[PR]

日別キーワード

第36位  自由党 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



自由党
自由党(じゆうとう)は、各国にある政党の名称のひとつ。一般的には自由主義政党の名称であるが、中道左派の社会自由主義、中道右派の新自由主義、更にはオランダ自由党のような極右・民族主義など様々な立場の政党の名称として使用されている。 日本の自由党 自由党(明治) 本節では、明治時代に創設された日本最初の近代政党である「自由党」と同党解散後、帝国議会開設時の大同団結運動を経て、旧自由党勢力による再結集によって再興された「立憲自由党」(後に旧称である「自由党」に戻す)を扱う。 自由党 (日本 1881-1884) 自由党 (日本 1890) 自由党 (日本 1890-1898) 国民自由党 (日本) 東洋自由党 自由党(日本 1945-1955) 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結した後の政党復活から、1955年(昭和30年)に「55年体制」が成立するまで存在した日本の保守政党。 (Wikipedia:自由党)

自由党 (日本)
自由党(じゆうとう)は、かつて日本に存在した政党。
現在、日本において「自由党」の名称を持つ政党は存在しない。(政治団体としては存在する)
板垣退助らが結成した日本最初の近代政党。明治14年(1881年)、国会開設の詔が出たことを受けて、国会期成同盟が発展して結党された。初代総理(党首)は板垣。フランス流急進主義の影響が強く、一院制、主権在民などを主張した。自由民権運動の担い手として全国に組織を広げるも、自由党急進派は貧農とむすびついて(激派)、様々な事件を起こす。明治15年(1882年)の福島事件、加波山事件や秩父事件が有名。これらの事件で政府と衝突し弾圧された。執行部は地方の急進派を押さえきれず解散した。
(Wikipedia:自由党 (日本))

自由党 (香港)
自由党(じゆうとう)は、企業経営者を中心に構成される香港の政党である。党首は、田北俊。 沿革と概要 前身は、啓聯資源中心 (啟聯資源中心、Co-operative Resources Centre) である。1991年の立法局選挙で民主派が圧勝したため、危機感を抱いた立法局や行政局の非官守議員(官僚ではない非民選議員)らが、1992年に啓聯資源中心を結成し、1993年に自由党へと発展解消した。 自由放任政策や、低い課税率の維持、被雇用者に厳しい労働政策を支持している。また、構成員には企業幹部や経営者が多く、中国本土の市場や経済に強い利害関心を持つ。そのため保守的かつ香港返還前当初の親英派から政治経済情勢の変化に対応して親中的な傾向が強い政党に変わった。民主化(行政長官の直接選挙や、立法会の完全民選化)にも消極的である。 ただし、政府により非民選議員に任命された財界人が結成した政党であるため、政党組織は小さく、社会的な支持基盤がない。そのため、民選枠において議席を獲得することは難しい。現在でも職能団体からの選出枠に大きく依存している。 (Wikipedia:自由党 (香港))

自由党 (イギリス)
自由党(じゆうとう、Liberal Party)は、かつて存在したイギリスの政党。 前身は「ホイッグ党」で、旧カニング派、急進派との合流により1830年頃、後に知られる自由党の原型が成立した。 その後、1840年代に保守党からピール派が合流。自由党はこれら諸派の連合した政党としての性格を持つ。1859年の第2次パーマストン内閣の成立を一つの契機として、正式に自由党が成立したと考えられている。 1920年代までは「保守党」と二大政党制を形成し、多くの首相を輩出した。 労働党の勢力拡大に伴って次第に勢力が衰退し、小政党に甘んじることになった。1983年から労働党右派の議員が離党して結成した社会民主党と選挙連合を組み、共同のマニフェストを掲げて選挙戦を戦った。この同盟は1987年まで続いた後、1988年に自由党と社会民主党の合併という形で発展的に解消した。合併後の名称は社会自由民主党(Social and Liberal Democrats)であったが、1989年10月に自由民主党(Liberal Democrats)と改称し現在に至っている。 (Wikipedia:自由党 (イギリス))

自由党 (スウェーデン)
自由党(Folkpartiet Liberalerna)は、スウェーデンの自由主義政党。1902年に設立。社会自由主義政策を標榜している。自由主義インターナショナル加盟政党。1990年代にはかなり経済的に右傾化した政策に傾斜していた。 2006年9月17日の総選挙で多数派となった中道右派ブロック・スウェーデン同盟を構成している。スウェーデン議会中、第4党。青年組織は、スウェーデン自由ユース。 なお、党名については直訳すると国民党自由になる。スウェーデン国内では、単に人民党または国民党 (Folkpartiet)と呼ばれている。また、公文書では自由党 (liberalerna)の記述も散見される。 自由党は特定の支持組織を持たないが、支持者には中道な政治思想を持った大卒の中産階級という特徴がある。 外交 NATO加盟に賛成 EU加盟に賛成し、更にEUが正式な連邦政府になることに賛成 ユーロ導入に賛成 イラク戦争に反対はしなかったが、スウェーデン軍の参加は反対 パレスチナ問題ではイスラエルを支持 内政 手厚い社会保障プログラムに支えられた自由市場 GDPの1%をフェミニズムプログラムへの投資に 移民の帰化推進 関連項目 自由主義 北欧の政治 脚注 外部リンク 自由党公式サイト (スウェーデン語)。 (Wikipedia:自由党 (スウェーデン))

