[PR]

日別キーワード

第26位  バットマン - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



バットマン
バットマン(Batman)は、アメリカDCコミック刊行の複数のコミックに登場する架空のヒーローを主役としたコミック、アニメ、映画、ドラマ作品。 1939年、DCコミックの前身、ナショナル・アライドが発行する『Detective Comics』誌27号にて初登場。同誌は現在まで続く同社の看板雑誌となり、様々な派生誌を生んだ。多くは現在も発行され、他メディア展開も盛んと、今なお人気の衰えないキャラクターの一つである。 当時は『スーパーマン』が好評であり、ヒーローものが多く出版されていた。アーティストのボブ・ケイン (Bob Kane)と作家のビル・フィンガー (Bill Finger)により、多くのヒーローや、探偵、レオナルド・ダ・ヴィンチのイラストなどを参考に作られた。現在は契約問題などの諸事情でケインのみ公式な作者となっている。 キャラクターの設定は幾度か変更が行われている。下記においては特記の無い限り、現在の設定を示している。 漫画作品 バットマン関連の主要な月刊誌・年刊誌・ミニシリーズ、および日本国内で発表されたオリジナル作品を挙げる(スピンオフにあたる作品は除く)。 (Wikipedia:バットマン)

バットマン (アニメ)
『バットマン』 (”Batman: The Animated Series”)は、DCコミックの大ヒットアメリカン・コミックス アメコミ『バットマン』を原作とした1990年代にアメリカ合衆国 アメリカで製作・放送されたテレビアニメシリーズ。
日本ではテレビ東京で1992年から1993年にかけて一部のエピソードが放送され、後にカートゥーンネットワークで新たに20数話を吹き替えて放送された。
1989年に公開されたティム・バートン監督の映画『バットマン (映画) バットマン』を受けて、ワーナーブラザーズアニメーションにより企画、製作された。劇判も映画のものを基調としている。アニメーターには新進のスタッフであるブルース・ティムなどを起用。線の少ないキャラクターデザインをダイナミックに動かすことを重視。かつフィルムノワール、アールデコ、ゴシック風味を取り入れた背景、舞台設定などで好評を得た。作画にはテレコム・アニメーションフィルム 日本のアニメスタッフも多く関わっている。
(Wikipedia:バットマン (アニメ))

バットマン・ザ・フューチャー
『バットマン・ザ・フューチャー』(”Batman Beyond”)は1999年から2001年にかけてアメリカ合衆国 アメリカで放送されたテレビアニメシリーズ。タイトルの英表記は『”Batman of the Future”』で、本国アメリカ以外ではこのタイトルが使われている。
日本ではカートゥーンネットワークにて吹き替え版が放映された。
好評を博したアニメ『バットマン (アニメ) バットマン』を受けて製作されたシリーズ。前作の40年後の未来世界を舞台としており、進歩した科学技術によって空を飛び回る新生バットマン、および新たな敵との戦いが魅力である。前作同様に、人間描写に踏み込んだエピソードも散見される。
本シリーズは52話製作後、一時休止とされ、同製作スタッフによる『ジャスティス・リーグ』などのDCコミック社によるヒーローものアニメが放映された。中でも、『”Justice League Unlimited”』、本作のキャラクターを主人公に据えたスピンオフ作品『”The Zeta Project”』、及び『”Static Shock”』には、本作のバットマン (架空の人物) バットマン=テリーなどがゲスト出演しており、『Justice League Unlimited』においては、本作のキャラクターの重要な秘密が明かされた。その話をもって、本作は完結したものと見られている。
(Wikipedia:バットマン・ザ・フューチャー)

