[PR]

日別キーワード

第84位  カツオ - 2018年06月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



カツオ
カツオ(鰹、松魚、堅魚、英名 bonito もしくは skipjack>料理名などは、skipjack という名称よりも bonito が好まれて使われている。学名 Katsuwonus pelamis )は、スズキ目・サバ科に属する魚の一種。暖海・外洋性の大型肉食魚で、1種のみでカツオ属 Katsuwonus を構成する。 刺身やたたきなどで食用にする他、鰹節の原料でもあり、日本の魚食文化とは古くから密接な関係がある。また、鰹の漁が盛んな地域では郷土料理として鰹料理が多い。 地方名やマナガツオとの判別名としてホンガツオ、マガツオ(各地)コヤツ、ビンゴ(仙台 : 若魚)ヤタ(仙台 : 成魚)サツウ(小名浜)マンダラ(北陸)スジガツオ(和歌山・高知)などがある。 大型のものは全長1m・体重18kgに達するが、漁獲が多いのは全長50cm程である。体は紡錘形で尾鰭以外の各鰭は小さい。鱗は目の後方から胸鰭・側線周辺だけにある。 背側は濃い藍色で、腹側は無地の銀白色。興奮すると腹側に4-10条の横縞が浮き出る。死ぬと横縞が消え、縦縞が現れる。 ヒラソウダ、マルソウダ、スマ、ハガツオなどの類似種は腹側に縞模様が出ないので区別できる。 (Wikipedia:カツオ)

カツオブシ
『鰹節』より : 鰹節(かつおぶし)は、カツオの肉を加熱してから乾燥させた日本の保存食品。鰹節やその他の節類(後述)を削ったものを削り節と呼ぶ。おかかは鰹節、または削り節のこと。 サバ科のカツオを材料とし、魚体から頭、鰭、腹皮と呼ばれる腹部の脂肪の多い部分を切り落とし、三枚以上におろし、「節」(ふし)と呼ばれる舟形に整形してから加工された物を指して鰹節と言う。 加工工程の差異によって、鰹を茹で干したのみの生利節(なまりぶし)、それを燻製にしたさつま節・荒節(あらぶし)、荒節にカビを付けることにより水分を抜きながら熟成させる工程を繰り返した本節・枯節(かれぶし)・本枯節(ほんかれぶし)・仕上げ節がある。鰹節という呼称は燻製法ができる江戸時代以前にすでに用いられており、上記のような各種のものを総じて呼ぶ事もある。 カビを生やした枯節には、うま味成分やビタミン類が他の鰹節より多く含まれ、高級品として扱われている。 伝統的な枯節は、土佐、薩摩、阿波、紀伊、伊豆など太平洋沿岸のカツオ主産地で多く生産されてきた。 (Wikipedia:カツオブシ)

カツオのたたき
『鰹のタタキ』より : 鰹のタタキ(かつおのタタキ)は、カツオを用いた魚料理(刺身の一種)。鰹を節に切り、表面のみをあぶったのち冷やして切り、薬味とタレをかけて食べるもので、別名「土佐造り」とも言う。 起源 漁師のまかない料理から発達した説や、鰹節を作るときに残る部分を皮付きのまま串に刺して焼いたとするカツオ節派生説、土佐藩主・山内一豊が食中毒防止を理由として鰹の刺身を禁じたため表面のみを焼いて焼き魚と称して食べられた、さらに、魚の皮下に居る寄生虫などを殺すためとする説、あるいは明治時代になってから高知に来県した西洋人が、鯨肉を生焼にしてビフテキ代わりにした調理法を鰹に応用した等、様々な説がある。 (Wikipedia:カツオのたたき)

