[PR]

日別キーワード

第49位  文化庁 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



文化庁
文化庁(ぶんかちょう、Agency for Cultural Affairs)は、日本の文部科学省の外局のひとつで、文化の振興及び国際文化交流の振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法第18条)。 上記の文部科学省設置法に示された任務を達成するため、芸術創作活動の振興、文化財の保護、著作権等の保護、国語の改善・普及・施策、国際文化交流の振興、宗教に関する事務を所掌する。国家行政組織法および文部科学省設置法により文部科学省の外局として設置されている。 文化庁長官を長とし、内部部局として長官官房、文化部、文化財部を本庁に置くほか、審議会として文化審議会および宗教法人審議会を、特別の機関として日本芸術院をおく。 定期刊行の広報誌として『文化庁月報』および『月刊文化財』をそれぞれ月刊で発行している。『月刊文化財』の発行主体は第一法規株式会社であり、文化庁は監修に携わっている。また、宗務行政については文化部宗務課から『宗務時報』が発行されている。 庁舎は中央合同庁舎第7号館旧文部省庁舎の5、6階にある。 (Wikipedia:文化庁)

文化庁メディア芸術祭
文化庁メディア芸術祭(ぶんかちょうメディアげいじゅつさい、英語: Japan Media Arts Festival)は、文化庁メディア芸術祭実行委員会(文化庁、国立新美術館)が主催しているアートとエンターテインメントの祭典。メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的に、1997年度から毎年実施されている。 アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門 の4部門について大賞と優秀賞を選定、表彰している。受賞者にはそれぞれトロフィー、賞金、そして文部科学大臣賞が贈呈される。 実施当初は、デジタルアート(インタラクティブ)、デジタルアート(ノンインタラクティブ)、アニメーション、マンガの4部門だったが、2003年度(第7回)から現在の4部門に変更された。 受賞作品展は、1997・1998年度(第1・2回)は新国立劇場小劇場、1999年度(第3回)は草月会館、2000〜2006年度(第4〜10回)は東京都写真美術館、2007年度(第11回)からは国立新美術館で開催されている。 (Wikipedia:文化庁メディア芸術祭)

文化庁芸術祭
『芸術祭』より : 芸術祭(げいじゅつさい、National Arts Festival)は、1946年(昭和21年)から文化庁の主催(文化庁設置前の1967年(昭和42年)までは文部省の主催)により、毎年秋に日本国内で行なわれている諸芸術の祭典。 ここでは1985年(昭和60年)から一時期、文化庁主催により設けられていた「芸術作品賞」についても述べる。 文化庁文化部芸術文化課にある「文化庁芸術祭執行委員会」が主管しており、毎年10月から11月の間に実施される。この期間中に、以下のような区分で「芸術祭」に関する公演・作品が発表される。 主催公演 - 執行委員会の企画・依頼によって発表される公演。文化庁は経費の負担や、脚本・楽曲等の募集などを行うことができる。なお、10月1日には芸術祭開幕祝典が行われる。 協賛公演 - 実績のある個人・団体が発表するものの中で、執行委員会が選定・委嘱する公演。文化庁は経費を負担することができ、公演の広報・宣伝にも努める。 参加公演 - 芸術祭に参加を希望する個人・団体の中で、参加にふさわしいと各部門の審査委員長が認めた公演。 (Wikipedia:文化庁芸術祭)

文化庁芸術祭賞
『』より : 芸術祭(げいじゅつさい、National Arts Festival)は、1946年(昭和21年)から文化庁の主催(文化庁設置前の1967年(昭和42年)までは文部省の主催)により、毎年秋に日本国内で行なわれている諸芸術の祭典。 ここでは1985年(昭和60年)から一時期、文化庁主催により設けられていた「芸術作品賞」についても述べる。 文化庁文化部芸術文化課にある「文化庁芸術祭執行委員会」が主管しており、毎年10月から11月の間に実施される。この期間中に、以下のような区分で「芸術祭」に関する公演・作品が発表される。 主催公演 - 執行委員会の企画・依頼によって発表される公演。文化庁は経費の負担や、脚本・楽曲等の募集などを行うことができる。なお、10月1日には芸術祭開幕祝典が行われる。 協賛公演 - 実績のある個人・団体が発表するものの中で、執行委員会が選定・委嘱する公演。文化庁は経費を負担することができ、公演の広報・宣伝にも努める。 参加公演 - 芸術祭に参加を希望する個人・団体の中で、参加にふさわしいと各部門の審査委員長が認めた公演。 (Wikipedia:文化庁芸術祭賞)

文化庁長官
『』より : (Wikipedia:文化庁長官)


文化庁 - 関連ブログ

韓国ドラマ 「バガボンド/ Vagabond」 感想・・・ 正義が混乱するとき - 韓ドラ そら豆のブログ

旅客機の墜落事故で甥を亡くしたスタントマンが事故の真相を暴こうと食い下がる イ・スンギ×ペ・スジ「九家の書~千年に一度の恋~」 から5年ぶりの共演 2019年SBS演技大賞 ミニシリーズ部門で最優秀演技賞とベストカップル賞を受賞 「ジャイアント」のスタッフによるサバイバルアクション 出典 SBS公式ポスター 演出 ユ・...

