[PR]

日別キーワード

第35位  ゴマ - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



ゴマ
ゴマ(胡麻、学名:Sesamum indicum)は、ゴマ科ゴマ属の一年草。アフリカ大陸に野生種のゴマ科植物が多く自生しているが、考古学の発掘調査から、紀元前3500年頃のインドが栽培ゴマの発祥地である。主に種子が食材、食用油など油製品の材料とされ、古代から今日まで世界中で利用する植物である。 植物学的特徴 草丈は約1mになり、葉腋に薄紫色の花をつけ、実の中に多数の種子を含む。旱魃に強く、生育後期の乾燥にはたいへん強い。逆に多雨は生育が悪くなる。 栽培・流通 日本で使用されるゴマは、その99.9%を輸入に頼っている。財務省貿易統計によると、2006年のゴマの輸入量は約16万トン。国内では鹿児島県、茨城県、沖縄県などで生産されているが、総生産量は100トンにも満たない。国内有数の産地である鹿児島県喜界島では、8-9月頃の収穫時期には、集落内、周辺にゴマの天日干しの「セサミストリート」(ゴマ道路)が出現する。西日本の暖地の場合、5月から6月頃、畦に二条まきする。発芽適温は20度から30度で、適当な水分と温度とがあれば容易に発芽する。 (Wikipedia:ゴマ)

ゴマキ
『後藤真希』より : ゴマキ 後藤真希 - 日本の歌手、タレント。モーニング娘。の元メンバーの愛称。 ゴマギ(胡麻木) - スイカズラ科ガマズミ属の植物の別名。 護摩木(ごまぎ) - 護摩を焚く時に燃やす木。 (Wikipedia:ゴマキ)

ゴマノハグサ科
ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)は、双子葉植物に属する科のひとつ。草本または低木からなる。世界的に分布し特に温帯や熱帯の高山に多い。花は左右相称、花弁は合着して4-5裂し、シソ科に似た唇状、あるいは筒状になるものもある。果実は2つに裂ける。 下位分類 約56属2100種が属する。 Colpias Bentham Hemimerideae - 5属140種 Alonsoa Ruiz & Pavon ベニコチョウ属 Diclis Bentham Diascia Link & Otto Nemesia Ventenat アフリカウンラン属 Hemimeris L. f. Myoporoideae ハマジンチョウ亜科 - 10属300種 Myoporeae Androya H. Perrier Bontia L. Myoporum Forster f. ハマジンチョウ属 Eremophila R. Brown Leucophylleae Capraria L. Leucophyllum Bonpland Eremogeton Standley & L. O. Williams Aptosimeae Anticharis Aptosimum Bentham Peliostomum Bentham Teedieae - 6属20種 Ranopisoa J. F. Leroy Freylinia Colla Teedia Rudolphi Dermatobotrys Bolus Oftia Adanson Ameroglossum Eb. Fischer, S. Vogel & Lopez Buddleja L. フジウツギ属 Camptoloma Bentham Phygelius Bentham ケープフクシア属 Scrophularioideae ゴマノハグサ亜科 Scrophularieae ゴマノハグサ連 - 6属570種 Antherothamnus N. E. Brown Oreosolen J. D. Hooker Scrophularia L. ゴマノハグサ属 Verbascum L. モウズイカ属 Nathaliella B. Fedtschenko Rhabdotosperma Hartl Limoselleae キタミソウ連 - 25属700種 Jamesbrittenia Kunze Limosella L. キタミソウ属 Lyperia Bentham Barthlottia Eb. Fischer Manuleopsis Schinz Sutera Roth Manulea L. Glekia Hilliard Trieenea Hilliard Hebenstretia L. Dischisma Choisy Pseudoselago Hilliard Chenopodiopsis Hilliard Reyemia Hilliard Zaluzianskya F. W. Schmidt サクラカラクサ属 Phyllopodium Bentham Polycarena Bentham Glumicalyx Hiern Strobilopsis Hilliard & B. L. Burtt Tetraselago Junell Melanospermum Hilliard Selago L. Cromidon Compton Microdon Choisy Globulariopsis Compton Gosela Choisy かつての分類体系 次の属はかつてゴマノハグサ科とされていたが、APG植物分類体系で他の科へ移された。 (Wikipedia:ゴマノハグサ科)