カツオノカンムリ
カツオノカンムリ(鰹の冠、学名:Velella velella)はヒドロ虫綱の群体性クラゲの1種。暖海性・外洋性で、黒潮海域に生息する。しばしばカツオの群れと一緒に見つかるのでこの名がある。 鍋蓋状の気泡体(水辺板)の上に三角形の帆を持ち、風に乗って移動する。下面には摂餌専用の個体である栄養体、周縁には餌捕獲を行なう触手状の個体である感触体を持つ。水平板の周縁は鮮やかな青藍色で、中央は無色透明。気泡体の年輪状の模様の中は気体が入っており、それで水上に浮かぶ。完全に水面を突き抜けて気中に顔を出すのは、大部分のクラゲには見られない特徴である。触手の刺胞に刺されると激しく痛む。 カツオノエボシや、近縁のギンカクラゲと共に、黒潮に乗って夏期に日本に近付く。台風の後など、よく砂浜の一箇所にまとめて打ち上げられていることがある。 なお、このクラゲは群体性であるため、管クラゲ類に所属するものと考えられて来た。しかし、生殖個体として小さなクラゲを作る事から、クラゲに見えるのは、浮きをもつ、群体性ポリプであるとの判断となった。 (Wikipedia:カツオノカンムリ)

カツオドリ科
カツオドリ科(-か、Sulidae)とは、動物界脊索動物門鳥綱カツオドリ目に属する科。 分布 インド洋、大西洋、太平洋、地中海 形態 全長60-85cm。嘴は長く、先端には鋸状の突起があり咥えた獲物を逃がさない様になっている。海面に急降下する際に海水が入らないように鼻孔はふさがっている。翼や尾羽は長い。 生態 海洋に生息する。繁殖期を除いて陸に上がることはない。 食性は動物食で、魚類や軟体動物を食べる。羽ばたいて空中に静止(ホバリング)して獲物を探し、獲物を見つけると上空から急降下して潜水し捕らえる。 繁殖形態は卵生で、樹上や断崖等に巣を作り1回に1-4個(多くの種では1個)の卵を産む。多くの種では1羽の雛しか育てない。集団営巣し、大規模な繁殖地(コロニー)を形成する。 分類 シロカツオドリ属 Morus Morus bassanus シロカツオドリ Northern gannet Morus capensis ケープシロカツオドリ Cape gannet Morus serrator オーストラリアシロカツオドリ Australasian gannetモモグロカツオドリ属 Papasula Papasula abotti モモグロカツオドリ Abbott's boobyカツオドリ属 Sula Sula dactylatra アオツラカツオドリ Masked booby Sula leucogaster カツオドリ Brown booby Sula nebouxii アオアシカツオドリ Blue-footed booby Sula sula アカアシカツオドリ Red-footed booby Sula variegata ペルーカツオドリ Peruvian booby 人間との関係 漁業者に魚がいる目印として利用された。 (Wikipedia:カツオドリ科)

カツオノエボシ
カツオノエボシ(鰹の烏帽子、学名:Physalia physalis、英名:Portuguese Man O' War)は、クダクラゲ目カツオノエボシ科 Physaliidae に属する刺胞動物。猛毒をもち電気クラゲの別名があり、刺されると強烈に痛む。刺されたヒトの死亡例もある。 ヒドロ虫の仲間に属し、英語で Jellyfish (ジェリーフィッシュ)と呼ばれるミズクラゲやエチゼンクラゲなどのいわゆるクラゲとは異なる。1個体に見えるのは、実は多くのヒドロ虫が集まって形成された群体である。 本州の太平洋沿岸にカツオが到来する時期に海流に乗ってきて、浮き袋の見た目が烏帽子に似ていることから三浦半島や伊豆半島でカツオノエボシと呼ばれるようになった。 英名の Portuguese Man O' War は「ポルトガルの軍艦」の意。海上に出ている部分が、帆を張ったポルトガルのキャラベル船に似ていることから名前が付けられた。またその色と形状から、Bluebubble や Bluebottle とも呼ばれる。 (Wikipedia:カツオノエボシ)