バットマン:ダークナイト・リターンズ
『バットマン:ダークナイト・リターンズ』(Batman:The Dark Knight Returns)は、フランク・ミラー原作・作画による、4巻のアメリカン・コミックスである。1986年2月から6月にわたり、DCコミックからミニシリーズとして出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。2001年には続編の『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』が出版されている。 ヒーローの最後を描いたこの作品は現代的な視点、ヒーローの苦悩の描写、ハードボイルドなストーリーにより、それまで陽性の勧善懲悪ものに過ぎなかったアメコミを大人の観賞に耐えうるレベルにまで高め、大ヒットを記録。一般層にまでアピールし、現代アメコミの原点と称されている。 本作によってバットマンの、悪に対して容赦の無い冷酷なキャラが確立され、現在のバットマン人気も本作によるところが非常に大きい。 さらに、アラン・ムーアの『ウォッチメン』、アート・スピーゲルマンの『マウス』が出版されたのもちょうどこの頃であったが、当時ミラーは29歳であった。 (Wikipedia:バットマン:ダークナイト・リターンズ)

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
(Wikipedia:バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲)

バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン
『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』 (Batman:The Dark Knight Strikes Again) はフランク・ミラー原作、リン・ヴァリー作画のカラーリングによる3巻のアメリカン・コミックス。2001年11月から2002年6月にわたり、DCコミックのミニシリーズとして出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。『バットマン:ダークナイト・リターンズ』の続編。 アメリカは密かに犯罪者によって影で支配されていた。そんな政府に対し、スーパーヒーローたちはテロを開始する。 あらすじ 1 バットマンとスーパーマンとの対決から3年、アメリカ合衆国はリカルド大統領の下でかつて無い繁栄を誇っていた。そんな中、研究所に幽閉されていたアトムことレイ・パーマーが、キャットガールによって救出される。バットマンの強引なやり口にスーパーマンは強く反発する。リカルド大統領はレックス・ルーサーが作り上げたコンピュータ画像だった。さらに、キャットガール率いるレジスタンス集団バットボーイズによって、発電所からフラッシュことバリー・アレンも救出される。 (Wikipedia:バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン)

バットマン (映画)
『バットマン』(BATMAN)は、DCコミックによる同名のアメリカン・コミックス『バットマン』を原作とした1989年のアメリカ映画。アクション映画、SF映画。 1969年公開の旧テレビシリーズ映画版以来の映画化である。監督には『ビートルジュース』を大ヒットさせたティム・バートンが抜擢された、ビートルジュースでも主役を演じたマイケル・キートンはティム・バートンのたっての希望で主演に抜擢される。 続編に『バットマン リターンズ』がある。 ストーリー 犯罪都市ゴッサム・シティ。ギャングやチンピラが闊歩し、犯罪と暴力がはびこるこの街に一人の怪人が現れた。闇に紛れて犯罪者を次々と倒していく異形のボディスーツを纏った黒い怪人、その名はバットマン。彼は制裁を加えた犯罪者たちに「仲間に自分のことを話せ」と言い残しては闇へと消えていった。 いつしか“蝙蝠男”と呼ばれ都市伝説として街で流布されるこの噂を、特ダネに目が無い新聞記者ノックスと聡明な女性カメラマン、ヴィッキー・ベールは周囲に冷やかされながらも追及していく。 (Wikipedia:バットマン (映画))

バットマン ビギンズ
『バットマン ビギンズ』(Batman Begins)は、2005年のアメリカ映画。監督はクリストファー・ノーラン。主演はクリスチャン・ベール。 「DCコミック」によるアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。本作から再始動したバットマン・シリーズ「ダークナイト三部作(Dark Knight Trilogy)」の第1作。第78回アカデミー賞撮影賞ノミネート。 プロット 子供の頃、ブルース・ウェインは古い井戸に落ちコウモリの群れに襲われる。両親とオペラを見た帰り道に強盗のジョー・チルによって両親を殺害される。 14年後、チルはゴッサム・シティマフィアのボス、カーマイン・ファルコーネに不利な証言と引き換えに釈放される。復讐のためチルを殺害しようとするブルースだったが、ファルコーネの暗殺者がチルを殺害する。カーマイン・ファルコーニの元へ向かったブルースは、ファルコーニから汚職と腐敗の蔓延したこの街では正義や個人の力など何の意味も持たないことを示され、自分が無力だと悟る。 (Wikipedia:バットマン ビギンズ)

