[PR]

日別キーワード

第55位  ドナルド・トランプ - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ドナルド・トランプ
ドナルド・ジョン・トランプ(Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカの著名な実業家、2016年アメリカ合衆国大統領選挙候補者。 不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長で、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。アメリカのビジネスシーンでの有名人であり、メディアへの露出機会も際立って多い。その経歴、ブランディングの努力、私生活、豊かな財産、歯に衣着せぬコメントによって、セレブリティとして知られる。 生粋のニューヨーカーであり、父のフレッド・トランプもニューヨーク市の不動産開発業者。 父フレッドは不動産開発事業に対するトランプの関心を育て、トランプはペンシルベニア大学ウォートン・スクール在学中から父の会社を手伝い、1968年に入社した。1971年には経営権を与えられ、社名を「エリザベス・トランプ・アンド・サン」から「トランプ・オーガナイゼーション」に改めた。以来トランプは、ホテル、カジノ、ゴルフコースその他の不動産を建設し、その多くに自らの名前を冠している。 (Wikipedia:ドナルド・トランプ)


ドナルド・トランプ - 関連ブログ

原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもたらした、と各国が非難 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

今も原爆投下の過ちを認めず、核軍縮にも逆行し始めたアメリカ(写真は1945年8月9日、長崎に投下された原爆のキノコ雲) U.S. Air Force/REUTERS <核保有国も非保有国も、それぞれの立場から原爆の犠牲を悼み、アメリカの核政策を恨み、核廃絶を訴えた> 広島と長崎に原爆が投下されて75年、アメリカの外交政策に批判...

トランプ大統領、TikTok・WeChat提供の中国企業との取引を禁止 - ITmedia NEWS

ドナルド・トランプ米大統領が、安全保障上の問題から中国ByteDance、中国Tencentとの取引を45日以内に禁止する大統領令を発令した。 ドナルド・トランプ米大統領は8月6日(米国時間)、安全保障上の問題から動画共有アプリ「TikTok」を運営する中国ByteDanceや、コミュニケーションアプリ「WeChat」を運営する中国Tence...

トランプ米国大統領、中国IT大手テンセントとの一部取引を禁じる大統領令を発出。ゲーム業界には影響なしか | AUTOMATON

アメリカ・ホワイトハウスは現地時間8月6日、メッセージングアプリ「WeChat」を運営する中国のIT大手企業テンセントとの取引を禁じる、ドナルド・トランプ大統領名での大統領令を発出したことを明らかにした(The White House)。これに先立っては、動画投稿アプリ「TikTok」を運営するByteDanceに対しても同様の大統領...

政府職員のTikTok使用を禁じる法案が連邦議会で可決される、アメリカのTikTok排斥がさらに加速 - GIGAZINE

2020年8月6日にアメリカ連邦議会が、政府職員が政府支給のデバイスでショートムービー共有アプリ・TikTokを使用することを禁じる法案を満場一致で可決しました。また同日、ドナルド・トランプ大統領は、9月20日限りでTikTokを運営する中国企業・Bytedanceとのアメリカ国内でのすべての取引を禁止する行政命令に署名しま...

もし米国に「日本にとって悪夢」の民主党政権が誕生したら?(大原 浩) | 現代ビジネス | 講談社(1/8)

バイデン氏が本当に支持されるか? 最近の米国世論調査によれば、民主党大統領候補と目されるジョー・バイデン氏への支持率が、現職のドナルド・トランプ氏を上回っている。 世論調査が日本でも米国でもあてにならないことは、7月18日の記事「米民主党は、ジョー・バイデンは、本当に支持されるのか?」で述べた。 しか...

米高官の台湾訪問発表に中国激怒!「断固反対する」 断交以降の米政府高官として最高位の訪台…米中対立さらに激化へ - zakzak:夕刊フジ公式サイト

米中対立がさらに激化しそうだ。ドナルド・トランプ米政権は4日、アレックス・アザー厚生長官が近く台湾を訪問すると発表した。米国の閣僚や閣僚級としては6年ぶり。1979年の断交以降に訪台した米政府高官としては最高位で、米国と台湾との関係強化を世界に示す訪問となる。習近平国家主席率いる中国は「断固反対...

Instagramが15秒の短編映像共有サービス「Reels」を日本を含む世界50カ国でスタート、TikTokにライバルが登場か - GIGAZINE

Facebook傘下のInstagramが2020年8月5日に、15秒のショートムービーを共有できる新機能「Reels」を開始したことを発表しました。これにより、ユーザーの情報を中国政府に引き渡しているとの疑惑が取り沙汰されている「TikTok」に強力なライバルが出現したことになります。 Introducing Instagram Reels https://about.in...

アメリカが中国企業や中国製アプリを排除して「クリーンネットワーク」を目指すと発表 - GIGAZINE

by Mike Mozart 近年、アメリカは中国企業に対する懸念を強めており、HuaweiやZTEを「国家安全保障上の脅威」に指定したり、TikTokをアメリカ企業に売却するように要求したりしています。アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は2020年8月5日、「悪意を持つ攻撃者から市民を守る『クリーンネットワーク』の取り組み」に関...

Facebookがついにトランプ大統領の投稿を削除、理由は「新型コロナの誤報を広めたため」 - GIGAZINE

Facebookがアメリカのドナルド・トランプ大統領による投稿を「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する誤報を広めた」として削除しました。 Facebook removes Trump post for spreading COVID-19 misinformation https://mashable.com/article/facebook-removes-trump-post-coronavirus-misinformation/ 2020年5月、...

Facebook、「TikTok」競合の「Instagram Reels」を日本を含む世界で公開 - ITmedia NEWS

Facebookが昨年ブラジルでテスト公開した「TikTok」対抗の15秒動画共有機能「Reels」を、「Instagram」の1機能として日本を含む世界で公開した。TikTokは9月15日までにMicrosoftによる買収が決まらないと米国で使用禁止になる可能性がある。 米Facebookは8月5日(現地時間)、中国ByteDanceの人気動画共有アプリ「TikTok...


ドナルド・トランプ - アマゾン検索


「ドナルド・トランプ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す