カツオブシムシ
カツオブシムシ(鰹節虫)は甲虫目カブトムシ亜目カツオブシムシ科(Dermestidae)の昆虫の総称。 多くはたくさんの細毛に覆われ、蚕蛹(絹)や毛織物などの繊維質を餌とする害虫。一般に、衣類や生物標本の防虫剤などで防ぐ害虫は本グループの昆虫である。基本的に繊維質を餌とするのは幼虫であって、成虫は花の蜜を餌としている。干からびた動物のタンパク質を食べ、骨は食べないという性質を利用して、脊椎動物の骨格標本作りにも利用されている。 Trogoderma は穀物にたかり、Thaumaglossa はカマキリの卵嚢を好む。 人毛の摂取に関して  幼虫のカツオブシムシに人毛を与えると摂食が確認された。しかし、頭髪の場合、コンディショナーやリンスをしている人が多いせいか、その摂取量はわずかで、その他部位の人毛を好んで食べる。ただし、詳しい摂取量については未測定である。 日本に分布している代表的な種類 ホソマメムシTrogoderma inclusum オビカツオブシムシAttagenus fasciatus(Thunberg) アカオビカツオブシムシDermestes vorax ハラジロカツオブシムシDermestes maculatus de Geer カドムネカツオブシムシDermestes coarctatus Harold ケアカカツオブシムシDermestes tessellatocollis Motschulsky シモフリカツオブシムシ フイツカカツオブシムシ トビカツオブシムシDermestes ater de Geer スジカツオブシムシTrogoderma inclusum freudi ヒメカツオブシムシAttagenus unicolor japonicus シラホシカツオブシムシAttagenus pellio カマキリタマゴカツオブシムシThaumaglossa rufocapillata  アカマダラカツオブシムシTrogoderma inclusum シロオビカツオブシムシAnthrenus nipponensis Kalik et N.Ohbayashi ヒメマルカツオブシムシ Anthrenus verbasci ベニモンカツオブシムシOrphinus japonicus Arrow チビケカツオブシムシ Trinodes rufescens Reitter                                      ヒメアカカツオブシムシTrogoderma granarium Everts [Dermestidae] インド原産であり、アジア、アフリカ、ヨーロッパ等に分布している。 (Wikipedia:カツオブシムシ)

カツオドリ科 (Sibley)
カツオドリ科 Sulidae は、鳥類の分類名のひとつ。
海鳥 海鳥類。
コウノトリ目 (Sibley) コウノトリ目>
コウノトリ亜目 (Sibley) コウノトリ亜目>
コウノトリ下目 (Sibley) コウノトリ下目>
カツオドリ小目 (Sibley) カツオドリ小目>
カツオドリ上科 (Sibley) カツオドリ上科>
カツオドリ科 (Sibley) カツオドリ科
”Papasula abbotti”, w:Abbott”s Booby, モモグロカツオドリ
”Morus bassanus”, w:Northern Gannet, シロカツオドリ
”Morus capensis”, w:Cape Gannet, ケープシロカツオドリ
”Morus serrator”, w:Australian Gannet, オーストラリアシロカツオドリ
”Sula nebouxii”, w:Blue-footed Booby, アオアシカツオドリ
”Sula variegata”, w:Peruvian Booby, ペルーカツオドリ
(Wikipedia:カツオドリ科 (Sibley))

カツオクジラ
カツオクジラ(鰹鯨、学名:Balaenoptera edeni)は、ヒゲクジラ亜目の一種。ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属する。 名前の由来は、カツオが群れる習性があるため。 分類 本種はかつて、イワシクジラおよびニタリクジラと同一の種とされていた。このため、「カツオクジラ」という名称はイワシクジラやニタリクジラの別名でもあったが、ニタリクジラとイワシクジラが別種であることが判明した際に、ニタリクジラに類する習性であるため、この別名はニタリクジラに引き継がれ、更に本種がニタリクジラから分けられる際にこの和名が付けられた。なお、正式に決まるまでこの鯨種の和名としてエーデンクジラ(読み方からイーデンクジラとも)の名も検討されていた。 新たに分類され、情報が少ない種類であるが、東シナ海及び高知県、和歌山県沖の体長が小さい沿岸型ニタリクジラとされていたのはカツオクジラである。 ニタリクジラとの識別 ホエールウォッチング 本種はニタリクジラより比較的に沿岸性であり、単一海域に定住する個体群も存在する。 (Wikipedia:カツオクジラ)