バットマン・ビギンズ
『バットマン ビギンズ』より : 『バットマン ビギンズ』(Batman Begins)は、2005年のアメリカ映画。監督はクリストファー・ノーラン。主演はクリスチャン・ベール。 「DCコミック」によるアメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品。本作から再始動したバットマン・シリーズ「ダークナイト三部作(Dark Knight Trilogy)」の第1作。第78回アカデミー賞撮影賞ノミネート。 プロット 子供の頃、ブルース・ウェインは古い井戸に落ちコウモリの群れに襲われる。両親とオペラを見た帰り道に強盗のジョー・チルによって両親を殺害される。 14年後、チルはゴッサム・シティマフィアのボス、カーマイン・ファルコーネに不利な証言と引き換えに釈放される。復讐のためチルを殺害しようとするブルースだったが、ファルコーネの暗殺者がチルを殺害する。カーマイン・ファルコーニの元へ向かったブルースは、ファルコーニから汚職と腐敗の蔓延したこの街では正義や個人の力など何の意味も持たないことを示され、自分が無力だと悟る。 (Wikipedia:バットマン・ビギンズ)

バットマン・イヤーワン
『バットマン:イヤーワン』 (Batman:Year One) は、フランク・ミラー原作、デヴィッド・マズッケリ作画による4巻のアメリカン・コミックスである。1987年にDCコミックからバットマンシリーズの一環として出版され、後にグラフィックノベルとして一冊にまとめられた。 日本では、以前に小学館プロダクションから、1996年に舘野恒夫訳によるスーパーマン/バットマン全3巻の内のNo.1(PART1~2)とNo.2(PART3~4)にて邦訳版が初めて出版され、2005年にはジャイブ社のレーベルJIVE AMERICAN COMICSより、秋友克也による邦訳の新装版が出版された。旧版と新装版では翻訳と彩色が異なっている。 2009年12月19日、スーパーマン/バットマンNo.3でCHAPTER1~2までしか邦訳されていなかった『バットマン:イヤーツー』(Batman:Year Two)完全版を収録した『バットマン:イヤーワン/イヤーツー』がヴィレッジブックスから出版された。 (Wikipedia:バットマン・イヤーワン)

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(バットマンアンドロビン ミスターフリーズのぎゃくしゅう、BATMAN & ROBIN)は、DCコミックの『バットマン』を原作とした1997年のスーパーヒーロー映画である。監督はジョエル・シュマッカー、脚本はアキヴァ・ゴールズマン、出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、ジョージ・クルーニー、クリス・オドネル、ユマ・サーマン、アリシア・シルヴァーストーンらで、ワーナー・ブラザーズが配給した。映画『バットマン』シリーズの4作目であり、バットマンとロビンがゴッサム・シティを氷漬けにしようと企むMr.フリーズ、ポイズン・アイビー、ベインに立ち向かう物語である。 企画は『バットマン フォーエヴァー』が興行的に成功した直後に始まり、撮影は1996年9月から1997年1月まで行われた。 1997年6月20日に封切られたが、批評家には玩具チックでキャンプなアプローチ、シュマッカーが追加した同性愛的暗示もあって酷評された。第18回ゴールデンラズベリー賞では最低作品賞などにノミネートされた。この後、ワーナー・ブラザーズは企画していたシリーズ5作目『Batman Triumphant』を中止し、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(2005年)でシリーズはリブートされた。 (Wikipedia:バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲)