ゴマフアザラシ
ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹、学名:Phoca largha)はアザラシ科ゴマフアザラシ属に属する海棲哺乳類。アザラシとしては中型。日本の水族館や動物園で最も多く飼育されているアザラシである。 分布 ベーリング海、オホーツク海を中心にチュクチ海、日本海、太平洋北部、ピョートル大帝湾、渤海・黄海に分布する。 形態 体長はオスで170cm前後、メスで160cm前後。体重は70-130kgほどになる。 ゴマフアザラシを漢字で表すと「胡麻斑海豹」となる。この名からも分かる通り背面は灰色の地に黒いまだら模様が散らばっている。一方、腹面は薄灰色でまだら模様は少ない。体表の模様は個体差が著しく大きい。 性成熟年齢はオスで3-4歳、メスで3-5歳。繁殖は一夫一妻形式で4月に交尾する。約一年後の3-4月に流氷上で一子を出産。授乳期間は2-3週間。新生児は白色からややクリーム色をした産毛に包まれて生まれてくる。この白色の産毛は流氷上で出産するゴマフアザラシにとって保護色となる。なおこの産毛は出産後2-3週間で抜け落ち、新生児も親と同じ胡麻斑模様になる。 (Wikipedia:ゴマフアザラシ)

ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ
生物の分類 分類
界:動物界 Animalia
門:節足動物門 Arthropoda
綱:昆虫類 昆虫綱 Insecta
目:チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科:アゲハチョウ上科 Papilionoidea
科:タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科:コムラサキ亜科 Apaturinae
族:Apaturini
属:アカボシゴマダラ属
”Hestina” Westwood, 1850年 [1850]
種:ゴマダラチョウ ”persimilis”
”Hestina persimilis japonica” (C. et R. Felder, 1862年 1862)
ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) ”Hestina persimilis japonica” は、チョウ目(鱗翅目)・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。日本を含む東アジアに分布するチョウで、和名通り黒地に白のまだら模様が特徴である。種”persimilis”の基産地はインド北部、亜種”japonica”の基産地は日本。
日本では北海道から九州まで、日本以外では朝鮮半島からヒマラヤ、ベトナムにかけて分布する広域分布種で、地域ごとに成虫の大きさや斑紋、季節型などが分化している。以下は、日本産亜種に関する記述である。
(Wikipedia:ゴマダラチョウ)

ゴマダラカミキリ
ゴマダラカミキリ(胡麻斑髪切 Anoplophora malasiaca)は、コウチュウ目(鞘翅目)、カミキリムシ科に分類される甲虫の一種。大型でいろいろな木を食べるため、日本に分布するカミキリムシの中でおそらく最もよく知られた種類である。 成虫の体長は2.5cm-3.5cmほどで、全身が黒い。特に前翅は光沢のある黒色に白い斑点が並んでいてよく目立ち、和名もこれに由来する。前翅以外の部分はあまり光沢がなく、腹側や脚は青白い細かい毛で覆われる。触角は体長の1.5倍ほどで、触角を形作る各節の根もとにも青白い毛があるため、黒と青のしま模様に見える。 日本全土に分布し、離島では佐渡島、伊豆諸島、対馬、屋久島に分布する。 生態 ゴマダラカミキリは幼虫・成虫とも生木を食べるが、食樹が非常に幅広いのが特徴で、ミカン類、ヤナギ、クリ、クワ、イチジク、プラタナスなど多岐にわたる。果樹や街路樹として利用される木にもやってくるので都市部でも姿を見ることができ、わりと大型で目立つ体色であることも相まってよく知られたカミキリムシとなっている。 (Wikipedia:ゴマダラカミキリ)