【機動警察パトレイバー】ファン待望「篠原重工」のコンテナが発売! | ムービーナーズ

『機動警察パトレイバー』「篠原重工」コンテナ発売! 7月に上映開始した劇場版4DXも大ヒットし、今尚ファンが高い熱量を持つ作品『機動警察パトレイバー』 そのパトレイバーに登場するロボット「レイバー」を製造・販売する企業「篠原重工」の備品をイメージした「コンテナ」の発売が決定した。 また主人公が所属する組...

NHKアナザーストーリーズ「旧石器発掘ねつ造事件」 - 暮らしと勉強 Bettyのブログ

昨夜は『竜の手』が最終回で2時間SPだし、三浦春馬さん出演の『おカネの切れ目が恋のはじまり』が始まるし、おまけにNHKアナザーストーリーズ運命の分岐点「偽りの“神の手” 旧石器発掘ねつ造事件」をどうしても見たかった。 『竜の手』はリアルタイムで見て、他の2番組を録画しました。 『竜の手』は視聴率がずっと振...

今、古墳がアツい!「古墳ガール」急増中!「御陵印」ブーム到来か!? | ムービーナーズ

近場で自然の豊かさを楽しむマイクロツーリズムが流行している今、都心から日帰りで行ける箇所も多く、観光地としてじわじわと盛り上がりを見せているのが「古墳」だ。 「地球の鍵穴」としてマグネットパワー攻略にも有効な『仁徳天皇陵』(百舌鳥・古市古墳群)が世界遺産に登録されたのも記憶に新しく、古墳にちなんだグ...

第23回文化庁メディア芸術祭開催!『プロメア』『海獣の子供』『ロング・ウェイ・ノース』等の無料上映も実施! | ムービーナーズ

第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4つの部門において優れた作品を顕彰すると共に、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバル『文化庁メディア芸術祭』 第23回目の開催となる今回...

肉と引用とネタバレ - 最終防衛ライン3

キン肉マンに今起こっていること - 将来キングギドラになりたいとか言ってた人のブログ ゆでたまご嶋田の炎上と私の怒りの矛先について - ファイブディザスター物語 キン肉マンの「ネタバレ」について、作者の一人出る嶋田氏が苦言を呈したのに端を発し、週刊プレイボーイが法的措置をちらつかせる(かのような)声明を...

織田信長の城、安土城の復元難航 史料乏しく、巨額の費用も課題に|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞

織田信長が琵琶湖近くに築いた安土城の天主(天守)を「復元」するプロジェクトを、滋賀県が進めている。三日月大造知事は意欲的だが、実際に城を再建する場合、安土桃山時代に築かれた当時の姿を伝える史料は乏しく、建築費も巨額で実現は容易ではない。完成わずか3年で焼失した「幻の城」。果たして再建なるか。 20...

菅義偉“総理”誕生で政府は権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに! 圧力をかけられた元官僚たちが語る恐怖支配の手口|LITERA/リテラ

菅義偉“総理”誕生で政府は権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに! 圧力をかけられた元官僚たちが語る恐怖支配の手口 「密室政治による茶番劇・出来レース」の末、本日14日、菅義偉氏が自民党総裁に選ばれた。16日に臨時国会でおこなわれる首班指名選挙を経ることになるが、事実上、菅総理が誕生したということに...

JR宗谷本線の廃止予定駅を全駅下車してきた夏の日の2020 | SPOT

JR宗谷本線、13駅が廃止予定駅として発表されました。抜海、上幌延、安牛、豊清水、(恩根内)、紋穂内、南美深、北星、下士別、北剣淵、東六線、北比布、南比布の各駅に向かいます。名寄以北は上下線が1日に各3本とかしか停車しません。 日本最北端・宗谷岬よりはじめまして。 ゐわむら(@iwamuraaaaa)といいます。 な...

「漫画のネタバレ感想で訴訟される」は誤解 Webニュース記者が見た『キン肉マン』騒動 (1/2) - ねとらぼ

編集部員のつぶやき この記事は、普段あまり表に出ないねとらぼ編集部員が、思い立った時に日々の出来事をゆるく書き綴る不定期コーナーです。 「漫画のネタバレ感想を投稿すると訴えられるかもしれない」――そんな心配する声がネット上に少なからず寄せられている。9月10日に週プレNEWSに掲載された『キン肉マン』につい...


文化庁 - アマゾン検索


「文化庁」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す