[PR]

日別キーワード

第43位  長岡市 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



長岡市
長岡市(ながおかし)は、新潟県の中部(中越地方)に位置する市である。新潟県下第2位の人口を擁する市で、国から特例市に指定されている。 長岡地方中核都市圏を形成する、中越地方および長岡都市圏の中心都市である。都市圏人口としては栃木県の小山市中核都市圏に次いで全国39位に位置する。 従来の長岡市は内陸の都市であったが、平成の市町村大合併以降、日本海に面する都市となった。かつての古志郡、三島郡の大部分を占める他、蒲原郡、魚沼郡、刈羽郡の一部にも跨る市域を持つ。 江戸時代には長岡藩の城下町として栄えた。戊辰戦争と第二次世界大戦(長岡空襲)の二度にわたって市街は壊滅的被害を受けるが、不撓不屈の精神により復興を遂げ、現在に至る。それに因み、市の紋章は不死鳥をイメージして、「長」の文字を図案化したものになっている。参考 花火王国として有名であり、市の中心を流れる信濃川では、毎年8月1~3日に長岡まつり(うち大花火大会は2、3日)が開かれ、正三尺玉花火も上がる。 (Wikipedia:長岡市)

長岡市悠久山野球場
長岡市悠久山野球場(ながおかし ゆうきゅうざんやきゅうじょう)は、新潟県長岡市にある野球場。施設は長岡市が所有し、MCMフェニックスグループ(中越環境開発(株)、(株)丸富、ミズノスポーツサービス(株)、から成る共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。 前身 1949年7月、長岡市東部の古志郡栖吉村(現長岡市)から長岡駅、南蒲原郡見附町(現見附市)を経由して古志郡栃尾町(のちの栃尾市、現長岡市)を結ぶ軽便鉄道を運行していた栃尾鉄道(のちの越後交通栃尾線)が電化完成後の沿線開発と誘客を目指し、南側の終点にあたる悠久山駅前に開業させたのが、悠久山球場の始まりである。8月に社会人野球のオープン戦を開催してこけら落としし、翌1950年から1955年の間にはプロ野球公式戦も開催。セ・リーグ8試合、パ・リーグ2試合が開催された(1956年にも日程が組まれたが、中止となっている)。しかし地方都市で、更には雪国という地理条件もあって球場の経営状況は好転せず、栃尾鉄道が長岡鉄道、中越自動車と合併して越後交通となった1960年を相前後して球場は廃業。 (Wikipedia:長岡市悠久山野球場)

長岡市立東中学校
長岡市立東中学校(ながおかしりつ ひがしちゅうがっこう)は、新潟県長岡市水道町に所在する市立中学校。 通称は「東中(とうちゅう)」。ただし、他の自治体にも「東中学校」が存在することから、「長岡東中(ながおかとうちゅう)」や「ながおかひがしちゅう」と言われることも多い。 創立当初は長岡市今朝白(現:阪之上小学校)にあった。1956年(昭和31年)に制定された校歌(作詞・松岡譲、作曲・小出浩平)に「川辺のさくら 日に映えて」とあるが、この川とは信濃川ではなく現在の阪之上小学校付近に流れる福島江のことである。春には文字通り川に沿って桜が花開く。1961年(昭和36年)に現在の水道町へ移転したため、市街地の東に位置する学校ではなくなった。移転した後も、この校歌は歌い継がれている。 沿革 1934年(昭和9年)7月7日 - 新潟県長岡市長岡高等小学校設置認可 1935年(昭和10年)4月1日 - 新潟県長岡市長岡高等小学校設立。 (Wikipedia:長岡市立東中学校)

長岡市おぐに森林公園
長岡市おぐに森林公園(ながおかしおぐにしんりんこうえん)は、新潟県長岡市小国町上岩田にある森林公園である。 森や林など木々に囲まれた広大な園内敷地には、プール、ウォータースライダー、サイクルモノレール、ローラーリュージュ、SL列車、バーベキュー、宿泊施設、キャンプ、アスレチック、釣り堀、パターゴルフ、温泉施設、美術館、つり橋、遊歩道、その他多様な施設がある。動植物観察やハイキングをすることもできる。また裏の山道を登っていくと小高い山の上に小国城址がある。 公園名称の変更 当初は小国町森林公園と称し、その後越後おぐに森林公園(えちごおぐにしんりんこうえん)に改称された。そして2005年4月1日に所在地の刈羽郡小国町が長岡市へ編入されるのに伴い、現名称に再度改称した。 関連項目 長岡市 刈羽郡小国町。 (Wikipedia:長岡市おぐに森林公園)

長岡市立与板小学校
長岡市立与板小学校(ながおかしりつ よいたしょうがっこう)は、新潟県長岡市与板町東与板に所在する市立小学校。 1873年(明治6年)12月24日に与板校として開校。 全校生徒数424名(1年65名・2年58名・3年79名・4年75名・5年73名・6年74名、2008年(平成20年)度)。 沿革 1873年(明治6年)12月24日 - 学制発布に伴い与板校として開校。旧町会所を校舎として使用。 1880年(明治13年) - 公立与板小学校と改称。 1883年(明治16年)7月25日 - 大火により校舎・備品を全て焼失。 1892年(明治25年)6月16日 - 与板町立与板尋常小学校と改称。 1895年(明治28年) 11月21日 - 馬場丁に新校舎竣工、移転(現長岡市与板支所)。 11月22日 - 与板町立与板尋常高等小学校と改称。 1923年(大正12年)2月24日 - 校旗・校歌制定(作詞相馬御風・作曲中山晋平) 1937年(昭和12年)4月 - 東校舎・西体育館・南校舎竣工。 (Wikipedia:長岡市立与板小学校)

長岡市厚生会館
長岡市厚生会館(ながおかしこうせいかいかん)は、かつて新潟県長岡市大手通に所在した、体育館を基本設計とした多目的ホールである。 2009年(平成21年)1月31日付で用途廃止となり解体・撤去され、跡地には2012年(平成24年)4月1日、長岡市役所本庁舎と、当会館の後継施設となるアリーナや市民交流ホール等を内包する複合型交流施設の長岡市シティホールプラザ アオーレ長岡がオープンした。 明治維新以前には長岡城の二の丸や勘定所があった場所で、二の丸の内部は空き地となっていた。しかし城の大半は戊辰戦争で焼失して旧藩主の土地となり、町人らによって養蚕などに使われ、鉄道が開通してからは長岡駅を中心に市街地が形成された。その後1902年(明治35年)、油田開発で利益を上げた「宝田石油」(ほうでんせきゆ)がこの場所に本社を建設した。1921年(大正10年)に宝田石油は日本石油(のちの新日本石油、現在のJX日鉱日石エネルギー)と合併して本社を移し、跡地は長岡市に寄贈された。 (Wikipedia:長岡市厚生会館)


長岡市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

長岡市 - アマゾン検索


「長岡市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す