[PR]

日別キーワード

第1位  文部科学省 - 2018年05月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



文部科学省
文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省)

文部科学省検定済教科書
『教科用図書』より : 文部科学省検定済教科書(もんぶかがくしょう けんていずみきょうかしょ)とは、学校教育のうち、初等教育の課程、中等教育の課程(高等専門学校の課程を除く)に用いられる、文部科学大臣の検定を経た図書のことである。 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、次のように定められている。 (小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の小学部、特別支援学校の中学部、特別支援学校の高等部)においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。 前項の教科用図書以外の図書その他の教材で、有益適切なものは、これを使用することができる。 第1項の検定の申請に係る教科用図書に関し調査審議させるための審議会等(国家行政組織法(昭和23年法律第120号)第8条に規定する機関をいう。以下同じ。)については、政令で定める。(旧第21条・新34条、旧第40条・新49条、旧第51条・新62条、旧第51条の9・新70条、旧第76条・新82条) このうち、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書」は、「文部科学省検定済教科書」と、学校教育法に基づく「教科用図書検定規則」(平成元年文部省令第20号)において記載し、「教科書の発行に関する臨時措置法」(昭和23年法律第132号)に基づく「教科書の発行に関する臨時措置法施行規則」(昭和23年文部省令第15号)において表示することとされている。 (Wikipedia:文部科学省検定済教科書)

文部科学省著作教科書
『教科用図書』より : 教科用図書(きょうかようとしょ)は、日本の学校教育法に基づいて、初等教育・中等教育において主たる教材として使用される図書のことである。「教科書」とも呼ばれるが、「教科書」には「教科書に準ずるもの」として「地図」が含まれること(この場合の「地図」は、「教科書」として法令上みなされている)、また、一部に「教科書以外の教科用図書」(この場合の図書は「教科書」とはされていない)が使用されていることに留意を要する。 教科用図書については、元々、学校で教科を教えるために用いられたことから、教科書とも呼ばれることが多い。 初等教育・中等教育の学校では、文部科学省(旧文部省)が公示する「教科用図書検定基準」に合致した教科用図書を使用しなければならない。なお、教科用図書検定基準においては、学習指導要領に準拠することが示唆されている。教科用図書には、文部科学省の教科用図書検定に合格した「文部科学省検定済教科書」(いわゆる検定済教科書)や「文部科学省著作教科書」、あるいはそのどちらにも属さない「教科書以外の教育用図書」(学校教育法第107条に基づく教科用図書)がある。 (Wikipedia:文部科学省著作教科書)

文部科学省スーパーサイエンスハイスクール
『スーパーサイエンスハイスクール』より : スーパーサイエンスハイスクールとは文部科学省が科学技術や理科・数学教育を重点的に行う高校を指定する制度のことである。SSHと略記される。2002年(平成14年)度に構造改革特別要求として約7億円の予算が配分され、開始された。 2007年(平成19年)度予算では約14億4443万円、2010年(平成22年)度予算では約20億6500万円、2011年(平成23年)度予算では約24億400万円が配分されており、増額傾向にある。 目的 目的は「高等学校及び中高一貫教育校における理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資する」とされている。 なお、第二次世界大戦末期にも同様の目的を持った「特別科学学級」という制度が存在した。 年度ごとの指定校数は以下の通り。 2002年(平成14年)度 - 26校 2003年(平成15年)度 - 26校 2004年(平成16年)度 - 20校 2005年(平成17年)度 - 22校(2002年(平成14年)度指定校の新規指定10校含む) 2006年(平成18年)度 - 31校(2003年(平成15年)度指定校の新規指定12校含む) 2007年(平成19年)度 - 31校(2002年(平成14年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定18校含む) 2008年(平成20年)度 - 13校(2003年(平成15年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定5校含む) 2009年(平成21年)度 - 9校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定2校含む) 2010年(平成22年)度 - 36校 2011年(平成23年)度 - 38校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定18校含む) 2012年(平成24年)度 - 73校(2007年(平成19年)度指定校の新規指定38校含む) 2013年(平成25年)度 - 43校 2014年(平成26年)度 - 9校 2015年(平成27年)度 - 25校2014年(平成26年)度現在204校が指定されている。 (Wikipedia:文部科学省スーパーサイエンスハイスクール)

文部科学省 (日本)
『文部科学省』より : 文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省 (日本))

文部科学省設置法
文部科学省設置法(もんぶかがくしょうせっちほう)は、文部科学省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条) 第二章 文部科学省の設置並びに任務及び所掌事務 第一節 文部科学省の設置(第2条) 第二節 文部科学省の任務及び所掌事務(第3条・第4条) 第三章 本省に置かれる職及び機関 第一節 特別な職(第5条) 第二節 審議会等 第一款 設置(第6条) 第二款 科学技術・学術審議会(第7条) 第三款 国立大学法人評価委員会(第8条) 第三節 特別の機関(第9条―第12条) 第四章 外局 第一節 設置(第13条) 第二節 スポーツ庁(第14条―第16条) 第三節 文化庁 第一款 任務及び所掌事務(第17条―第19条) 第二款 審議会等(第20条―第22条) 第三款 特別の機関(第23条) 第五章 雑則(第24条) 附則 関連項目 文部科学省 スポーツ庁 文化庁。 (Wikipedia:文部科学省設置法)


