[PR]

日別キーワード

第1位  大谷翔平 - 2018年06月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



大谷翔平
大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手、外野手)。右投左打。 プロ野球では非常に珍しい投手と打者の「二刀流」選手として注目される。球速162km/hを投じるNPB最速投手、大リーグ球団スカウトのスピードガンで101mph(約162.5km/h)を計測。 2014年、2リーグ制以降初の2桁勝利と2桁本塁打(11勝、10本塁打)を同年に達成。 プロ入り前 岩手県水沢市(現:奥州市)出身。社会人野球の選手だった父とバドミントン選手の母のスポーツ一家に生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州・平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。ナンバー誌上によると6年時に東北地区6チームが集まって行われた試合の決勝戦前に行われた本塁打競争では、他チームの1学年上の選手たちが本塁打を全く打てない状況の中で、15スイング中11本塁打を記録。 (Wikipedia:大谷翔平)


大谷翔平 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Android - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  iPhone - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  キャプテン翼 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



キャプテン翼
『キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本のサッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。サッカーに打ち込む少年達の姿を描き、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。略称は「キャプ翼」(キャプつば)、「C翼」。 「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼の活躍と成長を描いたサッカー漫画である。サッカーの楽しみや魅力を伝えることに重点が置かれた爽やかな作風は、従来のスポ根漫画に代わる新しいスタイルのスポーツ漫画として読者に受け入れられた。1983年にアニメ化されると日本国内でサッカーブームを起こし、それまでマイナーな競技と見做されていたサッカーの人気と競技人口拡大に寄与した。 Jリーグ発足に伴うサッカー人気の高まりにより連載が再開され、1994年から1997年までFIFAワールドユース選手権での活躍を描いた『キャプテン翼 ワールドユース編』が連載された。 (Wikipedia:キャプテン翼)

キャプテン翼の登場人物
キャプテン翼の登場人物(キャプテンつばさのとうじょうじんぶつ)では、高橋陽一の漫画『キャプテン翼』及び同作を原作としたアニメ、ゲームの登場人物について解説する。テクモ版のゲームの説明とゲームのみに登場する人物はキャプテン翼 (ゲーム)を参照。声優名は「昭和版 (劇場版、新 (OVA) 、カセットブック、2006年発売PS2版含む) / J版 (OVA(オランダユース編)含む) / 平成版 」の順。「-」は放送当時原作に登場していないことを示す。 選手(日本) 静岡県出身者(含む関係者と転校者) = 南葛中学校 = 大空 翼(おおぞら つばさ) 声 - 小粥よう子/小粥よう子・佐々木望/井上喜久子・関智一 本作の主人公。詳細は「大空翼」を参照。 石崎 了(いしざき りょう) 声 - 丸山裕子/佐藤智恵・山口勝平/高乃麗 所属:南葛小サッカー部 - 南葛SC - 南葛中 - 南葛高校 - ジュビロ磐田 テクモ版:南葛高校 (II) - 南武大フースバル (IV) - サンパウロ (IV) - 南葛SC (プロ) (V) ポジション:DF 誕生日:4月1日 血液型:B型 静岡県南葛市出身。 (Wikipedia:キャプテン翼の登場人物)

キャプテン翼J
『キャプテン翼』より : 『キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による同名漫画を原作としたアニメ作品群。 これまでテレビアニメが3回、映画が5回、OVAが1回、発表されている。1983年から放送された第1作目のアニメでは原作『キャプテン翼』の小学生編から中学生編まで、1994年から放送された第2作目のアニメでは原作の『キャプテン翼』小学生編から『キャプテン翼 ワールドユース編』のアジアユース編まで、2001年から放送された第3作目のアニメでは原作の『キャプテン翼』、『キャプテン翼 ワールドユース編』の一部、『キャプテン翼 ROAD TO 2002』の一部に相当するエピソードが描かれた。 (Wikipedia:キャプテン翼J)

キャプテン翼 (ゲーム)
本項では、漫画『キャプテン翼』を原作として各種ハードでコンピュータゲーム化された作品を挙げる。
テクモは、選手ごとにコマンドを選び、ガッツを消費して実行させる全く新しいリアルタイムシミュレーションゲームのジャンルを確立させた。オリジナルの選手や必殺技も多数登場するが、原作に登場した必殺技も多数再現されており、わずかに一度しか披露されていないようなものやその際の台詞等の再現率も高い。IからVまで一つの長い続き物語となっており、II以降はオリジナルストーリーで原作のその後を描き好評を博し、アニメ・マンガをベースとした作品としては大変珍しく原作終了後6年間も独自の発展を続けた。
『ファミ通』が2003年にファミコン生誕20周年を記念して行った「最も心に残ったファミコンソフトは?」というアンケートでも『キャプテン翼』が27位、『キャプテン翼II』51位に入り、キャラクターゲームとしては1位と2位を独占するなど、最も成功したキャラクターゲームの一つと言える
(Wikipedia:キャプテン翼 (ゲーム))

キャプテン翼 黄金世代の挑戦
『』より : (Wikipedia:キャプテン翼 黄金世代の挑戦)

キャプテン翼J 最強の敵! オランダユース
『』より : (Wikipedia:キャプテン翼J 最強の敵! オランダユース)


キャプテン翼 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ケイト・スペード - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ケイト・スペード
ケイト・スペード(kate spade、1962年12月24日 - )は、アメリカ合衆国のファッションデザイナー。夫であるアンディ・スペードと、ファッションブランドのケイト・スペード ニューヨーク(Kate Spade New York)を創立した。 ミシシッピ州で生まれ育ったケイト・スペードは、アリゾナ州立大学でジャーナリズムを学んだ。卒業後にファッション雑誌『マドモワゼル』誌で働くようになり、1993年に夫とともに自分のブランドを立ち上げた。 ケイトの夫アンディの兄は、俳優のデヴィッド・スペードである。 企業としてのケイト・スペード 商品構成はアパレル商品・バッグ・靴・アクセサリーがメインで、これ以外に食器、インテリア雑貨なども扱っている。ファッションの最新商品はニューヨークコレクションに出展している。 系列ブランドとして、より低価格な「ケイト・スペード・サタデー」、男性向けの「ジャック・スペード」も存在する。 2007年からはクリエイティブディレクター兼共同社長として、バナナリパブリック、バーバリーで活躍したデボラ・ロイドを迎えている。 (Wikipedia:ケイト・スペード)


ケイト・スペード - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す