[PR]

日別キーワード

第57位  カードキャプターさくら - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



カードキャプターさくら
『カードキャプターさくら』(CARDCAPTOR SAKURA)は、CLAMPによる日本の漫画作品、またはそれを原作にしたテレビアニメ、アニメ映画、ゲームなどのメディアミックス作品。「CCさくら(さらに略してCCS)」と略されることがある。 講談社の少女漫画雑誌『なかよし』にて1996年(平成8年)6月号から2000年(平成12年)8月号まで連載された。単行本は全12巻あり、全50話で構成され、第6巻収録の26話までが「クロウカード編」、第7巻収録の27話以降が「さくらカード編」となる。通常版の他、バイリンガル版と判型の大きな新装版、なかよし60周年記念版がある。2001年(平成13年)に第32回星雲賞(コミック部門)を受賞した。単行本の累計発行部数は約1200万部を突破している。アニメ化、ゲーム化などのメディアミックス展開もされた。 2016年3月3日発売のなかよし4月号において、連載開始20周年記念プロジェクトの一環として連載終了後初となる新作掲載が発表された。 (Wikipedia:カードキャプターさくら)

カードキャプターさくらの登場人物
このカードキャプターさくらの登場人物では、漫画・アニメ『カードキャプターさくら』に登場するキャラクターを紹介する。 主要人物 木之本桜(きのもと さくら) 声 - 丹下桜 主人公。通称・さくら。私立友枝小学校に通う小学4年生。4月1日生まれ(誕生花はソメイヨシノ)。A型。好きな花は桜。好きな色はピンクと白。「はにゃーん」「ほえ〜」(時々「はう〜」)などが口癖。チアリーディング部所属。父親の書庫にあったクロウカードの本の中で眠っていた「封印の獣」ケルベロスにカードキャプターにさせられた(原作とアニメではこの辺の経緯が多少異なる)。最初は、カードの収集にあまり乗り気ではなかったが、カードを集めていくうちにケルベロスやカード達と仲良くなり、カード収集を自ら進んで行う。 明るく素直で優しく、非常に友達思いの性格。そして少々天然。前向きな頑張り屋で、「絶対だいじょうぶだよ」が無敵の呪文。3歳の時に母親を亡くし、父と兄の3人暮らし。大抵の家事はこなせるが、裁縫(特に編み物)は少し苦手。エビフライや麺類が好きで、こんにゃくが嫌い。 (Wikipedia:カードキャプターさくらの登場人物)

カードキャプターさくら クロウカードマジック
『』より : (Wikipedia:カードキャプターさくら クロウカードマジック)


カードキャプターさくら - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カードキャプターさくら - アマゾン検索


「カードキャプターさくら」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す