ゴマシジミ
名称 ゴマシジミ
status 絶滅危惧II類
省略 昆虫綱
目 チョウ目(鱗翅目) :w:Lepidoptera Lepidoptera
上科 アゲハチョウ上科 :w:Papilionoidea Papilionoidea
科 シジミチョウ科 :w:Lycaenidae Lycaenidae
亜科 ヒメシジミ亜科 :w:Polyommatinae Polyommatinae
属 ゴマシジミ属 ”:w:Maculinea Maculinea”
種 ゴマシジミ ”M. teleius”
和名 ゴマシジミ(胡麻小灰蝶)
英名 :en:Scarce Large Blue Scarce Large Blue
下位分類名 亜種
下位分類
白山亜種 ”M. t. hakusanensis”
飛騨山脈亜種 ”M. t. hosonoi”
中部地方中山帯・中国地方・九州亜種 ”M. t. kazamoto”
北海道西部亜種 ”M. t. muratae”
北海道東部亜種 ”M. t. ogumae”
(Wikipedia:ゴマシジミ)

ゴマモン
ゴマモンは
デジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。
デジモンアドベンチャーの登場人物。
デジモンペンデュラム2・ディープセイバーズより登場。
ゴマフアザラシの子供のような姿をした海獣型デジモン。全身を覆う白い毛は成長にあわせて長くなり茶色くなる。小魚達を子分にしていて、必殺技「マーチングフィッシーズ」は魚群を突進させて攻撃する。
世代/成長期
タイプ/海獣型
属性/ワクチン
必殺技/マーチングフィッシーズ
得意技/シャープエッジ、サーファーダイブ
勢力/ディープセイバーズ
頭と胸に赤い毛が目立つようになる。
イッカクモン
ズドモン
ヴァイクモン
デジモンアドベンチャーの登場キャラクター#城戸 丈 城戸丈のパートナーデジモン。声は竹内順子。水中での戦闘要員として活躍し、比較的一対一での戦いの場面も多かった。性格はやんちゃかつ生意気で、何かにつけて落ち込みやすく思慮深い丈とは対照的だがパートナーを想う気持ちは他のデジモンと同様強い。また良く言えばバイタリティが強く、悪く言えば悪知恵がきく部分があり敵のデジモンを騙したり、弱点を突いて攻撃する等の機転を利かせた事もある。
(Wikipedia:ゴマモン)

ゴマ科
名称 ゴマ科(クロンキスト体系)
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 ゴマノハグサ目 :w:Scrophulariales Scrophulariales
科 ゴマ科 :w:Pedaliaceae Pedaliaceae
下位分類名 属
下位分類 * 本文参照
ゴマ科(Pedaliaceae)は、双子葉植物の科である。APG植物分類体系ではシソ目に属す。東南アジアから南アジア、マダガスカル、アフリカ南部にかけて、熱帯地方を中心に分布し、大部分が草である。作物のゴマ(胡麻)が最も有名で、胡麻の種子と、それを搾って得られるごま油は、今や世界的に重要な食材になっている。日本にも水草のヒシモドキが自生している。
狭義のゴマ科は14属50種ほどで、クロンキスト体系の分類ではさらにツノゴマ科(5属17種ほど)もゴマ科に含めているが、APG分類体系では別科とする。
(Wikipedia:ゴマ科)

ゴマバラワシ
ゴマバラワシ(胡麻腹鷲、学名:Polemaetus bellicosus)は、タカ目タカ科に分類される鳥。 分布 アフリカ 形態 全長78-86cm。 生態 ステップ、草原、疎林など開けた環境に生息する。 食性は動物食で、主にノウサギ、ハイラックス、マングースなどの小型哺乳類、ガゼル、イボイノシシなどの中型哺乳類、ホロホロチョウなどの鳥類を捕食する。時にはジャッカル、サーバルキャット、カラカルなどの肉食獣も襲う。 樹上や鉄塔に枝などを用いた巣を作り、1卵を産む。雛は孵化後、90日以上経ってから巣立つ。 Sibley分類体系上の位置 保全状況評価 LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) 参考文献 バードライフ・インターナショナル総監修 山岸哲日本語版総監修 『世界鳥類大図鑑』 ネコ・パブリッシング、2009年、203頁。 (Wikipedia:ゴマバラワシ)