文部科学省 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ゴールデンカムイ - 2018年05月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゴールデンカムイ
『ゴールデンカムイ』は、野田サトルによる日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)2014年38号より連載中。明治末期の北海道を舞台にした作品で、公式からは「冒険(バトル)」と「歴史(ロマン)」と「狩猟(グルメ)」と打ちだされている。アイヌ語研究者の中川裕が作中のアイヌ語監修を務めている。2015年度コミックナタリー大賞・第2位。「このマンガがすごい! 2016」(宝島社)オトコ編・第2位。「マンガ大賞2016」大賞受賞作。 あらすじ 日露戦争(明治37年)に従軍した元陸軍兵・杉元佐一は、除隊後一攫千金を夢見て北海道の地を踏み砂金を採っていた。戦死した親友・寅次の「妻の梅子の眼病を治してやりたい」という願いを叶えるためだ。ある日杉本は、アイヌが秘蔵していた八万円(現代の価値にして約8億円)相当の金塊の噂を耳にする。アイヌから金塊を奪った男・のっぺらぼうは、収監された網走刑務所の獄中で、同房の囚人たちの体に全員合わせてひとつとなる入れ墨を彫り、金塊の隠し場所の暗号にしたという。 (Wikipedia:ゴールデンカムイ)


ゴールデンカムイ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  勝間和代 - 2018年05月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



勝間和代
勝間 和代(かつま かずよ、1968年〈昭和43年〉12月14日 - )は、日本の著述家、評論家。学位はファイナンス修士(専門職)(早稲田大学)。株式会社監査と分析取締役(共同パートナー)、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。 東京都葛飾区生まれ。実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工で製造する町工場。4人兄弟の末子(11歳と10歳年上に姉、8歳上に兄)。 葛飾区立住吉小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学商学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士(専門職)の学位を取得。須田一幸教授のゼミに参加した。 高校時代から公認会計士試験の勉強を始め、23歳で公認会計士としての登録が可能となる3次試験に合格。なお2次試験には19歳で合格しており、旧試験制度では当時の最年少記録。2009年(平成21年)に研修(CPE)を受けなかったため日本公認会計士協会より懲戒処分を受け、2011年(平成23年)2月上旬に会計士協会に廃業届を提出した。 (Wikipedia:勝間和代)


勝間和代 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  Android - 2018年05月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  DIY - 2018年05月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



DIY
DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやろう」の意。「D.I.Y.」とも。 DIYとは、お金を払ってひと(業者)にやらせるのではなく、自身で(つまり自分の身体を使って)何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことである。 DIYは、ともかく「自分でできることは自分でやろう」という理念のもとに行う諸活動である。 DIYという言葉・概念は、「(ひとまかせにせず)自身でやる」という考え方を、広く生活の基本態度にしようとする精神を指していることもある。これは「DIY ethic(DIY倫理)」「DIY精神」とも言う。営利企業の活動には頼らず、人々(人・グループ)が自身で自主的に行う活動を推奨する言葉・概念である。こうした精神・態度は、多様な領域において提唱・実行されており、「自主イベント」や「草の根政治運動」「草の根社会運動」、自主制作誌(ミニコミ、Zine)、インディーズ音楽 等々等々に影響を与えている。 (Wikipedia:DIY)

DIYショップ
『ホームセンター』より : ホームセンター(Home Center, HC)とは、主として日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する小売店の業態である。 和製英語であり、日本国外ではあまり通用しない。英語では Hardware store, DIY store, Home improvement retailer などと表記される。 主な取り扱い分野 DIY (Do It Yourself): 家庭の設備機器などの小修理や改造などを使用者自身が行うこと。 BIY (Buy It Yourself): 家庭の設備機器などを使用者が購入し、専門業者に取り付けを頼むこと。 SIY (Supervise It Yourself): 家庭の設備機器の選び方・専門業者の選定方法などの助言を得ること。 さらに、近年では家のリフォームの窓口としての機能が注目されている。具体的に販売されている商品として、下記のようなものがある。大型店では、本職の大工や配管工事などの業務(プロ)用の要求にも、ある程度までは対応できる品揃えを持つ場合もある。 (Wikipedia:DIYショップ)

DIYアドバイザー
DIYアドバイザー(ディーアイワイ-)は、DIYの知識と技能を認定する公的資格。1983年に制定され、経済産業省所管の公益法人である社団法人日本DIY協会が試験の実施と資格の認定を行っている。 多くのホームセンターが従業員の資格取得を推進しているため、ホームセンターへの就職には有利であるといわれる。 DIYアドバイザーの役割 DIYアドバイザーの役割は、DIYを行う者 (DIYer) に対し、その手法や道具、手順などの選択を手助けし、作業による事故の発生などの危険を未然に防ぐことである。また、電気・ガス工事のように有資格者以外の作業を禁じられている分野もあるため、法律の遵守を啓発する役割も負っている。 出題範囲 日本DIY協会では、出題範囲を以下のように定めている。 一次試験(学科試験) 住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識 DIY用品に関する知識 DIYの方法に関する知識 DIYの関連法規に関する知識 その他、DIYに関する基礎知識 二次試験(実技試験、面接) DIYに関する実技の能力 DIYを行う者 (DIYer) の相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力 おもな施設 職業訓練施設(職業能力開発校、職業能力開発促進センター、地域職業訓練センター)の住宅サービス科などでDIYアドバイザーの基礎知識を学ぶことができる。 (Wikipedia:DIYアドバイザー)


DIY - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す