[PR]

日別キーワード

第66位  JRA - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



JRA
JRA 日本中央競馬会 (Japan Racing Association) 若年性関節リウマチ (Juvenile Rheumatoid Arthritis) 日本レンタカー協会 (Japan Rent-a-car Association) 全日本爬虫類皮革産業協同組合 (JAPAN REPTILE ASSOCIATION) ニューヨーク西30丁目ヘリポート (West 30th St. Heliport)のIATA空港コード 日本赤軍 (Japanese Red Army) 日本冷凍空調工業会標準規格 (The Japan Refrigeration and Air Conditioning Industry Association Standards)。 (Wikipedia:JRA)

JRA賞
JRA賞(ジェイアールエーしょう)とは、おもに中央競馬における活躍をたたえるために設けられている日本中央競馬会 (JRA) の年間表彰制度である。 中央競馬の活躍をたたえるための賞として1954年に競馬予想紙を発行していた啓衆社が設けた啓衆賞が最初であり、その後1972年にJRAの機関紙である優駿の主催で優駿賞に変更。現在のJRAの主催となったのは1987年からで、そのときからJRA賞という名称に変更された。 JRA賞は競走馬に関する表彰、調教師や騎手に関する表彰、また馬事文化の発展に顕著な功績のあった個人・団体を表彰するJRA賞馬事文化賞を含めて22の部門からなる。 毎年1月に前年度の表彰が行われる。 競走馬に関する表彰 現在設けられている部門は以下の通り。 年度代表馬 最優秀2歳牡馬 最優秀2歳牝馬 最優秀3歳牡馬 最優秀3歳牝馬 最優秀4歳以上牡馬 最優秀4歳以上牝馬 最優秀短距離馬 最優秀ダートホース 最優秀障害馬年度代表馬については、各部門賞選出馬の中から選ばれる。 (Wikipedia:JRA賞)

JRA賞最優秀3歳牝馬
JRA賞最優秀3歳牝馬(JRAしょう さいゆうしゅう さんさいひんば)は、JRA賞の競走馬部門の1つ。2001年以降は、該当年度中に活躍した3歳牝馬の競走馬に対して記者投票を行いその合計票数が1位だった馬が選出される。2000年まではJRA賞最優秀4歳牝馬という名称だったが、馬齢表記改正に伴って改称された。賞名および表彰団体はJRA賞 JRA賞年度代表馬と同様に啓衆社賞、優駿賞、JRA賞に引き継がれている。
馬齢は2000年までは旧表記。
※勝ち鞍の後の*印はJpnIを指す。
中央競馬
競馬の表彰
(Wikipedia:JRA賞最優秀3歳牝馬)

JRA賞馬事文化賞
JRA賞馬事文化賞(ジェイアールエーしょうばじぶんかしょう)とは、日本中央競馬会(JRA)が、文学・評論・美術・映画・音楽などの文化活動を通じて、馬事文化の発展に顕著な功績のあった個人・団体を表彰する目的で1987年に創設した賞である。 該当年の前年11月から該当年の10月までの1年間に出版・企画・開催された馬に関する文化作品について、文化賞選考委員会において選考される。なお、記者投票などによって決定される競走馬の部門や、成績によって決定される調教師・騎手の部門など、ほかのJRA賞(表彰式は同時・同場所開催)とは性質を異とするものである。略してJRA馬事文化賞、または馬事文化賞と呼ばれることもある。部門賞として、永年に渡り馬事文化の普及発展に貢献した人物・団体を表彰する「功労賞」が設けられている。 歴代受賞者・受賞団体・受賞作 功労賞 馬事文化活動に概ね30年以上携わっている者で、その振興・発展に顕著な貢献があったと認められる人物・団体を表彰するため、2009年度より部門賞という形で「功労賞」が創設された。 (Wikipedia:JRA賞馬事文化賞)

JRAゴールデンジュビリーキャンペーン
JRAゴールデンジュビリーキャンペーンとは日本中央競馬会(JRA)が2004年に実施した、創立50周年を記念するキャンペーンの名称である。「ゴールデン・ジュビリー」とはイギリスの王族の結婚50周年記念日(金婚式)の時に使われる表現であるという(ロイヤルアスコット開催のゴールデンジュビリーステークスもエリザベス2世即位50周年によるものでほぼ同様の意義)。具体的には以下の諸企画を実施した。 キャンペーン内容 映画『シービスケット』に協賛し、関連キャンペーン(クイズオープン懸賞)を実施。 名馬メモリアル(年度代表馬を中心にJRAの歴代の名馬を称える記念レース開催、キャンペーン映像・ポスターの展開) 各競馬場で「JRA創設50周年記念競走」と題した競走を開催し、その当該週はファン感謝デーを実施した。 JRA創設50周年記念競走 金鯱賞(中京競馬場、5月29日) 宝塚記念(阪神競馬場、6月27日) 七夕賞(福島競馬場、7月11日) 函館記念(函館競馬場、7月25日) 札幌記念(札幌競馬場、8月22日) 小倉記念(小倉競馬場、8月15日) 新潟記念(新潟競馬場、8月29日) スプリンターズステークス(中山競馬場、10月3日) 菊花賞(京都競馬場、10月24日) 天皇賞(秋)(東京競馬場、10月31日) 第2回函館、第1回札幌競馬(7〜9月開催)期間中は、薄暮競走を開催した。 (Wikipedia:JRAゴールデンジュビリーキャンペーン)