ゴマブックス
ゴマブックス株式会社は、日本の出版社。近刊では『レインボーマジック』『ロナウジーニョ The Smiling Champion』『しょこたん☆ぶろぐ』『ちびギャラ』『プロフェッショナル広報戦略』『トライ式逆転合格』など、児童書からビジネス書、タレント本など意欲的な商品を手広く出版している。 2006年以降は『赤い糸』『もしもキミが。』など、ケータイ小説のベストセラーも多数。オリコンと共同運営しているケータイ小説投稿サイト「おりおん☆」の運営も行っている。 芥川、太宰治、漱石などの名作文学を横書きで出版したこともある。 ごま書房の発刊する新書版の企画・編集を目的に株式会社ポケットブック社が設立されたことに由来するが、同社の経営悪化に伴い1998年7月に同社傘下を離れゴマブックス株式会社に商号変更、現在は資本関係などは一切無い。なお、ごま書房の事業を譲受したごま書房新社VMは設立当初から一切の資本関係がない。 出版不況の中、業績不振により2009年9月に民事再生法適用を東京地裁に申請。 沿革 1988年 - 株式会社ポケットブック社設立 1998年 7月 - 株式会社ポケットブック社からゴマブックス株式会社に商号変更、本店所在地を東京都港区虎ノ門三丁目10番5号へ移転 2006年 5月 - ゴマ・ホールディングス株式会社を完全親会社とするホールディングスカンパニーへ移行 2006年 8月 - 本社所在地を東京都港区赤坂一丁目9番3号へ移転 2006年 9月 - 資本金1億円に減資 2009年 2月 - ゴマ・ホールディングス、ポータ・パブリッシングを吸収合併。 (Wikipedia:ゴマブックス)

ゴマ・ホールディングス
ゴマブックス株式会社は、日本の出版社。近刊では『レインボーマジック』『ロナウジーニョ The Smiling Champion』『しょこたん☆ぶろぐ』『ちびギャラ』『プロフェッショナル広報戦略』『トライ式逆転合格』など、児童書からビジネス書、タレント本など意欲的な商品を手広く出版している。
2006年以降は『赤い糸 (小説) 赤い糸』『もしもキミが。』など、ケータイ小説のベストセラーも多数。オリコンチャート オリコンと共同運営しているケータイ小説投稿サイト「おりおん☆」の運営も行っている。
1988年 - 株式会社ポケットブック社設立
1998年 7月 - 株式会社ポケットブック社からゴマブックス株式会社に商号変更、本店所在地を東京都港区虎ノ門三丁目10番5号へ移転
(Wikipedia:ゴマ・ホールディングス)

ゴマ油
『ごま油』より : ごま油(ごまあぶら、ごまゆ、胡麻油)はゴマ(胡麻)の種子に圧搾等の加工をして作られる食用油の一種。 種類 日本では通常、白ごまを焙煎してから加工した、茶褐色で独特の香味を持つものを指す。色と香味を活かすためろ過以外の精製が行われることは少ない。焙煎の強弱で風味が変化し、さまざまな使い分けができる。中華料理に主に使われるごま油は、200℃以上の高温で焙煎を行ったごまを搾油したもの。韓国料理でも同様に高温で焙煎してから搾油したものが主流。 透明なごま油はほとんど焙煎していないごまから抽出したもので、脱臭や脱色などの精製を経ていることが多い。焙煎による香ばしい風味はないが、ごま油特有の旨みは有するとされる。通常のごま油と区別するため、商品名から太白油(たいはくゆ)や生搾りごま油などと呼ばれることがある。食用に供する他、ヘアケア、ボディーケアなどにも用いる。上質なものは白絞り(しらしぼり)と呼ばれ、髪油としても利用されてきた。 黒ごまは白ごまと比べて油分が少なく外皮が硬いためごま油の原料とすることは一般的でないが、黒ごまから抽出したごま油も存在する。 (Wikipedia:ゴマ油)