自由党 (カナダ)
『カナダ自由党』より : カナダ自由党(カナダじゆうとう、英語:Liberal Party of Canada、フランス語:Parti libéral du Canada)は、カナダの自由主義(社会自由主義)、中道左派政党。自由主義インターナショナル加盟政党である。創設は1861年。現在の党首はジャスティン・トルドー。口語ではホイッグ党とも呼ばれる。 中道右派政党であるカナダ進歩保守党(現在はカナダ保守党)と共にカナダにおける二大政党制の一翼を担ってきた。オンタリオ州、ブリティッシュ・コロンビア州、オタワ・ガティノー首都圏、ケベック州モントリオール等、都市部を基盤としている。近代カナダの歴史の中でも最も政権を担ってきた政党であり、20世紀は先進国の間では最長となる69年間与党として国家運営に君臨してきたなど、"natural governing party"とも言われる。 党史 1867年に結成された。1873年にアレキサンダー・マッケンジーが首相となって以来、大半の期間を政権与党として活動してきた。 (Wikipedia:自由党 (カナダ))

自由党 (曖昧さ回避)
『自由党』より : 自由党(じゆうとう)は、各国にある政党の名称のひとつ。一般的には自由主義政党の名称であるが、中道左派の社会自由主義、中道右派の新自由主義、更にはオランダ自由党のような極右・民族主義など様々な立場の政党の名称として使用されている。 日本の自由党 自由党(明治) 本節では、明治時代に創設された日本最初の近代政党である「自由党」と同党解散後、帝国議会開設時の大同団結運動を経て、旧自由党勢力による再結集によって再興された「立憲自由党」(後に旧称である「自由党」に戻す)を扱う。 自由党 (日本 1881-1884) 自由党 (日本 1890) 自由党 (日本 1890-1898) 国民自由党 (日本) 東洋自由党 自由党(日本 1945-1955) 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結した後の政党復活から、1955年(昭和30年)に「55年体制」が成立するまで存在した日本の保守政党。 (Wikipedia:自由党 (曖昧さ回避))

自由党 (デンマーク)
『ヴェンスタ』より : ヴェンストゥラ (デンマーク語: Venstre, Danmarks Liberale Parti [ˈʋɛnsd̥ʁɐ])はデンマークの自由主義政党。正式名を直訳すると左翼・デンマーク自由党になるが、左翼では無く、中道右派。彼らは英文の中においてもVenstreを押し通す傾向があるので、ここではヴェンストゥラとした。現在の党首はラース・ロッケ・ラスムセン。 1870年設立。自由主義インターナショナル加盟政党。現在掲げているイデオロギーは古典的自由主義(Classical libealism)だが、実際の政権運営はデンマークの福祉国家を維持拡大させている。デンマークにおいてはヴェンストゥラは農民政党を兼ね備えており、地方の中規模以上の農家に伝統的に支持があったが、減り続ける第一次産業従事者を前にして、1960年代に自由主義を全面に押し出すようになった。デンマークにおけるブルジョワブロックの実質的なリーダーとしてデンマーク社会民主党と激しい政権争いをしているが、前述している通り福祉国家に肯定的である。 (Wikipedia:自由党 (デンマーク))

自由党 (曖昧さ回避)
自由党(じゆうとう)は、各国にある政党の名称のひとつ。一般的には自由主義政党の名称であるが、中道左派の社会自由主義、中道右派の新自由主義、更にはオランダ自由党のような極右・民族主義など様々な立場の政党の名称として使用されている。 日本の自由党 自由党(明治) 本節では、明治時代に創設された日本最初の近代政党である「自由党」と同党解散後、帝国議会開設時の大同団結運動を経て、旧自由党勢力による再結集によって再興された「立憲自由党」(後に旧称である「自由党」に戻す)を扱う。 自由党 (日本 1881-1884) 自由党 (日本 1890) 自由党 (日本 1890-1898) 国民自由党 (日本) 東洋自由党 自由党(日本 1945-1955) 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結した後の政党復活から、1955年(昭和30年)に「55年体制」が成立するまで存在した日本の保守政党。 (Wikipedia:自由党 (曖昧さ回避))

自由党 (アイスランド)
自由党 (Frjálslyndi Flokkurinn)はアイスランドのリベラル政党。1998年に独立党から閣僚経験者を含む4名の議員が離党して結成した。独立党と連立を組む進歩党政権をネオリバタリアニズムと定義し対立している。 2009年4月25日の総選挙で議席を全て失った。 外交 NATO加盟に賛成 EU加盟に反対だがヨーロッパとの協調は重視 イラク戦争に反対 内政 自由市場システム 地方分権 水産業と市場と分権との融合 脚注 関連項目 新自由主義 北欧の政治 外部リンク Official web site。 (Wikipedia:自由党 (アイスランド))


自由党 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

自由党 - アマゾン検索


「自由党」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す