[PR]

日別キーワード

第48位  日課 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




日課 - 関連ブログ

サラリーマンのリスク 令和時代の環境変化 - 40代の資産運用

サラリーマンのリスク 令和時代の環境変化 昨年元号が変わり、令和時代を迎えました。 私も昭和・平成・令和と3つの元号を生き、元号ごとの時代の変化を感じています。 父は昭和から平成をサラリーマンとして過ごし、私は平成から令和をサラリーマンとして過ごしていますが、時代の変化は凄いものです。 年功序列から成...

テレワークがくれた幸せ 「半径2㎞圏生活」を満喫する人々:日経ビジネス電子版

「今年3月以降、自宅から2km圏内のエリアをほぼ出ないで生活している。外に出たのは両手で数えられるくらい」。東京・丸の内の金融機関に勤めるD氏はこう話す。 2月までは、川崎市の自宅から小田急線で片道1時間かけて毎日通勤していた。働き方改革の一環として始まった早朝会議に間に合わせるため、朝食もほどほどにラ...

「朝7時にインターネットが突然つながらなくなる」という怪奇現象が1年半も続いた村、その原因とは? - GIGAZINE

「午前7時になると、インターネットがつながらなくなってしまう」という不思議な現象が、人口400人ほどの小さな村で毎日のように発生していました。なぜこのような現象が発生したのかを、インターネットサービスの情報メディアであるISPreview UKが報告しています。 18 Months of Village Broadband Disruption Traced t...

ウソはいけませんねー - チャンスとティアラ+ココテン

水のコップは二人がお気に入りの同じコップです。 だからタイミングが一緒になることもよくあるんです。 ユキちゃん無視してますねー テンちゃんは待ちくたびれて寝てしまいました。 ユキちゃんは弱肉強食の中で生き抜いてきたから仕方ないんですよー (って猫に言ってもわからんですね。) ゴハンの場合は器がそれぞれ...

デヴィ夫人と同居する女子大学生「あなたの部屋が完成しました、と…」 - ライブドアニュース

2020年9月23日 6時0分 ざっくり言うと デヴィ夫人と夫人宅に居候している女子大学生の対談を「女性自身」が報じた 女子大学生は夫人のファンで、行動し続けた結果、あるパーティで会えたそう その後、夫人から電話で「あなたの部屋が完成しました」と連絡がきたという いったいどういう関係なの!? (80)のそばでほほ笑...

羽田イノベーションシティ子供が楽しめたスポット紹介!足湯や遊具もある空港近くの新商業施設! - 子供あそびレポ

子どもとのお出かけスポット巡りが日課の「たまジロー」です。 今回は羽田空港近くの天空橋に9月にオープンした商業施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」に遊びに行ってみましたので子どもが楽しめたスポットをご紹介します。 飛行機も近くに見れる東京の新しい商業施設に遊びに行ってみました。 H...

ウェルスナビ の実績報告 No.008 NYダウの下落 - 40代の資産運用

ウェルスナビ の実績報告 No.008 NYダウの下落 本日もブログへお越しいただきありがとうございます。 前回はDX銘柄(デジタルトランスフォーメーション)が相場へ影響を与えていることをお伝えさせていただきました。 週明けのNYダウは新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない欧州の影響もあり、大幅に下げて終わりま...

【インタビュー】【豊島将之×広瀬章人】棋士とニューノーマル 第70期王将リーグ特集 - ライブドアニュース

閉じたばかりの傘からキラキラ光る雨粒が滴る。 秋驟雨に洗われ濡れた路面が反射する太陽の光は、豊島将之の白いワイシャツを一層引き立てる。 同じ雨に打たれたのだろう、広瀬章人のまとうスーツの肩先は湿り気を帯びている。 水滴を優しく払いスタジオに入ると、いつも通り静かで優しい、柔らかい笑顔をみせる。 昨期...

【インタビュー】【豊島将之×広瀬章人】棋士とニューノーマル 第70期王将リーグ特集 - ライブドアニュース

閉じたばかりの傘からキラキラ光る雨粒が滴る。 秋驟雨に洗われ濡れた路面が反射する太陽の光は、豊島将之の白いワイシャツを一層引き立てる。 同じ雨に打たれたのだろう、広瀬章人のまとうスーツの肩先は湿り気を帯びている。 水滴を優しく払いスタジオに入ると、いつも通り静かで優しい、柔らかい笑顔をみせる。 昨期...

菅首相「ぶら下がり取材」応じず 就任翌日1度のみ 説明不足、安倍路線継承?(北海道新聞) - Yahoo!ニュース

菅義偉首相が安倍晋三前首相に引き続き、毎日の「ぶら下がり」と呼ばれる囲み取材に応じない構えを見せている。前政権は新型コロナウイルス対応や「桜を見る会」疑惑などで説明不足が指摘されたが、改善の兆しは見えない。 毎日のぶら下がり取材は小泉純一郎元首相時代に始まり、端的な言葉で重要政策を伝え、国民の支持...


日課 - アマゾン検索


「日課」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す