[PR]

日別キーワード

第49位  北野天満宮 - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



北野天満宮
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は、京都市上京区にある神社。旧称は北野神社。二十二社(下八社)の一社。旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「星梅鉢紋」。 通称として天神さん・北野さんとも呼ばれる。福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われている。近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めている。 祭神 祭神は以下の3柱。 主祭神 菅原道真公 相殿神 中将殿 - 菅原高視(道真長子)を指す 吉祥女 - 道真正室を指す 延喜3年(903年)、菅原道真が無実の罪で配流された大宰府で没した後、都では落雷などの災害が相次いだ。これが道真の祟りだとする噂が広まり、御霊信仰と結びついて恐れられた。そこで、没後20年目、朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈った。天慶5年(942年)、右京七条に住む多治比文子(たじひのあやこ)という少女に託宣があり、5年後にも近江国の神官の幼児である太郎丸に同様の託宣があった。 (Wikipedia:北野天満宮)

北野天満宮 (福岡県)
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は、福岡県久留米市北野町に位置する神社。主な祭神は無実の罪で大宰府に流された菅原道真。祭神、菅原道真公とカッパについての伝説もあり、現在でも「カッパの手」が天満宮の宝物として保管されている。
毎年7月の最終金曜日に縁日が開かれている。
境内には県の天然記念物に指定されている樹齢900年の大樟がある。
天喜2年(1054年)に創建
おくんち 10月の第3日曜日
天満宮
天神信仰
福岡県の神社 きたのてんまんくう
天満宮 きたのてんまんくう
久留米市 きたのてんまんくう
Kitano Tenman-gū
Kitano Tenman-gū
(Wikipedia:北野天満宮 (福岡県))

北野天満宮 (久留米市)
北野天満宮(きたのてんまんぐう)は、福岡県久留米市北野町に位置する神社。主な祭神は無実の罪で大宰府に流された菅原道真。祭神、菅原道真公と河童 カッパについての伝説もあり、現在でも「カッパの手」が天満宮の宝物として保管されている。
毎年7月の最終金曜日に縁日が開かれている。
境内には県の天然記念物に指定されている樹齢900年の大樟がある。
天喜2年(1054年)に創建
おくんち 10月の第3日曜日
天満宮
天神信仰
福岡県の神社
天満宮
久留米市
(Wikipedia:北野天満宮 (久留米市))


北野天満宮 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

北野天満宮 - アマゾン検索


「北野天満宮」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す