[PR]

日別キーワード

第46位  藤子不二雄 - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



藤子不二雄
藤子 不二雄(ふじこ ふじお)は日本の漫画家ユニットで、本名 藤本弘(のちのペンネーム 藤子・F・不二雄)と安孫子素雄(同 藤子不二雄Ⓐ)の共同ペンネームである。1951年にコンビを結成。足塚不二雄などの名義を経て、1954年から、コンビを解消する1987年まで使用。 コンビ結成時から長らく2人で話を考え2人で絵を描いてきたが、互いの作風に変化が出てきたのちは別々に作品を執筆し、それぞれが共通の「藤子不二雄」名義で発表していた。 コンビ解消後は別々にペンネームを名乗り(藤本→「藤子・F・不二雄」、安孫子→「藤子不二雄Ⓐ」)、コンビ解消前の作品の多くがそれぞれの名義に改められた。 代表作は『オバケのQ太郎』(共作)、『ドラえもん』(藤本)、『パーマン』(藤本)、『忍者ハットリくん』(安孫子)、『怪物くん』(安孫子)など多数。 プロフィール 藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名は藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年12月1日 - 1996年9月23日、O型)。 (Wikipedia:藤子不二雄)

藤子不二雄アニメ史
藤子不二雄アニメ史(ふじこふじおアニメし)は、藤子不二雄(藤子不二雄Ⓐ・藤子・F・不二雄)の漫画を原作として制作されたアニメ作品と、その概要の一覧である。 主なテレビ作品 昭和30年代 進めシスコン(1963年12月20日-1964年3月27日) 毎週金曜18:15-18:45/フジテレビ系。番組枠内で15分放送 電通映画社、スタジオKAI、シスコ製菓、フジテレビ制作 声の出演:シスコン王子…香椎くに子、チョコ…北里美雪、ほか 朝食シリアル「シスコーン(シスコ製菓)」のマスコットキャラクター『シスコン坊や(初代のインディアンの容姿の少年)』を使ったクレイアニメ。オリジナルストーリーの漫画『シスコン王子』(藤子不二雄Ⓐ)とのタイアップ作品。藤子も脚本に関わっている模様。カラーで制作されたが、放送局にカラー放送の装置がまだ無く、やむを得ずモノクロで放送されたという。アニメに手間がかかるために予算が合わず、放送期間も14回と短命に終わった。ちなみに番組枠前半は本作よりも2ヶ月前から放送していた、人形劇の『ピノキオ』。 (Wikipedia:藤子不二雄アニメ史)

藤子不二雄アニメ
『藤子不二雄アニメ史』より : 藤子不二雄アニメ史(ふじこふじおアニメし)は、藤子不二雄(藤子不二雄Ⓐ・藤子・F・不二雄)の漫画を原作として制作されたアニメ作品と、その概要の一覧である。 主なテレビ作品 昭和30年代 進めシスコン(1963年12月20日-1964年3月27日) 毎週金曜18:15-18:45/フジテレビ系。番組枠内で15分放送 電通映画社、スタジオKAI、シスコ製菓、フジテレビ制作 声の出演:シスコン王子…香椎くに子、チョコ…北里美雪、ほか 朝食シリアル「シスコーン(シスコ製菓)」のマスコットキャラクター『シスコン坊や(初代のインディアンの容姿の少年)』を使ったクレイアニメ。オリジナルストーリーの漫画『シスコン王子』(藤子不二雄Ⓐ)とのタイアップ作品。藤子も脚本に関わっている模様。カラーで制作されたが、放送局にカラー放送の装置がまだ無く、やむを得ずモノクロで放送されたという。アニメに手間がかかるために予算が合わず、放送期間も14回と短命に終わった。ちなみに番組枠前半は本作よりも2ヶ月前から放送していた、人形劇の『ピノキオ』。 (Wikipedia:藤子不二雄アニメ)

藤子不二雄F
『藤子・F・不二雄』より : 藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日)は、日本の漫画家、脚本家。 富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作は『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』『21エモン』など。 1951年(昭和26年)、安孫子と共に『毎日小学生新聞』に投稿した「天使の玉ちゃん」が採用され、共に17歳にして漫画家デビューを果たす。製菓会社に就職するが、作業中の不意の事故により漫画が描けなくなることを恐れ3日で退社した。そして自宅で漫画の執筆に専念し、休日は新聞社で働いていた安孫子と合作した。その2年後、安孫子を無理やり誘って上京し、「藤子不二雄」の合作ペンネームでプロ漫画家としての活動を始める。2人は博学博識で、そこから生まれるユニークかつユーモア溢れるアイディアは数知れず、低年齢の子供向け作品を中心として、『オバケのQ太郎』、『パーマン』、『ドラえもん』などの国民的な大ヒット作をいくつも生み出した(二人のコンビとしての活動の詳細については、藤子不二雄の略歴を参照)。 (Wikipedia:藤子不二雄F)

