[PR]

日別キーワード

第68位  朝鮮民主主義人民共和国 - 2018年06月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



朝鮮民主主義人民共和国
朝鮮民主主義人民共和国 조선민주주의인민공화국 国の標語:強盛大国(朝鮮語:강성대국) 国歌:愛国歌 北朝鮮の位置 注1:2009年の憲法改正で、国防委員長が国家の最高指導者と憲法に明記された。2012年に国防委員長職は廃止となり、第一委員長が新たな最高ポストとなった。注2:最高人民会議常任委員長は形式上の国家元首として、外国の大使の信任状を受ける。 朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく、朝鮮語: 조선민주주의인민공화국 チョソンミンジュジュイインミンコンファグッ)、通称北朝鮮(きたちょうせん)は、東アジアの朝鮮半島北部に位置する社会主義共和国。分断国家朝鮮の北半部を実効支配している。豆満江を挟んで中華人民共和国およびロシア連邦と、鴨緑江を挟んで中華人民共和国と接している。首都は平壌。人口は約2,300万人とされる。 北朝鮮の政治は朝鮮労働党を支配政党とし、他に衛星政党のみが存在するヘゲモニー政党制であり、最高指導者の地位は金日成、金正日、金正恩と親から子への移譲が続いている。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国)

朝鮮民主主義人民共和国の地方行政区画
朝鮮民主主義人民共和国の地方行政区画は、同国政府の実効統治区域(軍事境界線以北)を、2直轄市・9道(2006年9月現在)の行政区域に区分したものである。これらの行政区域の下には、特級市・市・区域・郡・区・地区がある。 行政区画の改編や地位の変更はしばしば行われていると見られるが、細部は明らかにされない。以下の内容は、北朝鮮側の報道内容などから韓国側で分析されたものである。 本項目では、特殊な地位にある3つの特区も扱う。 北朝鮮の地方行政体系は、基本的に 直轄市・道 - 市・郡・区域 - 邑・洞・里・労働者区 という構造になっている。2006年9月現在、直轄市は平壌・羅先の2市である。特級市は韓国の広域市に相当するが、韓国とは違い道に属している。2006年9月現在、特級市は南浦の1市である。特級市・市は「区域」で細分されることがある。また、道直轄の「区」・「地区」もある。この直轄・特級市は日本の政令指定都市とほぼ同等である。 道(直轄市)・市(区域)・郡には、有権者によって選挙された代議員(任期4年)で構成される地方人民会議と、人民会議で選出された委員らで構成された「行政的執行機関」地方人民委員会が置かれる。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の地方行政区画)

朝鮮民主主義人民共和国の文法論
朝鮮民主主義人民共和国の文法論(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのぶんぽうろん)とは、朝鮮民主主義人民共和国(以下「北朝鮮」)の社会科学院や金日成総合大学などを中心に展開されている朝鮮語文法論を指す。以下に1980年代以降の北朝鮮の文法論を中心に形態論と統辞論を概観する。 北朝鮮の文法論の歴史は、おおよそ以下のように区分することができる。 黎明期(朝鮮戦争以前) 解放直後から朝鮮戦争までの時期は、北朝鮮言語学の出発点の時期である。解放前から研究活動を行っていた洪起文(1903~1992)・李克魯(1893~1978)・金寿卿(1918~)らが中心となって朝鮮語学を牽引した。この時期は伝統的な文法研究に加え、新たにソ連言語学の諸概念がもたらされた時期であった。ただし、この時期にはまだソ連言語学が十分に消化されていなかったように見える。また、金枓奉(1890~?)が朝鮮語新綴字法(1948年)でいわゆる「6字母」を考案するなど、さまざまな実験的な試みがこの時期になされている。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の文法論)

