[PR]

日別キーワード

第29位  牛肉 - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



牛肉
牛肉(ぎゅうにく)は、ウシの肉である。 ビーフ(英: Beef 欧米ではBeefは仔牛肉(Veal)とは別の概念である)ともいう。 食用に処理されたウシの肉をいう。肉牛品種(黒毛和牛など)の肉が多いが、廃乳牛や去勢し肥育した乳牛の肉も売られている。 ウシは、ほぼすべての部位の肉を食べることが可能とされている(ただし近年では、健康なウシの場合は問題がないものの、一部にBSE問題に鑑みて食用とし難い危険部位が存在する)。加熱して食すほか、ステーキでは熱で蛋白質が変質しきらない状態で食べるレアやミディアムなどの焼き加減があり、刺身として生食する場合もある。ただし、牛は人間を終宿主とする寄生虫の一種である無鉤条虫の中間宿主であり、幼虫(無鉤嚢虫)は主に牛の筋肉に寄生している。そのため牛肉を生や、それに近い状態で食べることは、寄生虫感染のリスクを伴う。一般的に、60℃以上に加熱または-10℃以下で10日以上冷凍した肉は安全とされる。また、日本では生レバーも食用にされるが、健康な牛に於いても約10%程度がカンピロバクターを保菌している事が厚生労働省の研究班から報告されており、食中毒のリスクを伴う。 (Wikipedia:牛肉)

牛肉偽装事件
牛肉偽装事件(ぎゅうにくぎそうじけん)とは、2001年からBSE対策事業の一環として行われた国産牛肉買い取り事業を悪用し、複数の食肉卸業者が輸入牛肉を国産牛肉と偽り補助金を詐取した事件。牛肉偽装に関してはこの他、販売店における産地偽装などが発覚した。 背景 BSEの問題発覚以前より、海外と国内産の農畜産物の品質に照らしてもあまりにもかけ離れた価格差が、不正を招く大きな要因ともなっている。 BSE感染牛の発生後、牛肉価格の下落、消費者の牛肉離れが起き、消費者の不安を取除くため、全頭検査前の国産牛を国が買取り、焼却することになった。 経緯 2001年 9月10日 - 国内で初のBSE感染牛が確認される。 10月18日 - 牛の全頭検査開始。 10月 - 国産牛肉買い取り事業始まる。 2002年 1月23日 - 雪印食品の牛肉偽装が発覚。 4月25日 - 買い取り牛肉の抽出検査を全箱検査に変更。 4月30日 - 雪印食品解散。 5月18日 - 雪印食品の役員逮捕。 6月28日 - 日本食品の牛肉偽装発覚。 (Wikipedia:牛肉偽装事件)

牛肉トレーサビリティ法
『』より : (Wikipedia:牛肉トレーサビリティ法)


牛肉 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

牛肉 - アマゾン検索


「牛肉」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す