藤子不二雄A
藤子 不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・エー(エイ)、本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年3月10日 - )は、日本の漫画家。大垣女子短期大学客員教授。座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」。 藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。 曹洞宗49代目住職の息子として、富山県氷見郡氷見町(現:氷見市)の光禅寺という古刹に生まれるが、1944年に父を亡くして高岡市に転居し、転入先の高岡市立定塚国民学校(現・定塚小学校)で藤本弘と知り合う。小学校時代から漫画家を志し、富山県立高岡高等学校在学中、1951年に毎日小学生新聞でデビュー。 高校卒業後、1952年に、伯父が専務を務める富山新聞社に入り、学芸部と社会部で似顔絵やインタビュー記事を担当。1954年、藤本に誘われる形で新聞社を退社。藤本と共に漫画家となるために上京する。後がない藤本と違って(藤本は製菓会社をすぐに退社した)、安定したサラリーマン生活がある安孫子は新聞社に未練があったと語っており、会社に好意を抱いていた後輩社員がいたのもその理由である。 (Wikipedia:藤子不二雄A)

藤子不二雄Ⓐ
『藤子不二雄A』より : 藤子 不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・エー(エイ)、本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年3月10日 - )は、日本の漫画家。大垣女子短期大学客員教授。座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」。 藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。 曹洞宗49代目住職の息子として、富山県氷見郡氷見町(現:氷見市)の光禅寺という古刹に生まれるが、1944年に父を亡くして高岡市に転居し、転入先の高岡市立定塚国民学校(現・定塚小学校)で藤本弘と知り合う。小学校時代から漫画家を志し、富山県立高岡高等学校在学中、1951年に毎日小学生新聞でデビュー。 高校卒業後、1952年に、伯父が専務を務める富山新聞社に入り、学芸部と社会部で似顔絵やインタビュー記事を担当。1954年、藤本に誘われる形で新聞社を退社。藤本と共に漫画家となるために上京する。後がない藤本と違って(藤本は製菓会社をすぐに退社した)、安定したサラリーマン生活がある安孫子は新聞社に未練があったと語っており、会社に好意を抱いていた後輩社員がいたのもその理由である。 (Wikipedia:藤子不二雄Ⓐ)

藤子不二雄賞
藤子不二雄賞(ふじこふじおしょう)は、小学館主催の小学館新人コミック大賞の児童漫画部門の別称。
現在、小学館ではこの名称を正式には用いていない。
藤子不二雄A 藤子不二雄Ⓐ
樫本学ヴ(第63回から)
沢田ユキオ
のむらしんぼ
青木たかお
はちのやすひこ「タムイ・シンマ」
オムライス (漫画家) オムライス「ニャンコラキッド」
ぜんきよし「カリアゲポリちゃん」
田中道明「迷犬タマ公」
いそほゆうすけ「おれのリナちゃん」
大林かおる「うわさの刑事(デカ)ちゃん」
たかや健二「スペーサーバン」
竹沢タカ子「ネの国大冒険」
ながいのりあき「GOGOゴロー!! 」
斉藤栄一「パンパカパールド」
池田淳一「アクションハンター・ピント」
(Wikipedia:藤子不二雄賞)

藤子不二雄ワイド
藤子不二雄ワイド(ふじこふじおわいど)は、1985年から1987年までテレビ朝日系で放送されたアニメ専門番組。 藤子不二雄アニメの1時間番組である。それまで帯放送(関東地区のみ)だった『パーマン』と独立30分枠だった『忍者ハットリくん』を統合し、そこに新シリーズとして『プロゴルファー猿』『エスパー魔美』などを加えた構成となっていた。当時中央公論社が提供スポンサーのひとつであり、同社が週1回発行していた週刊単行本「藤子不二雄ランド」のアニメCM(最後に新刊の告知)が流れていたのもこの番組。なお、放送枠を延長したスペシャルの際は『藤子不二雄ワイドワイド』と銘打っていた。 『ワイド』としては1987年10月13日に終了し、後継番組として『藤子不二雄ワールド』が放映された(1987年10月19日 - 1989年3月27日)。 放送時間 放映期間:1985年4月2日-1987年10月13日 テレビ朝日系、毎週火曜19:00-20:00(JST) 放送作品 1987年3月31日までパーマン (第1部) 忍者ハットリくん (第2部) - 1987年4月以降は『藤子不二雄劇場』の枠帯に移動。 (Wikipedia:藤子不二雄ワイド)

