[PR]

日別キーワード

第23位  ドクダミ - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドクダミ
ドクダミ(蕺草、学名:Houttuynia cordata)はドクダミ科ドクダミ属の多年草。 別名、ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)、ジゴクソバ(地獄蕎麦)。 古くは、之布岐(シブキ)と呼ばれていた。ドクダミの名称は「毒矯み」(毒を抑える)から来ている。中国語と同様の魚腥草(腥の意味は「生臭い」)、ベトナム語のザウザプカーまたはザウジエプカー(越:rau giấp cá/ rau diếp cá、意味は「魚の野菜の葉」)、英語のfish mint, fish herb, fishwortなど、魚の匂いに纏わる名称も多い。英語にはそのほか、lizard tail(トカゲの尻尾), chameleon plant(カメレオンの植物), heartleaf(心臓の葉)や、bishop's weed(司祭の草)という表現もある。 形態・生態 住宅周辺や道ばたなどに自生し、特に半日陰地を好む。全草に強い臭気がある。開花期は5~7月頃。茎頂に、4枚の白色の総苞(花弁に見える部分)のある棒状の花序に淡黄色の小花を密生させる(総苞は実質イミテーション)。 (Wikipedia:ドクダミ)

ドクダミ属
『ドクダミ』より : ドクダミ(蕺草、学名:Houttuynia cordata)はドクダミ科ドクダミ属の多年草。 別名、ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)、ジゴクソバ(地獄蕎麦)。 古くは、之布岐(シブキ)と呼ばれていた。ドクダミの名称は「毒矯み」(毒を抑える)から来ている。中国語と同様の魚腥草(腥の意味は「生臭い」)、ベトナム語のザウザプカーまたはザウジエプカー(越:rau giấp cá/ rau diếp cá、意味は「魚の野菜の葉」)、英語のfish mint, fish herb, fishwortなど、魚の匂いに纏わる名称も多い。英語にはそのほか、lizard tail(トカゲの尻尾), chameleon plant(カメレオンの植物), heartleaf(心臓の葉)や、bishop's weed(司祭の草)という表現もある。 形態・生態 住宅周辺や道ばたなどに自生し、特に半日陰地を好む。全草に強い臭気がある。開花期は5~7月頃。茎頂に、4枚の白色の総苞(花弁に見える部分)のある棒状の花序に淡黄色の小花を密生させる(総苞は実質イミテーション)。 (Wikipedia:ドクダミ属)

ドクダミ科
ドクダミ科(Saururaceae)はコショウ目に属する、4属6種からなる科。 形態・分布 多年生草本で、葉は互生、托葉がある。花は穂状、花被はなく、両性花。 アメリカ合衆国南部からメキシコおよび東アジアから東南アジアに分布する。4属5種。 分類 認識しやすいタクソンで、コショウ科との類縁も多くの分類学者が認めている。 下位分類 ドクダミ属 Houttuynia Thunb. ドクダミ H. cordata ハンゲショウ属 Saururus L. アメリカハンゲショウ S. cernuus ハンゲショウ S. chinensis Anemopsis Hook. & Arn. A. californica Gymnotheca Decne. G. chinensis G. involucrata APG植物分類体系 APG植物分類体系ではモクレン類のコショウ目に入れる。 (Wikipedia:ドクダミ科)


ドクダミ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ドクダミ - アマゾン検索


「ドクダミ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す