JRAターフジョッキー
JRAターフジョッキー(じぇいあーるえーターフジョッキー)は、KBS京都ラジオ放送で1991年から2005年に毎週放送された競馬情報番組。 放送の沿革 1991年4月 毎週火曜日21:30~21:50(野球シーズン中は原則)の枠で放送開始。 当時の出演者 関島秀樹(シンガーソングライター 主として京都で活躍) 星野亮子(フリーアナウンサー) 蔵内哲爾(大阪日刊スポーツ競馬記者) 番組の前半は前週に行われた中央競馬の重賞競走についてのレース回顧を実況と蔵内の解説を交えて展開し、後半は競馬関連の話題、および今週の重賞競走の出走予定馬についての解説・予想を行った。 またその後はGI競走開催週に限り「私のあの馬・あのレース」と題したリスナーからのレースリクエストコーナーを放送した。 2001年4月 番組10周年をきっかけに関島が勇退。代わって競馬中継担当の久保房郎アナウンサーが出演。 2001年7月 出馬投票の木曜日全面実施(出走馬が確定する)に伴い放送曜日が毎週木曜日(時間変わらず)に移行し、番組を全面リニューアル。 (Wikipedia:JRAターフジョッキー)

JRA2歳認定競走
JRA2歳認定競走(ジェイアールエーにさいにんていきょうそう)は、地方競馬におけるサラブレッド系2歳馬による競走のうち、日本中央競馬会(JRA)が主催する中央競馬における特定の競走の出走権が付与されるものである。 実施当初は全馬初出走だけで構成される競走(認定初出走・認定新馬戦)と、認定馬(後述)でない馬のみ出走できる競走(認定未勝利)のみで組まれていた。いずれかを勝利した競走馬は認定馬として扱われ、中央競馬(JRA)の特別指定交流競走(「特指」と略されることが多い)に出走可能となるほか、中央競馬へ転厩する際に「認定馬房」と呼ばれる専用馬房が使用できるなどの待遇が受けられる。認定競走は全出走馬がサラブレッド系でなければならなかったり、施行できる距離(競馬場毎に異なる)などに制限がある。 賞金は中央競馬から90%の補助が出ており、年々賞金が減少する地方競馬にとっては高額競走となっているが、当初は重賞を勝った馬が認定未勝利に出るといったねじれも起きていた。 (Wikipedia:JRA2歳認定競走)

JRA競馬博物館
『競馬博物館』より : JRA競馬博物館(ジェイアールエーけいばはくぶつかん)とは、日本中央競馬会(JRA)が運営する競馬を専門にした展示施設である。1991年10月26日にオープンした。 東京競馬場(東京都府中市)の敷地内にあり、競馬の誕生から日本の競馬の普及・発展、歴史、競馬開催の舞台裏など、競馬のあらゆる情報を展示しているほか、円形の全周映像で競馬の関連映像資料を上映する映像ホールが設えられている。また、競馬・馬事文化に関する特別展示が随時実施されている。 詳細 エントランスホールに続いて中庭に沿い、メモリアルホールと映像ホール、ミュージアムパドックとギャラリー、また特別展示室がある。2Fには、展示室・展示室2・展示室3・テーマコーナーとロビーがある。レーシングシミュレーションなどが供えられている。 施設内では中央競馬における顕彰馬(2011年で29頭)、調教師・騎手顕彰者の功績を讃える展示が行われており、日本中央競馬会(JRA)によって競走馬や競馬関係者が顕彰されることを「殿堂入り」ともいう。 (Wikipedia:JRA競馬博物館)

JRA MUSIC TURF
JRA MUSIC TURF(ジェイアールエー ミュージック・ターフ)は、千葉県のFMラジオ局・ベイエフエム(bayfm)で2000年から2011年まで毎週土曜日18:00~18:55まで放送されていた、中央競馬に関する情報番組である。スポンサーは日本中央競馬会(JRA)。 ちなみに当番組の前番組は、ミュージシャンKATSUMIがパーソナリティをつとめた『JRA Presents DOUBLE FACE』だったが、JRAがスポンサーにもかかわらず、競馬情報は皆無だった。 DJは竹山まゆみ。初心者にも分かりやすく競馬の魅力や楽しさをレクチャーすることをコンセプトに、主に放送翌日の日曜日に行われる重賞競走の解説や過去のデータ、そして竹山自身の予想などを交えながらトークを行う。 競馬評論家・水上学→元ジョッキーの細江純子が回答する聴取者からの質問コーナーが有り、GI競走の前日には予想も披露された。 bayfmと同じ千葉県にJRAの中山競馬場がある関係から、同競馬場での番組出演者との競馬観戦イベントなども開催された。 (Wikipedia:JRA MUSIC TURF)


JRA - 関連ブログ

データが取得できませんでした

JRA - アマゾン検索


「JRA」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す