朝鮮民主主義人民共和国の鉄道
朝鮮民主主義人民共和国の鉄道(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのてつどう)では、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の鉄道について記す。 北朝鮮の国民は、一部を除いて自家用車はなく、また高速バスなど他の陸上交通機関も殆ど存在しないため、鉄道が唯一の都市間交通手段となっている。北朝鮮の鉄道網は、平壌を中心に高密度で形成され、西部路線、東部路線、北部路線、東西連結路線からネットワークが構成されている。2013年時点で鉄道総延長は約5,300kmで、路線の97%が単線だが約4,100kmが電化されており、電化率は80%と韓国の69%よりも高い。しかし、近年の発電用の重油などのエネルギー・電力不足中で、この電化率の高さが逆効果となっている。 線路の軌道は標準軌と広軌、狭軌が併用されており、標準軌は60kg/m、50kg/m、38kg/m、狭軌は18kg/mの鋼鉄軌が使用されている。枕木は日本統治時代のもの、中国およびロシアの中古品、自国生産のものが混在するが、自国生産のものは品質が非常に低い。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の鉄道)

朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法
朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくしゃかいしゅぎけんぽう、朝: 조선민주주의인민공화국 사회주의헌법)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の憲法。 過去の憲法には1948年憲法(朝鮮民主主義人民共和国憲法)、1972年憲法(以後が朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法)、1992年憲法がある。現行憲法は1998年憲法で、2009年と2012年に改正された。各改正憲法は、2009年憲法、2012年憲法とも呼ばれる。 沿革 1948年9月8日:朝鮮民主主義人民共和国憲法(1948年憲法)を承認。 1972年12月27日:最高人民会議第5期第1回会議において、朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法を制定(1972年憲法)。 1992年4月9日:最高人民会議第9期第3回会議において、1972年憲法を修正(1992年憲法)。 1998年9月5日:最高人民会議第10期第1回会議において、1992年憲法を修正・補充(1998年憲法)。 2009年4月:最高人民会議第12期第1回会議において、1998年憲法を修正・補充(2009年憲法)。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法)

朝鮮民主主義人民共和国の国歌
愛国歌(あいこくか、朝鮮語: 애국가 )は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国歌。作詞者は朴世永、作曲者は金元均。北朝鮮建国前の1947年に、北朝鮮人民委員会によって国歌と定められた。 歌詞の冒頭を引用して「朝は輝け (아침은 빛나라)」と称されることもある(日本の国歌における「君が代」に同様)。同国の国内向け朝鮮中央放送などでは放送開始と終了時、国外向けの平壌放送(朝鮮語による国際放送)、朝鮮の声放送(英語: Voice of Korea)(朝鮮語以外の言語による国際放送)では放送開始時に愛国歌のオーケストラ演奏が放送される。 また、歌詞に共産主義や社会主義、革命、朝鮮労働党、朝鮮人民軍、金日成、金正日両名などを賛美、崇拝する文言は含まれていない。そのためか、金親子を称える歌である「金日成将軍の歌」や「金正日将軍の歌」などが第二国歌同然に歌われている。なお、通常は演奏のみで歌わないため、国歌を歌える人民も少ないといわれている。 注釈・出典 関連項目 愛国歌 (大韓民国) - 大韓民国(韓国)の国歌。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の国歌)

朝鮮民主主義人民共和国の歴史
朝鮮民主主義人民共和国の歴史(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのれきし)は、1948年9月9日に独立・建国された北朝鮮の歴史である。ソビエト連邦(ソ連)による朝鮮占領期に、国家の基盤が形成された。建国当初は北緯38度線以北の朝鮮を領土としていたが、朝鮮戦争休戦以降は軍事境界線以北の朝鮮を領土としている。 建国直前 第二次世界大戦末期に日本へ宣戦布告をしたソ連は、朝鮮北東部から朝鮮半島を徐々に制圧して行き、日本の降伏後には、最終的に北緯38度線以北の朝鮮(朝鮮北部)全域に進駐した。朝鮮総督府の統治が終焉した時点(1945年8月15日)で、朝鮮には朝鮮人による独自の共産党組織があった。しかしソ連は、東ヨーロッパの衛星国に対して採った方針を踏襲し、第二次世界大戦期をソ連で過ごした朝鮮人共産党員に、好んで権力を与える方針を持っていた。そのため、1946年2月にソ連軍(赤軍)は、ソ連に亡命し、そこで朝鮮人共産党員の指導的役割を担っていた金日成を、朝鮮北部の行政機関である北朝鮮臨時人民委員会の委員長に任命した。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の歴史)