ゴマユ
『ごま油』より : ごま油(ごまあぶら、ごまゆ、胡麻油)はゴマ(胡麻)の種子に圧搾等の加工をして作られる食用油の一種。 種類 日本では通常、白ごまを焙煎してから加工した、茶褐色で独特の香味を持つものを指す。色と香味を活かすためろ過以外の精製が行われることは少ない。焙煎の強弱で風味が変化し、さまざまな使い分けができる。中華料理に主に使われるごま油は、200℃以上の高温で焙煎を行ったごまを搾油したもの。韓国料理でも同様に高温で焙煎してから搾油したものが主流。 透明なごま油はほとんど焙煎していないごまから抽出したもので、脱臭や脱色などの精製を経ていることが多い。焙煎による香ばしい風味はないが、ごま油特有の旨みは有するとされる。通常のごま油と区別するため、商品名から太白油(たいはくゆ)や生搾りごま油などと呼ばれることがある。食用に供する他、ヘアケア、ボディーケアなどにも用いる。上質なものは白絞り(しらしぼり)と呼ばれ、髪油としても利用されてきた。 黒ごまは白ごまと比べて油分が少なく外皮が硬いためごま油の原料とすることは一般的でないが、黒ごまから抽出したごま油も存在する。 (Wikipedia:ゴマユ)

ゴマフスズメ
ゴマフスズメ(胡麻斑雀、学名:Passerella iliaca)は、スズメ目ホオジロ科に分類される鳥類の一種である。 分布 北アメリカに生息する。主に北アメリカの北部、西部(アメリカ、カナダ)、アラスカ、アリューシャン列島で繁殖し、冬はアメリカの南部からメキシコ北部方面へ移動する。 日本では迷鳥で、長い間1935年11月に栃木県日光市で観察された1例しか記録がなかった。その後1985年冬に室蘭市で記録されたが、それ以降の観察記録はない。 形態 全長17cm。スズメの名前がつくがホオジロの仲間で、ホオジロ類としては大型の部類となる。頭から背中、肩羽がすすけた黒褐色。喉から腹にかけての体の下面は白っぽいが、黒斑が密にある(この模様が和名の由来である)。多くの亜種があり、亜種毎の形態差が大きい。 生態 平野部の森林やその周辺に生息する。「チッ、チッ」とよくさえずっている。 シブリー・アールキスト鳥類分類体系上の位置 保全状態評価 LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001)) 関連項目 日本の野鳥一覧 迷鳥。 (Wikipedia:ゴマフスズメ)

ゴマゾウ
ポケモンの一覧 (202-251)(ポケモンのいちらん 202-251)では、任天堂のゲームシリーズ『ポケットモンスター』に登場する架空の生物「ポケモン」722種のうち、『ポケットモンスター 金・銀』から登場し、シリーズ共通の全国ポケモン図鑑において202から251までの番号を付与されている種を掲載する。 目次 ソーナンス 「がまんポケモン」の名の通り自分から攻撃することはなく、敵からの攻撃に対してカウンターなどの反撃をしかけるだけのポケモン。光やショックを嫌うために洞窟の奥にひっそりと住み、黒い尾を見られるのを恥ずかしがる。 『ルビー・サファイア』からは、とくせい「かげふみ」の効果でポケモンの交代をできなくさせることが可能になったが、ソーナンス同士が相対した場合、互いのとくせいが作用しあって硬直状態に陥ることがあった。『ダイヤモンド・パール』以降ではこの点が改善され、双方がかげふみを持つ場合は効果がなくなり逃走・入れ替えができるようになった。 (Wikipedia:ゴマゾウ)

