪。 猫娘 鬼太郎の幼馴染、本作のヒロイン。半妖怪。 砂かけ婆 鬼太郎の仲間。砂を撒き散らす。奈良県出身。 子泣き爺 鬼太郎の仲間。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター)

ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげる原作の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする妖怪アニメ作品。本項では貸本時代に描かれた作品を基に製作されたアニメ版『墓場鬼太郎』についても解説する。 原作同様に親しまれているアニメ版は2008年現在まで1960年代・1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と、各年代ごとに5つのシリーズ作品が製作されている。1970年代以降のシリーズは約11年周期で製作され、ある程度の規則性も認められる。ただし、これが製作側の意図するものなのか、偶然なのかは不明である。 テレビアニメはいずれもフジテレビ系列で放送、東映動画(現・東映アニメーション)が製作。2013年3月まで日本のテレビアニメ作品としては最多の、4回のリメイク・5度のアニメ放映をしている。また、2013年4月に横山光輝原作のアニメ鉄人28号が5度目のアニメ化、4回目のリメイクが放送されるため、同率となる。 2007年8月、世界妖怪会議において京極夏彦より、貸本版を基にした「墓場鬼太郎」のアニメ化が発表。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ))

ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ)
ゲゲゲの鬼太郎(ゲゲゲのきたろう)は、2000年にサミーが発売したパチスロ機。 パチスロ史上初めて液晶画面を搭載した。チャンス予告などの通常時の演出はそれまでせいぜいリール窓の中か筐体の一部分の照明を点滅させるだけのものだったが、パチンコ機でも使われていた液晶画面はその後のパチスロ機の様々な演出には欠かせないものとなった。2003年に発売されパチスロ史上最大のセールスとなった『北斗の拳』も、液晶画面での演出がプレイ上重要な役目を果たしている。 『ゲゲゲの鬼太郎』といえば様々な妖怪が活躍する漫画として有名だが、この機械の液晶画面でも鬼太郎、めだまオヤジを中心としたいろいろなキャラクターがバトルを繰り広げる。液晶画面で鬼太郎やその味方キャラが敵キャラに勝てばボーナスが確定する。また、8ライン独特のリーチ目も人気だった。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (パチスロ))

ゲゲゲの鬼太郎SP
ゲゲゲの鬼太郎SP( -きたろうえすぴー)は2000年にサミーが発売したパチスロ機。『ゲゲゲの鬼太郎』(サミー)の後継機で、パチスロ初のAT機能が搭載された。 『ゲゲゲの鬼太郎』の後を受けた『ゲゲゲの鬼太郎SP』は、8ラインは採用せずに5ラインに戻したものの、BIG終了後1/2で突入するAT(アシストタイム)機能が初めて搭載された。 ATは通常は1/3の確率でしか正解にならない、つまり揃わない9枚役である「7・下駄・下駄」(7の色が三色)の7の色を、サイドランプで指示することによってすべて取ることが出来るようになっている。BIG終了後に鬼太郎と敵妖怪のバトルがあり、勝利するとサイドランプの「WIN」が点灯して100GのATに突入する。終了条件は100G完走もしくはBIGフラグ成立で、REGの場合は残りのATをREG終了後に消化できた。 このATの方法は後に『獣王』へ発展していった。 ボーナス確率・機械割 ※メーカー発表の数値。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎SP)

ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画)
『ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、水木しげるによる同名の漫画作品を実写映画化した日本映画作品である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』、2007年4月28日公開。興行収入23.4億円。 第2作目『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(ゲゲゲのきたろう せんねんのろいうた)、2008年7月12日公開。興行収入14.5億円。主人公の鬼太郎の外見年齢が青年に設定されているなど、原作との相違点がいくつか存在する。鬼太郎役はウエンツ瑛士。過去に実写として製作された作品は2作あるが、劇場公開用映画として製作されたのは初である。 第1作目『ゲゲゲの鬼太郎』 ストーリーは、原作「天狐」「妖怪大裁判」「妖怪列車」の3エピソードをベースにしつつ、人間の少女と鬼太郎の淡い恋路などの要素を織り交ぜたオリジナルストーリーとなっている。 2005年に松竹により製作が発表、この席では、監督は堤幸彦で2006年の公開と発表され、鬼太郎役のイメージは堂本剛であると語られている。 (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 (実写映画))

ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱
『』より : (Wikipedia:ゲゲゲの鬼太郎 激突!! 異次元妖怪の大反乱)


ゲゲゲの鬼太郎 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ディープインパクト - 2018年05月30日


関連するイメージは見つかりませんでした



ディープインパクト
『ディープ・インパクト』より : ディープ・インパクト(Deep Impact) ディープ・インパクト (映画) - 彗星衝突の危機を描いたパニック映画。 ディープ・インパクト (探査機) - アメリカ航空宇宙局の彗星探査機、またはその計画。 ディープインパクト (競走馬) - 日本の元競走馬、種牡馬。 Deep Impact feat. Rappagariya - Dragon Ashの楽曲。 ディープ・インパクト (プロレス技) - プロレス技の一種。金丸義信の得意技。 ⇒ DDT (プロレス技)#派生技。 (Wikipedia:ディープインパクト)

ディープインパクト (競走馬)
ディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 - )は、日本のサラブレッドである。2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった。種牡馬としては2012年から2015年の日本の種牡馬チャンピオンである。 このほか2005年にJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し、 2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された。 デビュー前 = ノーザンファーム時代 = ディープインパクトは2002年(平成14年)3月25日に北海道勇払郡早来町(現在の安平町)のノーザンファームで生まれた。ノーザンファーム場長の秋田博章は生まれたばかりの同馬を見て、体のバランスは良いと思ったが、ほかの馬と比較して目立って良い点があるとは感じなかったと証言している。 (Wikipedia:ディープインパクト (競走馬))

ディープインパクト禁止薬物検出事件
ディープインパクト禁止薬物検出事件(-きんしやくぶつけんしゅつじけん)とは、フランスのロンシャン競馬場にて2006年に行われた競馬の第85回凱旋門賞において、競走馬ディープインパクト_(競走馬) ディープインパクトの馬体から禁止薬物であるイプラトロピウムが検出され、失格となった事件である。
2006年10月19日に、レース後の理化学検査で「ディープインパクトの体内から禁止薬物イプラトロピウムが検出された」とフランスの競馬統括機関であるフランスギャロが発表した。
この発表を受けて、日本中央競馬会(JRA)の高橋政行理事長は「栄誉ある凱旋門賞に汚点を残す結果となり、誠に残念でなりません」という趣旨の内容の発言をした。この発言はJRAのサイト内にある2006年10月19日のJRAニュースに、平成18年10月19日付けの発表として掲載されている。
(Wikipedia:ディープインパクト禁止薬物検出事件)

ディープインパクト計画
『ディープ・インパクト (探査機)』より : ディープ・インパクト (Deep Impact) は、アメリカ航空宇宙局(NASA)のディスカバリー計画の一環として行われていた彗星探査計画、または探査機の名前である。 ディープ・インパクトは、2005年1月12日の打ち上げ以降、173日をかけて約4億3100万kmを旅したのち、テンペル第1彗星に向けて、重さ約370キログラムの衝突体(インパクター)を発射した。衝突体は、米東部夏時間の7月4日午前1時52分に彗星に衝突した。衝突時のスピードは時速約3万7000kmだった。 2007年以降は、名称をエポキシに変えて運用が続けられ、2010年11月4日にはハートレー第2彗星に接近して観測を行った。その後も延長ミッションが続けられていたが、通信が途絶えて復旧できなくなったため、2013年9月20日に運用が終了したことが発表された 。 この計画は、テンペル第1彗星に重さ370kgの銅・アルミニウム合金製のインパクターを撃ち込み、その衝突によってできるクレーターや飛び散る塵から彗星の内部構造を調査するというものである。 (Wikipedia:ディープインパクト計画)


ディープインパクト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す