朝鮮民主主義人民共和国主席
朝鮮民主主義人民共和国主席(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくしゅせき)は、朝鮮民主主義人民共和国の国家元首。1972年に設置され、1998年に廃止された。通称は国家主席。 1972年12月27日、最高人民会議第5期第1回会議において朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法(1972年憲法)が制定され、国家元首として朝鮮民主主義人民共和国主席の職が新設された。国家主席は憲法の規定によって国政の最高指導者としての権限を保障された。翌日、首相であった金日成が国家主席に就任した。なお、国家主席職設置以前は、最高人民会議常任委員会委員長が形式上の朝鮮民主主義人民共和国の元首であったが、実権は首相にあった。同国の建国以来、国家主席職設置まで、金日成が一貫して首相の地位にあったため、金日成が最高権力者として国家を統治するという政治構造に変わりはなかったのである。 金日成は国家主席に在職のまま1994年7月8日に死去した。職責は金日成の長男である金正日が継ぐと推測されていたが、金正日が国家主席の職に就くことはなく、金日成の死後、国家主席は空席となった。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国主席)

朝鮮民主主義人民共和国国防委員会
朝鮮民主主義人民共和国国防委員会(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくこくぼういいんかい)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)における国家主権の最高国防指導機関。直属の人民武力部、人民保安部、国家安全保衛部を司る。 国防委員会は、1972年12月27日採択の朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法によって設置された。設立当初は中央人民委員会傘下の部門別委員会であり、国防委員長は憲法の規定により国家主席が兼任した。 1990年5月24日に開催された第9期最高人民会議第1回会議の決議により、国防委員会は中央人民委員会から分離されて独立機関に格上げされ、「中央人民委員会国防委員会」から「朝鮮民主主義人民共和国国防委員会」へと改組された。同日の最高人民会議では国家主席以下の要職の選出が行われたが、国家主席・国家副主席に続いて国防委員会、そして中央人民委員会の構成員の順で選出されており、国防委員会は中央人民委員会よりも上位の機関であることが示された。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国国防委員会)

