[PR]

日別キーワード

第46位  東京創元社 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京創元社
株式会社東京創元社(とうきょうそうげんしゃ)は、日本の出版社である。 1925年に矢部良策が大阪に創元社を設立し、東京支社も併設した。1948年に創元社(同名別会社)として独立。1954年に改組し、東京創元社を創立。現在の社名は、当時の屋号、創元社東京支社にちなむ。 吉田満『戦艦大和ノ最期』(1952年)、谷川俊太郎『二十億光年の孤独』(1952年)、田村隆一『四千の日と夜』(1956年)などを刊行したことでも知られる。 現在では翻訳推理小説、翻訳SFの老舗出版社として知られ、多くの叢書を送り出している。特に創元推理文庫はミステリ専門の文庫としては日本の草分け的存在であり(1980年代までは海外作品専門)、古典的名作から最新話題作まで多数の作品を紹介しつづけている。当初は背にマークが付けられてジャンルを示しており、この文庫の特徴とされていたが1991年になくなり、同時に、ジャンルのひとつであったSF部門は創元SF文庫と改称された。 (Wikipedia:東京創元社)


東京創元社 - 関連ブログ

2019年の傑作日本SF短篇がこの一冊に! 竹書房から新生した《ベスト日本SF》シリーズ──『ベストSF2020』 - 基本読書

べストSF2020 (竹書房文庫) 発売日: 2020/07/30メディア: 文庫12年に渡って日本SF短篇の中から傑作をよりすぐって編集されてきた東京創元社版の年間日本SF傑作選が昨年終了してしまった。だが、その後を引き継ぐのがこの『ベストSF2020』! 刊行は東京創元社でもなければ早川書房でもなく、近年積極的にSFを刊行...

『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』は書店が舞台のミステリー小説 | 半世紀生きてます

Amazonのkindle unlimitedで大崎梢さんの『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』を読みました。 ジャンルは、本屋さんを舞台にしたミステリーです。5話の短編小説集です。 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ (創元推理文庫) 『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』について 『配達あかずきん 成風堂書店事件メモ』の単...

連休中に読みたい!オススメ文庫20選 - 読書する日々と備忘録

多忙な時にはわりとじわじわくる7月下旬の四連休ですが、かといって積極的に外出できるような状況でもなく、何とも中途半端な連休になりそうです。そこで何か本を読みたいという人のために個人的にオススメの文庫を20作品紹介したいと思います。セレクトの参考になれば幸いです。 1.君を描けば嘘になる (角川文庫) 君を...

今の時代に読みたい「海外文学」5冊を紹介。旅行はできなくても本を通じて世界を知ろう - はたらく気分を転換させる|女性の深呼吸マガジン「りっすん」

文 谷澤茜 新型コロナウイルスの影響により、家にいる時間が長かったり、家と職場の行き来になっていたりする人は多いと思います。ましてや海外へ旅行するには、まだまだ厳しい状況が続いています。 そこで今回は、18歳までに読んだ本は児童書3冊のみだったと語り、現在は「はじめての海外文学」などのフェアを担当する...

小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のタイトルって何これ?│読書エフスキー3世

タグ 1770年代岩波書店木村博江早川書房日本作家新潮社文芸恩田陸恋愛心理学山本楡美子村上春樹宿野かほる双葉社児童文学佐々木マキ今村昌弘中田耕治三田村信行ロミオ・ロドリゲスJr.ループもの杉山高之東京創元社ミステリー自伝飛鳥新社青春長編小説郷原宏講談社角川書店草思社自己啓発竹山道雄柴田元幸短編小説白水社...

どんでん返しが凄いミステリー小説!おすすめベスト10【年代別ベスト3】 - あれこれライフ

「どんでん返しが凄いミステリー! おすすめベスト10」【年代別ベスト3】をご紹介します。 これまでご紹介をしてきた本の中から、厳選された選りすぐりの【年代別ベスト3】をご紹介します。 過去の「どんでん返しが凄いミステリー! おすすめベスト10」も合わせて、お読み下さい! www.grateful-feelings.com 年代別にご...

市川憂人【ジェリーフィッシュは凍らない】私の今のイチオシ作品!! - 365日読書したい!

本日の読書記録(*≧∀≦*)は、 市川憂人の「ジェリーフィッシュは凍らない」です。 「ジェリーフィッシュは凍らない」市川憂人2019年11月1日(金)読書開始 ~ 2019年11月5日(火)読了 特殊技術で開発され、航空機の歴史を変えた小型飛行船”ジェリーフィッシュ” その発明者であるファイファー教授たち技術開発メンバー6人は、...

2010~20年に出た早川創元SFアンソロジー60点のうち、女子(に見えるキャラ)がメインの表紙は多く見積もり15点(25%)くらい。※ただし人型キャラが表紙にいる漫画的な絵柄の本のなかで若い女が描かれる確率は極めて高い - すやすや眠るみたくすらすら書けたら

「上を向いて歩こう」の歌詞のすごいのは、あれだけ深く感情に訴えてくるにも関わらず主人公に何があったのかどころか年齢も性別も一切わからないように書かれているところで、極端な話、上を向いたら涙が溢れない構造をしている地球外生物でも成立する — 溝口力丸 (@marumizog) 2020年2月11日 むずかしい問題だなぁと思...

民俗学っぽいマンガとは何か ——民俗学者が出てくるマンガまとめ - 猫は太陽の夢を見るか:番外地

しかし、世間では「妖怪は民俗学が扱うものだ」と考えるのがどうも一般的な捉え方のようです。翻って、「民俗学は妖怪を研究する学問だ」と考えている人までいるようです。 これは、明らかな誤解というよりありません。 (京極夏彦『文庫版 妖怪の理 妖怪の檻』角川文庫、角川書店、2011年、32頁) 「独断と偏見で選ぶ...

小説『屍人荘の殺人』は新・新本格派?なにがそんなに新しいの?│読書エフスキー3世

タグ 1770年代岩波書店木村博江早川書房日本作家新潮社文芸恩田陸恋愛心理学山本楡美子村上春樹宿野かほる双葉社児童文学佐々木マキ今村昌弘中田耕治三田村信行ロミオ・ロドリゲスJr.杉山高之東京創元社メンタリストDaiGo自伝飛鳥新社青春長編小説郷原宏講談社角川書店草思社自己啓発竹山道雄柴田元幸短編小説白水社理論...


東京創元社 - アマゾン検索


「東京創元社」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す