ゴマノハグサ
『ゲンジン』より : ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)は、双子葉植物に属する科のひとつ。草本または低木からなる。世界的に分布し特に温帯や熱帯の高山に多い。花は左右相称、花弁は合着して4-5裂し、シソ科に似た唇状、あるいは筒状になるものもある。果実は2つに裂ける。 下位分類 約56属2100種が属する。 Colpias Bentham Hemimerideae - 5属140種 Alonsoa Ruiz & Pavon ベニコチョウ属 Diclis Bentham Diascia Link & Otto Nemesia Ventenat アフリカウンラン属 Hemimeris L. f. Myoporoideae ハマジンチョウ亜科 - 10属300種 Myoporeae Androya H. Perrier Bontia L. Myoporum Forster f. ハマジンチョウ属 Eremophila R. Brown Leucophylleae Capraria L. Leucophyllum Bonpland Eremogeton Standley & L. O. Williams Aptosimeae Anticharis Aptosimum Bentham Peliostomum Bentham Teedieae - 6属20種 Ranopisoa J. F. Leroy Freylinia Colla Teedia Rudolphi Dermatobotrys Bolus Oftia Adanson Ameroglossum Eb. Fischer, S. Vogel & Lopez Buddleja L. フジウツギ属 Camptoloma Bentham Phygelius Bentham ケープフクシア属 Scrophularioideae ゴマノハグサ亜科 Scrophularieae ゴマノハグサ連 - 6属570種 Antherothamnus N. E. Brown Oreosolen J. D. Hooker Scrophularia L. ゴマノハグサ属 Verbascum L. モウズイカ属 Nathaliella B. Fedtschenko Rhabdotosperma Hartl Limoselleae キタミソウ連 - 25属700種 Jamesbrittenia Kunze Limosella L. キタミソウ属 Lyperia Bentham Barthlottia Eb. Fischer Manuleopsis Schinz Sutera Roth Manulea L. Glekia Hilliard Trieenea Hilliard Hebenstretia L. Dischisma Choisy Pseudoselago Hilliard Chenopodiopsis Hilliard Reyemia Hilliard Zaluzianskya F. W. Schmidt サクラカラクサ属 Phyllopodium Bentham Polycarena Bentham Glumicalyx Hiern Strobilopsis Hilliard & B. L. Burtt Tetraselago Junell Melanospermum Hilliard Selago L. Cromidon Compton Microdon Choisy Globulariopsis Compton Gosela Choisy かつての分類体系 次の属はかつてゴマノハグサ科とされていたが、APG植物分類体系で他の科へ移された。 (Wikipedia:ゴマノハグサ)

ゴマフガモ族 (Sibley)
ゴマフガモ(Stictonetta naevosa)は、鳥綱カモ目カモ科ゴマフガモ属に分類される鳥類。本種のみでゴマフガモ属を構成する。 分布 オーストラリア固有種 繁殖期になると主にニューサウスウェールズ州や西オーストラリア州南西部に飛来する。 形態 全長48-59センチメートル。翼長オス18.6-25.8センチメートル、メス20.5-23.6センチメートル。後頭が瘤状に隆起する。全身の羽衣は黒褐色で、白く細かい横縞が入る。 嘴は大型で、色彩は濃灰色。鼻部が高い。後肢前部は網目状の鱗で覆われる。後肢の色彩は灰色。 オスは繁殖期になると嘴基部が赤みがかる。卵の殻は緑白色。 分類 後肢前部の鱗、気管の形状から、系統が古く原始的な種で現生種では近縁種がいないと考えられている。雛の形態、解剖学的解析から、ガン類に近縁とする説もある。 生態 河川や湖沼、湿原などに生息する。 食性は植物食で、種子、藻類などを食べる。水面を泳ぎながら採食を行う。 繁殖形態は卵生。水辺の植物の中や物陰などに巣を作り、6-10個の卵を産む。 (Wikipedia:ゴマフガモ族 (Sibley))

ゴマサバ
ゴマサバ(胡麻鯖、学名:Scomber australasicus)は、スズキ目サバ科に分類される魚の1種。太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する海水魚で、沖合の水深50m程度までの表層で大群を作り遊泳する。 日本では食用魚として重要で、近縁のマサバ、グルクマ等と共に「サバ」と総称される。地方名としてマルサバ(各地)、ホシグロ(新潟)、ゴマ(千葉)、コモンサバ(島根)、ドンサバ(福岡)などがある。 成長が早く、満1歳で尾叉長20 - 28cm、満2歳で30 - 36cm程度に成長し、成魚は50cm程度。よく漁獲されるのは30 - 40cmほどである。 食性は肉食性で、動物プランクトン、小魚、イカ、頭足類など小動物を捕食する。生殖腺は1月ごろから発達しはじめ産卵期は海域によって異なり、魚釣島近海では 1 - 3月、東シナ海中部では 3 - 5月、薩南沖では 2 - 4月に多い。メスは満1歳で約40%個体が成熟し、満2歳で約70%、満3歳以上ではほとんどの個体が成熟する。 分布 太平洋の暖流に面した熱帯・亜熱帯海域に広く分布し、日本付近では黒潮系暖水の影響が大きい海域(南シナ海、東シナ海)に分布するが黒潮に乗って三陸沖まで回遊する。 (Wikipedia:ゴマサバ)


ゴマ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ゴマ - アマゾン検索


「ゴマ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す