朝鮮民主主義人民共和国関係記事の一覧
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)関係記事の一覧(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくかんけいきじのいちらん)とは、朝鮮民主主義人民共和国に関する記事の一覧である。 あ行 愛国歌 (朝鮮民主主義人民共和国) アイスホッケー北朝鮮代表 イランと北朝鮮の関係 鴨緑江 元山市 栄光駅 か行 海州市 開城工業地区 江界市 金日成 金日成広場 金策市 金正日 金正男 金賢姫 金正恩 奇蹟のイレブン [1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実] 北朝鮮映画 北朝鮮応援団 北朝鮮核問題 北朝鮮クーデター陰謀事件 北朝鮮人権問題 北朝鮮における売春 北朝鮮による日本人拉致問題 北朝鮮による韓国人拉致問題 北朝鮮によるミサイル発射実験 (1993年) 北朝鮮によるミサイル発射実験 (1998年) 北朝鮮によるミサイル発射実験 (2006年) 北朝鮮によるミサイル発射実験 (2009年) 北朝鮮によるミサイル発射実験 (2012年) 北朝鮮の核実験 (2006年) 北朝鮮フィギュアスケート選手権 九州南西海域工作船事件 強制収容所 (北朝鮮) 銀河2号 (ロケット) 銀河3号 (ロケット) 公開処刑 (北朝鮮) 光明星 光明星1号 光明星3号1号機 光明星3号2号機 高麗航空 高麗博物館 コッチェビ コリア・ブックセンター 金剛山観光地区 さ行 最高人民会議 最上級蹴球連盟戦 在日コリアン 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連) サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表 沙里院市 自由青年同志会 瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件 出身成分 障害者差別 勝利自動車工場 新義州特別行政区 新浦市 水豊ダム 世界青年学生祭典 先軍政治 ソ連派 た行 大韓航空機爆破事件 兌換ウォン(パックントン) 脱北者 檀君陵 端川市 チャンマダン(野外市場) 主体思想(チュチェ思想) 主体農法 朝鮮コンピューターセンター 朝鮮語 朝鮮史 朝鮮人民軍 朝鮮人民軍 (機関紙) 朝鮮戦争 朝鮮中央通信 朝鮮中央放送 朝鮮半島 朝鮮半島エネルギー開発機構 (KEDO) 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮) 朝鮮民主主義人民共和国ウォン 朝鮮民主主義人民共和国国防委員会 朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会 朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法 朝鮮民主主義人民共和国主席 朝鮮民主主義人民共和国中央銀行 朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利 朝鮮民主主義人民共和国のインターネット 朝鮮民主主義人民共和国の会社一覧 朝鮮民主主義人民共和国の河川の一覧 朝鮮民主主義人民共和国の経済史 朝鮮民主主義人民共和国の鉱業 朝鮮民主主義人民共和国の交通 朝鮮民主主義人民共和国の国際関係 朝鮮民主主義人民共和国の国章 朝鮮民主主義人民共和国の国旗 朝鮮民主主義人民共和国の在外公館の一覧 朝鮮民主主義人民共和国の宗教 朝鮮民主主義人民共和国の祝日 朝鮮民主主義人民共和国の首相 朝鮮民主主義人民共和国の新聞の一覧 朝鮮民主主義人民共和国の政治 朝鮮民主主義人民共和国の政党一覧 朝鮮民主主義人民共和国の世界遺産 朝鮮民主主義人民共和国の大学一覧 朝鮮民主主義人民共和国の地方行政区画 朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関 朝鮮民主主義人民共和国の著名人一覧 朝鮮民主主義人民共和国の鉄道 朝鮮民主主義人民共和国の都市の一覧 朝鮮民主主義人民共和国の文法論 朝鮮民主主義人民共和国の歴史 朝鮮労働党 清津市 豆満江 テポドン1号 テポドン2号 対日有害活動 土台人 な行 南浦特級市 日朝平壌宣言 能登半島沖不審船事件 は行 バレーボール朝鮮民主主義人民共和国女子代表 バレーボール朝鮮民主主義人民共和国男子代表 板門店 非同盟および発展途上国の平壌映画祭 ビナロン 平壌 平壌国際空港 平壌市電 平壌新聞 平壌地下鉄 平壌-開城高速道路 平壌-元山観光道路 平壌-香山観光道路 不審船 復興駅 文鮮明 プロパガンダ 平安南道 平安北道 平城市 米朝関係 平和自動車 平和のための平壌国際体育・文化祝典 恵山市 海州市 ま行 馬息嶺スキー場 マレーシアと北朝鮮の関係 万景峰号 モクレン や行 野球朝鮮民主主義人民共和国代表 よど号ハイジャック事件 喜び組 ら行 離散家族 李雪主 柳京ホテル 龍川郡 両江道 Red Star OS。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国関係記事の一覧)

朝鮮民主主義人民共和国のインターネット
朝鮮民主主義人民共和国のインターネット(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのインターネット)では、朝鮮民主主義人民共和国のインターネット事情について述べる。 かつて世界で唯一インターネットに接続していないとまで言われていたが、積極的にIT事業を推進している。政府が情報操作を行っているため国際接続は非常に限られている。なお、政府はネナラというポータルサイトを開設している。 プロバイダは平壌電話局が行っており、電話線による接続と光ファイバーケーブルによる接続の両方が可能である。インターネットの普及度は都市部を中心に高まっており、サイトも次々開設している。平壌都心にはインターネットカフェが存在する。 また、北朝鮮のネットワーク環境は安定とは言えなく、国外への接続は脆弱性が多いとネット先進国は見解を示している。 2010年10月10日に平壌で開催された軍事パレードでは、海外メディア向けプレスセンターにインターネット回線が用意され話題となった。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国のインターネット)

