[PR]

日別キーワード

第17位  日本サッカー協会 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本サッカー協会
公益財団法人日本サッカー協会(にほんサッカーきょうかい、英語: Japan Football Association、略称:JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する団体として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする。 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や日本フットボールリーグ(JFL)、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)の試合や天皇杯全日本サッカー選手権大会、皇后杯全日本女子サッカー選手権大会などの公式サッカー大会を主催する。プロ・アマの活動を一本化して管理している。なお、現在のJFAは独立採算制であり、国の税金は一切入っていない。現在、サッカーくじtotoから3億円以下程度の助成金が入るようになったが、これはJFA全収入の3%以下でしかない(2010年度)。JFAの予算および決算、その活動についてはJFA公式ウェブサイトや機関誌で公開されている。詳しくはJFA財務内容の項で後述する。2012年4月1日より財団法人から公益財団法人へ移行し、文部科学省から完全に独立した。 (Wikipedia:日本サッカー協会)

日本サッカー協会チーム登録種別
日本サッカー協会によるチーム登録種別(チームとうろくしゅべつ)とは、同協会によって年代別・性別に区分されたサッカーチームの分類のこと。 日本サッカー協会では、同協会またはその下部組織が主催する競技会への出場を希望するチームに対して、協会への加盟登録を義務付けている。この際、あらかじめ規約によって定められた種別に従ってチームの種別を決め、大会への出場資格等を指定する際に用いている。 なお加盟チームはチーム登録に加え、そのチームから公式試合に出場する選手について、選手登録を行う必要がある。 加盟チーム種別 日本サッカー協会においては、第1~4種、女子、およびシニアの合計6種類の種別がある。主に年齢によって区分されており、登録前年度の3月31日における年齢を基準としている。 第1種 年齢に関する制限のないチームを指す。一般には男子のプロチーム、アマチュア一般社会人チーム(実業団チーム、クラブチーム、学生・社会人の混合チームなど)、大学チーム、専門学校チームなどがこれに該当する。 (Wikipedia:日本サッカー協会チーム登録種別)

日本サッカー協会指導者ライセンス
日本サッカー協会指導者ライセンス(にほんサッカーきょうかいしどうしゃライセンス)とは、日本サッカー協会が認定するサッカー指導者の資格制度である。最上位は公認S級コーチであり、以下A級-D級が存在する。協会は2003年11月時点の総取得者数を約39400人としている。 日本のサッカーでは長年企業・学校スポーツとの兼ね合いから、監督・コーチなど指導者はそのサッカー部が所属する企業や学校の職員を兼務することが通例とされていたが、1993年の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の設立で、サッカーの指導に専念するプロの指導者の育成が急務となった。日本サッカー協会が、Jリーグのトップチームの監督としてチームを指揮する場合「公認S級コーチ」資格取得を必須条件にしたことをきっかけに、将来の監督候補者のための指導者養成が本格的に始まった。 多くのサッカー選手経験者はサッカーの指導法を学ぶため、協会公認のC級 → B級 → A級のライセンスを取得するための勉強会やチーム指導などの実地経験を経て、さらにJリーグのチームや日本代表チームの監督を目指す者はS級を取得する。 (Wikipedia:日本サッカー協会指導者ライセンス)


日本サッカー協会 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日本サッカー協会 - アマゾン検索


「日本サッカー協会」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す