カツオドリ
カツオドリ(鰹鳥、Sula leucogaster)は、動物界脊索動物門鳥綱ペリカン目カツオドリ科カツオドリ属に分類される鳥類。英名のガネットで呼ばれることもある。 分布 インド洋、南大西洋、太平洋西部および中東部、カリブ海 日本では亜種カツオドリが仲御神島、伊豆諸島、硫黄列島、小笠原諸島、草垣群島、尖閣諸島で繁殖する。鹿児島湾での観察記録もあり、2005年5月には兵庫県の瀬戸内海でも観察され、写真も撮影されている。 形態 全長64-74cm。翼開張130-150cm。体重1kg。全身は黒い褐色の羽毛で被われる。腹部や尾羽基部下面(下尾筒)は白い羽毛で被われる。種小名leucogasterは「白い腹の」の意。翼の色彩も黒褐色だが、人間でいう手首(翼角)より内側の下中雨覆や下大雨覆は白い。 嘴や後肢の色彩は淡黄色。 オスは眼の周囲にある露出した皮膚が黄緑色。メスは眼の周囲にある露出した皮膚が黄色。幼鳥や若鳥は腹部や下尾筒に黒褐色の斑紋が入る。 分類 4亜種に分かれるとされる。 Sula leucogaster (Boddaert, 1783) Sula leucogaster plotus  カツオドリ - など 生態 熱帯や亜熱帯の海洋に生息する。 (Wikipedia:カツオドリ)

カツオドリ小目 (Sibley)
カツオドリ亜目(かつおどりあもく、学名 Sulae)は、鳥類カツオドリ目(またはペリカン目)の亜目である。 Sibley et al. (1988) はカツオドリ小目 Sulida とした。カツオドリ上科 Suloidea とも(ただしカツオドリ上科は別の群を意味することもある)。 4本の趾(あしゆび)全てが発達した蹼(みずかき)でつながっている全蹼足を持つ系統である。以前は、系統は異なるが同じ全蹼足のペリカン科と共にペリカン亜目 Pelecani とすることもあった。 出典 ==。 (Wikipedia:カツオドリ小目 (Sibley))

カツオドリ上科 (Sibley)
シブリー・アールキスト鳥類分類(シブリー・アールキストちょうるいぶんるい、Sibley-Ahlquist鳥類分類)は、1990年前後に チャールズ・シブリー、ジョン・アールクィスト、バート・L・モンローによって発表された鳥類の分類体系である。 骨格などの形態データーを元に行われていた従来の分類方法とは大きく異なり、DNA-DNA分子交雑法という分子生物学的手法を初めて導入し、鳥類全体を同一の基準で包括的に分類した唯一の分類体系であるが、後述のようにさまざまな問題が指摘され、広く受け入れられることはなかった。 2008年には、遺伝子の分子解析により、新たな系統樹が見出された。これは、シブリー・アールキスト鳥類分類とは大きく異なるが、特に問題もないようなので、かなり受け入れられている。ただし公的に標準の位置を占めるには、まだ時期尚早であるようだ。 鳥類分類の課題 鳥類の古典的な分類方法では形態的特徴を元に分類がなされており普及しているものの、分類に恣意性があること、進化を考慮した分類ではないこと、すなわち各目の単系統性や目間の類縁関係など不明点が多いこと、など課題が多く指摘されていた。 (Wikipedia:カツオドリ上科 (Sibley))

カツオドリ小目 (Sibley)
カツオドリ亜目(かつおどりあもく、学名 Sulae)は、鳥類カツオドリ目(またはペリカン目)の亜目である。 Sibley et al. (1988) はカツオドリ小目 Sulida とした。カツオドリ上科 Suloidea とも(ただしカツオドリ上科は別の群を意味することもある)。 4本の趾(あしゆび)全てが発達した蹼(みずかき)でつながっている全蹼足を持つ系統である。以前は、系統は異なるが同じ全蹼足のペリカン科と共にペリカン亜目 Pelecani とすることもあった。 出典 ==。 (Wikipedia:カツオドリ小目 (Sibley))


カツオ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

カツオ - アマゾン検索


「カツオ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す