朝鮮民主主義人民共和国の著名人一覧
朝鮮民主主義人民共和国の著名人一覧(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのちょめいじんいちらん) この項は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で生まれ育った人、または国籍を持つ人の一覧である。 あ行 安明哲(アン・ミョンチョル、元強制収容所警備兵) 安筆花(アン・ピラ、初めて名前を公表した脱北日本人妻) か行 姜成山(カン・ソンサン、政治家) 金日成(キム・イルソン、政治家) 金鎰喆(キム・イルチョル、軍人) 金元均(キム・ウォンビョク、歌手、音楽家) 金敬姫(キム・ギョンヒ、金正日の妹) 金正日(キム・ジョンイル、政治家、金日成の長男) 金正恩(キム・ジョンウン、金正日の三男) 金正淑(キム・ジョンスク、金正日の母) 金正哲(キム・ジョンチョル、金正日の次男) 金正男(キム・ジョンナム、金正日の長男) キム・ソルミ(牡丹峰楽団の歌手) 金平一(キム・ピョンイル、金正日の異母兄弟) 金賢姫(キム・ヒョニ、元工作員) 金万一(キム・マニル、金正日の弟) キム・ヨンスク(フィギュアスケート選手) 金永春(キム・ヨンチュン、軍人) 金英大(キム・ヨンデ、政治家) 金永南(キム・ヨンナム、政治家) 金英浩(キム・ヨンホ、漁に出たまま行方不明になり、北朝鮮で生存が確認された元日本人) ケー・スンヒ(柔道選手) 高英姫(コ・ヨンヒ、金正日夫人) さ行 辛光洙(シン・グァンス、元工作員) た行 張成沢(チャン・ソンテク、政治家) 崔承喜(チェ・スンヒ、舞踏家) 蔡奎燁(チェ・ギュヨプ(長谷川一郎)歌手) 趙明禄(チョ・ミョンノク、政治家) チョン・ソンオク(元マラソン選手) チョン・ヒョンギュ(元朝鮮中央放送アナウンサー) 鄭大世(チョン・テセ、サッカー選手) な行 は行 朴成哲(パク・ソンチョル、政治家) 朴憲永(パク・ホニョン、政治家) 朴奉珠(パク・ポンジュ、政治家) 黄長燁(ファン・ジャンヨプ、思想家) 白南淳(ペク・ナムスン、政治家) 白鶴林(ペク・ハンニム、政治家) 洪昌守(ホン・チャンス、プロボクサー) ま行 や行 延亨黙(ヨン・ヒョンムク、政治家) ら行 リ・チュニ(朝鮮中央放送アナウンサー) わ行 関連項目 韓国の著名人一覧。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の著名人一覧)

朝鮮民主主義人民共和国中央銀行
『朝鮮中央銀行』より : 朝鮮民主主義人民共和国中央銀行(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくちゅうおうぎんこう、朝鮮語:조선민주주의인민공화국중앙은행)とは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の中央銀行である。日本では朝鮮中央銀行と呼ばれている。 略称朝鮮中央銀行。1946年10月に設立された。ただし設立当初の名称は北朝鮮中央銀行であったが、1958年の通貨改革の際に現在の名称に変更された。 この銀行は、北朝鮮の法定通貨である北朝鮮ウォンの発券銀行であり、通貨管理など中央銀行業務を行っているが、一般住民を対象とした貯金、機関・企業所に対する与信など、諸外国の市中銀行の業務をも同時に行っており、さらには保険業、機関・企業所が管轄する国家所有の固定資産を登録し、その価値を評価する固定資産管理業務等も担当している。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国中央銀行)

朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部
国家安全保衛部(朝鮮語:국가안전보위부)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の秘密警察で、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会の直属機関。事実上は朝鮮労働党中央委員会組織指導部の執行機関であるとされる。 国家安全保衛部の主任務はスパイや反体制派の摘発である。国外では中国の東北地方、香港、マカオ等でも活動し、脱北者の摘発も行っている。政治犯を収容する管理所の管理業務も行っている。 1973年、内務省(警察担当省庁)に相当する社会安全部から、政治犯を専門とする国家政治保衛部が分離され、部長には金炳夏が任命された。金日成は国家政治保衛部を通して反体制派を粛清し、住民が反抗できないように北朝鮮社会に恐怖感を作り出した。その後、弾圧の行き過ぎを感じ取った金日成は、責任を金炳夏に負わせて粛清した。 1982年、国家政治保衛部から「政治」の言葉が外され、国家保衛部に改称された。部長には李鎮洙が任命されたが、部の全般的な指導は金日成の後継者として台頭してきた金正日が行った。 1987年の李鎮洙死亡以後は部長は任命されず、部の実務は第一副部長のキム・ヨンリョンが担当することになる。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国国家安全保衛部)

朝鮮民主主義人民共和国企業の一覧
朝鮮民主主義人民共和国の企業一覧 金融 朝鮮国際保険会社 朝鮮中央銀行 通信 中央科学技術通報社 金星青年総合出版社 科学百科事典総合出版社 工業総合出版社 農業総合出版社 鉄道出版社 観光 朝鮮観光案内社 観光宣伝通報社 観光旅客自動車事業所 七星合弁会社 朝鮮国際旅行社 金剛山観光総会社 金剛山国際観光総会社 大同江旅行社 朝鮮国際少年野営社 朝鮮高麗文化旅行社 金杯旅行社 高麗航空 工業 平壌光学ガラス生産協同組合眼鏡製作所 順川セメント連合企業所 千里馬製鋼連合企業所(旧・三菱製鋼降仙電気精錬工場) 金策製鉄所(旧・日本製鐵清津製鉄所) 黄海製鉄所(旧・日本製鐵兼二浦製鉄所) 城津製鋼所(旧 日本高周波重工業城津製鉄所) 剣徳鉱業総合企業所(旧・日本鉱業検徳鉱山) 金鍾泰電気機関車連合企業所 勝利自動車工場 平和自動車(大韓民国との合弁) 貿易 朝鮮消費協同組合中央連盟輸出入商社 朝鮮消費協同組合中央連盟 朝鮮協同貿易会社 銀河貿易総会社 烽火貿易総会社 開城貿易総会社 朝鮮綾羅888 メディア 労働新聞 民主朝鮮 青年前衛 平壌新聞 開城新聞 平北日報 咸北日報 教員新聞 交通新聞 農業勤労者 社会安全 水産新聞 体育新聞 文学新聞 大学新聞 朝鮮中央放送 万寿台テレビ 朝鮮教育文化テレビ 平壌放送 朝鮮の声放送 平壌FM放送 その他 朝鮮総聯系 万寿台創作社 万寿台海外開発会社 関連項目 朝鮮民主主義人民共和国。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国企業の一覧)