藤子不二雄ランド
藤子不二雄ランド(ふじこふじおランド)は、中央公論社(現・中央公論新社)から出版された藤子不二雄の漫画全集である。通称は「FFランド」。当時経営が低迷していた中央公論社が新事業として展開していた、「漫画刊行路線」を代表するシリーズである。 第1期全301巻と、F.F.ランド・スペシャル全30巻が発刊されたが、藤本弘(藤子・F・不二雄)が他界する1996年頃までにすでに絶版となっている。最終巻である『UTOPIA 最後の世界大戦』には第1期全301巻完結とあり、第2期刊行を匂わせたが発刊されておらず、藤子不二雄Ⓐランドを刊行した復刊ドットコムでは、第2期の投票が行なわれている。 のちに復刊ドットコムの手で復刊の企画が出るも、最終的に藤子Fサイドからの出版許可が得られず、安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)作品のみが藤子不二雄Ⓐランド(FFⒶランド)としてブッキングから出版される形となった。 (Wikipedia:藤子不二雄ランド)

藤子不二雄Aランド
『藤子不二雄ランド』より : 藤子不二雄ランド(ふじこふじおランド)は、中央公論社(現・中央公論新社)から出版された藤子不二雄の漫画全集である。通称は「FFランド」。当時経営が低迷していた中央公論社が新事業として展開していた、「漫画刊行路線」を代表するシリーズである。 第1期全301巻と、F.F.ランド・スペシャル全30巻が発刊されたが、藤本弘(藤子・F・不二雄)が他界する1996年頃までにすでに絶版となっている。最終巻である『UTOPIA 最後の世界大戦』には第1期全301巻完結とあり、第2期刊行を匂わせたが発刊されておらず、藤子不二雄Ⓐランドを刊行した復刊ドットコムでは、第2期の投票が行なわれている。 のちに復刊ドットコムの手で復刊の企画が出るも、最終的に藤子Fサイドからの出版許可が得られず、安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)作品のみが藤子不二雄Ⓐランド(FFⒶランド)としてブッキングから出版される形となった。 (Wikipedia:藤子不二雄Aランド)

藤子不二雄劇場
藤子不二雄劇場(ふじこふじおげきじょう)は、1979年4月から1989年9月まで(全国ネットとしては1987年9月まで)放送されていたテレビ朝日の藤子不二雄原作のアニメ番組枠。 1979年4月-1987年3月(単一作品時代) 関東圏ではそれまでローカルニュース枠『ANN首都圏ニュース』を放送していた月〜土曜18時50分-19時00分(1983年4月より18時45分-19時00分、ともにJST)の任意ネット帯番組枠と、日曜9時30分-10時00分(1980年3月以前は日曜8時30分-9時00分、ともにJST)の全国ネット枠からなり、後者はその週の前者の放送を30分番組に再構成して全国放送する形式だった。 (Wikipedia:藤子不二雄劇場)

藤子不二雄ワールド
藤子不二雄ワールド(ふじこふじおワールド)は1987年10月19日から1989年3月27日までテレビ朝日系で放送されていた、藤子不二雄Ⓐ(安孫子素雄)原作のアニメ番組ゾーン。1988年春ごろから、藤子不二雄のコンビ解消に伴い『藤子不二雄Ⓐワールド』と改題された。放送時間は毎週月曜18:50-19:20(JST)。 1987年秋の『ニュースシャトルANN』の開始に伴うゴールデン枠再編に伴い、月曜19時台前半に新設。それまで日曜朝の『藤子不二雄劇場』の中で放送されていた『ウルトラB』と、当番組の前身である『藤子不二雄ワイド』のころから放送されていた『プロゴルファー猿』(のちに『新プロゴルファー猿』に改題)の2本立てでスタート。ちなみに、これまで『藤子不二雄劇場』枠だった日曜朝においては1987年9月まで当枠で放送された『超人機メタルダー』が移っており、事実上の枠交換となった(『藤子不二雄劇場』としての日曜枠は廃止)。 (Wikipedia:藤子不二雄ワールド)

藤子不二雄Aワールド
『藤子不二雄ワールド』より : 藤子不二雄ワールド(ふじこふじおワールド)は1987年10月19日から1989年3月27日までテレビ朝日系で放送されていた、藤子不二雄Ⓐ(安孫子素雄)原作のアニメ番組ゾーン。1988年春ごろから、藤子不二雄のコンビ解消に伴い『藤子不二雄Ⓐワールド』と改題された。放送時間は毎週月曜18:50-19:20(JST)。 1987年秋の『ニュースシャトルANN』の開始に伴うゴールデン枠再編に伴い、月曜19時台前半に新設。それまで日曜朝の『藤子不二雄劇場』の中で放送されていた『ウルトラB』と、当番組の前身である『藤子不二雄ワイド』のころから放送されていた『プロゴルファー猿』(のちに『新プロゴルファー猿』に改題)の2本立てでスタート。ちなみに、これまで『藤子不二雄劇場』枠だった日曜朝においては1987年9月まで当枠で放送された『超人機メタルダー』が移っており、事実上の枠交換となった(『藤子不二雄劇場』としての日曜枠は廃止)。 (Wikipedia:藤子不二雄Aワールド)


藤子不二雄 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

藤子不二雄 - アマゾン検索


「藤子不二雄」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す