バットマン・フォーエヴァー
『バットマン・フォーエヴァー』(BATMAN FOREVER)は、1995年の映画作品。製作費1億ドル。日本での公開は1995年6月。 前作『バットマン リターンズ』(1992年)からスタッフ・キャストが一新され、それまでの方向性を大きく変えた作品。 バットマン役は『トップガン』のアイスマン役で知名度を上げたヴァル・キルマー。またトミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、ニコール・キッドマン、ドリュー・バリモアら豪華キャストが多数起用された。 バットスーツやバットモービルなどのメカデザインも一新されている。 前作まで監督を務めたティム・バートンは製作のみの参加で、ジョエル・シュマッカーが新たに監督として抜擢された。バットマンが悪と戦う理由や狂人的な悪役の存在などダークな基本設定を引き継ぎつつもファミリー層を意識した明るめの作風になり、前作を超えるヒット作となった。 また、バットマンのサイドキックであるロビンは、本作が映画シリーズ初登場となる。 第68回アカデミー賞撮影賞、録音賞、音響編集賞ノミネート。 ストーリー バットマンに恨みを抱くトゥーフェイス/ハーヴェイ・デント(トミー・リー・ジョーンズ)は、街中で暴動を起こしていた。 (Wikipedia:バットマン・フォーエヴァー)

バットマン・フォーエバー
『バットマン・フォーエヴァー』より : 『バットマン・フォーエヴァー』(BATMAN FOREVER)は、1995年の映画作品。製作費1億ドル。日本での公開は1995年6月。 前作『バットマン リターンズ』(1992年)からスタッフ・キャストが一新され、それまでの方向性を大きく変えた作品。 バットマン役は『トップガン』のアイスマン役で知名度を上げたヴァル・キルマー。またトミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、ニコール・キッドマン、ドリュー・バリモアら豪華キャストが多数起用された。 バットスーツやバットモービルなどのメカデザインも一新されている。 前作まで監督を務めたティム・バートンは製作のみの参加で、ジョエル・シュマッカーが新たに監督として抜擢された。バットマンが悪と戦う理由や狂人的な悪役の存在などダークな基本設定を引き継ぎつつもファミリー層を意識した明るめの作風になり、前作を超えるヒット作となった。 また、バットマンのサイドキックであるロビンは、本作が映画シリーズ初登場となる。 第68回アカデミー賞撮影賞、録音賞、音響編集賞ノミネート。 ストーリー バットマンに恨みを抱くトゥーフェイス/ハーヴェイ・デント(トミー・リー・ジョーンズ)は、街中で暴動を起こしていた。 (Wikipedia:バットマン・フォーエバー)

バットマン・リターンズ
『バットマン リターンズ』(BATMAN RETURNS)は1992年のアメリカ映画。1989年の映画『バットマン』の直接の続編。 監督ティム・バートン独特の世界観が前作にも増して顕著で、悪役キャラクターの描写に比重が置かれ、バットマンが狂言回しの役割となっている。 第65回アカデミー賞メイクアップ賞、視覚効果賞ノミネート。 ストーリー ゴッサム・シティに跳梁跋扈するサーカスギャング団。畸形ゆえ捨てられた過去を持つ首魁ペンギンは、表の世界に乗り出すべく自作自演で自らの商品価値を高めていく。それに協力するのは、野心溢れる実業家マックス・シュレック。彼は発電所に細工をし、市の生命線を握ろうとしていた。 そんな計画に気付いた内気な秘書セリーナをシュレックはビルから突き落とす。猫の魔力で甦った彼女はキャットウーマンとして街に繰り出すようになる。ペンギンの企み、シュレックの野望を阻止する為に、そしてセリーナに惹かれながらキャットウーマンと争うべくバットマンは今宵も闇を走る。 (Wikipedia:バットマン・リターンズ)