朝鮮民主主義人民共和国の企業一覧
『朝鮮民主主義人民共和国企業の一覧』より : 朝鮮民主主義人民共和国の企業一覧 金融 朝鮮国際保険会社 朝鮮中央銀行 通信 中央科学技術通報社 金星青年総合出版社 科学百科事典総合出版社 工業総合出版社 農業総合出版社 鉄道出版社 観光 朝鮮観光案内社 観光宣伝通報社 観光旅客自動車事業所 七星合弁会社 朝鮮国際旅行社 金剛山観光総会社 金剛山国際観光総会社 大同江旅行社 朝鮮国際少年野営社 朝鮮高麗文化旅行社 金杯旅行社 高麗航空 工業 平壌光学ガラス生産協同組合眼鏡製作所 順川セメント連合企業所 千里馬製鋼連合企業所(旧・三菱製鋼降仙電気精錬工場) 金策製鉄所(旧・日本製鐵清津製鉄所) 黄海製鉄所(旧・日本製鐵兼二浦製鉄所) 城津製鋼所(旧 日本高周波重工業城津製鉄所) 剣徳鉱業総合企業所(旧・日本鉱業検徳鉱山) 金鍾泰電気機関車連合企業所 勝利自動車工場 平和自動車(大韓民国との合弁) 貿易 朝鮮消費協同組合中央連盟輸出入商社 朝鮮消費協同組合中央連盟 朝鮮協同貿易会社 銀河貿易総会社 烽火貿易総会社 開城貿易総会社 朝鮮綾羅888 メディア 労働新聞 民主朝鮮 青年前衛 平壌新聞 開城新聞 平北日報 咸北日報 教員新聞 交通新聞 農業勤労者 社会安全 水産新聞 体育新聞 文学新聞 大学新聞 朝鮮中央放送 万寿台テレビ 朝鮮教育文化テレビ 平壌放送 朝鮮の声放送 平壌FM放送 その他 朝鮮総聯系 万寿台創作社 万寿台海外開発会社 関連項目 朝鮮民主主義人民共和国。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の企業一覧)

朝鮮民主主義人民共和国の会社一覧
『朝鮮民主主義人民共和国企業の一覧』より : 朝鮮民主主義人民共和国の企業一覧 金融 朝鮮国際保険会社 朝鮮中央銀行 通信 中央科学技術通報社 金星青年総合出版社 科学百科事典総合出版社 工業総合出版社 農業総合出版社 鉄道出版社 観光 朝鮮観光案内社 観光宣伝通報社 観光旅客自動車事業所 七星合弁会社 朝鮮国際旅行社 金剛山観光総会社 金剛山国際観光総会社 大同江旅行社 朝鮮国際少年野営社 朝鮮高麗文化旅行社 金杯旅行社 高麗航空 工業 平壌光学ガラス生産協同組合眼鏡製作所 順川セメント連合企業所 千里馬製鋼連合企業所(旧・三菱製鋼降仙電気精錬工場) 金策製鉄所(旧・日本製鐵清津製鉄所) 黄海製鉄所(旧・日本製鐵兼二浦製鉄所) 城津製鋼所(旧 日本高周波重工業城津製鉄所) 剣徳鉱業総合企業所(旧・日本鉱業検徳鉱山) 金鍾泰電気機関車連合企業所 勝利自動車工場 平和自動車(大韓民国との合弁) 貿易 朝鮮消費協同組合中央連盟輸出入商社 朝鮮消費協同組合中央連盟 朝鮮協同貿易会社 銀河貿易総会社 烽火貿易総会社 開城貿易総会社 朝鮮綾羅888 メディア 労働新聞 民主朝鮮 青年前衛 平壌新聞 開城新聞 平北日報 咸北日報 教員新聞 交通新聞 農業勤労者 社会安全 水産新聞 体育新聞 文学新聞 大学新聞 朝鮮中央放送 万寿台テレビ 朝鮮教育文化テレビ 平壌放送 朝鮮の声放送 平壌FM放送 その他 朝鮮総聯系 万寿台創作社 万寿台海外開発会社 関連項目 朝鮮民主主義人民共和国。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の会社一覧)

朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関
朝鮮民主主義人民共和国の情報機関(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのじょうほうきかん)は、北朝鮮のスパイ機関の概要を示している。 北朝鮮の情報機関は多数あるが、大まかにいって朝鮮人民軍に属する情報機関、秘密警察に属する情報機関、朝鮮労働党に属する情報機関に分けられる。しばしば、組織や名称が変わるため把握が難しい。2015年時点では、軍に所属する朝鮮人民軍偵察総局と党に所属する朝鮮労働党統一戦線部が外国を対象に硬軟織り交ぜて活動しており、朝鮮人民軍保衛司令部や国家安全保衛部などが国内の体制維持のために活動している。 これらの情報機関は、青瓦台襲撃未遂事件、ラングーン事件、軍事境界線を経由した数多くの侵入事件、潜水艦による侵入事件、金正日の妻の甥である李韓永の暗殺事件、金東植スパイ事件、大韓航空機爆破事件、日本人や韓国人などの外国人拉致、麻薬製造と密輸、不審船、武器の密売、偽札製造、偽旅券製造、親北朝鮮派の組織化、情報宣伝活動などさまざまな工作を行ってきたとされる。 朝鮮人民軍の情報機関 詳細は、以下の各項を参照。 朝鮮人民軍偵察総局 朝鮮人民軍保衛司令部 朝鮮人民軍総政治局敵工部 秘密警察の情報機関 詳細は、以下の各項を参照。 国家安全保衛部 人民保安部 朝鮮労働党の情報機関 2009年まで、朝鮮労働党の情報機関は、作戦部、対外情報調査部、統一戦線部、対外連絡部で構成されていた。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の諜報・情報機関)

朝鮮民主主義人民共和国の大学一覧
朝鮮民主主義人民共和国の大学一覧(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのだいがくいちらん)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にある大学を朝鮮語の現地発音で50音順に並べたものである。政府直轄の大学が中央大学で、自治体が運営している大学が地方大学。ただし金日成総合大学は内閣直轄。 中央大学 あ 元山農業大学 か 金日成放送大学 金日成軍事総合大学 金正日政治軍事大学 金正淑海軍大学 金日成総合大学 金策空軍大学 金策工業総合大学 金元均平壌音楽大学 金哲柱砲兵総合軍官学校 姜健軍官総合学校 さ 沙里院高麗薬学大学 新義州軽工業大学 た 豆満江大学 朝鮮人民軍偵察大学(鴨緑江大学・馬東煕(マドンヒ)偵察大学) 清津鉱山金属大学 は 咸興水理動力大学 咸興化学工業大学 平壌外国語大学 地方大学 か 金哲柱師範大学 金亨稷師範大学 た 朝鮮自動化大学 清津教育大学 は 平城理科大学 平壌印刷工業大学 平壌医学大学 平壌機械大学 平壌農業大学 平壌コンピューター技術大学 平壌建築総合大学 平壌鉄道大学 恵山師範大学。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の大学一覧)

朝鮮民主主義人民共和国の鉱業
朝鮮民主主義人民共和国の鉱業(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくのこうぎょう)では、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)における鉱業について述べる。なお、同国政府の産業分類に鉱業という概念はなく、鉱業の他に林業などを含む「採取工業」という概念が最も近い。 鉱床 朝鮮半島では「北の鉱工業、南の農業」という言葉がかつてあったほど、金などをはじめ北部で様々な鉱物が採掘されてきた。大韓商工会議所が2007年に出した報告書によれば、マグネサイト、タングステン、モリブデン、黒鉛、蛍石など7種類の鉱物の埋蔵量が世界トップ10に入る。同年までに把握されている北朝鮮の鉱山は約760か所であり、そのうち30%が炭鉱である。同国の地下資源は200種類以上に達し、経済的価値を有する鉱物だけでも140種類を超えると見られる。 北朝鮮における鉱床は、生成時期別に以下のようなものがある。 先カンブリア時代:ニッケル 原生代 - 古生代:マンガン 三畳紀 - 新第三紀:金、銀、銅、鉛、亜鉛、モリブデン、タングステン、ニッケル、コバルト、マンガン、アンチモン 第四紀:砂金また、無煙炭は古生代の、褐炭は新生代第三紀の地層に、それぞれ存在している。 (Wikipedia:朝鮮民主主義人民共和国の鉱業)


朝鮮民主主義人民共和国 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

朝鮮民主主義人民共和国 - アマゾン検索


「朝鮮民主主義人民共和国」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す