[PR]

日別キーワード

第44位  辻元清美 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



辻元清美
辻元 清美(つじもと きよみ、1960年4月28日 - )は、日本の政治家。民進党所属の衆議院議員(6期)、民進党役員室長、民進党ネクスト内閣府特命大臣(新しい公共・社会的包摂・消費者及び食品安全・男女共同参画・子どもの貧困・自殺対策・NPO)、民主党新しい公共・社会的包摂総合調査会長。児童擁護議員連盟会長。立憲フォーラム幹事長。NPO議員連盟幹事長。 民主党幹事長代理、社会民主党政策審議会会長(第5代)・国会対策委員長(第8代)、国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)などを歴任。 生い立ち 奈良県吉野郡大淀町生まれ。大阪府高槻市で育つ。 名古屋大学教育学部附属高校卒業。卒業後デパートで2年間販売員として働いた。 早稲田大学教育学部卒業。早大在学中の1983年(昭和58年)、その前年に起きた歴史教科書問題に触発され、アジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立した。 (Wikipedia:辻元清美)

辻元清美秘書給与流用事件
辻元清美秘書給与流用事件(つじもときよみひしょきゅうよりゅうようじけん)は、2002年(平成14年)に発覚した、社会民主党の国会議員やその秘書らによる議員秘書給与詐欺事件である。辻元清美ら4名が1870万円の秘書給与を騙し取ったとして逮捕され、全員が有罪判決を受けた。 事件の概要 週刊誌の報道 2002年3月20日発売の「週刊新潮」が報道した、辻元の秘書給与流用疑惑内容は以下の通りである。 照屋寛徳参院議員(社民党所属)の常勤の私設秘書Hを、辻元は自身の政策担当秘書とした。 その後、H秘書は照屋の公設第二秘書になったため、辻元の政策担当秘書を辞任した。 その間のH秘書は「辻元の秘書」としての勤務実態がないにもかかわらず、辻元は「辻元の政策担当秘書としての給与」を月5万円の「名義料」としてH秘書に支払い、それ以外を流用した。 検察による冒頭陳述 2003年11月20日の初公判における検察の冒頭陳述は以下の通り。 1996年10月の衆院選で当選した辻元が資金不足のため政策秘書を採用できないことを知った土井たか子社民党党首の五島昌子政策秘書は、面識のあった元秘書Bに名義貸しを依頼し内諾を得る。 (Wikipedia:辻元清美秘書給与流用事件)


辻元清美 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

辻元清美 - アマゾン検索


「辻元清美」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す