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(バットマンアンドロビン ミスターフリーズのぎゃくしゅう、BATMAN & ROBIN)は、DCコミックの『バットマン』を原作とした1997年のスーパーヒーロー映画である。監督はジョエル・シュマッカー、脚本はアキヴァ・ゴールズマン、出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、ジョージ・クルーニー、クリス・オドネル、ユマ・サーマン、アリシア・シルヴァーストーンらで、ワーナー・ブラザーズが配給した。映画『バットマン』シリーズの4作目であり、バットマンとロビンがゴッサム・シティを氷漬けにしようと企むMr.フリーズ、ポイズン・アイビー、ベインに立ち向かう物語である。 企画は『バットマン フォーエヴァー』が興行的に成功した直後に始まり、撮影は1996年9月から1997年1月まで行われた。 1997年6月20日に封切られたが、批評家には玩具チックでキャンプなアプローチ、シュマッカーが追加した同性愛的暗示もあって酷評された。第18回ゴールデンラズベリー賞では最低作品賞などにノミネートされた。この後、ワーナー・ブラザーズは企画していたシリーズ5作目『Batman Triumphant』を中止し、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(2005年)でシリーズはリブートされた。 (Wikipedia:バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲)

バットマンの映画作品
本項目では、DCコミックの出版物に登場する架空のスーパーヒーローであるバットマンを題材とした映画作品について記述する。 バットマン映画の歴史は1940年代の連続活劇『Batman』および『Batman and Robin』から始まる。1966年にはテレビシリーズの劇場版で、初めての長編映画『バットマンが公開され、アダム・ウェストがバットマンを演じた。 1980年代後半にはワーナー・ブラザーズが『バットマン』シリーズの製作を開始し、1989年にティム・バートン監督、マイケル・キートン主演による第1作『バットマン』が公開された。1992年にはバートンとキートンによる続編『バットマン リターンズ』、1995年には監督をジョエル・シュマッカー、主演をヴァル・キルマーに替えた『バットマン フォーエヴァー』が公開された。シュマッカーは主演がジョージ・クルーニーに替わった1997年の『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』でも引き続いて監督した。しかし『Mr.フリーズの逆襲』は酷評されてしまい、その後いつくもの脚本開発を経て、2005年にクリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベール主演の『バットマン ビギンズ』でシリーズはリブートされた。 (Wikipedia:バットマンの映画作品)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(バットマン ブイエス スーパーマン ジャスティスのたんじょう、原題:Batman v Superman: Dawn of Justice)は、2016年に公開されたアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。 「DCコミックス」のアメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品。また、様々な「DCコミックス」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品群として扱う『DCエクステンディッド・ユニバース』シリーズとしては第2作品目の作品でもある。 2016年3月25日、北米で世界最速公開。日本で2016年3月25日に公開された。 DCコミックスの複数のヒーローが共演するシェアード・ユニバースのDCエクステンディッド・ユニバースに属する作品。スーパーマンとバットマン、ワンダーウーマンのほか、アクアマン、ザ・フラッシュ、サイボーグがカメオ出演する。 ラットパック・デューンエンターテインメント、アトラスエンターテイメント及びクルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズが製作を、ワーナー・ブラザースが配給を担当する。 (Wikipedia:バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)

バットマン (架空の人物)
バットマン(Batman)は、DCコミックから出版されているアメリカンコミック『バットマン』の主役であるヒーロー。 コミック 本名ブルース・ウェイン (Bruce Wayne)。少年時代に観劇の帰りの通りで強盗によって、両親が射殺された事で犯罪撲滅を誓う。14才から格闘技と法科学のスキル習得の為世界各地で様々な修行を積んだ。その旅の中で出会ったネイティブ・アメリカンのシャーマンからは、蝙蝠に準えられる。 ゴッサム・シティに帰った後、丸腰でチンピラ達を路上で殴り倒すも、「相手が同じただの人間」に過ぎなかった為か、これっぽっちも怖がられずに終わってしまい、犯罪者達に恐怖心を与えるには「恐怖の象徴」が必要であると考えたブルースは、かつて準えられた「蝙蝠 (コウモリ) 」を象徴とした超人的存在「バットマン」というアイデンティティを作り、活動を始める。 (Wikipedia:バットマン (架空の人物))


バットマン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バットマン - アマゾン検索


「バットマン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す